9

豊島区の親子向けおすすめスポット18選 すべて駅近&入場無料も

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京23区の北西部に位置する豊島区。東京三大副都心の1つである池袋周辺を中心に、大型商業施設からおしゃれな親子カフェ、人気のアニメ&マンガスポット、緑あふれる公園まで、子連れにうれしい施設が多彩にそろっています。

そこで今回は、豊島区のおすすめおでかけスポットをご紹介。新施設も続々オープンしているので要チェックです!

もくじ

豊島区の公園まとめはこちら!豊島区の「1日遊べる公園」をチェック豊島区のじゃぶじゃぶ池&水遊び場がある公園

南池袋公園【南池袋】

池袋駅東口から徒歩3分ほどの場所にある「南池袋公園」は、2016年のリニューアル以降、緑あふれる都会のオアシスとして親しまれている公園。ビルが立ち並ぶ繁華街の中にありながら、子供と一緒にゆったりとした時間が過ごせます。

公園の中央には大きな芝生広場が広がり、晴れた日にはシートを敷いてくつろいだりお弁当を食べたりする家族連れでにぎわいます。敷地内の一角には小さな子供が遊べる遊具を設置。地面にウッドチップが敷き詰められているので、のびのびと遊べます。

芝生広場を見渡せる場所にある、ガラス張りのおしゃれなカフェレストラン「ラシーヌ ファーム トゥ パーク」も人気。広々とした店内やテラス席は子連れでもゆったりとくつろげる雰囲気です。テイクアウトもできるので、芝生の真ん中でピクニック気分を楽しむのもおすすめです。

口コミはこちら!「いこーよ」ユーザの体験談をチェック!

■南池袋公園
住所:東京都豊島区南池袋2-21-1
料金:入場無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

としまキッズパーク【東池袋】

2020年9月にオープンした「としまキッズパーク」は、保護者同伴で小学校低学年までの子供が利用できる公園。園内には、池袋の街を走る真っ赤なかわいいバス「IKEBUS」と同じ「池袋レッド」に統一された大小の遊具が盛りだくさん! 何で遊ぼうかとワクワクするような空間です。

一番人気は、園内をぐるっと1周する真っ赤なミニSL「IKEDEN」。ほかにも変わったタイプの三輪車に乗れる広場や、すべり台・ブランコ・展望ブリッジなどが1つになった大型複合遊具、木のボールプールで遊べるキッズパークなどがあり、全部無料で楽しめます。ハンドルを回して遊ぶ飛行機やヨット、ペダルをこぐと発電する自転車、車いすでも遊べる砂場など、珍しい遊具もそろっています。

場所は、東京メトロ有楽町線の東池袋駅6番出口と、都電の東池袋四丁目駅からそれぞれ徒歩約5分。JR大塚駅からも徒歩約10分と便利な立地にあり、広大な芝生広場でのびのび遊べる「としまみどりの防災公園IKE・SUN PARK(イケ・サン パーク)」に隣接しています。

入園には予約が必須で、1時間ごとの完全入れ替え制。公式サイトの予約フォームで日時を指定してでかけましょう。予約は豊島区民が優先となっています。

より詳しい記事はこちら!口コミはこちら!「いこーよ」ユーザの体験談をチェック!

■としまキッズパーク
住所:東京都豊島区東池袋4-42
料金:入場無料
※入場は小学校低学年まで(同伴の保護者は除く)
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生(低学年まで)

としまみどりの防災公園IKE・SUN PARK(イケ・サン パーク)【東池袋】

「としまキッズパーク」の目の前に広がる広大な芝生の公園「としまみどりの防災公園IKE・SUN PARK(イケ・サン パーク)」。2020年12月に自家製パンやこだわり野菜を使用した料理を提供するカフェ「EAT GOOD PLACE」がオープンし、ますます楽しめるようになりました。カフェは子連れ歓迎で、子供用のコップやベビーチェアの貸し出しもあります。

多様な業態が入店する「コト・ポート」をのぞいてみるのもおすすめ。新しい飲食事業を応援するスペースで、屋外でゆっくり食事ができるようにアウトドアチェア&テーブルの貸し出しも行っています。また週末は旬の野菜や果物を農家から直接買える「ファーマーズマーケット」を開催(2021年4月中旬より再開予定)。小さな子供向けの遊具もあります。

東京メトロ有楽町線の東池袋駅と、都電の東池袋四丁目駅から徒歩5分ほどでアクセスできますが、乗り物好きな子供連れなら、池袋の街を周遊する「IKEBUS」に乗るのもおすすめ! 園内に停留所があり便利です。

園内には深井戸や炊き出しに使われるかまどベンチなどが設置され、震災時には一時避難場所や救援物資集積拠点となる「防災公園」として機能します。遊びに行った際に、親子で防災について話をしてみるのもいいですね。

口コミはこちら!

■としまみどりの防災公園IKE・SUN PARK(イケ・サン パーク)
住所:東京都豊島区東池袋4-42
料金:入場無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生


サンシャイン水族館【東池袋】

サンシャインシティ内、地上40mのワールドインポートマートビル屋上にある「サンシャイン水族館」は、全館リニューアルから今年で10周年。「天空のオアシス」をコンセプトに、生き物たちがいきいきと暮らす様子をちょっと変わった視点で観察できるユニークな展示が人気です。

一番の見どころは、2017年にリニューアルオープンした屋外エリアにある「天空のペンギン」水槽。頭上の水槽を泳ぐペンギンたちのダイナミックな姿は、まるで都会の空を飛んでいるかのようです。その隣には、空を飛ぶようにアシカが泳ぐ「サンシャインアクアリング」や、モモイロペリカンが気ままに暮らす「天空パス」もあり、どれも見逃せません。

また2020年7月には新エリア「海月空感」(くらげくうかん)がオープン。クラゲの世界に没入できる巨大水槽や、360度クラゲに囲まれているような「クラゲトンネル」など、幻想的な空間となっています。

水量約240トンを誇る屋内エリアの大水槽「サンシャインラグーン」も迫力満点! 大小さまざまな魚たちが行き交う光景に、子供が喜ぶこと間違いなしです。水槽の魚たちにエサやりができる体験ツアーも実施しています。

館内には授乳室やベビールームを完備。ベビーカーの無料貸し出しは、サンシャインシティアルパ1FとB1Fのインフォメーションで行っています。サンシャインシティには子連れ歓迎のレストランやショップが豊富なので、水族館の前後にあわせて立ち寄るのもおすすめです。

口コミはこちら!より詳しい記事はこちら!

■サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上
料金:大人2,400円、小・中学生1,200円、4歳以上700円
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

もっと詳しい情報を見る
「サンシャイン水族館」見どころ・料金・割引・アクセス全紹介

ナンジャタウン【東池袋】

「ナンジャタウン」はサンシャインシティの中にある屋内型テーマパーク。タウン内は3つの街で構成されており、10種以上のアトラクションのほか、フードも充実しています。

明るい西洋の街並みが続く「ドッキンガム広場」では、隠れているもののけを捕獲バトルで捕まえる「もののけハンターズ」や、謎解きで難事件を解決する「ナンジャ探偵団」などで遊べます。

また、昭和30年代の懐かしい風景が広がる「福袋七丁目商店街」の本格魚釣りアトラクション「ナジャヴの爆釣りスピリッツ」や、ライド型シューティングアトラクション「爆裂!蚊取り大作戦」も人気。もののけたちに乗っ取られた街「もののけ番外地」には、ゾンビを退治する「ゾンビブレイカー」や個室型立体音響おばけ屋敷「地獄便所」など、ちょっと怖めのアトラクションがそろっています。

フードを楽しむなら、全国の名店8店舗が集まる「ナンジャ餃子スタジアム」や、かわいいオリジナルデザートがそろう「福袋デザート横丁」へ。ここを目当てに訪れる人も多い人気のエリアです。

サンシャインシティ内の3階広小路にはベビールームを完備。インフォメーションではベビーカーの無料レンタルも行っています。

さらに、2021年4月30日(金)まで、アニメ「鬼滅の刃」とコラボしたデザート&フード、ミニゲームなどが楽しめるコラボイベントも開催中なのでお見逃しなく!

口コミはこちら!【関連記事】ナンジャタウンと鬼滅の刃がコラボ!

■ナンジャタウン
住所:
東京都豊島区東池袋3サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2階
料金:
【入園券】13歳以上800円、4〜12歳500円
【ナンジャパスポート】13歳以上3,500円、4〜12歳2,800円
※3歳以下無料
おすすめ対象:幼児/小学生

ねこぶくろ【東池袋】

猫たちが暮らす街におじゃまして、見たりふれたりできる「ねこぶくろ」。猫の習性を生かした構造の施設内で、気ままに過ごす猫たちを時間無制限でじっくり観察できます。

施設内でふれあえる猫は15〜20匹。猫たちが運転士や車掌を務める「猫電車」や、ぷにぷにの肉球を下からのぞける「透明キャットウォーク」など、ここならではの撮影スポットもたくさんあります。人見知りな猫も多いので、ふれあう際はゆっくりと距離を縮めるのがルール。1日2回行われているおやつタイム(無料)に参加すると、猫たちと仲良くなれるかもしれません。

カフェではないので施設内は飲食NG。公式SNSをフォローすると入場料が100円引きになるサービスがあるので、おでかけの際はぜひ利用してみてください。場所は池袋駅東口から徒歩約5分。東急ハンズ池袋店の8階にあります。

口コミはこちら!

■ねこぶくろ
住所:東京都豊島区東池袋1-28-10東急ハンズ池袋店8F
料金:13歳以上1,300円、2〜12歳800円、1歳以下無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

Cafe Festaria(カフェ・フェスタリア)【東池袋】

「Cafe Festaria(カフェ・フェスタリア)」は、充実したキッズスペースがママパパに人気のカフェ。東京メトロ有楽町線・東池袋駅から地下通路で直結しているため、雨の日でもぬれずに行くことができます。

店内に入ると、ヨーロッパのお城をイメージした優雅な空間が広がります。キッズスペースは奥にあり、ハイハイの赤ちゃんが遊べるベビースペースや、ボルダリングでアクティブに遊べるエリア、おままごとスペースなど盛りだくさん! 子供が夢中になって遊べます。それぞれのスペースにカメラがついていて、ママパパはお茶を飲みながらリアルタイムで子供の様子を確認できるので安心です。

食事は手作りの味にこだわり、加賀野菜を中心に厳選した素材を使用。「ミカフェート」の豆を使ってハンドドリップで1杯ずついれるコーヒーや、自家製ケーキも評判です。

キッズルームの利用は30分600円。会員登録(年会費300円)すると、30分400円で使用できます。ゆったりと使える授乳室やおむつ交換台も用意されています。

■Cafe Festaria(カフェ・フェスタリア)
住所:東京都豊島区東池袋4-21-1アウルタワーB1
料金:キッズスペース利用料30分600円
※対象年齢は生後6カ月〜小学校2年生
※付き添いの保護者は1オーダー必須
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台【東池袋】

海抜251mの高さから360度見渡せる大パノラマとともに、最新技術を駆使したユニークなコンテンツが楽しめる体感型展望台「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」。2016年にリニューアル以来、さらに親子人気が高まっている施設です。

訪れたらぜひ体験したいのが、空を飛んでいるような気分に浸れるVR(仮想現実)コンテンツ。人間大砲型マシンに乗り込んで東京の名所をバーチャルツアーで巡る「TOKYO弾丸フライト」と、池袋の空をブランコ型のコースターで疾走する「スウィングコースター」の2種類があり、どちらも没入感満載! ダイナミックでスピーディーな映像に大興奮間違いなしです。どちらも対象年齢は7歳以上で、「TOKYO弾丸フライト」は身長130cmから楽しめます。

床下に埋め込まれたモニターに映る東京の名所をジャンプしながら巡る「SKYトランポリン」、巨大な万華鏡のような光と鏡のトンネル「無限スケープ」、ぐるぐると渦巻いた不思議な写真が撮れるフォトスポット「ぐるぐるSHOT」など、小さな子供が楽しめるコンテンツも充実。見たり、ふれたり、体を動かしたりと、全身を使っていろいろな体験ができます。

おでかけの際は公式サイトでWEBチケットを事前購入しておくと入場料が割引に。当日チケット売り場に並ばずに入場できて便利です。水族館とのお得なセットチケットもありますよ。ベビーカーの貸し出しやベビールームはサンシャインシティのサービスを利用しましょう。

口コミはこちら!

■SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
住所:東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 60階
入場料:
【当日券】大人1,200円、高校・大学生900円、小・中学生 600円、4歳以上300円
【WEBチケット】大人1,100円、高校・大学生800円、小・中学生 550円、4歳以上270円
※3歳以下は入場無料
※VRコンテンツ当日券は各500円
※VRコンテンツは2021年2月1日(月)より当面の間、土日祝のみの運行
おすすめ対象:幼児/小学生


ポケモンセンターメガトウキョー【東池袋】

2020年6月にリニューアルオープンした、ポケモンオフィシャルショップ「ポケモンセンターメガトウキョー」。ポケモンのゲームソフトやカードゲームなど、オリジナルグッズが豊富にそろうスポットです。

全国のポケモンセンターの中で最大級の「ポケモンカードステーション」では、毎日カードイベントを開催中。ポケモンカードコンシェルジュが常駐しており、遊び方がわからない子供にもルールやバトル方法を丁寧に教えてくれます。

また、世界初となる「Pokemon GO」公式スペース「Pokemon GO Lab.」も併設。ゲームに登場するジムのデザインの中で、フレンドを見つけたり、トレーナーバトルをしたりして楽しめます。等身大のウィロー博士と一緒に写真を撮ることもできますよ。

ピカチュウなどのキャラクターをモチーフにしたスイーツがテイクアウトできる「ピカチュウスイーツ by ポケモンカフェ」や、「ポケモン Kids TV」のデザインにリニューアルしたキッズプレイスペースも子供たちに人気。すべて入場無料で楽しめるのもうれしいポイントです♪

口コミはこちら!

■ポケモンセンターメガトウキョー
住所:東京都豊島区東池袋3-1-2専門店街アルパ2F
料金:入場無料
おすすめ対象:幼児/小学生

大和サンプル製作所 FAN FUN FAN【上池袋】

「大和サンプル製作所 FAN FUN FAN」は本物そっくりの食品サンプル作りが体験できる施設。東武東上線の北池袋駅から徒歩約5分、豊島区立くすのき公園の隣にあります。

体験できるメニューは、パフェ、タルト、カップケーキなどのスイーツ系から、天ぷら、ラーメン、カレーライス、お弁当などの食品系まで多彩! 料金はメニューによって異なり、1,320〜2,860円ほど。簡単なものは6歳くらいから体験可能です。

スタッフが丁寧に教えてくれるので、初めて製作する子でも安心! 生クリームを絞ったり、好きなトッピングを飾ったりと思い出に残る貴重な体験ができ、自由研究にもおすすめです。食品サンプルのキーホルダーやクリップが作れる体験メニューも人気があります。

体験は完全予約制。「いこーよ」の施設ページからスイーツサンプル作り(パフェ・タルト・カップケーキ)を予約すると、トッピングが1つサービスになる限定クーポンが利用できます(2021年3月現在)。

予約はこちら!口コミはこちら!【関連記事】都内の「手作り体験」まとめ

■大和サンプル製作所 FAN FUN FAN
住所:東京都豊島区上池袋4-18‐2 立松ビル101
料金:リアルサイズパフェA2,200円、ミニパフェ1,650円など
※体験メニューにより異なる
おすすめ対象:小学生

にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう【西池袋】

「にこはぴきっず」は、NHK Eテレの人気キャラクターたちと一緒に遊んで学べるキッズエデュテイメント施設。東武百貨店池袋本店の7階、こども服・玩具売場の一角にあり、買い物中に立ち寄るファミリーも多いスポットです。

小学2年生以下を対象にした施設内には、子供のからだ・こころ・あたまに働きかける仕掛けがいっぱいです。どのエリアにも「いないいないばあっ!」「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」に登場するおなじみのキャラクターが目白押しで、子供たちが大はしゃぎ!

ボールプールやすべり台、ボルダリングで遊べる「ボールのみずうみ」のコーナー(2021年3月現在、ボールの代わりにブロックを設置)や、画面の中のキャラクターと一緒に歌ったり踊ったりできるイベント広場など、体を動かして遊べるエリアも大人気。思い出作りにうれしいフォトスポットも豊富です。0歳が安心して遊べるコーナーもあります。

たっぷり遊ぶなら、平日限定の2時間パックがお得。混雑状況が気になる人は、運営会社イオンファンタジーの公式サイトでリアルタイムの混み具合を確認してからおでかけするのがおすすめです。

口コミはこちら!より詳しい記事はこちら!現在の混雑具合をチェック!

■にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう
住所:東京都豊島区西池袋 1-1-25 東武百貨店池袋店7階1番地
料金:小学3年生以上500円(最初の60分/延長30分ごとに追加200円)、0歳〜小学2年生1,400円(最初の60分/延長30分ごとに追加700円)
※遊具の利用は小学2年生まで。小学3年生〜15歳以下は入場のみ可
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生(2年生以下)

仮面ライダー ザ ダイナー【西池袋】

「仮面ライダー ザ ダイナー」は、「仮面ライダー」シリーズと複合エンターテインメント施設「パセラリゾーツ」がコラボした公式レストラン。池袋駅西口から徒歩約2分の好立地にあります。

エレベーターで4階に上がり店内に入ると、ショッカーの秘密基地をイメージした赤と黒の空間が出現! 周りを見回すと、仮面ライダーの立像や歴代ライダーのフィギュア、パネルなど、ライダー好きの子供にはたまらない展示が目に飛び込んできます。

メニューは、歴代の仮面ライダーをモチーフにしたユニークな料理やドリンクが勢ぞろい。小学生以下限定の「仮面ライダープレート」や、記念日のお祝いにうれしい「仮面ライダー1号ケーキ」など、70種以上をラインナップしています。2021年現在放映中の「仮面ライダーセイバー」のメニューも用意されていますよ。

レストラン利用時は、チャーム(食前のおつまみ。3歳以上1人500円)の提供があり、特典としてダイナー特製のライダーマーク入り角小皿がもらえます。また、来店特典としてスペシャルコースター(1人1枚。複数種類からランダムで配布)のプレゼントもありますよ。

オリジナルグッズの販売もあり、グッズ購入のみの入店もOK。赤ちゃん連れのために、授乳やおむつ替えができるベビースペースも完備していて、ミルクや離乳食の温めに便利な電子レンジも自由に使えます。

なお、2021年2月20日(土)〜4月5日(月)の期間限定で、同じビルの地下1階に「キラメイジャー&ゼンカイジャーカフェ」もオープン。レンジャー好きのキッズにはこちらもおすすめです。

口コミはこちら!

■仮面ライダー ザ ダイナー
住所:東京都豊島区西池袋1-21-9 パセラリゾーツ池袋本店4F
料金:メニューにより値段が異なる
※ショッピングのための入場無料
※飲食時は3歳以上500円のチャーム必要
※混雑時は90分制・事前予約推奨
おすすめ対象:幼児/小学生

Oyako Cafe picnic(親子カフェ ピクニック)【西池袋】

広々としたキッズスペースが魅力の「Oyako Cafe picnic」。東京メトロ要町駅6番出口の目の前にあり、池袋駅からも徒歩約10分とアクセス抜群です。

陽光がたっぷり差し込むキッズスペースには、おままごとや車、ドールハウスなどのおもちゃがいっぱい! 赤ちゃんが遊べるおもちゃも充実しています。奥にはクライミングやすべり台、ブランコで遊べるスペースを用意。カフェの座席から子供たちの姿がよく見えるので、ママパパも安心です。

ランチは週替わりのメニューのほか、グリーンカレーやミートソースパスタなどから選べます。飛行機などのかわいい器に入った2種類のおこさまランチも好評です。

2時間以上のランチオーダー制(要予約)で、ランチ料金と施設利用料がかかります。2時間はちょっと長めに感じるかもしれませんが、ランチを食べてキッズスペースで遊んでいると意外とあっという間です。常連さんは3時間の予約が多いそう。フリードリンク付きなので、ランチが終わったあともゆっくりくつろげますよ。

0歳児は無料で入店できるのもうれしいポイント。ミルク用のお湯や授乳ケープの貸し出しサービスも実施しています。

口コミはこちら!

■Oyako Cafe picnic(親子カフェ ピクニック)
住所:東京都豊島区西池袋5-24-9 中央ビル2F
料金:
【利用料金】大人・小学生以上1時間330円、1歳〜未就学児1時間220円、0歳無料
【メニュー料金】週替わりランチ1,045円、おこさまランチ660円
※利用は2時間以上、ランチオーダー制、フリードリンク付き
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生


あうるぱーく フクロウカフェ池袋【西池袋】

「あうるぱーく フクロウカフェ池袋」は、フクロウやハリネズミとふれあえるアニマルカフェ。池袋駅西口から徒歩約3分のビルの2階にあります。

年齢制限はなく、小さな子供と一緒に入店OK。店内を自由に飛び回るさまざまな種類のフクロウたちの頭や背中をなでたり、手や肩の上に乗せたり、一緒に写真を撮ったりして楽しく過ごせます。初めてふくろうとふれあう人も専門のスタッフが丁寧に教えてくれるので大丈夫。エサやり体験(300円)や、ふくろうが手に飛んでくるフライト体験にもぜひチャレンジしてみてください。

最近ペットとして人気のハリネズミやイグアナも常駐。手に乗せたり写真を撮ったりして楽しめます。ハリネズミはとがった針毛を持っているので、子供と一緒にでかける際は目を離さないように気をつけましょう。

飲食のサービスはありませんが、店内に自動販売機が設置されているほか、持ち込みも可能です。時間無制限なので、思う存分動物たちとふれあってみてください。運がよければビル1階の入口にある「いけふくろう神社」に本物のふくろうが鎮座する姿を拝めるかもしれません♪

口コミはこちら!

■あうるぱーく フクロウカフェ池袋
住所:東京都豊島区西池袋3-30-11 泰共フラットビル2F
料金:【入場料】大人1,500円、高校生以下1,000円、3歳以下無料(大人1人につき2人まで)
おすすめ対象:幼児/小学生

東京消防庁 池袋防災館【西池袋】

体験を通じて、防災に関する知識や技術が学べる「東京消防庁 池袋防災館」。池袋駅西口から徒歩約5分の池袋消防庁の4・5階にあります。

体験コーナーはインストラクターが案内するツアー方式。所要時間1時間40分の基本コースでは、5種類の揺れを体験できる「地震コーナー」(3歳以上)や、煙の中で出口を探しながら避難する「煙コーナー」、大型スクリーンに映し出された炎を消火器で消火する「消火コーナー」(小学3年生以上)のほか、防災教育映画や防災アニメを上映する「視聴覚教室」もしくは心肺蘇生法やAEDの操作方法を学ぶ「救急コーナー」(小学4年生以上)が体験できます。

ほかにも、地震コーナーと視聴覚教室が体験できる所要時間50分のショートコースや、夜間の発災を想定した金曜限定のナイトツアーを実施。防災に関するゲームが楽しめるコーナーや、119番の通報から消防隊到着までの流れを体験できるコーナーなど、自由に見学できるエリアもあります。

ツアーによって開催時間が異なり、一時的に中止していることもあるので、公式サイトをチェックしてからおでかけを。団体予約などで希望の体験ができないこともあるので、事前に電話で確認・予約しておくと安心です。

口コミはこちら!

■東京消防庁 池袋防災館
住所:
東京都豊島区西池袋2-37-8 池袋消防署4F
料金:入場無料
※小学生以下は保護者同伴
※緊急事態宣言中は臨時休館
おすすめ対象:幼児/小学生

トキワ荘マンガミュージアム【南長崎】

手塚治虫や藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎など、昭和を代表するマンガ家が暮らしていた伝説のアパートを忠実に再現した「トキワ荘マンガミュージアム」。場所は都営大江戸線・落合南長崎駅のA2出口より徒歩約5分。トキワ荘があった町、南長崎の「南長崎花咲公園」内に2020年7月にオープンしました。

1階には、トキワ荘ゆかりの漫画や書籍が自由に閲覧できる「マンガラウンジ」や、マンガに関連した企画展示やイベントを行うスペースがあります。

2階は当時のアパートの様子を体感できるフロア。マンガ家の部屋の机やペン、炊事場に無造作に置かれた食器やビール瓶まで、リアルに再現されています。マンガのペン入れが体験できるプログラムや、マンガ家になりきって写真が撮れるコーナーも人気です。

入館は、新型コロナウイルス感染防止のため、当面の間予約制となっています。公式サイトから事前予約をしてでかけましょう。ベビーカーでの入場はNGですが、敷地内にベビーカー置き場があります。玄関奥には荷物を預けられるコインロッカーもありますよ。

口コミはこちら!より詳しい記事はこちら!

■トキワ荘マンガミュージアム
住所:東京都豊島区南長崎3-9-22 南長崎花咲公園内
料金:入場無料(企画展は有料の場合あり)
おすすめ対象:幼児/小学生

スキップキッズ iTerrace落合南長崎店【南長崎】

「スキップキッズ iTerrace落合南長崎店」は、都営大江戸線・落合長崎駅直結の複合型ショッピングセンター「iTerrace(アイテラス)落合南長崎」4階にある親子カフェ。開放感のある見晴らしのいいカフェに広いキッズスペースが併設されていて、日々子育てに奮闘するママパパがほっと一息つける居心地のよさが魅力です。

1歳〜6歳児向けのキッズスペースに、大きなボールプールや立体遊具、ミニカーやおままごとなど多様なおもちゃを用意。キッズサポートスタッフが常在し、子供たちの遊びをサポートしてくれるので、安心して食事やお茶が楽しめます。こことは別に、乳幼児専用のベビースペースもあります。

メニューはランチ、スイーツ、おつまみの中からシーンに合わせてチョイスできます。うさぎさんカレーやパンダさんプレートなど子供が喜ぶかわいいキッズメニューが豊富なのもうれしいところ。授乳中や妊娠中のママのためにカフェインレスの飲み物も用意されています。

授乳室やロッカーなど、子連れのための設備も整い、至れり尽くせり。カウンター席があるので、1人でリフレッシュしたいときにも気兼ねなく過ごせそうです。

口コミはこちら!

■スキップキッズ iTerrace落合南長崎店
住所:東京都豊島区南長崎4-5-20 iTerrace落合南長崎4F
料金:
【入場料】1歳〜6歳600円(最初の60分/延長15分ごとに追加100円)、0歳児・大人無料
【メニュー例】パンダさんプレート660円、オーガニックベビーフード550円、和風シーフードクリームパスタ1,210円
おすすめ対象:乳児/幼児

千早フラワー公園【千早】

閑静な住宅街の中にある「千早フラワー公園」は、その名のとおり園内のいたるところで四季折々の花が楽しめる公園。アクセスは西武池袋線の椎名町駅から徒歩約6分、東京メトロ・要町駅から徒歩約8分です。

園内でひと際目を引くのが、2両並んで設置された都営地下鉄12号線の試作車両。電車の中に自由に出入りできるため、乗り物好きの子供は大喜びです(2021年3月現在、扉破損のため開放を休止中)。

4つのすべり台がタコの足のように伸びた複合遊具や波型のうんてい、シーソーなど、はしゃいで遊べる遊具がいっぱい! 広い砂場は柵で囲まれているので小さな子供も安心です。

口コミはこちら!

■千早フラワー公園
住所:東京都豊島区千早1-8-1
料金:入場無料
おすすめ対象:乳児/幼児/小学生

豊島区には子供がワクワクするスポットが充実! 休日を利用して、親子ではしごしてみるのも楽しいかもしれませんね♪

池袋周辺の人気スポットランキングをチェック!
豊島区のおでかけスポットを探す!
この記事をクリップする
9
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

気になるキーワードをチェック!