6

【都内近郊】雨でも屋内で楽しめる遊園地5選 水族館&プールも

子供が大好きなおでかけ先のひとつ「遊園地」。とはいえ、屋外のアトラクションは天気に左右されやすく、雨が降ると困りますよね。

そこで今回は、都内近郊にある屋内遊び場が充実している遊園地を紹介します。思い切り体を動かせる施設や、巨大屋内プール、水族館の併設など、屋内でもたっぷり楽しめるスポットを厳選しました!

【記事】都内近郊の1日遊べる子供向け遊園地・テーマパーク【記事】東京都内のおすすめ遊園地・テーマパークまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、急遽営業中止および営業時間などが変更になる可能性や、事前予約を必要とする場合があります。必ず公式サイトなどで最新情報を確認してからおでかけしてください。また、利用する際は感染の拡大に注意してください

としまえん(東京都練馬区)

プールや釣り堀など、多彩な遊びが楽しめる遊園地で、30種を超えるアトラクションが勢ぞろいしています。「キッズのりもの1日券」が使える幼児向けアトラクションも19種あるので、小さな子供連れでも1日たっぷり遊べます。

なかでも、空中迷路やスライダーなどを組み合わせた新感覚のフィールドアスレチック「こどもの森」は、外で体を動かしたい時にぴったり。広大な園内を散策するのもおすすめです。

敷地内には、屋内型親子のあそび場「ASOBRAVO!」(アソブラボー)もあります。約1,000平方メートルの広いスペースは、テーマ別に8つのゾーンに分かれていて、ダイナミックに全身を動かしたり、世界のユニークな遊具や知育玩具を体験することもできます。

乳児用のベビーゾーンも完備されていて、赤ちゃんから小学生まで天候を問わず思う存分遊べます。時間制限なしの一定料金で遊べるのもうれしいポイントです。

■としまえん
住所:東京都練馬区向山3-25-1
営業時間:エリアや曜日などにより異なります
料金:入園料/3歳以上500円、中学生以上1,000円 ASOBRAVO!/6カ月〜小学生1,500円、大人500円
定休日:2020年8月31日(月)まで無休
※としまえんは2020年8月31日(月)をもって閉園予定です

東京ドームシティ(東京都文京区)

東京ドームを中心に、「観て」「遊んで」「くつろげる」さまざまな施設が揃う「東京ドームシティ」は、屋内外に子供向けの施設が充実しています。

入場無料の遊園地「東京ドームシティ アトラクションズ」には、シンボルでもある巨大な観覧車をくぐり抜ける絶叫コースターをはじめ、ファミリーで楽しめる乗り物など、全26種のアトラクションが並びます。

また、都内最大級の屋内型キッズ施設「ASOBono!」(アソボーノ)もあり、雨の日の強い味方です。広大なフロアに子供の年齢や個性に合わせた多様なおもちゃが充実していて、0〜24カ月のベビー専用エリアもあります。

そのほか、1周約100mの屋内ローラースケートリンク「東京ドーム ローラースケートアリーナ」や、バッティング・ボルダリング・ゴルフができる屋内型スポーツ施設「スポドリ!」など、子供から大人まで思い切り体を動かせる場所が盛りだくさんです。

■東京ドームシティ
住所:東京都文京区後楽1-3-61
営業時間:アトラクションズ/季節や曜日などにより異なります ASOBono!/10:00〜18:00(土日祝は9:30〜19:00) ローラースケートアリーナ/11:00〜22:00(土曜は10:00〜22:00、日祝は10:00〜21:00) スポドリ!/エリアにより異なります
料金:アトラクションズ/入園無料 ASOBono!/6カ月〜小学生950円(60分)、中学生以上950円(入館料) ローラースケートアリーナ/小学生以下1,000円、学生1,200円(学生証提示)、一般1,500円、同伴見学500円(いずれも2時間入場料) スポドリ!/エリアにより異なります
定休日:無休


よみうりランド(東京都稲城市)

東京都稲城市にある緑豊かな遊園地「よみうりランド」。園内には、全長1,560mのアップダウンを最高時速110kmで駆け抜ける絶叫コースター「バンデット」をはじめ、全43種ものアトラクションが揃います。

幼児が楽しめる乗り物も充実していて、身長90cmから乗れる「わんわんコースターわんデット」は、ファミリーに人気。夏のプールや冬のイルミネーションなど、年間を通じて楽しめる遊園地です。

子供にも身近な食品・文具・ファッション・自動車のものづくりが体感できる屋内施設「グッジョバ!!」もあります。全15種のアトラクションを通じて、ものづくりについて楽しみながら学ぶことができ、通常は「日清焼そばU.F.O.」づくりなどの楽しいワークショップも開催されています(アトラクションの一部は屋外設置)。

2021年春には、「リポビタンD」をテーマにした「SPACE factory」が登場し、さらにパワーアップ予定です。

「よみうりランド」のタクシー乗り場の近くにある親子向け室内あそび場「キドキド よみうりランド店」でも、屋内遊びが満喫できますよ。

よみうりランドが「スーパー遊園地」に!

■よみうりランド
住所:東京都稲城市矢野口4015-1
営業時間:季節や曜日などにより異なります
料金:3歳以上1,000円、中・高校生1,500円、18歳以上1,800円(入園料)
定休日:不定休

東京サマーランド(東京都あきる野市)

プールや遊園地などが一緒に楽しめる「東京サマーランド」。入園料には、遊園地のほか、全天候型の屋内プール「アドベンチャードーム」などの入場料も含まれ、季節や天気を問わず、水遊びやウォータースライダーなどが楽しめます

人気の屋内プールには、果物モチーフのカラフルな幼児用スライダーや、岩のトンネルなどで冒険気分を味わえる「ロックビーチ」など、楽しいエリアが盛りだくさん。夏季シーズンには、屋外プール「アドベンチャーラグーン」もオープンします。

遊園地エリアの「スリルマウンテン」では、絶叫コースターや観覧車など10種類以上のアトラクションが楽しめます。水着の上からTシャツなどの衣類を身に着ければ、プールと行き来できるのも魅力です。

回転とツイストが連続するコースターや、荒波にもまれるように揺れる大型船ライドといったスリル系のほか、メリーゴーランドなどの幼児向けアトラクションも豊富ですよ。

■東京サマーランド
住所:東京都あきる野市上代継600
営業時間:季節や曜日などにより異なります
料金:入園+アドベンチャードーム+アドベンチャーラグーン+各種ウォータースライド/2歳〜未就学児1,800円、小学生2,500円、中学生以上3,600円(7〜9月) 2歳〜小学生1,000円、中学生以上2,100円(7〜9月以外)
定休日:不定休

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)

神奈川県横浜市の人工島・八景島に、4つの水族館や遊園地などが揃う「横浜・八景島シーパラダイス」。メインの水族館「アクアミュージアム」には、約700種の生き物が暮らしていて、そのほとんどを屋内で見られます。なかでも5万尾のイワシの大群が泳ぐ大型水槽は圧巻です。

そのほか、イルカの水槽トンネルが散策できる幻想的な「ドルフィンファンタジー」も屋内エリア。屋外には、通常は多彩な海の生き物とふれあえる「ふれあいラグーン」や、魚釣りなどの「海育プログラム」が体験できる「うみファーム」もあり、充実!

遊園地エリアには、海に突き出る海上走行コースター「サーフコースター リヴァイアサン」(身長120cm以上)や、水しぶきを浴びる激流ライド「アクアライドII」(身長110cm以上または5歳以上)、3歳から楽しめる乗り物「シーボート」など、海や水にちなんだものを中心に21種のアトラクションが揃います。

八景島の周りを約15分クルージングする「パラダイスクルーズ」もおすすめです。

■横浜・八景島シーパラダイス
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
営業時間:エリアにより異なります
料金:入島無料
定休日:無休

もっと詳しい情報を見る
「横浜・八景島シーパラダイス」見どころ・アクセス・遊び方紹介

屋内外ともに充実していたら、遊園地へのおでかけも2倍楽しくなります。施設やエリアなどによって営業時間が異なるスポットも多いので、事前にチェックしていくださいね。

【特集】家族で遊ぼう! 遊園地・テーマパーク
この記事をクリップする
6
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!