都内近郊の子供が楽しめるレストラン9選 ユニーク体験&遊びも

小さな子供を連れての外食は、待ち時間にぐずったり、食事中に飽きたりと、なにかと大変ですよね。

そこで今回は、都内近郊にある子供が楽しめるレストランを9カ所紹介します。鉄道から大型遊具、魚釣りやリアルな恐竜など、ユニークな演出や設備があるお店が満載です!

シュッシュポポン御徒町店(東京都)

JR御徒町駅前のビル8階にあるアメリカンダイナー。窓から見下ろすトレインビューと、店内の鉄道模型が同時に楽しめるお店です

広々とした窓からは、行き来するJRの在来線を眺めることができます。なかでも窓際のカウンター席は、眼下に線路が広がる特等席。電車好きの子供にぴったりです。

東京都内の「電車が見える屋内スポット」まとめはこちら

店内にある鉄道模型も、子供が喜ぶポイントのひとつ。すべての席から楽しめるほか、レール周辺に作られたリアルな東京のジオラマは見ものです

看板メニューは、ビーフ100%パテを使った本格ハンバーガー。そのほか、「はやぶさ」や「ドクターイエロー」などの新幹線プレートに乗ったお子様ランチもあります。店頭には、鉄道グッズも豊富にそろっているので、お土産に購入するのもおすすめです。

■シュッシュポポン御徒町店
住所:東京都台東区上野3-27-12 御徒町吉池本店ビル8階
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休

カレーステーション ナイアガラ(東京都)

鉄道の世界に浸れる「鉄道ムードのカレー店」。店内には、鉄道ファンだった先代オーナーの収集グッズが所狭しと置かれ、国鉄時代の客車で実際に使われていたレトロな木造座席も並びます。

食券は「乗車券」、カレーの辛さは「鈍行・急行・特急」と表記する徹底ぶり。鉄道好きの子供はもちろん、博物館並みのコレクションがそろうので、大人も見応え抜群です。

できあがったカレーを座席まで運ぶミニチュア列車も名物のひとつ。店内に敷かれたレールを走る汽車や新幹線に、テンションが上がること間違いなしです。1歳から食べられる甘口(鈍行)カレーもあるので、小さな子供連れでも安心です。

■カレーステーション ナイアガラ
住所:東京都目黒区祐天寺1-21-2
営業時間:11:00〜20:00
定休日:月曜(祝日は営業)

KidsBeeららぽーと立川立飛店(東京都)

多摩モノレールの立飛駅から直結の「ららぽーと立川立飛」内にあるビュッフェと大型遊具が一緒に楽しめるお店です

童話の世界をモチーフに設計されていて、シャンデリアが光る「シンデレラビュッフェ」では、約80種類の和洋中の本格料理やスイーツが楽しめます。テーブル席のほか、お座敷席もあるので、子連れにぴったりです。

ビュッフェに隣接した12歳以下対象の遊具スペース「冒険の森〜キャッスルアドベンチャー〜」には、全長10mのスライダーやボールプール、アスレチックなど、体を動かして遊べるエリアがたくさん。おままごとスペースや0〜1歳向けのハイハイコーナーもそろい、幅広い年齢の子供が楽しめます。

料金プランは、100〜180分の食事付きプランのほか、遊具&ドリンクバーのみのお手頃な時間課金プランも。買い物の合間に立ち寄るのがおすすめです。

■KidsBeeららぽーと立川立飛店
住所:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛3階
営業時間:平日10:00〜21:00(最終入場19:00)、休日10:00〜22:00(最終入場20:00) ※遊具の利用は12歳以下
定休日:無休(施設休館日を除く)


戸倉しろやまテラス(東京都)

139年の歴史をもって廃校となった小学校を利用して作られた滞在型の施設です。

「泊まれる学校」として、宿泊と農業体験や自然体験などのセットプランがあります。基本的に15人以上の団体が対象ですが、旧校長室と職員室を改修したレストラン「食飲室」(しょくいんしつ)は、ランチタイムのみ個人利用が可能です

かつての教室の名残と木の温もりを感じるレストランでは、地元の食材を使った定食メニューのほか、ソフト麺や鯨の肉料理など懐かしの献立が並ぶ「給食プレートランチ」も週替わりで楽しめます

人気のあげパンは、テイクアウトも可能。天気がいい日はテラス席でも食事ができます。体育館やグラウンドもありますが、利用する際は有料です。

■戸倉しろやまテラス
住所:東京都あきる野市戸倉325
営業時間:10:00〜17:00
定休日:火曜(祝日の場合は翌平日)、12月28日〜1月4日 ※7月21日〜8月31日は無休

ペンギンのいるBAR池袋 こどものいるペンギンバー(東京都)

かわいらしいペンギンが出迎えてくれる飲食店です。夜のみ営業のバー形態のお店ですが、毎日18:00〜22:00は「こどものいるペンギンバー」として18歳未満でも利用できます

この時間帯は、通常4,000円で前菜からメイン、デザートまで楽しめる「ペンギンコース」が、子供(小学生〜18歳)は半額に。また、18歳未満・高校生以下はテーブルチャージ無料など、うれしい特典があります。幼児向けのキッズプレートをはじめ、パスタなどの単品メニューも豊富です。

店内では、食事をしながらペンギンが見られます。タイミングがよければ、ペンギンのエサやり体験も可能です。休憩のため、店内の水槽に戻る時間帯があるので、滞在時間に余裕をもっておでかけするのがおすすめです。

■ペンギンのいるBAR池袋 こどものいるペンギンバー
住所:東京都豊島区池袋2-38-2 COSMY1ビル
営業時間:18:00〜22:00(子供の入場可能時間)
定休日:年始以外は無休

釣船茶屋ざうお(東京都・埼玉県・神奈川県)

自分で釣った魚が食べられるお店で、都内近郊では東京都内に4店舗、埼玉県内と神奈川県内に1店舗ずつあります。

お店によって料金は異なりますが、1本108円ほどで釣り竿のレンタルが可能で、店内にあるいけすを泳ぐタイやヒラメなどの魚を釣ることができます(魚の種類は仕入れ状況によって異なります)。

釣るのが難しい場合は、お店のスタッフからコツを聞けるので、釣り初心者でも安心。親子で楽しい魚釣り体験ができます。

釣った魚は、お刺身や焼き魚、煮つけ、フライなど、好みの調理法で食べられます。半身ずつ異なる調理も選べるので、子供も飽きずに食べられます。釣りをしないで食事することも可能ですが、自分で釣った魚は通常料金よりも割安です。

子連れが安心のお座敷席のほか、大きな船の中に座れる「船の席」も人気です。

■釣船茶屋ざうお
住所:都内近郊では、東京都(新宿・目黒・渋谷・亀戸駅前)、埼玉県(所沢)、神奈川県(横浜綱島)に店舗あり。詳細は公式サイトで確認ください。なお新宿店では、平日ランチはコース(前日まで要予約)以外での魚釣り不可
営業時間:店舗により異なります
定休日:店舗により異なります

「釣船茶屋ざうお」の詳細を見る

太古レストラン酒場 DINOSAUR(神奈川県)

迫力満点の恐竜が出迎えてくれるエンターテインメント性抜群のレストランです。太古の時代にタイムスリップしたかのような店内には、約20体の動く恐竜が置かれていて、リアルな鳴き声が響きます

子供に人気のティラノサウルスからトリケラトプス、天井には翼竜まで、座る席によって見える恐竜が異なるので、親子でお気に入りの席を見つけるのもいいですね。

ティラノサウルスはほぼ原寸大、体長10mの大迫力です。また、毎週木・日曜の19:00頃からは、店内で恐竜映画が上映される「ダイナソーシネマ」も開催しています(休映の場合あり)。

メニューも、豪快な1kgのローストビーフ「太古の骨付き肉」(要予約)や、盛り付けが工夫された「火山カレー」など、こだわりの太古ワールド全開です。子供向けにハンバーグやチキンライスなどが盛られた「ちびっこレンジャープレート」もあります。

関東近郊の「恐竜と遊べる常設スポット」まとめはこちら

■太古レストラン酒場 DINOSAUR
住所:神奈川県大和市代官2-16-12 1階
営業時間:ランチ11:00〜15:00、ディナー17:00〜22:00
定休日:火曜(8月は営業)

レインフォレスト カフェ(千葉県)

「東京ディズニーリゾート」の玄関口にある商業施設「イクスピアリ」内の熱帯雨林をコンセプトにしたレストランです。

ジャングルを模した神秘的なムード漂う店内では、本物のように動くゾウやゴリラなどの動物のほか、高さ5mの円柱水槽を泳ぐ熱帯魚もお出迎え。座席数が300を超える広々としたフロアで、家族でアドベンチャー気分を味わいながら食事が楽しめます。

併設された「リテールショップ」では、カフェのオリジナルグッズや、動物のぬいぐるみ、ジャングルにちなんだ探検グッズなどが販売されていて、お土産にもぴったりです。

食事メニューは、グリル料理やハンバーガーなどボリューム満点のアメリカンフードがそろいます。ブラウニーなどで火山を模したスイーツも人気です。

■レインフォレスト カフェ
住所:千葉県浦安市舞浜1-4-132 イクスピアリ2階
営業時間:平日11:00〜23:00、土・日曜、祝日10:00〜22:30
定休日:無休

都市交流施設・道の駅 保田小学校(千葉県)

廃校となった小学校をリノベーションして作られた道の駅。かつての学校の面影を残しつつ、地域の特産品ショップやレストラン、カフェなどを備えています。

体育館は、地元の新鮮食材を扱うマルシェ「きょなん楽市」に。黒板やロッカーなどノスタルジックな教室の雰囲気を残した旧校舎は、温浴施設付きの宿泊施設になっています。

教室を利用した「里山食堂」では、懐かしい給食を再現したメニューが楽しめます。ほかにも「中国料理 3年B組」や「cafe金次郎」など、名前もユニークな飲食店がそろいます。

ジャングルジムなどがある屋内の「こどもひろば」や、自由にくつろげる「まちの縁側」、屋外でのびのび過ごせる「里の原っぱ」など、子供が遊べるエリアもあります。ドライブの途中に家族で楽しいひと時が過ごせるスポットです。

千葉県の人気&おすすめ「道の駅」まとめはこちら

■都市交流施設・道の駅 保田小学校(里山食堂)
住所:千葉県安房郡鋸南町保田724
営業時間:平日11:00〜14:30、土・日曜、祝日11:00〜15:00
定休日:火曜
※テナントごとに営業時間や定休日が異なります

食事と一緒に、さまざまな遊びや体験ができる飲食店は、ファミリーにとって心強い存在。曜日や時間帯によっては、すぐ満席になるお店もあるので、予約できる場合は事前に済ませておくと安心です。ラストオーダーの時間もお忘れなく!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!