1

「那須とりっくあーとぴあ」アクセス・駐車場・混雑情報まとめ!

栃木県・那須にある「那須とりっくあーとぴあ」は、目の錯覚などを利用して不思議な体験が楽しめるトリックアートの美術館です。屋内施設なので、雨でも過ごせることもあり、ファミリーにおすすめです。

ここでは、アクセス方法や駐車場、混雑情報など、行く前に知っておきたい情報をまとめて紹介します。

※記事内の価格は税込みです
(2019年11月取材)

もくじ

「那須とりっくあーとぴあ」完全ガイド

「那須とりっくあーとぴあ」とは?

人間の錯覚を利用した不思議な「体験型アート」が楽しめるテーマパーク。「トリックアートの館」「トリックアート迷宮?館」「ミケランジェロ館」の3つの建物があり、それぞれ違った趣向の体験ができます。

作品にさわれるのも大きな特徴で、館内には犬を連れて入ることもできますよ(ペットバギーもしくは抱っこ)。また、「ミケランジェロ館」のすぐ近くにあるアトリエでは、制作中の作品も見学できます。

【電車のアクセス】最寄駅からクルマが必要

電車で行く場合は、最寄り駅からレンタカーかタクシーに乗る必要があります。東北新幹線「那須塩原駅」から、高速道路に乗らずにクルマで約30分、JR宇都宮線「黒磯駅」からはクルマで約20分の距離です。どちらの駅からでも、ルートがシンプルなので迷わずいけます。

【クルマのアクセス】那須I.C.から約8分

クルマで行く場合は、東北自動車道「那須I.C.」から約8分、「那須高原スマートI.C.」(ETC専用)から約10分、「黒磯板室I.C.」より約20分の距離です。「那須I.C.」からのルートなら、高速を降りてから曲がる場所が3カ所だけなので、行きやすいです。

まずはインターを降りたら右車線に移動し、看板の案内にある「那須高原」方面に右折して進みます。

しばらく進み、「田代小前」交差点を右に曲がります。ファミリーレストラン「ガスト」が目印です。

この看板が見えたら次の信号があるT字路を右折すると建物が見えてきます。

【バスのアクセス】那須観光周遊シャトルバス「きゅーびー号」が便利

那須の観光スポットを回るシャトルバス「きゅーびー号」。2本ある路線のうち、イエローLineに乗ると「那須とりっくあーとぴあ(トリックアートの館前)」で降りられます。ホテルエピナール那須やホテルサンバレー那須など、都内からホテルへの直通バスで那須に来る場合は、ホテルから「きゅーびー号」を利用して「那須とりっくあーとぴあ」に行くと便利。

「きゅーびー号」の場合、ロイヤルホテル那須から約10分、東急ハーヴェストクラブ那須から約20分、ホテルサンバレー那須から約35分、ホテルエピナール那須から約60分の距離です。

那須高原観光周遊バス「きゅーびー号」

  • 1日フリーパス:大人1,200円、子供(小学生以上)600円
  • 1回乗車券:大人・子供(小学生以上)700円

【駐車場・パーキング】無料で約200台収容

駐車場は3館合計で、乗用車約200台・バス約10台分が用意されています。駐車料金は無料です。

【混雑情報・空いている時間帯】土日でもピーク時以外は快適!

混雑するのは、土曜日午後と日曜日午前中です。土日でもこの時間帯以外なら、比較的ゆっくり楽しめます。また、平日はどの時間帯でも空いているので、思う存分トリックアートを満喫できます。

【施設の滞在時間】3館楽しむなら2時間程度!

各作品での撮影をどのくらいするかにもよりますが、親子連れの滞在時間は1館あたり40分ほど。3館すべて楽しむ場合は、2時間ほどかかります。

また、お得な3館共通券は3日間有効なので、2日に分けて来館することもできます。施設内にはレストランや飲食スペースがないので、午前か午後のどちらかで訪れて、ランチは別のところで済ませるのが一般的です。

「那須とりっくあーとぴあ」の営業時間や体験できるトリックアートが気になったら以下の記事をチェック!

那須とりっくあーとぴあを徹底レポート
那須とりっくあーとぴあを徹底レポート!
「那須とりっくあーとぴあ」完全ガイド 人気作品&料金&割引も
「那須とりっくあーとぴあ」完全ガイド 人気作品&料金&割引も
関連情報
この記事をクリップする
1
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!