お得なクーポン情報の掲載をはじめました

東京都内の1日遊べる「駅近公園」12選 大型遊具&幼児向け多数

東京都内にはさまざまな公園がありますが、子どもと一緒におでかけするなら駅からすぐ近くにあると、すごく助かりますよね。

そこで今回は、最寄り駅から徒歩10分圏内の「駅近公園」を紹介。アクセスが良いだけでなく、大型遊具や子ども向けも充実したおすすめのスポットを厳選しました。

【東京都内】無料アスレチックがある公園まとめ

【関東】都内近郊の人気水上アスレチック9選

明治神宮外苑 にこにこパーク(港区)

JR中央・総武線の信濃町駅から徒歩約5分、都営大江戸線と東京メトロ銀座線・半蔵門線の青山一丁目駅から徒歩約10分と、路線が多い公園です

入園料がかかりますが、ローラースライダーやターザンロープ、トランポリンなど、子どもが体をたくさん動かせる大型遊具が充実しています

公園内の整備も行き届いていて、地面は人工芝やゴムチップで舗装されているので、安心して遊べるのもうれしいポイントです。

テーブルや椅子がある休憩所では、手作りのお弁当をゆっくり食べることができますが、近くのレストランで食事をしてからの再入場もOK 。1日中飽きることなく過ごせます。

■明治神宮外苑 にこにこパーク
場所:東京都港区北青山1-7-5
入園料:中学生以上300円、2歳以上100円
開園時間:3月〜10月は10:00〜17:00(最終入場16:30)、11月〜2月は10:00〜16:30(最終入場16:00) 
休園日:不定休(雨天ならびに園内のコンディションによる)

大島小松川公園(江東区/江戸川区)

都営新宿線の東大島駅から徒歩約3分の場所にある江東区と江戸川区にまたがる広大な公園です。野球場やテニスコートなどを備えた「スポーツ広場」、アスレチックやバーベキュー場に隣接する「自由の広場」など、5つの広場があります。

「自由の広場」には、船や海をモチーフにして作られた巨大なアスレチックがあります。ユニークな遊具などがそろい、子どもたちに大人気です

豊かな自然に囲まれたバーベキュー場も人気です。要予約ですが、料金は無料なので気軽に利用できますね。

■大島小松川公園
場所:東京都江東区大島9、東京都江戸川区小松川1
入園料:無料
開園時間:常時
休園日:無休

横十間川親水公園(江東区)

東京メトロ東西線の東陽町駅から徒歩約10分の場所にあり、横十間川を埋め立てて造られた全長1970mにおよぶ公園です。珍しい水辺のアクティビティが充実しています。

目玉は、ロープを引っぱって水上を渡る「ウキウキ渡し」や、揺れる「ぐらぐら橋」など、水上に設置されたアスレチック(6〜12歳が対象)。スリリングなポイントに大興奮する子どもたちでにぎわいます。

園内中央の広い水面では、有料の貸しボートや無料の和船に乗ることができ、水上からの景色も楽しめます。これらは利用できる日時が決まっているので、事前に確認してくださいね。

■横十間川親水公園
場所:東京都江東区扇橋3-22-9先〜東陽6-2-7先
入園料:無料
開園時間:常時 ※水上アスレチックは9:00〜16:30
休園日:無休 ※水上アスレチックは毎月1日・15日(土・日曜、祝日の場合は翌日)、年末年始


中根公園(目黒区)

東急東横線の都立大学駅から徒歩約8分で、土地の起伏を利用して造られた公園。斜面に沿って木製のアスレチックが設置されています。

傾斜を利用して作られたロングすべり台を楽しみに訪れる親子も少なくありません。勾配と長さによるスピードがスリル満点で、夢中で遊べます

そのほか、小さな子どもが遊べる複合遊具や砂場、スプリング遊具もあります。夏には水遊びができるじゃぶじゃぶ池も人気です!

■中根公園
場所:東京都目黒区中根2-6-33
入園料:無料
開園時間:常時
休園日:無休

平和の森公園(大田区)

環状7号線を挟んで南北に広がる大田区内最大級の公園。京急本線の平和島駅から徒歩約10分、JR京浜東北線の大森駅から森ヶ崎行きバスで平和島駅下車後、徒歩約10分です

メインは、緑に囲まれた広大な敷地の中に、40種類のアスレチック遊具が設置されたフィールドアスレチック。有料ですが、難易度が高い本格的なポイントもあり、子どもだけでなく大人も一緒に楽しめます。

小さな子ども向けに無料の幼児用アスレチックも隣接されています

季節の草花の鑑賞や、池での釣りも楽しめるので、親子3世代で訪れるのもおすすめです。

■平和の森公園
場所:東京都大田区平和の森公園2-1
入園料:無料
開園時間:常時 ※フィールドアスレチックは9:30〜15:00(退場時間16:30)
休園日:無休 ※フィールドアスレチックは月曜(祝日の場合は翌平日)、雨天荒天ならびにコンディションによっては休園

飛鳥山公園(北区)

JR京浜東北線の王子駅と、都電荒川線の飛鳥山駅に隣接し、都内有数の桜の名所としても有名な公園。山頂にある公園までは、無料で乗れる自走式のモノレール「あすかパークレール」が走っていて、行列ができるほど人気です。

巨大なお城の遊具もあり、休日になると親子連れでにぎわいます

ほかにも「蒸気機関車D51 」や「都電6080」の実物車両の展示、噴水や小さな滝がある水辺などもあり、子ども心をくすぐるエリアが充実

地域の歴史や文化が学べる「北区飛鳥山博物館」、世界有数の「紙の博物館」などもあり、「紙の博物館」では主に土・日曜に紙すき教室(整理券制)が開催されています。

■飛鳥山公園
場所:東京都北区王子1-1-3
入園料:無料
開園時間:常時(一部閉鎖区域あり) ※モノレールは10:00〜16:00
休園日:無休 ※モノレールは点検日、強風などの悪天候時、年末年始


清水坂公園(北区)

JR京浜東北線の東十条駅から徒歩約10分、JR埼京線や京浜東北線などの赤羽駅から徒歩約15分の場所にある公園。長さ52mの大きなローラーすべり台や木製アスレチック、のびのび過ごせる芝生のほか、北区の自然について学べる「自然ふれあい情報館」もあります。

おすすめは、全長150m・高低差10mの人工の川。本物の渓流のような造りで、夏は楽しく水遊びする子どもたちでいっぱいになります。水は毎分約5トン放流されますが、滅菌処理済みなので安心です。

■清水坂公園
場所:東京都北区十条仲原4-2-1
入園料:無料
開園時間:常時 ※自然ふれあい情報館は9:30〜16:30
休園日:無休 ※自然ふれあい情報館は月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始。教室などの開催時は展示室の見学不可

都立汐入公園(荒川区)

JR常磐線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスの南千住駅から徒歩約12分の区内最大級の公園です

隅田川に面した自然豊かで広大な敷地内には、展望広場、芝生広場、バーベキュー広場などがあるほか、テニスコートなどのスポーツ施設、水遊びができる噴水も有しています。

大きな複合遊具があるのもおすすめポイント。通称「ツインタワー」と呼ばれる巨大なアスレチックは、まるで要塞のよう。綱渡りやスポーツクライミング、すべり台など多くのポイントがあり、子どもたちに大人気です

■都立汐入公園
場所:東京都荒川区南千住8
入園料:無料
開園時間:常時
休園日:無休

荒川自然公園(荒川区)

都内に現存する唯一の路面電車・都電荒川線の荒川二丁目駅から徒歩1分のところにある公園

広大な敷地を誇る園内には、アスレチックコーナーをはじめ、自転車や一輪車ができる交通園、遊具のある児童遊園、野球場・テニスコートなどのスポーツ施設がそろいます

また、夏にはカブトムシにさわれる昆虫園や、幼児も入れるプールなどもオープンし、すべて無料で1日楽しめます。

■荒川自然公園
場所:東京都荒川区荒川8-25-3
入園料:無料
開園時間(北側・中央地区):1〜2月は7:00〜17:00、3月は7:00〜21:00、4〜10月は6:00〜21:00、11月は7:00〜21:00、12月は7:00〜17:00
開園時間(南側地区):1〜3月は7:00〜17:00、4〜10月は6:00〜19:00、11〜12月は7:00〜17:00
休園日:第1・3木曜(祝日の場合は翌日)、年末年始


光が丘公園(練馬区/板橋区)

都営大江戸線の光が丘駅から徒歩約8分、東武東上線の成増駅および東京メトロ副都心線と東京メトロ有楽町線の地下鉄成増駅から徒歩約15分と、複数の路線からアクセスが良い公園です

区内最大規模の園内には、ターザンロープなどの人気遊具のほか、野球場や競技場、弓道場、バードサンクチュアリなど、ほかの公園ではあまり見かけない施設もそろっています。

春になると一斉に花を咲かせるカントウタンポポの自生地や、夏には水遊び場として利用できる水景施設、秋に美しく色付くいちょう並木もあり、四季折々楽しめます。木陰が多いので、家族そろってお弁当を食べるのにもおすすめのスポットです。

■光が丘公園
場所:東京都練馬区光が丘2・4、練馬区旭町2、板橋区赤塚新町3
入園料:無料
開園時間:常時
休園日:無休

葛西臨海公園(江戸川区)

JR京葉線の葛西臨海公園駅から徒歩約1分の公園。東京湾を望む場所に位置し、「緑と水と人のふれあい」をテーマに5つのゾーンに分かれています。

特に人気なのが、「葛西臨海水族園」を中心とする水族園ゾーン。国内最大級のペンギン展示場やドーナツ型の大水槽で群泳するマグロなどが見られます

ほかにも、1周約17分間の空中散歩が楽しめる「ダイヤと花の大観覧車」や、さまざまな野鳥の観察ができる「鳥類園」など施設が充実。家族そろって1日中楽しめます。

■葛西臨海公園
場所:東京都江戸川区臨海町6
入園料:無料
開園時間:常時
休園日:無休

国営昭和記念公園(立川市)

JR青梅線の西立川駅から徒歩約2分、多摩都市モノレールの立川北駅から徒歩約8分、JR中央線の立川駅から徒歩約10分など、複数の路線や駅からアクセスできる国営公園です

東京ドーム約39個分にもおよぶ広大な敷地内では、四季折々の草花がダイナミックに楽しめるほか、バーベキュー、サイクリング、ボート、夏季にはプールと、さまざまなレジャー&スポーツが満喫できます。

園内の「こどもの森」には、日本一の大きさを誇る「虹のハンモック」や、時間帯によって霧がたちこめる「霧の森」、岩の間をくぐったり登ったりできる「石の谷」など、子どもが夢中になるエリアがいっぱい。

なかでも人気が高いのが、ふわふわドームで飛び跳ねられる中学生以下専用の「雲の海」。日本最大級のトランポリンで、まるで雲の上を歩いているかのような感覚が楽しめます

■国営昭和記念公園
場所:東京都立川市緑町3173
入園料:15歳以上450円、中学生以下無料
開園時間:3月1日〜10月31日は9:30〜17:00、11月1日〜2月末は9:30〜16:30、4月1日〜9月30日の土・日と祝日は9:30〜18:00 ※例外あり
休園日:2月の第4月曜とその翌日(月曜が休日の場合は直後の平日)、年末年始

小さな子ども連れでも行きやすい駅近公園は、パパママにうれしいスポット。入園料は無料のところがほとんどですが、園内の一部施設を利用する際は予約や利用料が必要だったり、開園時間や休園日が設定されていたりする場合もあるので、公式サイトをチェックしてから足を運んでくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!