17

関東の無料・格安で1日遊べる屋内施設まとめ 子供は500円以下!

季節や天候を問わず遊べるとあって、1年中人気が高い屋内施設。無料または格安のスポットも多く、子供の学びや成長を促してくれるところもたくさんあります。

今回は、関東にある子供500円以下で1日遊べる屋内施設を11カ所紹介します。児童館や科学館、博物館など、バラエティ豊かで親子で楽しめるところばかりです。

都内近郊の無料・格安で1日遊べる屋内施設

都内近郊には、子供500円以下で1日遊べる屋内スポットがたくさん。国内最大級のネット遊具がある「ギャラクシティ」(東京都)や、動物の世界が体感できる「オービィ横浜」(神奈川県)疑似運転体験が可能な「鉄道博物館」(埼玉県)など、遊びごたえたっぷりのおすすめ施設を13カ所まとめて紹介しています。

都内近郊の無料・格安で1日遊べる屋内施設13選

ぐんまこどもの国児童会館(群馬県)

県立の総合公園「ぐんまこどもの国」の敷地内にある県内唯一の大型児童館。遊びながら科学にふれられる「サイエンスワンダーランド」や、プラネタリウム「スペースシアター」などがあり、乳幼児から小・中学生まで幅広い年齢の子供が楽しめます。

入場料は無料で、プラネタリウム観覧料は中学生以下無料、一般300円です

3階建ての館内には、童話・絵本・図鑑などがそろう「こども図書館」のほか、大型遊具やおもちゃで遊べる「プレイルーム」、子供の発達段階に応じてコーナーが分けられている「パソコンルーム」などが備わっています。子供が造形遊びできる「クラフトルーム」も人気で、ほぼ毎月プログラムが変わります。

■ぐんまこどもの国児童会館
住所:群馬県太田市長手町480
定休日:月曜(祝日の場合は翌日、春・夏・冬休みは無休)、年末年始

向井千秋記念子ども科学館(群馬県)

群馬県館林市出身の宇宙飛行士・向井千秋氏を記念した科学館。体験型展示やプラネタリウムなどが楽しめるほか、同氏の歩みが学べる展示も多数置かれています。

入館料は、中学生以下無料、高校生以上330円。毎月第1日曜の群馬県「家庭の日」は、誰でも無料になります。プラネタリウムは、未就学児無料、小学生以上220円、高校生以上550円です

プラネタリウムは、平日は団体予約専用ですが、土・日曜、祝日は一般番組や子供向け番組を投影しています。子供も大人も楽しく宇宙に親しめますよ。

展示室は全部で5つあり、「ふしぎな鏡」や「発電トレイン」、「動体視力測定装置」などが体験できます。楽しく学べる工夫がいっぱいのおすすめスポットです。

※工事に伴い、一部展示物は利用不可。2020年2月10日(月)〜28日(金)は休館し、29日(土)から全面的に開館になります

■向井千秋記念子ども科学館
住所:群馬県館林市城町2-2
定休日:月曜(休日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜を除く)、年末年始、設備点検期間など


壬生町おもちゃ博物館(栃木県)

自然豊かな「とちぎわんぱく公園」の隣にあり、中世のお城のような外観の博物館。おもちゃの展示はもちろん、大型遊具もあり、たっぷり遊べます。ミルク用のお湯が準備されていたり、離乳食を温めてくれたりと、ママパパにうれしいサービスも充実しています。

入館料は、3歳以下無料、4歳以上300円、高校生以上600円です

館内は、体を使って楽しめる「きっずらんど」と、おもちゃの展示が豊富な「きっずたうん」、小さな子供向けの遊具「みらいごう」で遊べる「そらのひろば」に分かれています。

別館では、北関東最大級のジオラマがある「鉄道模型の部屋」で電車を走らせることも可能です(20分100円〜)。

■壬生町おもちゃ博物館
住所:栃木県下都賀郡壬生町国谷2300
定休日:月曜(祝日・振替休日の場合は翌日、8月は無休)、年末年始

栃木県子ども総合科学館(栃木県)

「身近な科学」「宇宙の科学」「地球の科学」「生命の科学」といったテーマごとの展示や、プラネタリウムなどが楽しめる科学館および大型児童館です。

展示場の料金は、3歳以下無料、4歳以上220円、高校生以上550円。プラネタリウムは、3歳以下無料、4歳以上110円、高校生以上220円です。毎月第3日曜の「家庭の日」は、4歳以上の料金が無料になります。

館内には、視覚による錯覚や、エネルギーの蓄積、地震のメカニズムについてなど、学べる体験型展示がいっぱい。ロボット見学や楽しい科学実験ショーへの参加もできます。ボールプールや貸し衣装などで遊べる「遊びの世界」も人気です。

屋外には、実物大のH2ロケットや大型遊具などもあります。

■栃木県子ども総合科学館
住所:栃木県宇都宮市西川田町567
定休日:公式サイトを確認ください

キッズランド おやま(栃木県)

6カ月〜12歳までの子供と保護者を対象とするボーネルンドプロデュースの遊び場。子供の成長に必要な基本動作を鍛えることを目的としていて、さまざまな遊具や乗り物、絵本などがあり、1日思い切り遊べます。

10:00〜11:30、12:00〜13:30、14:00〜15:30、16:00〜17:30の1日4クールがあり、料金は1クール1人100円。全クール9:30から発券できます。

施設内には、年齢に応じた乗り物を選んで変化に富んだコースが走れる「サーキットゾーン」や、全身を動かせる「アクティブゾーン」、ブランコがある「ボールプールゾーン」など、ダイナミックに遊べるエリアがそろいます。

ごっこ遊びができる「ロールプレイゾーン」や、小さな子供向けの「ベビーゾーン」もあるので、きょうだい一緒に楽しめます。

■キッズランド おやま
住所:栃木県小山市中央町3-7-1 ロブレビル5階
定休日:火曜(祝祭日やゴールデンウィークなどにあたる場合は翌日などに変更)、年末年始


子ども未来館 トコトコ大田原(栃木県)

地域社会や地域経済の発展を目的に建てられた再開発ビル「トコトコ大田原」の2・3階に位置する「子ども未来館」。子供や保護者が交流する場として、さまざまなエリアが充実しています。

なかでも、小学生以下を対象にした「わくわくらんど」は、大型遊具でダイナミックに遊べるのでおすすめです。

「わくわくらんど」から階段でつながっている「キッズタウン」では、子供が自ら店主になりきり、本格的なごっこ遊びが楽しめます。そのほか、「親子ふれあいキッチン」や「親子レクリエーションルーム」など、予約すれば無料で利用できるエリアもあります。

料金は、「わくわくらんど」および「キッズタウン」のみ必要で、1歳未満無料、1歳〜小学6年生200円です

■子ども未来館 トコトコ大田原
住所:栃木県大田原市中央1-3-15
定休日:第1月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
※一部エリアは土・日曜、祝日も休館

佐野市こどもの国(栃木県)

広大な敷地内に、巨大なロケットや恐竜のすべり台、ボール遊びできる芝生広場など、親子で楽しめるエリアがたくさんある「佐野市こどもの国」。全天候型の屋内施設「総合こどもセンター」も人気があります。

入園は無料ですが、「総合こどもセンター」は佐野市民が無料、市外の大人は200円が必要です(両毛広域都市圏内に住んでいる場合は無料)

「総合こどもセンター」内には、遊具やクライミングウォールなどで遊べる「プレイアトリウム」があり、全身を使って楽しむ子供でにぎわいます。電車の運転シミュレーターや鉄道模型などが並ぶ「おもしろ展示ルーム」もおすすめです。

未就学児専用のボールプールや、絵本・積み木で遊べる「プレイルーム」、日時限定で親子向け映画が楽しめる「こども映画館」もありますよ。

■佐野市こどもの国
住所:栃木県佐野市堀米町579
定休日:月曜および第2木曜(祝日の場合は翌日)、年末年始

つくばエキスポセンター(茨城県)

1985年に行われた「国際科学技術博覧会」を記念してオープンした科学館。科学・技術について楽しく学べる体験型の展示や、世界最大級のプラネタリウムがあります。

入館料は、3歳以下無料、4歳以上250円、18歳以上500円。プラネタリウムを鑑賞する場合は、4歳以上500円、18歳以上1,000円が別途必要です

展示エリアは「おもしろサイエンスゾーン」「エネルギーゾーン」など、テーマごとに分けられています。空気を弾丸のように発射する「エア・バズーカ」や、太陽への冒険旅行が楽しめる「サンクルーザー」(夏休み期間以外)などで、科学・技術のおもしろさが体感できます。

そのほか、最新の観測データに基づく宇宙の姿や深海調査活動の様子などを上映する「3Dシアター」、さまざまな実験を行う「サイエンスショー」なども魅力。屋外にはロケットの実物大模型もあります。

■つくばエキスポセンター
住所:茨城県つくば市吾妻2-9
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始、その他プラネタリウム番組入れ替えなどのための臨時休館あり


日立シビックセンター 科学館(茨城県)

科学の不思議にふれられる約130点の体験型展示がそろう科学館。美しい星空と壮大な宇宙を体感できるプラネタリウム「天球劇場」も併設されています。

入館料は、幼児無料、小・中学生320円、高校生以上530円。「天球劇場」とのセット券は、幼児無料、小・中学生400円、高校生以上800円です

展示内容は、お絵かきロボットや勝ち・負け・あいこの確率がわかる「ジャンケンと確率」、「音」をテーマにしたコーナーなどさまざま。日時限定で開催されるサイエンスショーや特別展、実験イベントなど、見ごたえのあるコンテンツもあります。

料金が別途必要ですが、科学のおもしろさを体感できる工作コーナーも人気。過去にはキャンドルや万華鏡つくりなどが開催されています。

2020年4月6日(月)から約1年間は、科学館施設整備のため休館予定です。

■日立シビックセンター 科学館
住所:茨城県日立市幸町1-21-1
定休日:最終月曜(祝日の場合は開館)、年末年始

ミュージアムパーク茨城県自然博物館(茨城県)

身近な自然から壮大な宇宙の不思議まで探求できる博物館。エントランス付近にある世界最大のマンモス・松花江(しょうかこう)マンモスや、大型の恐竜・ヌオエロサウルスの骨格化石レプリカが迫力満点です。本館の外には、東京ドームの約3.5倍の広さを誇る野外施設もあり、トランポリンで遊ぶこともできます。

本館および野外施設への通常期の入館料は、未就学児無料、小・中学生100円、高校・大学生340円(学生証などの原本が必要)、大人540円

春・夏・冬休みの長期休業期間を除く毎週土曜は、高校生以下の学生に限り無料(学生証などの原本が必要)です。そのほか、春分の日やみどりの日、環境の日などは誰でも無料になります。

展示室は、「進化する宇宙」「地球の生いたち」「自然のしくみ」「生命のしくみ」「人間と環境」の5つ。隕石を持ち上げたり、拡大された土の中の生き物を見たり、ロボットから出題されるクイズに挑戦したりと、楽しく学べる展示がそろっています。

■ミュージアムパーク茨城県自然博物館
住所:茨城県坂東市大崎700
定休日:月曜(休日の場合は翌日)、年末年始

大洗わくわく科学館(茨城県)

太平洋に面した大洗港の近くにあり、「海」をテーマにした科学館。館内には体感型展示が豊富で、屋外には暖かい季節に噴水で遊べる広場があります。

入館料は、未就学児無料、小・中学生100円、高校生以上200円です

1階の展示テーマは「海底の世界」。小さな泡と大きな泡の浮き上がるスピードを観察するといった「水」について学べる体験型展示があります。2階の展示テーマは「海上の世界」で、「竜巻にさわろう」など、海上で起こる不思議な現象について学べる内容になっています。

自分で実験ができる「創る部屋」や「サイエンスラボ」、企画イベントなどの開催日を除く土・日曜に開催される「かんたん工作教室」も人気です。

■大洗わくわく科学館
住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央12
定休日:月・火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示物定期点検日

無料・格安の屋内施設なら、天候を気にせず気軽におかけできますね。ぜひ参考にしてでかけてみてください!

雨でも遊べる! 屋内遊園地特集
この記事をクリップする
17
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。