「サンシャイン水族館」見どころ・料金・割引・アクセス全紹介

東京・池袋にある「サンシャイン水族館」は、子連れで楽しめる人気スポットです。今回は、同施設の魅力や、割引情報、楽しむコツ、子供向けのポイントなどを徹底調査。体験型イベントもあるので、ぜひ参考にしてください!

(取材日2019年7月)

もくじ

サンシャイン水族館とは?

東京・池袋にある「サンシャインシティ」のワールドインポートマートビルの屋上に位置する水族館。2017年7月に、屋外エリア「マリンガーデン」が大規模リニューアルされ、「天空のペンギン」や「草原のペンギン」など、世界初となる展示もあります。

館内は、混雑時でなければベビーカーでも回れるので、小さな子供連れでも気軽に楽しめますよ。

【アクセス】池袋駅からは徒歩10分程度

電車で行く場合は、「池袋駅」から徒歩約10分、「東池袋駅」からは徒歩約5分です。クルマの場合は、首都高速道路5号線「東池袋」直結でアクセス便利です。

【電車】

電車で行く場合は、「池袋駅」もしくは「東池袋駅」が便利です。池袋は、JR山手線や西武線、東武線、東京メトロ丸ノ内線、有楽町線、副都心線が通っているので、首都圏のどこからでも訪れやすい立地です。

池袋駅を利用する場合は、35番出口が便利。出口からは、サンシャイン60通りをまっすぐ進んで、右側に東急ハンズと巨大なサンシャインビジョンが見えたら、その右手にあるエスカレーターまたはエレベーターで降ります。

地下道を道なりに進むと、「サンシャインシティ」に到着します。ワールドインポートマートビルのエレベーターで屋上に上がると「サンシャイン水族館」に着きます。

東京メトロ有楽町線の東池袋駅を利用の場合は、6・7番出口を出て、徒歩で約5分。右手に歩いて「サンシャインシティ方面」の看板が目印です。

案内に沿って地下道を進んで「サンシャインシティ」に到着後、ワールドインポートマートビルのエレベーターで「サンシャイン水族館」に行けます。

【クルマ】

「サンシャインシティ」は、首都高速道路5号線「東池袋出入口」と直結しているので、遠方からでも迷う心配はありません。

【駐車場・パーキング】サンシャインパーキングが便利

クルマの場合は、サンシャインシティの地下駐車場「サンシャインパーキング」が便利です。24時間営業・年中無休、収容台数1,800台と、大規模駐車場を完備しています。

駐車スペースは、緑や橙、黄、赤、青に色分けされていて、「サンシャイン水族館」の利用は、赤エリアに駐車するのが便利です。

サンシャインシティ内で計3,000円以上の利用、または「サンシャイン水族館」や「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」の利用で、2時間無料(水族館・展望台セットチケットの場合は3時間無料)、合計10,000円以上の利用で3時間無料になります。

サンシャインパーキング(1,800台)
【料金】
<入庫〜4時間>30分ごとに300円
<4〜8時間>2,400円
<8〜10時間>2,400円+8時間超過30分ごとに300円加算
<10〜24時間>3,600円

【営業時間・休園日】季節によって営業時間が変動

「サンシャイン水族館」は、春夏は9時から21時、秋冬は10時から18時の通年営業です。営業時間は時期や日程によって変動するので、事前に公式サイトで確認するのがおすすめです。ちなみに最終入場は、終了の1時間前までで、再入場は終了時間の30分前までです。

営業時間/9:00〜21:00(春夏)、10:00〜18:00(秋冬)
休園日/年中無休
※最終入場は終了時間の1時間前、再入場は終了時間の30分前まで

【混雑情報・空いてる時間帯】目安の滞在時間も!

2階建ての屋内エリアと屋外エリアからなる「サンシャイン水族館」は、全体で約7,700平方メートルと、子連れで回るにもほどよい広さです。屋外エリアは、一部を除いて屋根がついているので、雨の日でも楽しめます。

混雑情報&おすすめの時間帯

天気に関係なく、休日は混雑しがちですが、狙い目は平日の昼間。子供のペースで、ゆったりと生き物観察ができやすいです。また、混雑状況は、公式ホームページにリアルタイムで案内されるので、参考にしてください。

施設の滞在時間(目安)

約550種2万3,000点の生き物が展示されていて、子供と一緒に回った場合の目安は2時間ほどですが、生き物のパフォーマンスや体験イベントなどに参加する場合は、少し多めに時間をみていくといいでしょう。

フィーディング(エサやり)やグリーティングなどの時間は決まっているので、最初に把握しておくと便利です。所要時間はそれぞれ10分程度です。

【料金】便利なチケットやセット券も!

「ワールドインポートマートビル」のエレベーターで屋上まで上がると、右手にチケットカウンターがあります。

チケットカウンターや券売機で当日チケットの購入も可能ですが、並ばずに入れるwebチケットが便利です。ほかにも、ファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、サークルK・サンクスで購入できるコンビニチケットもあります。

Webチケット料金/当日チケット料金/コンビニチケット料金
大人(高校生以上)2,200円
中学生1,200円
小学生1,200円
未就学児(4歳から)700円
4歳未満無料

当日チケットを出入り口で提示すれば、何度でも再入場可能です。「サンシャインシティ」内で食事をしたり、隣接の「プラネタリウム“満天” in 池袋サンシャインシティ」を楽しんだり、過ごし方は自由です。

【割引・クーポン・セット券】お得な割引も

最大20%割引の「水族館+展望台 セット券」がお得です。

水族館+展望台セット券

大人2,800円(通常3,400円)
高校生・大学生・専門学生2,550円(通常3,100円)
中学生・小学生1,500円(通常1,800円)
未就学児(4歳〜)800円(通常1,000円)
4歳未満無料
※いずれも税込み価格

【年間パス】年2回以上でお得!

年間2回以上行くなら、2回分の入場料で購入できる年パスが断然お得です! 同伴者割引のほか、営業時間の10分前から一部エリアに入場できるアーリーエントリー、同伴者2人まで入館料が約3割引、水族館内「ショップ アクアポケット」のお買い物5%割引など、10以上の特典が利用できます。

料金

  • 大人(高校生以上)4,400円
  • 子供(小中学生)2,400円
  • 幼児(4歳以上)1,400円
  • 3歳以下無料

年パスのお得な12特典!

  1. 本人及び同伴者優先案内
  2. アーリーエントリー
  3. 同伴者の入場料割引(約30%)
  4. お土産「ショップ アクアポケット」の買い物割引
  5. 早期更新特典
  6. バースデー特典
  7. 駐車サービス(2時間無料)
  8. 駐輪サービス(3時間無料)
  9. サンシャインシティ内「コニカミノルタプラネタリウム“満天”」鑑賞料が本人含む2人まで約50%割引
  10. 「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」入場料が本人含む5人まで約30%割引
  11. 「アルパ」の特典・割引サービス
  12. しながわ水族館入場料が本人含む5人まで約20%割引

【館内マップ】ベビールームも完備!

午前中から生き物によるパフォーマンスもたくさん用意されているので、早い時間からたっぷり楽しめます。また、特別展も随時開催していて、子供の好奇心をくすぐる展示がたくさんあります。

屋外エリアは屋根があるので、天気に左右されずに楽しめるのもうれしいポイント。また、ベビーカーでも楽しめるほか、オムツ替え台や授乳室が併設されたベビールームも完備されているので、小さな子供連れでも安心です。

ほかにも、かざすAI図鑑アプリ「LINNE LENS(リンネレンズ)」を利用することで、より楽しむことも! アプリを起動して、カメラで生き物達を映すと、生物名が表示&自動記録され、世界に一つの図鑑ができあがります。事前にアプリをダウンロードしておくとスムーズですよ(無料は毎日10種まで)。


親子におすすめスポット&エリア9選

約550種の生き物が展示されている「サンシャイン水族館」の中でも、特に親子におすすめの生き物を紹介します! 世界初の展示などもあり見どころ盛りだくさんです。

天空のペンギン/屋外エリア「マリンガーデン」

正面から頭上にかけて覆いかぶさるようにオーバーハングした水槽では、ケープペンギンと池袋の街並みが見えます。ここにしかない展示手法で、ペンギンが空を飛んでいるのか、自分が水の中にいるのか…不思議な感覚になれる空間です。

水槽を下から見上げれば、ペンギン越しに空が見えます。晴れた日には、キラキラと太陽の光が差し込み、幻想的な雰囲気に。午前中は比較的活動的なので、泳いでいる姿が見やすいようです。
※「天空のペンギン」水槽での生物展示は19:00まで

草原のペンギン/屋外エリア「マリンガーデン」

本来の暮らしぶりに近い環境が再現されている「草原のペンギン」。ケープペンギンは、南アフリカに生息する種類で、意外にもケープタウンの砂浜や草原で暮らしているそうです。

傾斜をものともせず、軽やかに歩き回るペンギンが至近距離で観察できます。翼についたカラフルなリングで識別できるので、親子で違いを見つけるのも楽しそうですね。

カワウソたちの水辺/屋外エリア「マリンガーデン」

愛くるしい姿にファンも多いコツメカワウソも見逃せません! カワウソの生活に欠かせない陸地と水辺を有した住みかで、自由気ままに暮らしている様子が見られます。

時間は決まっていませんが、基本的に1日1回、屋外エリアでコツメカワウソのお散歩タイムがあります。出会えたらラッキー♪ 写真の子は、毛がやや白っぽいハクちゃん。キュートですばやい動きは、見ているだけで癒やされますよ。

天空パス/屋外エリア「マリンガーデン」

「マリンガーデン」内の天空の通路「天空パス」で、のんびり暮らしているのがモモイロペリカンです。空を泳いだり歩いたりしているように見える画期的な展示で、大人も子供も釘付けになること間違いなし! ほんのりピンク色の体と、愛嬌のある表情がとってもかわいいですよ。

「天空パス」に柵などの仕切りはありませんが、逃げてしまう心配はありません。高層ビルと天空パスを優雅に泳ぐモモイロペリカンのコラボが見られるのはここならでは!

約30mある「天空パス」は、屋根代わりにもなるので、雨の日でも「マリンガーデン」の中を散策できます。一部屋根のないエリアもありますが、傘の貸し出しがあるので、急な雨でも心配ありません。
※モモイロペリカンの展示は18:30まで

サンシャインアクアリング/屋外エリア 「マリンガーデン」

日本初の展示方法となるドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」は、アシカの遊び場。日差しが降り注ぐなか、サンシャイン60ビルを背景に、気持ちよさそうにアシカが空を飛んでいるような空間に子供も夢中になりそうです。

地上2m30cmの高さに設置されているので、パパが子供をおんぶや肩車をすれば、軽やかに泳ぐアシカが目の前に! 
※「サンシャインアクアリング」での生物展示は17:00まで

「サンシャインアクアリング」とつながっている「アシカたちの砂浜」には、大型水槽も併設されています。湾曲した水槽は、小さな子供でも見やすい高さになっています。取材当日もたくさんの園児に囲まれて優雅な泳ぎを披露していました。


サンシャインラグーン/館内1階

館内の目玉は、「サンシャイン水族館」最大の水槽「サンシャインラグーン」。約240トン(風呂1,300杯分)の水量を誇る大水槽は、南国の浅い海をイメージしていて、エイをはじめとした約45種類1,400匹の生き物が暮らしています。

大型水槽では珍しい白い砂が敷きつめられ、自然界に近い環境が整えられているのが特徴。生き物が砂の上や砂の中で、どんな生活を送っているのか、じっくり観察できます。生き物が岩場に隠れるようにして潜んでいることも。

アクアプランツ・大河アマゾン川/館内2階

館内2階には、アマゾン川やマングローブの森に生息する生き物達が、現地さながらに展示されています。木漏れ日を連想させる照明や、霧のようなミスト、密林の中にいるようなBGMなど、臨場感溢れる演出で楽しませてくれます。

人懐っこいナマズは、エサの時間になると顔をのぞかせてくれるそうです。生い茂った樹々の中にはグリーンイグアナの姿もあり、親子で一緒に探すのも楽しいですよ。

湖にすむアザラシ/館内2階

館内2階では、丸っこいフォルムがキュートなバイカルアザラシの親子も待っています。現在は、2019年3月27日に生まれたばかりのメロちゃんが、出迎えてくれることもあるようです。

ふわりうむ/館内1階

水中を浮遊するクラゲ達に包まれるトンネル型水槽は、癒し効果抜群の幻想的な空間です。通常のミズクラゲは、四つ葉のような消化管を持ちますが、写真のように5つや6つに分かれていることもあり、見つけると幸せなことがあるかも…?

半円形の水槽は、正面から見るとクラゲが飛び出してくるように見える不思議な展示。気持ちよさそうに水中を浮遊するクラゲに、子供も大人も興味津々で見入ってしまうかもしれませんね。


おすすめ生き物「イベント&ショー」7選 

「サンシャイン水族館」では、人気生き物のパフォーマンスやイベントが多数開催されています。ここでは、親子におすすめの催しを7つ紹介。事前に時間をチェックしてスケジュールを立てて回るのがおすすめです。

ペンギン・ダイビングタイム

「天空のペンギン」で毎日開催されるのが、ペンギンが水中で魚を獲る姿が見られるイベントです。毎日11:45〜、15:45〜の2回行われます。飼育スタッフが卵の大きさや、口の中の構造など、ペンギンの生態も教えてくれますよ。

水槽にアジが投げ込まれると、ペンギンが勢いよく水中を泳ぎます。普段は見られない豪快かつスピーディーな姿に、子供も大興奮間違いなしです!

ペンギン・フィーディングタイム

「草原のペンギン」では、毎日10:45〜、13:30〜の2回、ペンギンへのエサやりに加えて、子育て方法や成長過程について解説するイベントが開催されます。キュートなペンギンのよちよち歩きにキュンとしますよ。

アシカ・パフォーマンスタイム

屋外の「パフォーマンスステージ」では、アシカのパフォーマンスショーが毎日4回(11:00〜、12:30〜、14:00〜、15:30〜)開催されます。

フラフープやボール、ステッキを使ってかわいい技を披露。間近で観覧できて、生き物たちをより身近に感じられます!

スタッフの合図でコミカルな動きをしたり、片手で逆立ちしたり、フラフープで器用に遊ぶなど、多彩な技に大人も子供も楽しめます。パフォーマンス後半にあるアシカの大技も人気です。

ペリカン・フィーディングタイム

「天空のペンギン」の水槽では、モモイロペリカンがエサを食べる瞬間が見られるイベントを毎日2回(11:15〜、15:00〜)開催。イベント前には、エサを待ちわびるペリカンを真下から見られますよ。

モモイロペリカンが、喉袋を膨らませてスピーディーに魚を食べる瞬間は必見です! 水中の様子が見られるのは「天空のペンギン」だからこそ。ちなみに、喉袋には約10Lの水を入れられるというから驚きです。また、「ガーガー」と低い声でコミュニケーションを取るそうです。


アロワナ&ドラド・フィーディングタイム

屋外の「きらめきの泉」では、アマゾン川に生息する淡水魚のアロワナやドラドが暮らしています。特殊な技を駆使したフィーディングタイムが毎日13:15に開催します。土日祝には16:15にも行われます。

パフォーマンスでは、アロワナとドラドが水上にジャンプしてエサを食べる様子が間近で見られます。スタッフがエサの付いた棒を水槽の上部にセットすると、すぐさまジャンプしてエサをキャッチ。驚きの光景に子供は釘付けになります。

水中パフォーマンスタイム/サンシャインラグーン

「サンシャインラグーン」では、水槽内にダイバーが登場して、魚を紹介する水中パフォーマンスを毎日7回(10:30〜、11:30〜、13:00〜、14:30〜、16:00〜、17:30〜、19:00〜)開催しています。

水中マイクを使って、クイズ形式で海の生き物に関する豆知識を教えてくれたり、魚とダンスを踊ったり、ダイバーによって内容は変化するので、何回見ても楽しめます。ハロウィンやクリスマスなど、季節に合わせたスタイルにも注目です!

「サンシャインラグーン」の前には段差があり、座りながら水中パフォーマンスが鑑賞できます。水槽前の白線までが客席になっていて、小さな子供も間近で見られます。

期間限定の特別展/館外

「サンシャイン水族館」の向かいスペースでは、期間限定の特別展が随時開催。これまでに「へんないきもの展」「化ケモノ展」「ざんねんないきもの展」など、一風変わった生き物の生態をわかりやすく紹介しています。

取材時に開催していた特別展「へんないきもの展3+うんこ」は、別途入場料600円が必要で、水族館の入場チケットや年パスを持っていれば400円で入場可能です。


子供向けのおすすめ体験2選

子供が楽しめるおすすめ体験を2つ紹介します。水族館の裏側を見学したり、裏話が聞けたり、魚にエサやり体験ができたり、自由研究などにもおすすめです。

探検ガイドツアー

水族館の裏側を見ることができる探検ガイドツアーを毎日開催。1日2回あり、11時の回は魚類チームの飼育スタッフ、14時の回は海獣チームの飼育スタッフが案内してくれます。ちなみに、日曜日の11時の回のみ、「サンゴ特別編」を実施。所要時間は50分で、1回500円です。

生き物のエサを作る「調餌場(ちょうじば)」や、館内に展示していない生き物を飼育している「予備槽室」に行けるほか、「サンシャインラグーン」を上から覗けるスポットなど、普段入れない場所を楽しく見学できます。

水族館の裏話も聞けるので、ワクワクしながら楽しめます。自由に撮影ができるのもうれしいポイントです。

飼育スタッフによって、案内してくれる場所が違うので、1日2回参加すると違った知識が身に付くことも。エサを保存しておくマイナス20℃の冷凍庫を体感できることもあるそうです。

定員制なので、年間パスポート発行カウンターで早めに予約するのがおすすめ。集合場所は、特別展の左手です。

探検ガイドツアー料金・実施時間
料金:1人500円
実施時間:11:00〜|14:00〜(各約50分)
※2019年7月時点

サンシャインラグーン水槽エサやり体験

1日に1回(16:30〜)だけ、館内最大の水槽「サンシャインラグーン」で暮らす生き物に、エサやりができる「サンシャインラグーン水槽エサやり体験」も人気です。

1人300円で、小さな子供でも気軽に楽しめます。上から見た水槽は撮影可能ですが、カメラやスマホを落とさないように注意しましょう。

先着20人で、予約は年間パスポート発行カウンターでできます。集合場所の目印は、「サンシャインラグーン」近くの看板です。

サンシャインラグーン水槽エサやり体験料金・実施時間
料金:1人300円
実施時間:16:30〜(約20分)

サンシャイン水族館で人気の「生き物」1位は?

2019年1月に、来館者アンケートで選ばれた人気の生き物を発表します。

1位は、表情や仕草がかわいらしいコツメカワウソが選ばれました。2位はケープペンギン、3位にはアシカがランクインしています。

1位:コツメカワウソ
2位:ケープペンギン
3位:アシカ
4位:クラゲ
5位:チンアナゴ
6位:バイカルアザラシ
7位:カエル
8位:ダイオウグソクムシ
9位:サメ
10位:モモイロペリカン

5位のチンアナゴは、砂からひょっこり顔を出した姿が、子供から大人まで人気! ぜひ親子でお気に入りの生き物を見つけてくださいね。


【年齢別の楽しみ方】おすすめの見どころ厳選

小さな子供でも楽しめるエリアやイベントを年齢別にピックアップ! 子供が興味を示す場所を探しながら、巡ってみてください。

(0歳〜2歳)赤ちゃん向けエリア&イベント

  • ケープペンギン・コツメカワウソ・アシカ・モモイロペリカン(屋外エリア)
  • 各生き物のパフォーマンスタイム/ケープペンギン・コツメカワウソ・アシカ・モモイロペリカン(屋外エリア)
  • サンシャインラグーン(館内1階)
  • ふわりうむ/クラゲ(館内1階)

開放感のある「マリンガーデン」なら、普段とは違った雰囲気で赤ちゃんも楽しめます。また、館内で幻想的な空間の「サンシャインラグーン」や「ふわりうむ」を見ながら、休憩をかねてのんびり過ごすのもいいですね。

(3歳〜5歳)幼児向けおすすめエリア&イベント

  • 屋外エリア「マリンガーデン」
  • アシカ・パフォーマンスタイム/屋外エリア
  • サンシャインラグーン/館内1階
  • 湖にすむアザラシ・水から陸へ〜両生類の世界〜/館内2階
  • サンシャインラグーン水槽エサやり体験/水族館裏側

興味の幅が広がる3歳から5歳の子供には、屋外エリア「マリンガーデン」の生き物パフォーマンスや、体験型イベントに参加するのがおすすめです。コミカルなパフォーマンスタイムやエサを食べる様子は、小さな子供でも気軽に楽しめます。

(6歳〜)小学生向けおすすめエリア&イベント

  • 屋外エリア「マリンガーデン」
  • サンシャインラグーン/館内1階
  • 冷たい海(クリオネ・ゾウギンザメなど)/館内1階
  • 水から陸へ〜両生類の世界〜/館内2階
  • 探検ガイドツアー/水族館裏側

小学生以上の子供には、屋外エリアはもちろん、珍しい象の鼻のようなヒレを持つゾウギンザメや色とりどりのカエルなど、興味の幅が広がる生き物が展示されているエリアもおすすめです。また、学べる要素のある体験型のイベントも楽しめるはずです。

【ランチ・飲食】水族館内にタリーズ併設

「マリンガーデン」の一角には、「タリーズコーヒー サンシャイン水族館店」が併設されています。水族館を巡った後のランチやおやつ休憩にぴったりです。

ここでしか食べられない特別メニューも見逃せません。ペンギンのイラストが描かれた「パンケーキ ぺんぎん」(380円・税込み)は人気メニュー。カワウソバージョンのパンケーキもあります。

店内には、座席とテラス席があり、全46席が用意。ゆったりとした配置のテラス席は、小さな子供連れやベビーカーにおすすめです。

お土産ショップ

館内2階にある「ショップ アクアポケット」には、オリジナルグッズがたくさん。「アナゴクランチチョコ」(162円)や「CubeBox」(378円)など、お土産に喜ばれるアイテムが充実しています。

スタッフのおすすめは、「オリジナルコツメカワウソぬいぐるみ」(2,138円)。ほどよい大きさとふわふわ感が、子供に大人気! ケープペンギンやトラフザメのぬいぐるみもあるので、親子でお気に入りを見つけてくださいね。

※価格はすべて税込みです。

【設備】ベビールームも完備

「サンシャイン水族館」は子連れ向けの設備が充実。全体的にゆとりのあるつくりになっているので、安心して楽しめます。

トイレは全2カ所でオムツ替え台あり

各トイレにオムツ替え台があります。男性トイレの個室にも、幼児用便座が用意されています。

授乳室は館内に1カ所

館内2階のベビールームには、オムツ替え台や授乳室などがあるので、いざというときも安心です。

休憩スポットも豊富

休憩スポットも館内各所にあります。館内1階のサンシャインラグーン前には長椅子、館内2階の大河アマゾン近くには椅子があります。屋外エリアにも、ベンチが点在しているので、ひと息つきたいときに利用できるのもうれしいですね。

ベビーカー置き場は1カ所

館内はベビーカーで回れます。ウェルカムカウンター(入口)から入ってすぐに、ベビーカー置き場があります。体験イベントに参加する場合など適宜利用しましょう。また、混雑時も抱っこひもなどを使用して、ベビーカーは預けて回ったほうがスムーズです。

ロッカーの利用も可能

チケットカウンターから奥に進んで、「コニカミノルタプラネタリウム“満天”」のチケットカウンター裏側に、大・中・小3サイズのロッカー(300〜500円)が備えられています。荷物が多い時に活用すると、便利ですね。

気になる口コミはこちら!

「サンシャイン水族館」周辺のおすすめスポット

「サンシャイン水族館」がある「サンシャインシティ」は、展望台やグルメなどの各ショップやイベント開催など多彩な遊びを楽しめます。子供の年齢に応じてさまざまな遊びを堪能できるのが魅力です。水族館と合わせて展望台に行くならセットチケットがお得ですよ。

「サンシャイン水族館」近くのスポット
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!