5

お台場&豊洲の「チームラボ」に春限定作品登場 入場料もお得に

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京・お台場の「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)に、2021年3月1日(月)から、桜色に輝くランプや10万本の巨大な菜の花など、春限定作品が登場します。

また、営業を中止していた東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」が、3月6日(土)より再開。こちらでも巨大なドーム空間いっぱいに桜が咲き渡る春限定のアート作品が登場します。

お台場「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)

東京・お台場の「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」は、境界のない世界が1年を通して移ろい、季節とともに変化する作品を体験することができる「地図のないミュージアム」。3〜4月には春限定の作品が登場します。

お台場「チームラボ ボーダレス」の展示作品を徹底紹介!

呼応するランプの森

作品:呼応するランプの森 - ワンストローク、桜 / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Cherry Blossoms

鏡張りの部屋に無数のランプが吊るされている不思議な空間「ランプの森」には、3月から4月にかけて、ランプが桜色に輝く「ワンストローク、桜」と、山吹、裏山吹、青山吹、花山吹、桃の5色でランプが輝く「ワンストローク、春の野山」が登場します。

作品:呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山 / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Spring Mountain Fields

「ランプの森」に一歩足を踏み入れると、自分の身近なランプが光を放ち、それを起点に周辺のランプが呼応して光り、繰り返していきます。自分から生まれた光と、他者から生まれた光は、必ず交わるよう計算されていて、より魅力的な空間を生み出します。

増殖する無量の生命

作品:増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year 3-4月の花: 菜の花

作品:増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year  4月の花: 牡丹

10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく巨大な花「増殖する無量の生命」には、菜の花(3〜4月)や牡丹(4月)といった、春の花々が登場します。

触れると、花のほうから倒れかかるように折れ曲がり、朽ちていき、そしてまた新しい花々が生まれます。10万本の花々が一斉に散り、一面が散りゆく花びらで覆われ、朽ちていく姿が最も華やかで美しい瞬間です。

地形の記憶

作品:地形の記憶 / Memory of Topography 桜

作品:地形の記憶 / Memory of Topography 藤棚

作品:地形の記憶 / Memory of Topography 川と鮎

四季折々に変化する里山を表現した作品「地形の記憶」は、3月から4月の期間、桜、菜の花、ラベンダーなどの春の花々に加え、棚田や藤棚、川とフナなどの春の景色が広がります。

人々が作品内を動き回ることで、川やフナ、花びらの動きが変化していきます。分け入ることのできる、高低差のある感動空間に身体ごと没入し、春の景色を堪能してください。

積層された空間に咲く花々

作品:積層された空間に咲く花々 / Flowers in Layered Ultrasubjective Space 3月の花: 梅

作品:積層された空間に咲く花々 / Flowers in Layered Ultrasubjective Space  4月の花:芍薬

誕生と死滅を永遠に繰り返し続ける花々を表現した作品「積層された空間に咲く花々」にも、春の花が登場。3月は梅、4月は芍薬(シャクヤク)の花が展示空間に広がります。

他にも、描いた魚が泳ぎだす「お絵かき水族館」や、さまざまなフルーツが育つすべり台「すべって育てる! フルーツ畑」などの作品が楽しめる「学ぶ!未来の遊園地」エリアも親子におすすめです。

東京・豊洲「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」は、超巨大な4つの作品空間や屋外作品を中心とした計7作品を裸足になって体感する「水に入るミュージアム」。

2021年1月19日から臨時休館中でしたが、入館制限などの新型コロナウイルス感染拡大防止対策を取ったうえで、3月6日(土)より再開されます。再開にあわせ、ミュージアム内の2作品「Floating in the Falling Universe of Flowers」と「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」が、4月30日(金)までの期間限定で桜に変化します。

豊洲「チームラボ プラネッツ」の展示作品を徹底紹介!

Floating in the Falling Universe of Flowers

作品: Floating in the Falling Universe of Flowers

1年間の花々が、時間と共に刻々と変化しながら浮遊する「Floating in the Falling Universe of Flowers」は、床が鏡面になっているドーム状の空間作品。鏡面の床を見下ろしても、寝転んで見上げても、自分自身が浮遊しているような不思議な感覚が味わえます。また、スマホアプリで画面上に映し出された蝶をスワイプすると、その蝶がドーム上の空間に現れ飛び回る感動の演出も楽しめます。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング

作品:人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity

水の中を歩く作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」では、無限に広がる水面にコイが泳ぎ、人々にぶつかると、桜に変化し散っていきます。

期間限定で桜のスイーツが登場

敷地内のフードスタンド「Everything is in your hand」のメニューには、期間限定で桜をイメージしたどら焼きとラテが登場します。

「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」が期間限定で15%OFF

「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」では、3月6日(土)〜4月23日(金)の期間、公式サイトでチケットを購入する際、クーポンコード「planets」を入力すると、料金が15%引きになります。

■クーポン適用後の入場チケット料金
大人(18歳以上):3,200円→2,720円
大学・専門学生:2,500円→2,125円
中学・高校生:2,000円→1,700円
子供(4歳〜12歳):300円→255円
※チケット購入時にクーポンコードが未入力の場合は、割引対象外
※公式サイトからの購入のみ利用可能
※期間中、何回でも利用可能

今回紹介した2つの施設では、現在、日時指定のチケット制で滞在人数を制限し、ゆとりある空間で楽しめる取り組みをしています。おでかけの際は、事前チケットの購入が必要となりますのでご注意ください。

季節による変化もチームラボ作品の見どころのひとつ。幻想的な春の景色を体感してみはいかがでしょうか。

もっと詳しい情報を見る
お台場「チームラボ ボーダレス」徹底紹介! 作品&楽しみ方も
もっと詳しい情報を見る
豊洲に「チームラボ プラネッツ 」誕生 展示作品を徹底紹介!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

■森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
当館では、新型コロナウイルス対策を徹底し、館内の環境整備に努めております。
詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

■チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com
チームラボプラネッツで実施している感染防止策の詳細はこちらをご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
この記事をクリップする
5
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!