関東の人気おでかけ施設トップ10 最新&1日遊べるスポットも!

親子の時間をゆっくりと満喫できる夏休み。海外旅行も良いですが、国内にも家族のおでかけにピッタリの魅力的なスポットは数多くあります。

そこで今回は、「いこーよ」の65,000件以上のスポットから、関東で人気の総合レジャーランキングTOP10を紹介します。最新のデジタルアートが楽しめたり、人気のキャラクターとふれあえたり、大自然の中でアスレチックが楽しめたりと幅広いラインナップなので、ぜひ参考にしてください(※ランキング集計:2018年6月1日〜6月30日、いこーよ調べ)。

最新ランキングはこちら

1位 森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス(東京都)

今年6月にお台場に誕生した「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」は、520台のコンピューターと470台のプロジェクターを使用したデジタルアートミュージアムです

一歩足を踏み入れると、複雑で立体的な空間が広がっていて、圧倒的なスケール感と美しさに感動必至。いままで体験したことがない全く新しい世界に出会えます。

なかでは、約50のアート作品を楽しむことができ、特に「お絵かき水族館」は子どもに大人気。専用の紙に海の生き物の絵を描くと、巨大なスクリーンに映し出され、みんなが描いた生き物と一緒に泳ぎ出します

泳いでいる魚に触れると、一斉に逃げ出したり、エサをあげられる仕掛けも。遊び心が詰まっていて、子どもから大人まで夢中になって楽しめます。

「チームラボ ボーダレス」の人気作品&魅力を徹底レポート!

■森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
営業時間(通常):月曜〜木曜は11:00〜19:00、金曜・祝前日は11:00〜21:00、土曜は10:00〜21:00、日曜・祝日は10:00〜19:00 ※シーズンによって異なります
定休日(通常):第2・第4火曜 ※8月は貸切営業を含め10日と28日のみ休み

2位 東京あそびマーレ(東京都)

東京都八王子市にある「東京あそびマーレ」は、今年4月にオープンした思いっきり体を動かせる屋内遊園地です。ゴーカートをはじめ、トランポリンや忍者気分が味わえる「忍法からくり屋敷」など、20種類以上のアトラクションで遊べます。

小さな子ども連れにうれしいキッズゾーンや授乳室、オムツ替え台も完備されていて、安心して利用できるのもポイントです。

同所でおすすめなのが、日本初登場となる雪のテーマパーク「スノータウン」。体感温度約18度〜20度のひんやり空間で、雪遊びを思う存分楽しむことができます。そりとプラスチック遊具は無料で使えるので、親子でたっぷり遊べますよ。

「東京あそびマーレ」エリア&アトラクション全網羅

■東京あそびマーレ
住所:東京都八王子市別所2-1 ビア長池新館
営業時間:10:00〜19:00
定休日:無休

3位 クロスポ 千葉浜野店(千葉県)

千葉県にある「クロスポ 千葉浜野店」は、数十種類のアトラクションが時間制で遊び放題のリアルゲームパーク。トランポリンやボールプールなど、子どもが喜ぶさまざまな遊びがそろっています。

大迫力のトリックアートが描かれた高さ9mの壁を登る「トリックアートクライミング」は、スリル満点。大蛇やキングコングに対面する瞬間、遺跡をよじ登っている様子など、写真を撮って盛り上がれます。

ほかにも、大きな水槽の釣り堀や、安全に楽しめる「セーフアーチェリー」などもあり、室内にいながらアウトドアスポーツが満喫できるのもうれしいポイントです。

■クロスポ 千葉浜野店
住所:千葉県千葉市中央区浜野町1025-240
営業時間:24時間
定休日:無休


4位 NHKスタジオパーク(東京都)

東京都にある「NHKスタジオパーク」は、最新技術による映像上映や子どもに大人気のキャラクターふれあいなど、さまざまな展示やイベントを楽しめる体験型のテーマパークです。入場料が一般200円、高校生以下無料と格安で、無料公開デーも頻繁にあります。

「キッズワールド」では、「おかあさんといっしょ」のお兄さんやお姉さんと同じ画面で歌ったり体操したりと、思い出に残る貴重な体験が可能。また、「いないいないばあっ!」「みいつけた!」などのNHK Eテレのキャラクターとゲームができるエリアもあり、子ども大喜びです。

そのほか、1960年代から現在までの子ども番組が観られる「こどもライブラリー」も。親子で1日楽しめるスポットです。

■NHKスタジオパーク
住所:東京都渋谷区神南2-2-1
営業時間:10:00〜18:00
定休日:第4月曜 ※変更になることがあります

5位 軽井沢おもちゃ王国(群馬県)

群馬県にある「軽井沢おもちゃ王国」は、おもちゃをはじめ、アスレチックや乗り物など子どもがワクワクするものをたくさん集めたテーマパークです

「おもちゃのお部屋エリア」では、「シルバニアファミリー館」「トミカ・プラレールランド」「リカちゃんハウス」「こえだちゃんと木のおうち」など、全11館のおもちゃで遊べます。子どもの好奇心や想像力、協調性などを楽しみながら伸ばすことができますよ。

軽井沢の大自然に触れられるのもうれしいポイント。「自然/アスレチックエリア」では、森の中に作られたツリーハウスやクライミングウォールなど、20種類のアスレチックが楽しめます。イベントやものづくり体験も豊富なスポットです。

2018年「軽井沢おもちゃ王国」に新アスレチック登場!

■軽井沢おもちゃ王国
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
営業期間:2018年は4月20日〜11月25日
営業時間:平日は10:00〜17:00(11月は10:00〜16:30)、土日祝は9:30〜17:00(11月は9:30〜16:30) ※7月14日〜9月2日と9月・10月の3連休は9:00〜17:00
定休日:2018年は6月27日

6位 ツインリンクもてぎ(栃木県)

栃木県にある「ツインリンクもてぎ」は、世界のトップレース「MotoGP」などモータースポーツイベントが開催される場所として有名。また、子どもが自分で操れる乗り物やキャンプも楽しめる家族におすすめの「森の中のモビリティテーマパーク」です

巨大などんぐりの木がモデルで、39カ所の木登り型アスレチックに挑戦しながら頂上を目指す「森感覚アスレチック DOKIDOKI」もあります。小学生から大人まで年齢や体力に応じてコースを選ぶことができるので、家族みんなでチャレンジできます。

「森感覚アスレチック DOKIDOKI」詳細はこちら

ほかにも、スタンプラリーをしながらゴールを目指す巨大立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」や、サーキットを望みながら空中散歩が体験できる「メガジップライン つばさ」など、親子で楽しめるアトラクションが豊富です。

■ツインリンクもてぎ
住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
営業時間:日によって異なります
定休日:施設点検日
※営業時間と定休日の詳細は公式サイトをご確認ください

7位 サンリオピューロランド(東京都)

東京都にある「サンリオピューロランド」は、ハローキティをはじめ、たくさんのサンリオキャラクターに会える屋内型テーマパークです

施設内には、ボートに乗ってパーティに参加する「サンリオキャラクターボートライド」や、子どもに大人気のキャラクター「ぐでたま」をモチーフとした「ぐでたまらんど」など、キュートなアトラクションが多数。好きなパーツを組み合わせてオリジナルの名前ホルダーが作れる「メルヘン工房」もあり、楽しいひとときが過ごせます

ショーやパレードも実施しているので、エントランスに入ったらスケジュールを確認するのがおすすめ。誕生月や記念日に訪れる場合は、インフォメーションでカードをもらうといいことがあるかも!?

■サンリオピューロランド
住所:東京都多摩市落合1-31
営業時間:日によって異なります
定休日:不定休
※営業時間と定休日の詳細は公式サイトをご確認ください


8位 チームラボ★学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと富士見(埼玉県)

埼玉県にある「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと富士見」は、ミラノ万博をはじめ、ニューヨークやパリなど、世界中で展覧会を行っているチームラボが手がけるアート作品で自由に遊べる施設。施設内には、子どもの自由な発想を引き出す刺激的なアトラクションが数多くあります。

専用の紙に車やビル、宇宙船などを描いてスキャンすると、街の中に自分の作品が登場する「お絵かきタウン」。車に触るとスピードが変化するといった仕掛けがたくさん詰まっているので、子どもが夢中になること間違いなし!

描いた絵が世界で1つだけのペーパークラフトになる「お絵かきタウンペーパークラフト」もおすすめ。刺激的なアートにふれて、創造力を磨きましょう。

■チームラボ★学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと富士見
住所:埼玉県富士見市山室1-1313
営業時間:10:00〜18:00
定休日:ららぽーと富士見の営業日に準ずる

9位 長井海の手公園 ソレイユの丘(神奈川県)

神奈川県にある「長井海の手公園 ソレイユの丘」は、自然や動物とふれあえる体験型の横須賀市営公園です

観覧車やメリーゴーランドなどのアトラクションから、全長730mのゴーカートコースや15種類の「おもしろ自転車」、船型巨大遊具「ソレイユ☆パイレーツ」まで、子どもも大人も楽しめるアクティビティが豊富。パンやピザなどの手作り体験もできるほか、太平洋と富士山の絶景を眺めながらくつろげる温浴施設もあります。

「ふれあい動物村」では、カピバラ、カンガルー、ポニーなどのかわいい動物たちとふれあえます。鷹やカラフルなインコたちが大空を飛び交うバードショーも人気です。

■長井海の手公園 ソレイユの丘
住所:神奈川県横須賀市長井4
営業時間:3月〜11月は9:00〜18:00、12月〜2月は9:30〜17:00 ※季節により変更する場合があります
定休日:無休

10位 千葉こどもの国キッズダム(千葉県)

千葉県にある「千葉こどもの国キッズダム」は、トランポリンやアスレチックなどのアトラクションのほか、さまざまな体験プログラムが楽しめる子どもの楽園です

「モノヅクリングビレッジ」では、土日祝と夏休みの期間中、市原市工芸会に所属する名人たちに、陶芸や刺繍、染め物やレザークラフトなど、いろいろなものづくりを教えてもらえます。子どもオリジナルの作品が作れるので人気です。

「バーベキュー広場」では、少人数用のテーブルから10人まで使える大きなテーブルまで用意されていて、水洗い場も完備しているので、快適にバーベキューを楽しむことができます。

■千葉こどもの国キッズダム
住所:千葉県市原市山倉1487
営業時間:3月〜10月は9:30〜16:30、11月〜2月は9:30〜16:00
定休日:木曜(祝祭日と長期休みを除く)

最新のテクノロジーが体験できたり、大自然にふれられたりと、関東には魅力的なレジャー施設がいっぱい! ぜひ足を運んで、最高の夏休みにしてくださいね。

【夏休み特集】おすすめのおでかけ情報が満載!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!