2

東京都内近郊のクラゲが見られる水族館5選 最新&おすすめ厳選

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

透けるような体でふわふわと海を浮遊する姿が特徴的な「クラゲ」。近年はゆったりと泳ぐ様子に癒やされるという人も多く、展示に力を入れている水族館が増加中! クラゲをより美しく見せるために演出方法も工夫されていて、大人から子供まで人気を集めています。

そこで今回は、東京都内近郊にある「クラゲの大型展示が楽しめる水族館」を一挙に紹介! LED照明やプロジェクションマッピングを使ったライトアップや、特殊な大型水槽など、水族館ごとにこだわりの展示が楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください!

※各水族館で見られるクラゲの種類は、変更になる場合があります

貴重なシロイルカに会える水族館まとめ【全国】深海魚・深海生物がいる水族館を一挙に紹介!

すみだ水族館【東京都墨田区】

墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチ内にある「すみだ水族館」。2020年の7月に一部リニューアル、新しくなった「アクアベース」「クラゲエリア」でクラゲが展示されています。

「クラゲエリア」では、約14種700匹のクラゲを多様な水槽で展示。なかでも全長7mの楕円形の水盤水槽「ビッグシャーレ」(写真)では、水槽いっぱいに広がって漂う約500匹のミズクラゲを上から眺めることができます。

水槽の上に張り出したガラス張りの足場 もあり、クラゲが泳ぐ水面の上に立っているような感覚が味わえますよ!

また、3つの水槽が並んだ「ドラム型水槽」では、異なるクラゲの色や模様の違いを見比べて楽しめます。

「アクアベース」では、クラゲの飼育設備や成体になるまでの成長・繁殖の様子を展示。クラゲの生後の日数ごとの成長の様子や、種類による違いを見比べることができます。クラゲの飼育スタッフが世話をする様子も間近で見られ、気になることは質問もできますよ。

展示されているクラゲの種類

  • ミズクラゲ
  • アカクラゲ
  • シロクラゲ
  • パシフィックシーネットル
  • タコクラゲ
  • キャノンボールジェリー
  • ブラックシーネットル
  • ビゼンクラゲ など

クラゲ以外にも、真横や上部からペンギンやオットセイの姿を間近に見られる国内最大級の屋内開放型プールや、約300匹のチンアナゴが飼育されている「サンゴ礁エリア」などで、さまざまな生き物を展示。ペンギンなどへのエサやりの様子も見られます。

「すみだ水族館」の最新クラゲエリア徹底レポ!

■すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン ソラマチ5F・6F
定休日:年中無休
料金:大人2,300円、高校生1,700円、小中学生1,100円、幼児(3歳以上)700円
※中学・高校生はチケット売り場で生徒手帳の提示が必要
※土日祝・特定日の入館にはWEBチケットまたはWEB整理券が必要

もっと詳しい情報を見る
「すみだ水族館」の見どころ・料金・割引・アクセス網羅

サンシャイン水族館【東京都豊島区】

豊島区の商業施設「サンシャインシティ」内にある「サンシャイン水族館」。「天空のオアシス」を コンセプトにした都市型水族館で、ビルの屋上を利用した開放的な展示などが人気です。2020年7月には、クラゲをメインにした新エリア「海月空感」(くらげくうかん)がオープンしました。

横幅約14mの大きな孤を描く「クラゲパノラマ」は、見る人の視界すべてをクラゲで埋め尽くすような国内最大級の水槽。通路の頭上を覆うように水槽が広がる「クラゲトンネル」もあり、どちらもまるで自分が水中にいるかのような感覚が楽しめます。

また、 「クラゲスクリーン」では、長いもので全長5m以上に達するというシーネットルの仲間を展示。触手をひらひらとさせてゆったりと泳ぐ姿が魅力的です。

そのほかにも、万華鏡のような筒状の水槽「夢幻海月」(むげんくらげ)やユニークな形状の「クラゲルーペ」などがあり、さまざまな角度からクラゲを観賞できます。1階から2階に続く階段ではクラゲのプロジェクションマッピングもあり、フォトスポットとしてもおすすめです。

展示されているクラゲの種類

  • ミズクラゲ
  • アカクラゲ
  • タコクラゲ
  • ブルージェリー など
池袋サンシャイン水族館の最新「クラゲエリア」の詳細はこちら

サンシャイン水族館では、開放的な屋上を活用し、頭上に水槽を設置。ペンギンやアシカ、ペリカンなどが泳ぐ姿を、水槽の下から眺めることができます。晴れた日には青空をバックに、まるで空を飛んでいるかのように泳ぐ姿は必見! そのほか、館内の水槽内にダイバーが登場して魚を紹介する水中パフォーマンスもおすすめです。

■サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上
定休日:年中無休
料金:大人(高校生以上)2,400円、小中学生1,200円、幼児(4歳以上)700円
※入館にはWEBチケットまたはWEB整理券が必要

もっと詳しい情報を見る
「サンシャイン水族館」見どころ・料金・割引・アクセス全紹介

マクセル アクアパーク品川【東京都港区】

港区高輪の「品川プリンスホテル」内にある「マクセル アクアパーク品川」は、音・光・映像を駆使した、華やかな演出にも力を入れている水族館です。

クラゲが展示されているのは、1階の「ジェリーフィッシュランブル」というエリア。幅9m、奥行き約35mにもおよぶ広々とした空間に、7つの円柱水槽と全面がクリスタルの水槽を設置し、ミズクラゲやインドネシアシーネットルなどが展示されています。

天井と壁一面を鏡張りにして、光や音の演出とあわせてクラゲをより幻想的に演出。春は桜、夏は花火や縁日、冬は雪のように、季節に合わせ演出を変えることで、いつ訪れても違った楽しみ方ができますよ。

展示されているクラゲの種類

  • アマクサクラゲ
  • ミズクラゲ
  • インドネシアシーネットル など

そのほかに、360度見渡せるイルカショーや、ペンギン・アシカ・オットセイが芸を見せてくれるミニパフォーマンス、カピバラのエサやりなども楽しめます。

「マクセル アクアパーク品川」の全網羅!

■マクセル アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30品川プリンスホテル内
定休日:年中無休
料金:大人(高校生以上)2,300円、小中学生1,200円、幼児(4歳以上)700円
※日付指定のWEB入場整理券が必要

もっと詳しい情報を見る
「マクセル アクアパーク品川」おすすめ体験&イベント全網羅

横浜・八景島シーパラダイス【神奈川県横浜市】

神奈川県にある「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館、遊園地、ショッピングモール、レストラン、ホテル、マリーナなどがある複合型海洋レジャー施設。屋内水族館「アクアミュージアム」の3階にある「くらげりうむ」にクラゲが展示されています。

7基の大きな水槽の中には、ミズクラゲのほか、アカクラゲやアマクサクラゲなど10種類以上のクラゲを見ることができます。また、水槽の間にはクラゲの豆知識なども数多く紹介。

同エリア内にある「体感LAB.」では、クラゲに関する映像も見ることができ、クラゲについてより深く学べます。

展示されているクラゲの種類

  • ミズクラゲ
  • アカクラゲ
  • アマクサクラゲ など

横浜・八景島シーパラダイスには、 海の生き物を総合的に展示した「アクアミュージアム」のほか、イルカが頭上を泳ぐ様子を見られる「ドルフィンファンタジー」、イルカなど海の生き物とふれあえる「ふれあいラグーン」、海について学べて釣りも楽しめる「うみファーム」など、見どころいっぱい! さまざまなアトラクションそろった「プレジャーランド」(遊園地)もあって、1日中遊べますよ。

横浜・八景島シーパラダイスの見どころ紹介!

■横浜・八景島シーパラダイス
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
定休日:年中無休
料金:【アクアリゾーツパス】大人(高校生以上)3,000円、小中学生1,800円、幼児(4歳以上)900円
※4つの水族館(アクアミュージアム・ドルフィン ファンタジー・ふれあいラグーン・うみファーム)に入場可能

もっと詳しい情報を見る
「横浜・八景島シーパラダイス」見どころ・アクセス・遊び方紹介

新江ノ島水族館【神奈川県藤沢市】

「新江ノ島水族館」は、世界でも有数の水生生物の飼育数 を誇る水族館で、約60年の飼育研究を生かしたクラゲ展示が、「クラゲファンタジーホール」と「クラゲサイエンス」の2つのエリアで楽しめます。

「クラゲファンタジーホール」では、「癒し」をテーマに常時約14種類のクラゲを展示。クラゲの体内をイメージさせる大小13の半ドーム式水槽と、ホール中央にある球型水槽「クラゲプラネット(海月の惑星)」で、幻想的に演出されたクラゲたちをさまざま角度から眺めることができます。

「クラゲファンタジーホール」にあるクラゲの解説は、「クラゲを担当する飼育スタッフがそれぞれのクラゲから感じたイメージや思いをポエム調で表現しています。美しいクラゲとあわせてぜひお読みいただきたいです」(新江ノ島水族館/担当スタッフ)とのこと。ぜひチェックしてみてくださいね。

「クラゲサイエンス」では「学び」をテーマに、常時約30種のクラゲを飼育展示。クラゲの不思議な生態や生活史などを詳しく紹介しています。実際にクラゲ担当のスタッフが飼育作業をしている様子も見られますよ。

江ノ島で発見された新種のクラゲ「ワタボウシクラゲ」(標本)も世界初展示されています。

新江ノ島水族館の新種のクラゲとは?

展示されているクラゲの種類

  • ミズクラゲ
  • アカクラゲ
  • カラージェリー
  • パシフィックシーネットル
  • キタミズクラゲ
  • サムクラゲ
  • タコクラゲ
  • ブラックシーネットル
  • アマクサクラゲ
  • エボシクラゲ
  • ワタボウシクラゲ など

新江ノ島水族館では クラゲのほかにも、ヒトデや貝などにさわれるタッチプールや、ペンギンの個性や見分け方などを学べるペンギンショー「ペングィーン」など、独自のイベントや体験が充実しています。約8,000匹のイワシが泳ぐ「相模原大水槽」や深海生物の展示、有人潜水調査船「しんかい2000」の常設展示などもあり、バラエティ豊か。体験型展示やプログラムで学びを深められる「なぎさの体験学習館」も家族連れにおすすめです。

新江ノ島水族館を徹底レポ

■新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
定休日:年中無休
料金:大人2,500円、高校生1,700円、小中学生1,200円、幼児(3歳以上)800円

もっと詳しい情報を見る
絶対行きたい!「新江ノ島水族館」を徹底レポ 親子におすすめ

クラゲのゆったりと美しく舞う姿は、子供も大人もうっとり! 美しいクラゲは写真に撮るのも楽しいですね。ぜひ家族で足を運んでみてください。

【特集】関東・関西・東海など、全国の水族館を紹介!
この記事をクリップする
2
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

気になるキーワードをチェック!