5

関東の人気&おすすめ「水族館」まとめ! 特徴・魅力も一挙紹介

海や川の生き物を間近で観察できる水族館。小さな子供から大人まで楽しめるので、家族連れに人気です。

そこで今回は、関東のおすすめ水族館を一挙にお届け! ユニークな展示やショー、未就学児無料など、施設ごとの特徴や魅力を紹介します。

都内の水族館を全網羅! 無料・格安&おすすめ展示も

東京都内には、全7カ所の水族館があります。ドルフィンパフォーマンスが人気の「マクセル アクアパーク品川」(品川区)や、人気観光スポット「東京ソラマチ」内にある「すみだ水族館」(墨田区)、マグロの大水槽で知られる「葛西臨海水族園」(江戸川区)など、特徴のある水族館がたくさん。

無料で楽しめる施設もあるのでチェックしてくださいね!

無料・格安&おすすめ展示も! 東京都内の水族館をチェック

横浜・八景島シーパラダイス【神奈川県横浜市】

神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館やアトラクション、レストラン、ショッピングモール、ホテルなどが集まった複合アミューズメント施設です。

4つの水族館から構成される「アクアリゾーツ」は、島の東側にあります。「アクアミュージアム」は、700種類・12万点の生き物が展示された日本最大級の水族館。5万尾のイワシが泳ぐ大水槽と、海中散歩気分を味わえるアクアチューブは圧巻! ホッキョクグマやペンギンにも会えますよ。

バンドウイルカが見られる「ドルフィンファンタジー」では、アーチ型のトンネルから生き生きと泳ぐ姿が見られます。

生き物を身近に感じることができる「ふれあいラグーン」では、イルカやクジラとふれ合えるプログラムも(一部公式サイトより要事前予約)。海とのふれ合いを通じて自然環境の大切さを学ぶ「うみファーム」では、家族で気軽に魚釣り(有料)にチャレンジできます。釣った魚は館内で調理して食べられますよ。

八景島シーパラダイスの魅力をもっと見る!

■横浜・八景島シーパラダイス
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
料金:入島/無料、アクアリゾーツパス/4歳以上900円、小・中学生1,800円、高校生以上3,000円
営業時間:季節により変動のため公式サイトで確認
定休日:無休

もっと詳しい情報を見る
「横浜・八景島シーパラダイス」見どころ・アクセス・遊び方紹介

ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館【神奈川県横浜市】

横浜中華街にある「ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館」。ユニークな展示方法や魚の種類が人気です。

「おもしろ水族館」は小学校をモチーフに、下駄箱や体育館倉庫、音楽室などに設けられた水槽に300種類・5,000匹の魚が展示されています。各ゾーンにテーマがあり、楽しい実験やちょっと笑える水槽がいっぱいです。

「赤ちゃん水族館」は幼稚園がモチーフ。お道具箱や絵本棚に設置された水槽に、貴重な魚の卵と赤ちゃん100種類・5,000匹が展示されています。

ジャングルジムやすべり台に組み込まれた水槽は、遊びながら子供の目線で魚を観察できる工夫がされていて、小さな子供の水族館デビューにもおすすめです

■ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館
住所:神奈川県横浜市中区山下町144チャイナスクエアビル3階
料金:4歳〜小学生750円、中学生以上1,500円
開館時間:平日10:00〜18:00、土・日曜、祝日・春休み・GW・夏休み・冬休み期間は10:00〜20:00(最終入場は各30分前まで)
休館日:無休


新江ノ島水族館【神奈川県藤沢市】

神奈川県藤沢市にある湘南海岸公園内の「新江ノ島水族館」。右手に富士山、左手に江ノ島を臨むロケーションにあり、観光スポットとしても人気です。充実したショーやプログラムが特徴で、「イルカショースタジアム」では、その景色を背景にイルカショーが楽しめます

館内には、多様な生き物が生息する相模湾の海を再現した「相模湾ゾーン」や、幻想的な光に包まれる「クラゲファンタジーホール」、ペンギンやアザラシ、ウミガメ、カピバラなどに会える「オーシャンデッキ」、相模湾や江の島の磯に生息する生き物にさわれる「タッチプール」などがあり、飽きることなく海の世界を堪能できます

■新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
料金:3歳以上600円、小・中学生1,000円、高校生1,500円、大人2,400円
開館時間:3〜11月9:00〜17:00、12〜2月10:00〜17:00(最終入場は各1時間前まで)
休館日:無休 ※臨時休館あり

もっと詳しい情報を見る
「新江ノ島水族館」見どころ・料金・割引・アクセス・ショー網羅

京急 油壺マリンパーク【神奈川県三浦市】

神奈川県三浦市にある「京急 油壺マリンパーク」では、エリアごとにさまざまな生き物の世界が楽しめます。「あしか島」「ペンギン島」「いるかのプール」「かわうその森」では、それぞれの生き物の生活を間近で見ることができ、かわいいお食事タイムも見学できます。

人気の「イルカ・アシカのパフォーマンス」は、照明や音響を駆使したミュージカル仕立て。時期によりスケジュールが変わるので、チェックしておでかけください。

「魚の国」では、「昔のままの姿で」「相模の海から」「姿や形を変えて」「海の遊歩道」といった4テーマで30の水槽が展示されていて、2Fには360度のパノラマ水槽も。

さらに、世界で37番目に発見された希少な深海ザメ「メガマウスシャーク」のはく製や、巨大イカ「ダイオウイカ」の標本など、迫力ある展示も必見です

■京急 油壺マリンパーク
住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082
料金:3歳以上500円、小学生900円、中学生1,300円、高校生以上1,800円
開館時間:9:00〜17:00(季節により変動あり)
休館日:1月の第2月曜の翌日から4日間

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら【神奈川県相模原市】

神奈川県相模原市にある「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」では、相模川に生息する生き物100種類以上が展示・飼育されています。未就学児は無料で入館できます

ユニークな展示方法が特徴で、「川ゾーン」では全長114kmの相模川を40mの巨大水槽で表現。流域ごとの生き物を観察することができます。

「生命ゾーン」には、ドーナツ型の水槽があり、相模川流域に生息する生き物を好きな位置から観察できます。川と人間の関係を楽しく学べる「人ゾーン」では、人気の餌付け体験(有料)も! 手から直接魚にエサをあげられますよ。

館内には授乳室やおむつ交換のできるベッドもあり、小さな子供連れでも安心。建物の外は広場になっていて、天気がよければピクニックにもぴったりです。

■相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
住所:神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
料金:未就学児無料、小・中学生130円、高校生以上390円
開館時間:9:30〜16:30
休館日:月曜(祝日および春休み・GW・夏休み・冬休み・年末年始などの長期休暇期間を除く)

箱根園水族館【神奈川県箱根町】

神奈川県箱根の「プリンスホテル&リゾーツ」内にある「箱根園水族館」は、小規模ながら小さな子供連れに人気の水族館です。

「海水館」の中央には、高さ7m・約1,200トンの水量を誇る大水槽があり、カラフルな魚たちが泳ぐ様子を観察できます。1日に1〜2回、ダイバーが魚にエサをあげる「海中ショー」も開催されています

屋外にある「バイカルアザラシ広場」では、かわいらしいアザラシたちがお出迎え。ラグーンで日向ぼっこしたり、泳いだり、遊んだりする姿を間近で見られます。

「バイカルアザラシショー」は1日2回行われていて、普段見ることができない愛らしい動きを見せてくれますよ。

■箱根園水族館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
料金:4歳〜小学生750円、中学生以上1,500円
開館時間:9:00〜17:00(最終入館は40分前まで。季節により変動あり)
閉館日:無休


さいたま水族館【埼玉県羽生市】

埼玉県羽生市の「羽生水郷公園」内にある水族館で、荒川に生息する約70種の魚を中心に展示しています。荒川を上流から河口域まで下るようなスタイルで展示されていて、身近な生き物の生態や特徴を学ぶことができます

国指定のミヤコタナゴ、県の魚ムサシトミヨ、食虫植物ムジナモなどの天然記念物の展示もあります。

水槽の下にもぐっているような感覚を味わえる「金魚ドーム」は、子供に大人気。「タッチングコーナー」では、カメやザリガニにさわることができます。屋外の池には、1mを超える巨大なソウギョやアオウオ、コイ、ニシキゴイなどがいて、エサをあげることもできますよ。

未就学児は無料なので気軽に行きやすいですね。

■さいたま水族館
住所:埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
料金:未就学児無料、小・中学生100円、高校生以上320円
営業時間:9:30〜17:00(12〜1月は16:30まで。最終入館は各30分前まで)
定休日:4月/第2月曜日、5〜11月・3月/第1月曜日(8月は無休、祝日の場合は翌週)、12〜2月/毎週月曜日(祝日の場合を除く)、年末年始(12月29日〜1月1日)

鴨川シーワールド【千葉県鴨川市】

千葉県鴨川市にある「鴨川シーワールド」は、水族館を中心にレストランやホテルが併設された複合レジャー施設です。水族館には、川の源流から北極・南極までの自然環境が再現され、800種類・11,000点の生き物が展示されています。

さまざまな魚が泳ぐ屋内の「エコアクアローム」や「トロピカルアイランド」のほか、屋外にも施設が充実しています。

貴重なシャチのショーが見られる「オーシャンスタジアム」や、イルカショーが楽しめる「サーフスタジアム」のほか、「トドの海」「アシカ・アザラシの海」「セイウチの海」「ペンギンの海」「ウミガメの浜」など、生き物たちがのびのびと生活する様子をじっくり観察できます。

映像と組み合わせて、ベルーガの音や超音波を目で見ることができる「マリンシアター」は、鴨川シーワールドならではのエンターテイメントです。

鴨川シーワールドの魅力をもっと見る!

■鴨川シーワールド
住所:千葉県鴨川市東町1464-18
料金:1DAYチケット 4歳以上1,200円、小・中学生1,800円、高校生以上3,000円
営業時間:時期により変動のため公式サイトを確認
定休日:不定休 公式サイトを確認

もっと詳しい情報を見る
「鴨川シーワールド」の見どころ・料金・割引・アクセス網羅

アクアワールド茨城県大洗水族館【茨城県大洗町】

茨城県大洗町にある「アクアワールド茨城県大洗水族館」では、約580種類・68,000点の生き物が9つのゾーンに分かれて展示されています。

なかでも「世界の海ゾーン」で見られるサメは、同館のシンボルにもなっていて、飼育種数は日本一の約50種類! シロワニやクロヘリメジロなど大型のサメが悠々と泳ぐ姿は迫力満点です。国内最大の専用水槽を持つマンボウも人気ですよ。

「出会いの海ゾーン」では、地元・大洗の魚たちが泳ぐ大水槽がお出迎え。「暗黒の海ゾーン」では幻想的なクラゲの世界を満喫できます。

「世界の海ゾーン2」ではエトピリカやゴマフアザラシなど北の海で暮らす海獣、「オーシャンゾーン」ではペンギンやイルカ、アシカなどに出会えます。「キッズランド」には、生き物とふれあえる「タッチングプール」や魚を模した遊具があり、海の世界を満喫しながら思い切り遊べます。

■アクアワールド茨城県大洗水族館
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
料金:3歳以上300円、小・中学生900円、高校生以上2,000円
営業時間:9:00〜17:00(最終入館は16:00まで)
定休日:曜日による定休日はなし


かすみがうら市水族館【茨城県かすみがうら市】

茨城県かすみがうら市ある「かすみがうら市水族館」は、霞ヶ浦に生息する生き物を中心に約110種類・1,500匹が展示されている水族館です。

霞ケ浦を覗いているようなパノラマ水槽や、流域ごとに生息する魚たちが展示された水槽、360度ぐるりと観察できる円柱水槽など、魚の生態を楽しく学べる工夫がされています。

「タッチ水槽」では、フナやコイ、タナゴなどの生き物と直接ふれあうことができるほか、コイやカメにエサをあげることもできます

週末には魚の食事風景を見学したり、オリジナルグッズを作るイベントも開催されています。未就学児は無料で楽しめるのもうれしいポイントです。

令和2年1月31日まで改修工事のため休館中ですが、2月1日(土)にリニューアルオープン予定です。

■かすみがうら市水族館
住所:茨城県かすみがうら市坂910-1
料金:未就学児無料、小・中学生160円、高校生以上330円
開館時間:9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
閉館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月1日)

山方淡水魚館【茨城県常陸大宮市】

茨城県常陸大宮市の久慈川沿いにある「山方淡水魚館」は、“日本一小さな規模”と言われる水族館です。同館の名物は世界最大の両生類! 国の特別天然記念物でもあるオオサンショウウオを3匹飼育していて、間近でじっくりその姿を観察することができます

そのほか、ヒメダカやイモリ、シマドジョウ、ナマズ、イワナ、ヤマメ、カメ、ウグイなどの水生生物が50種類以上展示。小さいながらも水中の世界を存分に楽しめます。未就学児は無料です

土・日曜、祝日には屋外でミニSLやミニ新幹線が運行していて、子供に大人気! 淡水館に入館した人は無料で乗車できますよ。

■山方淡水魚館
住所:茨城県常陸大宮市山方535
料金:未就学児無料、小・中学生以上70円、中学生を除く15歳以上150円
営業時間:3〜11月9:00〜17:00、12〜2月9:00〜16:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

栃木県なかがわ水遊園【栃木県大田原市】

栃木県唯一の水族館が大田原市にある「栃木県なかがわ水遊園」。300種類・20,000匹の魚が展示されていて、未就学児は無料で楽しめます

特徴は、川の魅力を存分に味わえる設計になっているところ。那珂川の源流から下流までの自然を再現した水槽では、下半分が川、上半分は陸地になっていて、陸地には本物の草木や花々が生息しています。光がたっぷり注ぐ川底から空を眺めると、まるで魚になった気分を味わえますよ。

巨大水槽では、世界最大のアマゾン川を表現。トンネルの中から頭上を泳ぐ巨大魚やピラニア、エイなどの姿を眺めることができます。

さらに、「タッチング水槽」では、ザリガニやカメ、ヒトデ、ウニ、サメなどに触れたり、「おさかな研究室」では魚の解剖や実験などが開催されていたりと、生き物を間近で感じられます。

■栃木県なかがわ水遊園
住所:栃木県大田原市佐良土2686
料金:未就学児無料、小・中学生250円、高校生以上650円
営業時間:9:30〜16:30(夏休みの期間は17:00まで。最終入館は各30分前まで)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、第4木曜日(祝日の場合を除く)、1月第4週の月〜金曜日

関東エリアにあるおすすめ水族館を紹介しました。ショーやイベントなどのスケジュールは、事前に公式サイトで確認しておでかけくださいね。

この記事をクリップする
5
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!