【豊島区】じゃぶじゃぶ池&水遊び場があるおすすめ公園9選

暑い季節の楽しみといえば、水遊び! 公園内にあるじゃぶじゃぶ池は、無料で利用できる水遊びスポットとして親子に人気です。

今回は、豊島区にある9カ所のじゃぶじゃぶ池をまとめて紹介。例年はゴールデンウィークと7月後半〜8月まで水の流れるところが多いですが、2019年は9月16日(月・祝)まで楽しめるスポットがほとんどです。

【東京都】水遊びのおでかけ記事はこちら

日出町公園【東池袋】

東京メトロ有楽町線・東池袋駅と、大型商業施設「サンシャインシティ」の間にある「日出町公園」には、整備された人工の流れがあり、水遊びが楽しめます。

大きな岩のオブジェから水があふれだし、長く蛇行しながら流れていきます。水深は浅く歩きやすいので、小さな子供も安心です。2019年は9月16日(月・祝)まで楽しめます

園内には、幼児向けの複合遊具やブランコなどもそろっています。

■日出町公園
住所:東京都豊島区東池袋4-22-1
料金:無料

上池袋さくら公園【上池袋】

東武東上線・北池袋駅から池袋駅方面に向かって5分ほど歩いたところにある「上池袋さくら公園」。銅像のある円形の広場を囲むように、ぐるりと流れができていて、水遊びが楽しめます。端から流れ出る水がカーブを描いて流れる仕組みです。

深さはなく、石畳で歩きやすいので、小さな子供も安心。2019年は9月16日(月・祝)まで遊べます

広々とした園内には、アスレチック遊具もあるほか、走り回れる広場やキャッチボール場もあり、体をめいっぱい動かせます。

■上池袋さくら公園
住所:東京都豊島区上池袋2-45-15
料金:無料

西池袋第二公園【西池袋】

西武池袋線・椎名町駅から徒歩約3分と好アクセスの「西池袋第二公園」には、傾斜を利用したじゃぶじゃぶ池があります。ゆったりした広さのある池から、水が階段を流れ落ちていく構造で、さまざまな遊び方ができますよ。

水深は浅いので、幅広い年齢層の子供が楽しめます。2019年は9月16日(月・祝)まで利用可能です

園内には、コンクリート製で幅の広いすべり台があり、こちらも子供に人気です。

■西池袋第二公園
住所:東京都豊島区西池袋4-40-18
料金:無料

谷端川第二親水公園【西池袋】

東京メトロ有楽町線と副都心線・要町駅から徒歩約5分のところにある「谷端川第二親水公園」は、かつて流れていた谷端川の清流を偲んで造られた親水公園。コンパクトな公園で、半分ほどを半円形のじゃぶじゃぶ池が占めていて、夏になると噴水から水が噴き上がります。

緩やかな傾斜がついていて、水深も浅いので、マイペースに楽しめますよ。2019年は9月16日(月・祝)まで水が流れます

■谷端川第二親水公園
住所:東京都豊島区西池袋5-22-11
料金:無料


千早公園【千早】

東京メトロ有楽町線と副都心線・千川駅から7分ほど歩いた住宅街に現れる「千早公園」。大きな岩に囲まれたじゃぶじゃぶ池は、高いところから傾斜や段差を利用して水が流れ落ち、下の池に溜まる仕組みで、自然の小川で遊ぶ感覚が味わえます。

池部分は歩きやすく、深さもないので、きょうだい一緒に楽しめますよ。2019年は9月16日(月・祝)までです

園内には、吊り橋のついた複合遊具や鉄棒、スプリング遊具などがあるほか、走り回れる広いスペースがあり、水遊び以外も楽しめます。

■千早公園
住所:東京都豊島区千早2-31-10
料金:無料

千早第二公園【千早】

「千早第二公園」は、東京メトロ有楽町線と副都心線・要町駅から徒歩約3分のところにあるアクセスの良い公園です。木の周りを囲うように流れるじゃぶじゃぶ池は、緩やかな段差とカーブ、ゆったりとした幅があり、思い思いに楽しめます。

水深は浅く、歩きやすいので、小さな子供の水遊びデビューにおすすめです。2019年は9月1日(日)まで遊べます

ほかにも、園内にはブランコやスプリング遊具、砂場などがありますよ。

■千早第二公園
住所:東京都豊島区千早1-23-18
料金:無料

千川親水公園【要町】

東京メトロ有楽町線と副都心線・千川駅から徒歩約5分のところにある「千川親水公園」は、南北に長く伸びる親水公園です。全体に水が流れていて、2カ所が広々としたじゃぶじゃぶ池になっています。

段差はありますが、よく整備されていて歩きやすいので、安心して遊べますよ。2019年は9月16日(月・祝)まで利用可能です

園内には、うんていや鉄棒、スプリング遊具、すべり台のほか、フェンスに囲まれた球技場もあります。

■千川親水公園
住所:東京都豊島区要町3-17-5
料金:無料


長崎公園【長崎】

「長崎公園」は、西武池袋線・東長崎駅から徒歩約7分の住宅街にある広々とした公園です。自然の小川で遊ぶ感覚を満喫できるじゃぶじゃぶ池があり、暑い時期は子供でにぎわいます。

ゴロゴロとした岩でできた山から流れ落ちる水が、緩やかなカーブを描きながら園内を流れます。水深は浅いので、きょうだい一緒に楽しめますよ。2019年は9月16日(月・祝)までです

園内には遊具も充実しているほか、広場もあり、体を動かしてたっぷり遊べます。

■長崎公園
住所:東京都豊島区長崎3-25-15
料金:無料

南長崎スポーツ公園【南長崎】

都営大江戸線・落合南長崎駅から徒歩すぐのところにある「南長崎スポーツ公園」。芝生広場に隣接する円形のじゃぶじゃぶ池は、子供に人気の噴水タイプで、あちこちから勢いよく水が噴き上がります。深さはなく、整備されていて歩きやすいので、小さな子供の水遊びデビューにもぴったりです。

9月の2週目〜3週目まで遊べますが、天候や気温によるので、おでかけ前に確認してくださいね

園内には、バラエティに富んだ遊具や多目的広場などもあり、1日遊べます。

■南長崎スポーツ公園
住所:東京都豊島区南長崎4-13-5
料金:無料

以上、豊島区のじゃぶじゃぶ池を紹介しました。利用する際は各施設のルールをよく守って、虫よけや日焼け対策も万全にして楽しく遊びましょう!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!