31

【横浜】春に行きたい親子向けおすすめスポット34選 新名所も!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

都内からのアクセスがよく、日帰りでも旅行気分を味わえる横浜。美しい夜景や中華街での食べ歩きが有名ですが、子供が楽しめるスポットもたくさんあります。

今回は、2021年にみなとみらいエリアにオープンする都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」をはじめ、ユニークな博物館や特色のある動物園など、親子におすすめの34スポットをピックアップして紹介します!

もくじ

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)【みなとみらいエリア/中区】

空中散歩をしているような気分を味わえるロープウェイは、子供が大好きな乗り物の1つ。一般的なロープウェイは、山の斜面に沿って運行しますが、「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」は平地を結ぶ日本初の常設都市型ロープウェイです。

ロープウェイの運行によって、東京からのアクセスポイントであるJR「桜木町駅」前と観光やショッピングの中心である新港地区との往来がこれまで以上に便利になります。

交通手段としてだけでなく、ちょっとしたアトラクション気分も味わえる「YOKOHAMA AIR CABIN」は、2021年4月22日に開業予定です。片道全長630mの距離を約5分間で移動するゴンドラの中からは、横浜ランドマークタワーやナビオス横浜などの特徴的な街並みをゆっくりと眺められますよ。

詳しい記事はこちら

■YOKOHAMAAIRCABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)
運行区間:「桜木町駅前」〜「新港ふ頭」間
料金:中学生以上1,000円、3歳以上500円
※上記は片道料金
おすすめ対象:幼児/小学生

よこはまコスモワールド【みなとみらいエリア・中区】

「よこはまコスモワールド」は、世界最大の時計機能付き大観覧車「コスモクロック21」が目印の都市型立体遊園地です。入場無料で、横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩2分、JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分とアクセスが良く、みなとみらいエリアを観光中にも気軽に立ち寄れるスポットです(各アトラクションの利用には別途料金が必要です)。

絶叫マシン好きなら、水中に突入するかのような感覚を味わえるダイビングコースター「バニッシュ!」や高速回転アトラクション「スーパープラネット」がおすすめ!

空中サイクリングを楽しめる「サイクルモノレール」やメルヘン気分を味わえる「メリーゴーランド」など、みなとみらいの景色を眺めながらのんびり過ごせるアトラクションもあります。また、お化け屋敷やミラーハウス、迷路など、屋内アトラクションも充実していて、悪天候の日でも安心です。

「よこはまコスモワールド」の口コミはこちら!

■よこはまコスモワールド
住所:神奈川県横浜市中区新港2-8-1
料金:入園無料
※アトラクションごとに別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

横浜アンパンマンこどもミュージアム【みなとみらいエリア/西区】

子供が大好きな「アンパンマン」の世界観をたっぷり堪能できるテーマパークです。2019年に、ターミナル駅である「横浜駅」からアクセスしやすい現在の場所に移転・リニューアルオープンしました。

入場無料の1階「ショップ&フード・レストラン」フロアには、レストランやフードコート、アンパンマンと仲間たちのパンが並ぶ「ジャムおじさんのパン工場」、限定絵本が買える「もりのほんやさん」など、魅力的なショップがずらり。

2階と3階は有料の「ミュージアム」フロアです。パン作りごっこが楽しめる「パンこうじょう」や、操縦ごっこができる「アンパンマンごう」、アニメに登場する街並みを再現した「みんなのまち」など、まるでアンパンマンの世界の中に入り込んだ気分が味わえます。体を動かして遊びたい子供には、大型遊具で遊べる「わんぱくアイランド」や「ボールパーク」もおすすめ。

パンこうじょう前の「ひろば」では、アンパンマンたちが登場するイベントを毎日開催しています。

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の口コミはこちら!

■横浜アンパンマンこどもミュージアム
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9
料金:1歳以上2,200円
※当面の間、2・3階「ミュージアム」フロアへの入館には「日時指定WEBチケット」の事前購入が必要
※1階「ショップ&フード・レストラン」フロアは入場無料
おすすめ対象:乳児/幼児

もっと詳しい情報を見る
横浜アンパンマンミュージアムが新オープン! 全エリア完全紹介

カップヌードルミュージアム 横浜【みなとみらいエリア/中区】

世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」の歴史と、それを発明した安藤百福の生涯に焦点をあてたユニークなミュージアム。さまざまな展示やシアター上映を通し、安藤百福の創造的思考を楽しみながら学べるほか、世界各国の麺の食文化を堪能できる「NOODLES BAZAAR —ワールド麺ロード—」や限定商品が買える「ミュージアムショップ」など、麺好きにうれしいエリアもあります。

大人気の「チキンラーメンファクトリー」(当面の間クローズ)は、小麦粉をこねるところから「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を実際に体験できる工房です。

自分が麺の立場になり、カップヌードルの製造工程を体感できるアスレチック遊具「カップヌードルパーク」(当面の間クローズ)もありますよ。

さらに、「マイカップヌードルファクトリー」では、好きな種類のスープと具材を組み合わせてオリジナルカップヌードルを作ることができ、お土産にもぴったりです。

「カップヌードルミュージアム 横浜」の口コミはこちら!

■カップヌードルミュージアム 横浜
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
料金:一般500円、高校生以下無料
※アトラクション利用料は別途必要
おすすめ対象:幼児/小学生

ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店【みなとみらいエリア/中区】

「ハムリーズ」は、260年の歴史を持つ英国最古のおもちゃ屋です。おもちゃ箱を広げたような店内には、来店者が実際に手に取って遊べるおもちゃがずらりと並ぶほか、ハムリーズならではの世界観を堪能できるさまざまな仕掛けがあります。店頭には、キラキラとしたメリーゴーランドも!

ハムリーズの特徴の1つは、おもちゃの使い方を実演するデモンストレーターがいること。たくさんあるおもちゃの中から、おすすめのおもちゃを教えてくれたり、さまざまな遊び方を目の前で見せたりしてくれるので、親子でおもちゃの魅力をたくさん発見できます。

最新デジタル技術を使ったアスレチック遊具で思いきり体を動かして遊べる屋内キッズパーク「プレイルーム」も人気です(別途料金が必要)。

「ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店」の口コミはこちら!

■ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店
住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目2-1横浜ワールドポーターズ 「ワールドポーターズビブレ」1・2階
料金:無料
※メリーゴーランドやプレイルームを利用する場合は別途料金が必要
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生


横浜ランドマークタワー スカイガーデン【みなとみらいエリア・西区】

横浜のベイエリアは、陸から海に向かって建築物が段々と低くなるように街並みが作られています。このような「スカイライン」の考え方が計画的に実現された日本初の街がみなとみらいエリアの頂点にそびえ立つのが「横浜ランドマークタワー」です。

タワーの69階には、みなとみらいの景色を一望できる展望フロア「スカイガーデン」があります。晴れた日には、横浜市街はもちろん、東京タワーやスカイツリー、富士山など、360度の大パノラマを満喫できます。

スカイガーデン内の「スカイカフェ」は、絶景を眺めながら休憩できる人気のスポット。空色のソーダドリンク「スカイフロート」や「スカイソフトクリーム」など、空にちなんだ名物メニューもお忘れなく。ランドマークタワーの下層階には、多彩なショップやカフェ、レストランなどが入居する商業施設「ランドマークプラザ」があるので、お土産選びにも困りません。

「横浜ランドマークタワー スカイガーデン」の口コミはこちら!

■横浜ランドマークタワー スカイガーデン
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
料金:18歳以上1,000円、高校生800円、小・中学生500円、4歳以上200円
おすすめ対象:幼児/小学生

スカイダック横浜【みなとみらいエリア/西区】

「日本丸メモリアルパーク」を出発し、横浜三塔や横浜赤レンガ倉庫、横浜ランドマークタワーなどの観光名所をぐるりとめぐるバスツアー。一見普通の観光バスに見えますが、「スカイダック横浜」はなんと水陸両用バス! ツアーの後半では海へスプラッシュしながら進んでいき、あっという間にプカプカと海の上を浮かぶ船に変身します。

陸から海へとつながるスカイダック横浜専用のスロープ「スプラッシュポイント」は、まるで遊園地のアトラクションのよう。スリル満点で、大人も子供も大はしゃぎできます。スプラッシュ後も、万国橋や横浜大さん橋国際客船ターミナルなど、フォトスポットが目白押しです。運が良ければ、横浜大さん橋国際客船ターミナルに停泊中の大型船を間近で見られます。

※緊急事態宣言の発出および延長に伴い、2021年3月21日(日)まで運休が決定しています

「スカイダック横浜」の口コミはこちら!

■スカイダック横浜
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1 日本丸メモリアルパーク内スカイダック横浜チケットカウンター
料金:中学生以上3,500円、4歳以上1,700円
※3歳以下は保護者膝上乗車で無料
おすすめ対象:幼児/小学生

三菱みなとみらい技術館【みなとみらいエリア/西区】

陸、海、空、宇宙の4つのテーマごとに、最先端の技術が学べるミュージアムです。展示だけでなく、操縦体験ができるシミュレーターやタッチパネルなど、子供が主体的に学べる仕掛けもあります。サイエンスショーや理科実験、ワークショップなどのイベントが開催されることもあります(参加申込が必要なプログラムあり)。
※2021年3月現在、多くの展示物やイベントなどが休止中です

見どころは、ロケットや国産ジェット旅客機「MRJ」、有人潜水調査船「しんかい6500」などのダイナミックな大型展示物。普段なかなか間近で見られないものばかりなので、乗り物や機械が好きな子供なら大喜びすること間違いなし。とくに、実物大の有人潜水調査船は、分解展示によって外側も内側もリアルに再現されています。

ほかにも、大型ブロックでものづくりの楽しさを体験できる未就学児向けの広場「キッズグラウンド」(現在は休止中)、宇宙食や実験キットが購入できるミュージアムショップなどもお見逃しなく。

「三菱みなとみらい技術館」の口コミはこちら!

■三菱みなとみらい技術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1三菱重工横浜ビル
料金:一般500円、中・高校生300円、小学生200円、未就学児無料
※小学生以下の入館は、保護者の同伴が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

日本丸メモリアルパーク【みなとみらいエリア/中区】

近代的な建築物が並ぶみなとみらいエリアのなかで、少し異色のスポットが「日本丸メモリアルパーク」。アンティーク調の船を中心に、海に向けてなだらかに広がる公園です。

展示されている船は、文部省の航海練習帆船として活躍した歴史を持つ国指定重要文化財「帆船日本丸」。帆船日本丸の中は見学が可能(別途料金が必要)で、船長公室やサロンなどが、当時の面影を残したままの状態で展示されています。年に約12回行われる総帆展帆(そうはんてんぱん)では、全ての帆が一斉に広がり、今にも動き出しそうな日本丸の姿を見ることができます。

日本丸メモリアルパーク内には、帆船日本丸のほかに、「横浜みなと博物館」もあります(別途料金が必要)。横浜港の歴史を中心に、人々の暮らしや経済、建築など多岐にわたるテーマ別展示が見られるほか、「操船シミュレーター」など見学者が体験しながら学べる仕組みも

日本丸メモリアルパークでは、吹奏楽の屋外演奏会やフリーマーケット、シーカヤック教室など、1年を通してさまざまなイベントが行われています。

「日本丸メモリアルパーク」の口コミはこちら!

■日本丸メモリアルパーク
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
料金:無料
※「帆船日本丸」「横浜みなと博物館」への入場は、別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

あそびパークPLUS みなとみらい東急スクエア店【みなとみらいエリア/西区】

「あそびパークPLUS」は、雨の日でも濡れる心配なく、子供が思いきり遊べる屋内遊園地です。施設内には、「屋内砂場 海の子」「サンドアートカレッジ」「イマジネーションヒルズ」「クリエイターズヴィレッジ」「のるるんエコライド」の5つのコーナーがあり、子供の自由な発想を引き出す遊具がそろいます。

全国展開する「あそびパークPLUS」ですが、みなとみらい東急スクエア店限定の特別アトラクションが「のるるんエコライド」。東京や横浜エリアに住んでいる方にはなじみの深い東急電鉄がかわいくデフォルメされ、乗り物ごっこ遊びができます。

大人気の「屋内砂場 海の子」は、リアルな音と映像で海のような空間を演出するコーナー。映像に映し出された魚をすくったり、カニを追いかけたり、まるで本当に浜辺で遊んでいるような楽しさを見つけることができます。サラサラの砂で砂浜が作られ、砂遊びしたり、裸足で駆け回ったり、寝そべったりと、思い思いに遊べます。

「あそびパークPLUS みなとみらい東急スクエア店」の口コミはこちら!

■あそびパークPLUS みなとみらい東急スクエア店
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番2号みなとみらい東急スクエア4階
料金:最初の30分605円
※6カ月〜12歳は以降10分ごと165円、大人(20歳以上)は終日延長料金無料
※平日1日フリーパスは1,100円
※保護者の付き添い必須
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
横浜「あそびパークPLUS みなとみらい東急スクエア店」完全攻略

ボーネルンドあそびのせかい マークイズみなとみらい店【みなとみらいエリア/西区】

「ボーネルンドあそびのせかい マークイズみなとみらい店」は、世界の優れたおもちゃを販売するボーネルンドが運営する屋内遊び場。横浜高速鉄道「みなとみらい駅」に直結する「マークイズみなとみらい」内にあり、アクセス抜群のスポットです。

体を動かして遊びたい子供には、数万個のボールが入った「ボールプール」や、空気の反発力を利用した巨大トランポリン「エアトラック」がおすすめ。たくさん走って大はしゃぎしながら楽しめます。

はいはい・よちよち歩きの赤ちゃん専用エリア「ベビーガーデン」もあり、小さな子供も自分のペースで遊べます。柔らかい床の上で自由に動き回ったり、小さなボールプールで遊んだりと、安心して楽しめます。

絵の具やクレヨンを使ったお絵かきや感触遊びを楽しめる「クリエイティブ・ファクトリー」も人気。ジオラマやおままごと、組み立て遊びなど、実際に発達に合わせたあそび道具を体験できるコーナーもあります。

「ボーネルンドあそびのせかい マークイズみなとみらい店」の口コミはこちら!

■ボーネルンドあそびのせかい マークイズみなとみらい店
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1MARK IS みなとみらい3F
料金:最初の30分600円
※6カ月〜12歳は以降10分ごと100円、付き添いは延長料金無料
おすすめ対象:乳児/幼児


HapipiLand(ハピピランド)【横浜駅周辺エリア・西区】

「HapipiLand(ハピピランド)」は、最新テクノロジーやものづくりなどを体験できるエンターテイメントビル「アソビル」にある室内キッズパークです。横浜駅直通なのでアクセス抜群。

【アソビル】詳しい紹介はこちら

ディスコのような雰囲気を味わえる「ダンススター」や、ハート型のボールプール、シーソーで遊べる「ハートスター」、さまざまな楽器にふれたり叩いたりできる「ミュージックスター」など、独自の世界観を持ったエリアに分かれています。

八角形の洞窟型の「ブックスター」は、図鑑や絵本などが並ぶ図書館。その奥には、ミラーハウスのような鏡の万華鏡もあります。「ママテラス」は、ゆったりとしたソファが並び、飲み物や離乳食、子供用のおやつなどの販売もあります。

詳しい記事はこちら「HapipiLand」の口コミはこちら!

■HapipiLand(ハピピランド)
住所:神奈川県横浜市西区高島2-14-2アソビル4階HapipiLand横浜アソビル店
料金:子供(小学生以下)60分1,430円〜(延長30分ごとに660円)、大人(中学生以上)550円(土日祝日は1,100円。延長料金なし)
※6カ月未満は無料
※中学生以上だけでの入場および遊具使用は不可
※保護者(20歳)以上の付き添い必須
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

京急ミュージアム【横浜駅周辺エリア・西区】

京急グループ本社1階に2020年1月にオープンした「京急ミュージアム」。本物にこだわった展示内容などが評価され、第19回日本鉄道賞特別賞を受賞した注目の鉄道博物館です。

見どころは、昭和初期から活躍した京急車両「デハ230形・デハ236号」の展示。品川〜横浜〜浦賀間の直通運転を実現した歴史的な車両を2年間かけて修復したものです。中に入って座席に実際に座ったり、床のガラス張りになっている部分から機関部を観察したりできます。

また、京急が実際に走っている沿線の風景をリアルに再現した約12mの巨大ジオラマも人気。ジオラマの中を走る電車を本物の電車運転台で運転することもできます(別途料金が必要)。電車の先頭にカメラがついていて、臨場感抜群!

本物の新1000形電車運転台で体験できるシミュレーターは、電車好きなら見逃せないアクティビティ(別途料金が必要)。バスの運転台を再現したバスネットワークもあります。

「京急ミュージアム」の口コミはこちら!

■京急ミュージアム
住所:神奈川県横浜市西区高島1-2-8京急グループ本社1階
料金:無料
※コンテンツによっては別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
横浜「京急ミュージアム」完全ガイド 見どころ&遊び&体験網羅

原鉄道模型博物館【横浜駅周辺エリア/西区】

原信太郎氏が製作・所蔵した膨大な鉄道模型と鉄道実物部品などの希少なコレクションを展示する鉄道ミュージアム。総収蔵車両台数は約1,500台を誇り、メインのジオラマ「いちばんテツモパーク」は、1番ゲージのものとしては世界最大級のものです。

原信太郎氏が製作した鉄道模型は、日本だけでなくヨーロッパやアメリカなどの世界中の鉄道車両におよび、外観はもちろん、動く仕組みも忠実に再現しているため、走行音まで本物さながら。「いちばんテツモパーク」で、リアルで迫力のある走りを見ることができますよ。

電車好きの子供なら、1番ゲージジオラマでの運転体験ができる「動鉄実習」にチャレンジしてみましょう(当日先着制)。横浜の今と昔を再現した「横浜ジオラマ」も人気です。

※当面の間、休館です

「原鉄道模型博物館」の口コミはこちら!

■原鉄道模型博物館
住所:神奈川県横浜市西区高島1-1-2横浜三井ビルディング2階
料金:一般1,000円、中・高校生700円、4歳以上500円
おすすめ対象:幼児/小学生


ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館【関内・元町中華街エリア/中区】

横浜中華街にある「ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館」。「おもしろ水族館」は小さな中国南の島の小学校、「赤ちゃん水族館」は幼稚園をモチーフにした水族館です。どちらも子供の目線に合わせたつくりになっていて、クイズ形式で魚の名前や生態が学べるエリアもあります。

規模は小さいですが、ウミガメの赤ちゃんや、いろいろな魚の赤ちゃんなど、かわいい仲間たちがたくさん。また、擬態の得意な魚を集めた「びっくり擬態ゾーン」や海の危険生物を集めた「危険度1000パーセント海の恐ろしい生物ゾーン」など、ちょっぴりマニアックな展示もあります。

6歳までが遊べる「一緒に遊ぼうゾーン」には、水槽付きのジャングルジムやすべり台などユニークな遊具があります。高いところから水槽をじっくり観察したり、魚たちの隣で思いきり体を動かしたりと、自由に遊べますよ。

「ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館」の口コミはこちら!

■ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館
住所:神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3階
料金:中学生以上1,500円、4歳以上750円
おすすめ対象:乳児/幼児

ニュースパーク(日本新聞博物館)【関内・元町中華街エリア/中区】

「ニュースパーク」は、日本新聞協会が運営する体験型ミュージアム。横浜は、日刊新聞発祥の地ということもあり、新聞の歴史について学べる「新聞のあゆみ」コーナーには、新聞の創刊号や新聞製作機材などの貴重な展示が約200点並びます。

「情報社会と新聞」コーナーでは、インターネットの普及により情報社会となった現代における新聞やジャーナリズムの役割について深く学べます。

「新聞を知ろう」コーナーでは、新聞配達ゲーム(写真)に挑戦できるほか、小部屋のなかで子供新聞を読んだり、新聞を使った工作体験が楽しめたりと、子供たちが遊びを通して新聞についての理解を深められます。

小学校中学年以上には、タブレット端末を使った取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」や簡単にオリジナル新聞が作れる「マイ新聞づくり」などの特別プログラムもおすすめです。

■ニュースパーク(日本新聞博物館)
住所:神奈川県横浜市中区日本大通11横浜情報文化センター内
料金:一般400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下無料
おすすめ対象:幼児/小学生

放送ライブラリー【関内・元町中華街エリア/中区】

「横浜情報文化センター」内にある「放送ライブラリー」は、テレビやラジオなどの放送に特化したミュージアム。「視聴ホール」には、NHKや民放局のテレビ番組やラジオ番組、CMなどがアーカイブされていて、総合受付で申し込みをすれば、専用の個別ブースでじっくり視聴できます。

「展示ホール」では、中継番組などで見られるテレビカメラの切り替え「スイッチング技術」を体験できる「きみはTVディレクター」や、アナウンサーやリポーターとしての番組出演体験ができる「ニューススタジオ」など、体験型展示も人気です。

公式サイトには、小学4〜6年生向けに、館内で使えるワークシートも用意されていますよ。

「放送ライブラリー」の口コミはこちら!

■放送ライブラリー
住所:神奈川県横浜市中区日本大通11 「横浜情報文化センター」内
料金:無料
おすすめ対象:幼児/小学生

横浜人形の家【関内・元町中華街エリア/中区】

人形が大好きな親子におすすめのスポットが、人形の専門博物館「横浜人形の家」です。館内には、100カ国以上からコレクションされた1万点以上の人形を収蔵。人間国宝に選ばれた平田郷陽や鹿児島寿蔵などによる貴重な人形や、ビスクドールをはじめとするアンティーク人形も数多く保存されています。その精巧な作りを眺めていると時間を忘れてしまうほど。

伝統的な人形だけでなく、最近のフィギュアやキャラクタートイなども充実しています。また、さまざまなテーマでの企画展も開催されます。

館内の「あかいくつ劇場」では、ピアノのサロンコンサートや人形劇などのイベントが定期的に開催されます(別途料金が必要なプログラムあり)。

■横浜人形の家
住所:神奈川県横浜市中区山下町18横浜人形の家
料金:高校生以上400円、小・中学生200円
※企画展や特別展は別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA【関内・元町中華街エリア/中区】

横浜の山下ふ頭に、2020年12月19日(土)〜2022年3月31日(木)の期間限定で「動くガンダム」が出現! 目の前の「動くガンダム」を前に、来場者はまるでアニメの中の世界を体感しているかのような感覚を味わうことができます。

ガンダムをじっくり見たい場合は、ガンダムのメンテナンスワークを行う格納デッキ「GUNDAM-DOCK 」に隣接された特別観覧スペース「GUNDAM-DOCK TOWER」がおすすめです(別途料金が必要)。地上15〜18mの高さから見るガンダムは迫力満点!

敷地内には、「動くガンダム」の開発までのプロセスについて学べる「ACADEMY
」のほか、オリジナルガンプラや横浜とのコラボ商品などが購入できる「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite」、横浜ならではのメニューが楽しめる「GUNDAM Cafe YOKOHAMA Satellite」などもあります。

■GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
住所:神奈川県横浜市中区山下町279番25 山下ふ頭内
料金:13歳以上1,650円、7歳〜12歳1,100円
※6歳以下は、大人1人につき3人まで無料
※「GUMDOME-DOCK TOWER」観覧は、大人/子供(7歳以上)3,300円が別途必要
おすすめ対象:小学生

アートリックミュージアム【関内・元町中華街エリア/中区】

横浜中華街の天長門の正面にあるのが、横浜中華街最大級の総合エンターテインメント施設「横浜大世界」です。1〜3階には、横浜らしいお土産が購入できるギフトショップのほか、占い館や足裏マッサージ店など個性的なショップが入居しています。

4〜8階はトリックアートを楽しめる「アートリックミュージアム」。目の錯覚を利用した面白い写真をたくさん撮影することができ、子供も大人も大笑いできるスポットです。

SNSなどでとくに人気が高い展示は、世界中で流行中の「エンジェルウィング」(アートリックミュージアム版)。大きな羽根の前に立つと、まるで天使になったような写真が撮影できます。大人用と子供用の「エンジェルキッズ」と「デビルキッズ」があります。

恐竜好きの子供には、「食いつき恐竜」のトリックアートがおすすめ。日本初の「レーザーアートシアター」も見逃せません。

「アートリックミュージアム」の口コミはこちら!

■アートリックミュージアム
住所:神奈川県横浜市中区山下町97(横浜中華街 南門シルクロード 天長門正面)
料金:一般1,300円、中・高校生1,000円、小学生以下600円、3歳以下無料
おすすめ対象:幼児/小学生


横浜・八景島シーパラダイス【そのほかのエリア/金沢区】

「横浜・八景島シーパラダイス」は、ジェットコースターや急流すべりなどのアトラクションやレストラン、ショップ、ホテルなどがそろう複合型レジャースポット。同施設のなかでも親子におすすめの「アクアリゾーツ」は、4つの水族館が楽しめるエリアです。

日本最大級の水族館「アクアミュージアム」では、約700種類・12万点もの海の生き物たちに会えます。注目は、自然の海のように多種多様な生物が泳ぎ回る大水槽「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」で、国内最多飼育数となる5万尾のイワシの群れが、水槽内でさまざまな模様を作り出します。

イルカをはじめとする海の生き物たちが共演する、ダイナミックなショーもお見逃しなく!

かわいいイルカたちを間近で見たり、ふれあったりできる「ふれあいラグーン」は、イルカ好きなら一度は訪れたいスポットです。

アトラクションがある「プレジャーランド」は入場無料。定番アトラクションのほか、フリークライミングが楽しめる「ロックンロック」や3つのコースを攻略する「巨大立体迷路 デッ海」など、多彩な約15種が楽しめます。

「横浜・八景島シーパラダイス」の口コミはこちら!

■横浜・八景島シーパラダイス
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
料金:【アクアリゾーツパス(4つの水族館を観覧可能)】一般3,000円、小・中学生1,800円、4歳以上900円
※八景島への入島は無料
※アトラクションや体験プログラムは別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
「横浜・八景島シーパラダイス」見どころ・アクセス・遊び方紹介

金沢自然公園【そのほかのエリア/金沢区】

約60万平方メートルという広大な敷地を誇る「金沢自然公園」は、横浜市最大級の自然公園。丘陵地なので展望もよく、散歩やピクニックに最適です。春の菜の花や桜をはじめ、夏のアジサイ、秋のコスモス、冬の梅と、1年を通してさまざまな花が見られます。さらに園内には、「金沢動物園」(別途料金が必要)や「植物区エリア」「バーベキュー広場」など、子供の年齢や目的に合わせて楽しめるスポットがたくさん。

体を動かして遊びたい子供には、横浜市内最大級のローラーすべり台がある「こども広場」がおすすめ! 見晴らしの良い斜面を利用した全長100mのすべり台で、景色を堪能しながら大はしゃぎできますよ。

「ののはなカフェ」や「わくわくキッチン」など、食べ物や飲み物を購入できる施設もあるので、手ぶらで1日遊べます。

「金沢自然公園」の口コミはこちら!

■金沢自然公園
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
料金:無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

横浜市立金沢動物園【そのほかのエリア/金沢区】

金沢自然公園内にある「横浜市立金沢動物園」は、子供に人気のゾウやキリン、コアラなどの動物たちに会えるスポット。アラビアオリックスやクロサイ、インドサイといった希少な草食動物の「種の保存」にも力を入れており、子供が生物の多様性について学べるさまざまな展示が特徴です。

園内は、動物の生息地域によって「オセアニア区」「アフリカ区」「ユーラシア区」「アメリカ区」などにコーナー分けされています。

「オセアニア区」内のオオカンガルーの展示場は、来場者がウォークスルーできる特別なエリア。園内でくつろいだり跳ねたりしているカンガルーを間近でじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

ヤギやヒツジにエサをあげることができる「ほのぼの広場」は、動物とのふれあいが大好きな子供たちに人気です。

「横浜市立金沢動物園」の口コミはこちら!

■横浜市立金沢動物園
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
料金:一般500円、高校生300円、小・中学生200円、未就学児無料
※毎週土曜は、小・中・高校生無料(要学生証等)
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
「横浜市立金沢動物園」見どころ・料金・アクセス・おすすめも!

海の公園 潮干狩り場【そのほかのエリア/金沢区】

海に面した横浜市のなかでも、「海の公園」は市内で唯一の海水浴場がある公園で、潮干狩りも楽しめます。気軽に自然とふれあうことのできる貴重なスポットです。

例年、浜辺には、アサリをはじめ、シオフキやカガミ貝など自然発生した貝類がたくさん。3月から9月中旬頃までの間、干潮時刻の前後2時間が潮干狩りのチャンスです。宝探しのような気分で潮干狩りにチャレンジしてみましょう。
※2021年はアサリの発生量が少なく、収穫が難しいと予想されています

幅15cmを超える貝採り器具の使用や、2cm以下の稚貝の採取などは禁止されているので、初めてでかける場合は、事前に公式サイトなどで注意事項の確認をお忘れなく。

敷地内にはBBQ場もあります。売店にはコンロのレンタルのほか、BBQ用品や食材の販売もあるので、手ぶらでも楽しめますよ。

「海の公園 潮干狩り場」の口コミはこちら!

■海の公園 潮干狩り場
住所:神奈川県横浜市金沢区海の公園10番
料金:無料
おすすめ対象:幼児/小学生


よこはま動物園ズーラシア【そのほかのエリア/旭区】

約45ヘクタールの敷地面積を持つ「よこはま動物園ズーラシア」は、国内最大級の動物園です。「生命の共生・自然との調和」をメインテーマとし、世界の気候帯別に分けられた8ゾーンには、約100種750点の動物が生息環境別に展示されています。

「アフリカのサバンナ」ゾーンでは、肉食動物と草食動物が一緒に展示されています。動物同士のふれあいを間近で観察しながら、まるで本当にサバンナにいるかのような気分に浸れます。運が良ければ、地上最速の動物であるチーターが走る姿を見られるかもしれませんよ。

園内には大型遊具が3カ所設置されているので、子供が途中で遊びたくなっても大丈夫です。無料で使える休憩所には、給湯設備が完備されています。敷地内に複数のレストランやカフェなどもあります。歩いて回るのが疲れてしまったら、園内を運行しているサファリバスが利用できます。

※土日祝日の入園には事前の予約が必要です

「よこはま動物園ズーラシア」の口コミはこちら!

■よこはま動物園ズーラシア
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
料金:一般800円、高校生300円、小・中学生200円、未就学児無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
横浜「よこはま動物園ズーラシア」完全ガイド 最新情報&割引も

フォレストアドベンチャー・よこはま【そのほかのエリア/旭区】

フランス発の自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」。専用の安全器具を身につけ、森の中に張り巡らされたさまざまな空中アスレチックにチャレンジできます。ジップスライドやロープ渡りなど、ドキドキ感を味わえる仕掛けがたくさん!

身長90cm以上であれば「キッズコース」にチャレンジできます(小学3年生以下対象)。子供が自分で安全器具を操作することなく遊べるので、より安心です。写真のようなベビーカーで通れる散策道もあるので、赤ちゃん連れのママパパも、待っている間森林浴が楽しめます。

一番難易度の高い「アドベンチャーコース」は、小学4年生以上もしくは身長140cm以上が参加できます。森の高低差を生かしたダイナミックなコースになっていて、スリル満点の「ターザンスイング」も体験できます。

そのほか、身長110cm以上から挑戦できる「キャノピーコース」もあり、家族みんなで楽しめますよ。

「フォレストアドベンチャー・よこはま」の口コミはこちら!

■フォレストアドベンチャー・よこはま
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1425-4
料金:キッズコース(身長90cm以上、小学3年まで)1,500円、キャノピーコース(身長110cm以上で体重130kgまで)2,800円、アドベンチャーコース3,800円(小学4年以上もしくは身長140cm以上で体重130kgまで)など
おすすめ対象:幼児/小学生

横浜市立野毛山動物園【そのほかのエリア/西区】

「野毛山動物園」は、同じ横浜市内にある「よこはま動物園ズーラシア」や「金沢動物園」に比べると規模は小さいものの、横浜の中心部に位置しており、入場料が無料とあって、広く市民に親しまれている動物園です。

園内には、ライオンやキリン、シマウマなど、子供が大好きな人気動物から、カグーやコンドルなどの希少動物まで、約90種類の動物たちが展示されています。インドクジャクやチリーフラミンゴなど色鮮やかな鳥類も注目です。

野毛山動物園は、みなとみらいエリアを見下ろす丘の地形を生かした「野毛山公園」内にあります。公園内には見晴らしの良い芝生の広場があり、ピクニックに最適。遊具のある広場もあります。春には約250本のソメイヨシノが咲き乱れる桜の名所です。

「横浜市立野毛山動物園」の口コミはこちら!

■横浜市立野毛山動物園
住所:神奈川県横浜市西区老松町63-10
料金:無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

こどもの国【そのほかのエリア/青葉区】

「こどもの国」は、多摩丘陵の雑木林を活用して作られた自然公園です。約100ヘクタールある敷地内には、いくつかの複合遊具のほか、ミニSL「たいよう号」や園内バス「あかポッポ号」、ボート、おもしろ自転車など、乗り物好きに嬉しいアトラクションがたくさん!

夏はプール、冬はアイススケートも楽しめます。体力に自信のある親子は、全長1.6kmのサイクリングコースに挑戦してみましょう。

園内には「雪印こどもの国牧場」があり、牛やヒツジ、ポニーとふれあえます。かわいいポニーに乗れる乗馬体験は子供にも大人にも大人気。バター作りやチーズ作り(現在は休止中)、乳しぼり体験などの体験メニューもあります。「こどもどうぶつえん」では、モルモットやウサギなどを抱っこできます(すべて別途料金が必要)。

「こどもの国」の口コミはこちら!

■こどもの国
住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
料金:高校生以上600円、小・中学生200円、未就学児100円、3歳未満無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

はまぎん こども宇宙科学館【そのほかのエリア/磯子区】

建物全体が巨大な宇宙船をイメージして建てられた体験型科学館です。地下2階から5階まである館内は、フロアごとにテーマが異なります。1番の見どころは1階に入口がある「プラネタリウム」(別途料金が必要)。直径23mの広々としたドームは、神奈川県内最大級! 子供向けから一般向けまでのさまざまな番組が約45分間上映されます。

各フロアには、「惑星レール」や「スペース・シミュレータ」「ボールマシン」「プラズマボール」など、見学者が体験しながら学べる仕組みがたくさん用意されています。

3階にある「宇宙トレーニング室」には、「月面ジャンプ」や「空間移動ユニット」「惑星ジム」など、宇宙飛行士気分で楽しめる展示が充実。4階には工作や実験に参加できるスペースもあります。

「はまぎん こども宇宙科学館」の口コミはこちら!

■はまぎん こども宇宙科学館
住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
料金:高校生以上400円、小・中学生 200円
※毎週土曜は、小・中・高校生の入館料無料
※プラネタリウムは別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

横浜市電保存館【そのほかのエリア/磯子区】

「横浜市電保存館」は、かつて横浜の市街地を走っていた横浜市電の歴史を通し、横浜の発展や交通についての展示が見られるミュージアムです。

「車両展示コーナー」には、かつて横浜市内を走行していた実際の車両がずらり! 車内に入ることもできるので、運転席に座って運転士さん気分が味わえます。レトロなデザインの車両の前に立って記念撮影もおすすめです。

横浜をモチーフに作られた「0ゲージ鉄道ジオラマ」では、JRや地下鉄、私鉄が走る現代の街並みと、横浜市電が走る昭和30年代の街並みが一緒に楽しめます。大迫力の運転ショーが見られるほか、運転体験もできますよ(別途料金が必要)。

昭和40年代当時の横浜の街がCGで再現された「市電シミュレーター」は、体験無料。「歴史展示コーナー」では、パネル展示をとおして横浜の都市交通のあゆみについて学べます。

「横浜市電保存館」の口コミはこちら!

■横浜市電保存館
住所:神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53
料金:高校生以上300円、3歳以上100円
おすすめ対象:幼児/小学生


あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)【そのほかのエリア/栄区】

「地球に暮らす一員としての意識を育む」をコンセプトにした学びの施設です。常設展の一つである「こどもの国際理解展示室」では、世界各地に暮らす人々の生活道具や衣装、楽器などを展示。「チャークリンくんの家(タイ)」や「アニサちゃんの家(ネパール)」など、実在の人々の暮らしを再現した展示をとおして、国際理解や多様性について学べます。

「こどもファンタジー展示室」は、巨大な室内遊具やエアトランポリンなど、体を動かして遊べるエリアです。室内は、見ることや聞くことに焦点を当てた作りで、子供たちの五感を刺激しながら、想像力や感性を育みます。

戦争や環境問題について学べる「国際平和展示室」では、過去の傷や犠牲に目を向けることによって、平和や国際協力について考えるきっかけにもつながります。

※緊急事態宣言の発出および延長に伴い、2021年3月21日(日)まで臨時休館です

「あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)」の口コミはこちら!

■あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)
住所:神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
料金:大人400円、高校生・20歳未満学生200円、小・中学生100円、未就学児無料
おすすめ対象:幼児/小学生

東京ストロベリーパーク【そのほかのエリア/鶴見区】

冬から春にかけてシーズンとなるいちご狩り。いちごは、少しの力でも簡単に収穫することができるため、小さな子供から大人まで幅広く楽しめる、親子に人気のアクティビティです。そんないちご狩りを1年中いつでも体験できるのが「東京ストロベリーパーク」内にある「STRAWBERRY FARM」。

施設内には、大きないちごのモニュメント「ハグベリー」やウォールアートなど、かわいいフォトスポットもたくさん! ドリンクやソフトクリームなど、いちごを使ったスイーツ販売も行っています。

※緊急事態宣言の発出および延長に伴い臨時休館中です(再開未定)

詳しい記事はこちら「東京ストロベリーパーク」の口コミはこちら!

■東京ストロベリーパーク
住所:神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
料金:無料
※STRAWBERRY FARMは別途料金が必要
おすすめ対象:幼児/小学生

ファンタジーキッズリゾート港北【そのほかのエリア/都築区】

「ファンタジーキッズリゾート」は、日本最大級の全天候型屋内遊園地です。悪天候の日も思いきり体を動かして遊びたい子供に大人気のスポットです。

総面積約1,500坪の「港北店」には、スライダーやトンネルなどの大型エアー遊具がある「ふわふわエリア」をはじめ、体力に自信のある子供におすすめの「デジタルクライミング」や「ヴァロ・ジャンプ」など、最新技術を体験できる遊具などが充実!

コンピューターグラフィックが床に映し出される「プロジェクションひろば」では、映像を自分の体に映し出してみたり、映像をさわってその反応を楽しんだりと、ここならではの遊びが楽しめます。

抗菌砂場「サラサラすなば」では、子供が大好きな砂場遊びを安全に思う存分楽しめます。乗り物好きなら、馬やキリンに乗れる「キッズサーキット」や次世代の乗り物「スマートモビリティ」などもおすすめです。

「ファンタジーキッズリゾート港北」の口コミはこちら!

■ファンタジーキッズリゾート港北
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央53-1ホームセンターコーナン 港北センター南店 3階
料金:【ファンタジーパック(1日遊び放題)】平日1,100円、休日1,500円/【トワイライトパック】平日15時以降850円、休日16時以降950円/【タイムパック】平日480円(最初の1時間、延長30分240円)、休日650円(最初の1時間、延長30分325円)
※休日は、土日祝日および学校の長期休暇期間など
※別途年会費(1家族につき)が必要
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店【そのほかのエリア/港北区】

アンパンマンの絵本の出版社として有名なフレーベル館が運営する遊び場が「Kinder Platz(キンダープラッツ)」です。絵本の森をテーマにデザインされたパーク内は、やさしい色合いとやわらかな曲線でかたどられ、ほっとする空間になっています。

約3万個のボールプールの中で遊べる「くものうえのツリーハウス」や、ふわふわのエアー遊具で遊べる「のびのびはらっぱ」、年齢に応じた乗り物を操縦できる「のりものストリート」などが広がるのは運動遊びコーナー。元気いっぱいに遊びたい子供は大はしゃぎできますよ。

自由に絵本を読める「おはなしのひろば」や、お絵かきや工作が楽しめる「もりのアトリエ」など、静かに集中したい子供にぴったりの遊び場もあります。また、6カ月〜24カ月までの乳児専用コーナー「ぼうけんのしま」もあり、小さな子供連れでも安心です。

「フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店」の口コミはこちら!

■フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店
住所:神奈川県横浜市港北区師岡町700トレッサ横浜 北棟2階
料金:大人440円、子供は最初の30分935円(ビジター料金)
※子供は以降10分ごと110円、大人は延長料金なし
※上記のほか、会員料金、フリーパスなどあり
おすすめ対象:乳児/幼児

観光スポットや動物園、水族館など定番のおでかけスポットはもちろん、多種多様な博物館や全天候型室内パークなど、子供の興味や好みなどに応じてさまざまに楽しめる横浜エリア。親子でぜひ足を伸ばしてみましょう!

この記事をクリップする
31
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!