お得なクーポン情報の掲載をはじめました

お台場「チームラボ ボーダレス」オープン 人気作品&魅力紹介

もくじ

デジタルアートで人気の「チームラボ」「森ビル」は、2018年6月21日(木)に、東京初の常設店として「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」をお台場にオープン! デジタルアスレチックや幻想的なランプの森など、家族で思う存分1日楽しめます。そこで今回は、同施設の魅力を徹底レポートします!

ボーダレス」をテーマに、驚きのデジタルアートを展開する「チームラボ」と「森ビル」がタッグを組んだ同施設は、世界に類をみない約50作品、1万平方メートルにも及ぶ壮大なミュージアムです。

計520台のコンピューター、470台のプロジェクターを駆使して、驚きの世界を演出。「Borderless World」「チームラボアスレチックス運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN TEA HOUSE」の5つの世界が楽しめます。

ボーダレスなアートが新しいアートを創り続ける!

大きな特徴は、名称にあるように「ボーダレス」なこと。各アート作品に境界がなく、別のアート作品と絡み合あったり、見ている人の影響を受けたりして別のアートを生み、その連鎖が常に新しいアートを次々と創り出します。

そのため、通常の施設にあるような「園内マップ」や「順路」もありません。迷路のようなつくりで、各アート作品の入口が思わぬところにあったりします。暗い通路も多く、施設全体がアートな空間で創造力をかきたてられます!

さっそく魅力たっぷりのアート作品をレポート! 下記では、作品名とともに見どころを紹介していきます。

花の森、埋もれ失いそして生まれる

エントランスを進んで暗い通路を抜けると、たちまち別世界へ! 多種多様の花が一面に広がり、ゆっくりと花びらが散り、また新たな花が誕生する変化を見せてくれます。

時間ごとに景色が変わり、蝶が花に引き寄せられ、鏡効果でどこまでもこの世界が続いているような感覚になります。

人々のための岩に憑依する滝

楽しめる作品の中には、高低差があるものも。上から壁をつたって滝が流れ、ゴツゴツした岩場を通って下へと流れていきます。実際に岩場まで上ると、自分の足元を避けて滝が下へと流れます! また、別のアート作品から飛び出してきたカラスが飛び回り、軌跡を残して去っていく…そんな驚きのアートとアートのコラボも見られます。

世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい

さらに、壁に描かれた「文字」にふれると、その字が持つ意味が描写されるアートも。さらに、カラスが文字にふれると、同様に別のアートを生み出す仕組みもあり、それぞれがつながりを持ちながらひとつのアートになる瞬間を体感できます!

Wander through the Crystal World

1歩足を踏み入れた瞬間、キラキラ輝くクリスタルの神秘的な世界が広がり、大人も思わず感動でしばらく動けずじまい…。青、ピンク、水色など多彩な色が光となって降り注ぎます。どこまでも続く宇宙空間のような空間にも感じられる不思議な世界です!

専用アプリを用いて、スマホの画面にある文字を上にスワイプすると、文字に関連する演出が始まります。「雨」のような文字の場合は、音とともに周辺にクリスタルの雨が激しく降ります。光と文字で創られる神秘の世界も必見です。
※専用アプリURL:https://www.teamlab.art/app


追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして超越する空間

遠い宇宙空間のような暗闇に、数羽のカラスがどこからともなく集まり、そのうちの一匹が突如羽ばたきだす…。それを合図にして物語が始まり、一瞬にして自分自身がアート作品の一部になる不思議で心地よい感覚が味わえます。

カラスが勢いよく飛び立つ姿は感動もの。多くの大人が声を出して感激していました。

縦横無尽に飛び回るカラスの軌跡が、筆で描いたような無数の線になり、周辺の描写が不思議な浮遊感を感じさせてくれます。「チームラボ」代表の猪子寿之氏が言っていた「一緒に体験をつくっていく」という言葉がぴったりの瞬間でした。音楽も世界観をグッと盛り上げていて、だれもが没入できる空間です!

追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして浮遊する空間

中央に配されたネットで座ったり、寝転がったりして見られるアート作品もあります。カラスの飛び回る軌跡が光となって空間を彩ります。同じルートを通ることなく、常に変化し続けたアート作品にも注目です。

Black Waves

まるで昔の日本の絵画が動き出したようなアートが「Black Waves」です。中央から360度見られる波のアートで、寄せては返す臨場感ある荒波をずっと眺めていたくなります。中央は、巨大クションが置かれ、座ってくつろげるスペースになっています。

呼応するランプの森 - ワンストローク

一瞬にして幻想的な世界が体感できる不思議な空間。無数のランプが並ぶ空間に足を踏み入れると、自分の身近なランプが光を放ちます。それを起点に周辺のランプが呼応して同色に光り、繰り返していきます。

人が多いほどランプの光も増え、より魅力的な空間を生み出します。鏡張りの空間なので、遠近感がなくなり不思議な感覚になります。

地形の記憶

自然が織りなす美しい景色を堪能できるアートも! 里山に迷い込んだようなエントランスには、見上げるほど背の高いアートが。目の前の光景に感動しながら進むと、アートの背丈は低くなり、いつの間にか見下ろしている状態に!

自分が通ってきた道を振り返って見える絶景もおすすめで、何度でも感動できます。

また、現実の季節ごとに風景は変わり、6月の取材時は一面緑の棚田ホタルの乱舞が見られました! よく見ると、緑の葉に雨がしとしと降る様子など細かい演出もあり、驚かされます。秋には紅葉が見られるそうで、四季折々の景色が目の前に広がる感動空間です。


秩序がなくともピースは成り立つ

人間や動物が太鼓を叩いたり、踊ったり、無数のホログラムによる映像が広がる空間で、古き良き時代にタイムスリップした感覚が味わえます。それぞれをじっくり見ながら散策すると、人間や動物がこちらに気がついてリアクションしてくれるかも!? 

同作品は、15年前に猪子氏が作ったものをリメイクしたもので、ディスプレイ5台からスタートしたチームラボが時を経て、多くの人々に感動と新感覚を体感させてくれるコンテンツに!

移動する通路には、さまざまなアートが飛び出して壁に投影され、「ボーダレス」を体感できます! 

花々で彩られた動物が歩き、竹林の中を行進する動物や人が「生」をうけたアートに変わっていき、心に響きます!

靄の彫刻

無数のライトによるアートの世界。一つひとつのライトが集合し、ライトがダンスをしているかのように、立体的な空間を演出。「光」が創る世界は、不思議な感覚と空間を生み出してくれます。軽快な音楽に合わせてリズミカルに動く光の軌跡から、目が離せなくなります!


マルチジャンピング宇宙

今回新たに登場した「運動の森」は、立体的な空間で体を動かしながらデジタルコンテンツを楽しめる「創造的運動空間」です。

同テーマのコンテンツ「マルチジャンピング宇宙」は、トランポリンのようなエリアで、跳ねると惑星が出現し、走るとオーロラの軌跡になる宇宙空間! ジャンプをする度に、宇宙空間が変化していき、子どもだけでなく大人も好奇心やワクワク感を体験できます!

この空間では宇宙の星々の一生をテーマに、人々はジャンプすることで時空世界のひずみを生み、星屑(チリ)とガスを集めて星を作ります。子どもはもちろん、大人も大はしゃぎする姿が多く見られました。

グラフィティネイチャー 山山と深い谷

さまざまな動物が共存する世界。特徴的なのは、広い敷地が山のような凸凹に連なっていること。大きなクジラが自在に泳ぎ、トカゲやカエルなどさまざまな動物が違った動きをします。

ゆったりと泳ぐクジラの横を軽快にカエルが飛び、優雅に蝶が飛び去る…。存在に気が付かずカエルやトカゲを踏んでしまうと…なにかが起こるかも!? また別の場所では新たな動物が生まれ、花が咲き、常に新しい情景を創りだします。

同じ模様のないトカゲやカエルたちは、じつは自分で描いた作品です。用意された紙に自由に模様をつけ、専用のスキャナーで読み込むだけなので、小さな子どもも大喜びです。

どこからともなく湧いている水、それがくぼみにたまり、たまった水を踏むと足元をよけたり、柱の上から流れている水を手でせきとめられたり、普段の生活では気にもしない「水」もここでは作品になるから面白い! 

ふれると何かに変化するかのもしれない…と、創造力をかき立て、ついつい楽しくなりますね!


色取る鳥の群れの中のエアリアルクライミング

ロープで吊られながら、ゆらゆら揺れるステップを進んでいくアスレチックコンテンツ。落ちないように進みながら、ふと足をとめて、自由に飛び回る色とりどりの鳥を見ると、空中に浮いているような感覚になります。その心地良さに大人も感動します。

スタートするステップで通るルートが異なるので、違った楽しみも味わえますね!

光の森の3Dボルダリング

輝きを放つ玉石が立体的に配されたボルダリングが楽しめる空間。手首に白く光るバッジをつけて、手足で同色の玉石だけを使って進んで行くと、色に応じて音色を響かせたり、バッジも同色に光り輝きます!

重力にあらがう生命の森

光る巨大な物体で埋め尽くされた空間。さまざまな形をした物体が浮遊し幻想的で不思議な世界観が広がります。さわると色を変化させ、周辺の物体も連続するように同色に光ったり、音を鳴らしたり。ふわふわの物体をたくさんさわって反応や演出を探るのもおすすめです!


お絵かき水族館

チームラボ既存常設店でも人気の「お絵かき水族館」がお台場にも登場! 専用の紙に自由にお絵かきをした海の生き物が、巨大スクリーンで泳ぎだします! 

泳いでいる海の生き物をタッチすると逃げ出したり、エサ袋にふれるとエサめがけて一斉に魚が食べにきたり、ワクワクする仕掛けがたくさんあります。いろんな海の生き物に命を吹き込んで親子でアートに没入しよう!

すべって育てる! フルーツ畑

緩やかな傾斜にさまざまなフルーツが育ち、ボールが飛び交うすべり台が楽しめるコンテンツ。その上を自分が「太陽の光」となって滑り、ボールにぶつかりフルーツにあたると、別のフルーツが育っていきます。ボールの色によって役割が異なり、それぞれ違ったデジタルアートを映し出します。

EN TEA HOUSE

お茶が飲める「EN TEA HOUSE」は、「日本文化をデジタルアートで拡張したい」という猪子氏の想いを具現化した新コンテンツ。お茶を飲みながらリラックスできる空間で、透明のグラスにお茶が注がれると、表面に無限に花が咲き続けるデジタルアートを体感できます! グラスを手に取り持ち上げると、花は散っていきますが、カウンターに置くとまた新たに花が生まれて、「お茶×無限アート」の新感覚が味わえます!

メニューは、水出し茶、ゆず緑茶、緑茶、カモミールほうじ茶ラテの全4種、すべて500円。

「知らない世界に迷い込みながら、アートの世界観に没入して、たくさんの人に発見や体感をしてほしい」と言っていた猪子氏の言葉通り、アートに包まれた別世界に時間も忘れて夢中になれます。「創造する」ことは、子ども大人も関係なくボーダレスだと実感できました! この感動と驚き、ぜひ親子で体感してほしいです! 

「チームラボ ボーダレス」チケット料金

チケットは、公式サイトから購入できます。前売り券が完売した場合は、当日券の販売がないので、事前に購入しておくのがおすすめです。

チケット購入後、メールで届くURLにアクセスすると、eチケットのQRコードを入手できます。当日は、スマホに表示させたQRコードをエントランスでかざせば入場できます。

大人/高校生以上(15歳〜):3,200円
小人/中学生以下(4歳〜14歳):1,000円

※前売り券、当日券ともに同料金です。

チケット購入はこちらから

夏休みおでかけ&イベント情報が満載!

夏休みは、子どもが喜ぶ遊園地やアスレチック、プールや海水浴など、行きたいお出かけ先がいっぱい♪ おすすめの家族旅行スポットや日帰りで楽しめる注目スポット&イベントなども紹介します!

夏休みを家族で楽しもう!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!