「那須とりっくあーとぴあ」全網羅 割引・楽しみ方・人気作品も

「那須とりっくあーとぴあ」は、目の錯覚などを利用して不思議な体験が楽しめるトリックアートの美術館です。アクセスや料金などの基本情報のほか、親子におすすめのスポットなど、施設の魅力をまとめて紹介します。

※記事内の価格は税込みです
(2019年11月取材)

もくじ

「那須とりっくあーとぴあ」とは?

人間の錯覚を利用した不思議な「体験型アート」が楽しめるテーマパークです。施設は「トリックアートの館」「トリックアート迷宮?館」「ミケランジェロ館」の3つの建物に分かれていて、それぞれ違った趣向の体験ができます。3つの館の作品は「すべてさわれる」のも特徴です。館内には犬を連れて入れます。※ペットバギーもしくは抱っこでの入館。

また、「ミケランジェロ館」のそばにあるアトリエでは、現在制作中のトリックアートの制作風景を見学できます。

【アクセス】クルマ移動がおすすめ! シャトルバスも便利

最寄り駅となる「黒磯駅」や「那須高原駅」からは、クルマで20〜30分かかるため、自家用車かレンタカーの利用がおすすめ。また、宿泊先がホテルエピナール那須やホテルサンバレー那須など、那須観光周遊シャトルバスが停まるホテルであれば、シャトルバスを使うのも便利です。

電車

電車で行く場合は、最寄り駅からレンタカーかタクシーに乗る必要があります。東北新幹線「那須塩原駅」からクルマで約30分、JR宇都宮線「黒磯駅」からはクルマで約20分の距離です。

クルマ

クルマで行く場合は、東北自動車道「那須I.C.」から約8分、「那須高原スマートI.C.」(ETC専用)から約10分、「黒磯板室I.C.」より約20分の距離です。「那須I.C.」からのルートなら、高速を降りてから曲がる場所が3カ所だけなので、行きやすいです。

インターを降りたら右車線に移動し、看板の案内にある「那須高原」方面へ。

しばらく進み、ガストがある交差点を右に曲がります。

この看板が見えたら次の交差点を右折すると建物が見えてきます。

那須観光周遊シャトルバス「きゅーびー号」

「那須とりっくあーとぴあ」は、那須の観光スポットを回るシャトルバス「きゅーびー号」が止まります。ホテルエピナール那須やホテルサンバレー那須など、都内からホテルへの直通バスで那須に来る場合は、ホテルから「きゅーびー号」を利用して「那須とりっくあーとぴあ」に行けます。

「きゅーびー号」の場合、りんどう湖ロイヤルホテルから約10分、東急ハーヴェストクラブ那須から約20分、ホテルサンバレー那須から約35分、ホテルエピナール那須から約60分の距離です。

那須高原観光周遊バス「きゅーびー号」

  • 1日フリーパス:大人1,200円、子供(小学生以上)600円
  • 1回乗車券:大人・子供(小学生以上)700円

【駐車場・パーキング】無料で乗用車約200台収容

駐車場は3館合計で乗用車約200台、バス約10台分用意されています。駐車料金は無料です。

料金:無料

【営業時間・休館日】季節によって若干の変動あり

営業時間は、基本的に9時30分から18時まで。夏場は9時に開館、冬は17時に閉館します。年中無休ですが、改装などで臨時休館することもあります。

開館時間

9:30〜18:00(4〜7月、9月)
9:00〜18:00(8月)
9:30〜17:00(10〜3月)

休館日

年中無休 ※改装などで臨時休館の場合あり

【混雑情報・空いている時間帯】土日でもピーク時以外は快適!

混雑している時間帯と、施設の滞在時間をスタッフに聞きました。

混雑情報&おすすめの時間帯

混雑するのは、土曜午後と日曜午前中です。土日でもこの時間帯をはずせば比較的ゆっくり見られます。また、平日は空いているので、思う存分トリックアートを満喫できます。

施設の滞在時間(目安)

各作品での撮影頻度にもよりますが、親子連れの滞在時間は1館あたり40分ほど。3館すべて楽しむ場合は、2時間ほどかかります。

お得な3館共通券は3日間有効なので、2日に分けて来館することもできます。施設内にはレストランや飲食スペースがないので、午前か午後のどちらかで訪れて、ランチは別のところで済ませるのが一般的です。

【料金・セット券】共通券がお得!

3つある館のうち、1つに入れる通常の入館券は大人(高校生以上)1,300円、小・中学生800円、未就学児無料です。

2館共通券や3館共通券もあり、最大で大人が1,100円割引になります。共通券の有効期限は3日間ありますが、同じ館への再入館はできません。

入館料金(通常料金)

  • 大人(高校生以上):1,300円
  • 小・中学生:800円
  • 未就学児:無料

2館共通券(通常料金)

  • 大人(高校生以上):2,100円(500円お得)
  • 小・中学生:1,400円(200円お得)
  • 未就学児:無料

3館共通券(通常料金)

  • 大人(高校生以上):2,800円(1,100円お得)
  • 小・中学生:1,900円(500円お得)
  • 未就学児:無料

【割引・クーポン】コンビニや周辺の宿泊施設でお得な前売り券を販売

コンビニや「那須とりっくあーとぴあ」周辺の宿泊施設で購入できる前売り券は、入館券が200円お得になります。3館共通引換券(2,800円)は2,400円に。大人料金のみ対象です。

また、いずれか1カ所の入館券と館内にいるキャラクターを探す謎解きイベント「トリック坊やを探せ」(400円)のチケットが付いたスマホ電子チケットもあり、200円お得です。

コンビニ購入&周辺の宿泊施設割引

  • 割引入館券(入る館を指定):大人1,100円(200円お得)
  • 3館共通引換券:大人2,400円(400円お得)
  • 【スマホ電子チケット】各館チケット(3館のうち1館のみ)+トリック坊やを探せ(イベントチケット)セット券:1,500円(200円お得)

【年間パス】対応なし

年間パスはありません。(2019年12月現在)

【誕生日特典】対応なし

誕生日特典はありません。(2019年12月時点)

【エリア内マップ】「トリックアートの館」は離れた位置に!

「那須とりっくあーとぴあ」は3つの館の総称で、「トリックアートの館」から600m離れた位置に、「トリックアート迷宮?館」と「ミケランジェロ館」の2つがあります。

クルマではすぐですが、徒歩だと10分ほどかかり、歩道がない場所もあるので、小さな子供連れの場合は要注意。なお「きゅーびー号」は「トリックアートの館」前に停車します。

トリックアートを楽しむための5つのポイント

トリックアートは、作品を眺めるだけでなく、それぞれにあった遊び方をすることで何倍も楽しめます。ここではトリックアートを楽しむためのポイントを5つ紹介します。

1.写真を撮って遊ぶ

トリックアートは、「肉眼」と「カメラのレンズ越し」とでは見え方が異なります。作品ごとに楽しみ方の解説があるので、スマホやカメラで撮影してみましょう。さらに、自由な発想でポーズのアレンジなどして、お気に入りの作品を見つけましょう。

2.見る角度を変えて楽しむ

見る場所を変えるだけで、作品が動いて見えたり、飛び出して見えたりと、印象が変わります。離れた場所から近づいてみるなど、より大きく変化して見える場所を探しましょう

3.錯覚を体験する

大人より子供が大きく見える部屋や、絵の中に入り込んだように見える作品など、錯覚を利用した作品が多数あります。展示のなかでも、とくに親子で一緒に遊びやすいです。

4.さわって楽しむ

展示作品はすべてさわることができます。「どうなっているの?」「不思議だな」と思ったら作品をさわってみると新たな発見がありますよ。

5.謎解きゲームに挑戦する

美術館の案内役「トリック坊や」を探す謎解きゲームもおすすめです。トリック坊やは3館それぞれに隠れていますが、1館だけのトライでもOK。未就学児でも楽しめる難易度なので、親子で気軽に参加できます。

トリック坊やを探せ!

  • 1館コース:400円

【トリックアートの館】親子におすすめの作品

床や壁、ドア、窓の外まで、建物丸ごとトリックアートが楽しめるユニークな造りになっているのが「トリックアートの館」です。ペンションを改装して作られた館内には、不思議な森に迷い込んだようなメルヘンなエリアなど驚きの世界が広がります。トリックの小部屋が並ぶ建物内をぐるぐる巡りながら、迷路のように楽しむことも可能です。

2019年8月にリニューアルし、新作が数多く展示されています。窓の外やドアの陰など、作品名がないトリックアートもあるので探してみましょう。外壁もトリックアートになっているので、入館前から楽しめます。

動物の森

「那須とりっくあーとぴあ」の中でも最新の作品(2019年12月現在)で、部屋全体がトリックアートになっています。訪れていた親子連れも川で遊んだり、動物と写真を撮ったりしていました。

この部屋ではクマやユニコーンと一緒にいるような写真が撮れます。

元の絵は蝶ですが、立つ位置によっては妖精になって絵の世界に溶け込むことも!

回れ〜メリーゴーラウンド

メリーゴーラウンドの絵の中に入り込める作品です。黒い穴に片足を入れると白馬にまたがれます。鞍の部分がしっかりしているので、座っても大丈夫。

迷いの部屋

元ペンションの作りを生かした作品がたくさんあります。ドアがたくさんある部屋では、大人でも迷いそうになるほどです。

壁に描かれた扉の絵で不思議な写真が撮れます。

流されちゃうよ

トイレの中から体を出しているような写真が撮れるトリックアートです。赤ちゃんをモデルに撮影するときは、ママパパが穴の下から持ち上げる工夫が必要です。

猫の食卓

かわいい猫の今夜のごちそうは…えっ、自分たち!? 逆さになったワイングラスに閉じ込められているところや、皿の上から逃げようとするポーズが人気です。

野外作品群

休憩エリアから外をよく見ると、本物の木にもトリックアートが! 屋外にも遊び心がある作品がたくさんあるので、窓の外も忘れずにチェックしてみてくださいね。

ブロックが絶妙なバランスで立っていますが、これもトリックアート!

樹に隠れた5頭の動物

隠し絵やだまし絵などの作品も充実しています。親より子供の方が早く謎を解いてしまうことも多いそうですよ。

トイレ

トイレにも、かわいいネズミのトリックアートが描かれています。

謎解きゲームは「トリック坊やの不思議な館」

館内にある宝箱や本の中に隠れたヒントを手掛かりに、4つの謎を解いていきます。すべての謎が解けたら、宝物が手に入ります。

トリック坊やの不思議な館

  • 料金:600円
  • 推奨難易度:小学校低学年以上

【トリックアート迷宮?館】親子におすすめの作品

「トリックアート迷宮?館」は、8つのゾーンがあり、ファンタジーや冒険、サーカスをテーマにしたトリックアートがいっぱい。手品や錯覚を利用した体験型の作品が充実しています。クイズになっている作品もたくさんあるので、親子で相談しながら、頭を使って楽しめるのも魅力です。建物の壁に描かれたドラゴンは子供に大人気

ペガサスやケンタウルスなどの空想上の生き物が描かれています。

溶けた自販機もあり、館に入る前からトリックアートが楽しめます。

並んでいる商品もオリジナルのもの。よく見るとイメージキャラクターの「トリック坊や」が描かれています。実際に買えないのが残念!

エアリアル

回転する絵を10秒見つめてから雲の絵を見ると、雲が動いているような不思議な体験ができます。

曲線の屋敷

数あるトリックアートの中でも、家族で楽しめるおすすめ作品の1つ。作品と一体化して、物語の登場人物になったような写真が撮れます。

月と箒

箒(ほうき)にまたがって絵と一体化できます。

月に腰を掛けてもOK。家族で一緒に写真が撮りやすいトリックアートです。

空中庭園

空に浮かんでいるような写真が撮れます。地面を見たり、写真のように両手を大きく広げたりして浮遊感を出すのがコツ。

ドラゴン退治

ドラゴンと一緒に写真が撮れるスポット。首に乗ったり、倒したようなポーズが人気です。撮影する角度をうまく工夫しましょう。

エイムズの部屋

トリックアートの中でも有名な「エイムズの部屋」。人物が大きく見えたり、小さく見えたりします。

写真を撮る人が部屋に入り、外側の壁の穴から撮影します。ちなみに、穴をのぞき込む大人と手をつないだ子供の絵も「エイムズの部屋」を思わせるトリックアートになっています。

鏡の部屋

鏡に映った部屋に見えますが、すべて左右対称に作られた部屋です。どちらかの部屋にいるだけの写真を撮ったり、それぞれの部屋で2人が同じポーズをとるなど、アイデア次第でいろいろな撮影ができます。

マジックテーブル

テーブルの下が鏡張りになっている古典的な手品をトリックアートで再現。穴から顔を出すだけなので、小さな子供でも参加しやすい作品です。

幻想的な夜空

天使が軽やかに舞う六角形の部屋。室内にあるスイッチで電気を消すと、幻想的な世界が広がります。スイッチを押すときは、部屋にいる周りの人に声をかけるなど、配慮も忘れずに。

謎解きゲームは「大迷宮メイズと?(ハテナ)の魔法書」

「トリックアート迷宮?館」限定の謎解きゲームです。トリック坊やと一緒に、魔法によって「大迷宮メイズ」になった「トリックアート迷宮?館」から脱出するため、ヒントを集めて、謎を解き明かしていきます。

大迷宮メイズと?(はてな)の魔法書

  • 料金:800円
  • 推奨難易度:小学校中学年以上

【ミケランジェロ館】親子におすすめの作品

イタリア・ルネッサンスの3大巨匠である「ミケランジェロ」や「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、「ラファエロ」の名作がトリックアートで楽しめる「ミケランジェロ館」。世界最大級のトリックアート「システィーナ礼拝堂」は必見です。

館内には、無料で着られる衣装と装飾品があり、自由に使えます

子供用の衣装は、白雪姫や魔法使いなど、バラエティに富んでいます。

トレビの泉

ミケランジェロ館の外観には、イタリア・ローマにある有名な「トレビの泉」が描かれています。日付入りの看板もあるので、来館の記念撮影にぴったりです。

システィーナ礼拝堂

ヴァチカン市国にある世界遺産「システィーナ礼拝堂」を5分の3スケールで完全再現した作品。3年8カ月の年月をかけて、多数のスタッフが描いた大作です。思わず息を飲む迫力があります。

礼拝堂に描かれている親子は公募で当選した人がモデルになっています。

人物画の中には、あの芸人さんの姿も!

システィーナ「原寸大の部屋」

本物のシスティーナ礼拝堂の制作風景を再現したコーナーもあります。絵筆を持って、自分がミケランジェロの手伝いをしているような写真が撮れます。

下から見上げる作品のため、間近で見ると人物のバランスが合っていないことがわかります。本物のシスティーナ礼拝堂も、このトリックアートと同じ手法が使われています。

ヴェトゥイユのモネの庭

名画の中に入り込める作品もあります。筆を持ってポーズをとれば、モネやルノワールなど有名な画家になった気分が味わえます。

牛乳を注ぐ女

こちらも有名な絵画を題材にしたトリックアート。牛乳瓶のところを持つだけでいいので、小さな子供でもポーズが取りやすい作品です。

ジャングル探検

滝に落ちる寸前の1枚が撮れるスポットも! イカダの上でバランスをとったり、怖がりながら下をのぞいたり、落ちる瞬間を想像しながらポーズをとると緊迫感のある写真が撮影できますよ。

トイレ

男子トイレの個室の扉を開けると「トリックアート迷宮?館」にも出てくるミイラ男が! 大人でも驚くほどのリアリティなので、小さな子供を連れてトイレに行く際はご注意を!

女子トイレにはかわいい「トイレの花子さん」がいます。

謎解きゲームは難易度が異なる2種類を用意!

「ミケランジェロ館」では、子供でも気軽に参加できる「探偵トリ坊からの挑戦状」と、少し難易度が高い「名画に隠された秘密」の2種類が体験できます。どちらも、謎が解けたらかわいいクリアファイルがもらえますよ。

探偵トリ坊からの挑戦状

  • 料金:300円
  • 推奨年齢:小学校低学年以上

名画に隠された秘密

  • 料金:300円
  • 推奨年齢:小学校高学年以上

トリックアートの制作過程が見学できるアトリエも

「ミケランジェロ館」に隣接するトリックアートのアトリエ。ここでは実際にトリックアートを制作している様子を無料で見学できます。

ベテランの制作スタッフになると、1作品をスイスイと仕上げていきます。また、子供の頃から親子で何度も来ていたことから入社したスタッフもいて、「親子で手をつなぎながら写真を撮ったり、絵に実際にふれたりするところが、とても楽しい思い出になっていて、それで自分も絵を描くようになった」とのこと。

普段見る機会のない制作現場を実際に見られるのも「那須とりっくあーとぴあ」の魅力の一つです。

屋外にあるトリックアートにも注目

「ミケランジェロ館」から道路をはさんで向かい側にある建物は「那須とりっくあーとぴあ」の事務所です。入館はできませんが、開館20周年記念の壁画があり、こちらも見どころいっぱいです。

1階部分では、地元や来館した子供200人が描いた絵が見られます。

窓から身を乗り出して壁を塗っている男性と窓自体が絵になっています。美術館と間違えてしまうお客さんがいるのもうなずけるクオリティです。


【年齢別の楽しみ方】おすすめの作品を厳選

「那須とりっくあーとぴあ」で見られる作品から、年齢別のおすすめ作品を厳選して紹介します。

(0歳〜2歳)赤ちゃん向けおすすめ作品

  • 小動物たちのお出迎え/トリックアートの館
  • マジックテーブル/トリックアート迷宮?館
  • 月と箒/トリックアート迷宮?館
  • ハッピーバースデー/ミケランジェロ館

0〜2歳には、絵本の世界に入り込んだような体験ができる「小動物のお出迎え」や、魔女気分が味わえる「月と箒」、首から下が見えなくなる「マジックテーブル」など、体験型の作品がおすすめ。

「ミケランジェロ館」にある「ハッピーバースデー」では、自分の誕生日を入れて撮影ができます。誕生日当日に記念で訪れる人もいるそうです。

(3〜5歳)幼児向けおすすめ作品

  • メリーゴーラウンド/トリックアートの館
  • マジックテーブル/トリックアート迷宮?館
  • 自動販売機とけちゃった/トリックアート迷宮?館(屋外)
  • ヴェトゥイユのモネの庭/ミケランジェロ館

3〜5歳の幼児は、トリックの面白さやマジックの不思議さがよくわかる作品も楽しめます。本物の乗り物のように見える「メリーゴーラウンド」や、首から下が見えなくなる「マジックテーブル」、画家気分が味わえる「ヴェトゥイユのモネの庭」などがおすすめです。

イチ押しは、「トリックアート迷宮?館」の外にある「自動販売機とけちゃった」。自動販売機の溶け具合や、ジュースのリアルな作りに、子供も大人もビックリしますよ!

(6歳〜)小学生向けおすすめ作品

  • 曲線の屋敷/トリックアート迷宮?館
  • エイムズの部屋/トリックアート迷宮?館
  • システィーナ礼拝堂/ミケランジェロ館
  • システィーナ「原寸大の部屋」/ミケランジェロ館
  • 各館の謎解きイベント

小学生には、家族で楽しめる「曲線の屋敷」や世界遺産を再現した「システィーナ礼拝堂」がおすすめ。システィーナ「原寸大の部屋」で、システィーナ礼拝堂の天井画を描いた画家たちの苦労を体験するのも楽しいですね。

部屋の左右にいる人物の大きさが異なって見える「エイムズの部屋」は、トリックアートの真骨頂。作品の不思議さを家族で楽しみましょう。その他本格的な謎解きなど、トリックアートをさらに楽しめるいろいろなイベントがあるのでそちらも要チェック。

【ランチ・飲食】施設内には飲食店なし

施設内に飲食店は用意されていません。周辺にレストランが点在しているほか、クルマで10分ほどの「道の駅 那須高原友愛の森」でも食事ができます。

【売店】オリジナルグッズが人気!

「那須とりっくあーとぴあ」は各館に売店があり、販売しているお土産が異なります。それぞれの特徴を生かしたオリジナルグッズを取り扱っているので、じっくり見て回りましょう。なお、売店は館内にあるので、買い物だけの利用はできません。

「トリックアートの館」のおすすめお土産

「トリックアートの館」では、子供が喜びそうなトリックアートの絵本や恐竜をモチーフにしたグッズなどが充実しています。オリジナルの隠し絵(170円〜)は、種類も豊富にあるので、帰宅してからもトリックアートが楽しめますよ。

「トリックアート迷宮?館」のおすすめお土産

「トリックアート迷宮?館」では、手品グッズが数多くそろっています。いくつかお土産にして、家族で練習してみては? トリックアートがモチーフのステーショナリーやキーホルダー、ゲーム系のグッズなどもあり、見るだけでも楽しめます。

「ミケランジェロ館」のおすすめお土産

「ミケランジェロ館」のお土産ショップは、ガラス製のグッズやベネチアをイメージした仮面など、イタリアを思わせるお土産が数多くそろっています。人気は、トリックアートが描かれたオリジナルトランプと、透けているのに裏から見えないマイクロトランプ(各1,100円)。この2つはすべての館で購入できます。

館内にある「隠し絵」も人気(大300円、小170円)。絵として飾っておけるクオリティの高さで、遊び要素もあり、買いやすい値段も人気の理由です。

【設備】繁忙期と土日には「トリックアートの館」のトイレが追加開放

館内にあるトイレと授乳室を中心に、いろんな設備を紹介します。

授乳室2カ所

授乳室は「ミケランジェロ館」と「トリックアートの館」にあります。オープンスペースではないので、利用する場合は、スタッフの方に伝えてください。

「ミケランジェロ館」の授乳室。内側から鍵をかけられます。

「トリックアートの館」の授乳・おむつ替えスペースには、ベビーベッドが用意されています。こちらは冷暖房設備がありません。

トイレは3カ所

トイレは各館それぞれに1カ所設置。「トリックアートの館」については、週末や混み合うシーズンに限って、正面入口そばのトイレも開放されます。おむつ替えシートは各館、ベビーベッド完備のトイレは、「トリックアート迷宮?館」と「ミケランジェロ館」にあります。

「ミケランジェロ館」のみんなのトイレは大きめのベビーベッドを用意。

「トリックアート迷宮?館」のトイレにはおむつ替えシートが用意されています。

喫煙スペースは3カ所

喫煙スペースは各館の出入口すぐ横です。イスやベンチもあります。

吸い殻入れも備え付けてあります。

口コミはこちら

「那須とりっくあーとぴあ」周辺のおすすめスポット

「那須とりっくあーとぴあ」の周辺には、遊園地と動物園が一緒に楽しめるテーマパーク「那須りんどう湖レイクビュー」や、サルやゾウとふれあえる体験型動物園「那須ワールドモンキーパーク」、雨の日でも遊べる「宝石探しトレジャーストーンパーク」などがあります。那須にはホテルやペンションが多数あるので、宿泊してじっくり巡るのもおすすめです。

周辺のおすすめ施設一覧
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!