286

東京都内の人気&おすすめ動物園14選 無料・格安&ふれあい多数

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京都内には、小動物とのふれあいやエサやり体験の充実する人気の動物園から、入場無料で気軽にいける穴場の動物園まで、子供だけでなく大人も楽しめる動物園があります。

そこで今回は、東京都内にある動物園を一挙に紹介します。動物園ごとに見れる動物の種類や併設公園など、小さな子供連れの親子におすすめのポイントも掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

※2023年の最新情報に更新しています

もくじ

【記事】関東のおすすめ動物園まとめはこちら【記事】都内で動物とふれあえる無料スポット9選

恩賜上野動物園【台東区】

「上野恩賜公園」の敷地内にある、「恩賜上野動物園」。1882年に開園した日本最古の動物園です。

パンダをはじめ、たくさんの動物に会いに行こう

約300種3,000頭の動物が飼育されており、さまざまな動物に会うことができます。

敷地は東園と西園に分かれています。東園は2021年に双子の赤ちゃん「シャオシャオ」「レイレイ」が生まれて話題になったパンダをはじめ、ゾウ、クマ、トラ、ゴリラなどの大型動物を展示。西園ではサイ、カバ、キリン、オカピといったアフリカの動物やアイアイ、爬虫類などが見られます。

ふれあい体験もできる!充実の子供向けエリア

園内には、小さな子供を対象にした「子ども動物園すてっぷ」を設置。年齢にあわせた動物の展示や小動物とのふれあい体験などが楽しめる施設で、子供の年齢に合わせたさまざまな展示や体験プログラムが用意されています。

「子ども動物園すてっぷ」の詳細情報はこちら!

恩賜上野動物園で出会える動物たち

パンダ、レッサーパンダ、キリン、オカピ、カバ、カンガルー、ハシビロコウ、フラミンゴ、ペンギン、ゾウ、トラ、バク、ゴリラ、ホッキョクグマ、アザラシ、バイソン、プレーリードッグなど

  • 動物とのふれあい:あり(子ども動物園すてっぷ)
  • エサやり体験:なし
その他の恩賜上野動物園の口コミはこちら

恩賜上野動物園の料金・営業時間

所在地:東京都台東区上野公園9-83
営業時間:9:30〜17:00
休園日:月曜、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:大人(高校生以上)600円、中学生200円(都内在住・在学の中学生無料。要生徒手帳)、小学生以下無料、65歳以上300円

公式サイト

東京都多摩動物公園【日野市】

「多摩動物公園」は、京王線・多摩モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩約1分の動物園。約300種の生き物を飼育しています。

自然に近い状態でのびのび過ごす動物たち

展示エリアをオリではなく壕(ほり)で仕切り、より自然に近い動物たちの姿を見学できるのが魅力です。広大な園内の約6割を雑木林が占めていて、昆虫やノウサギなど、野生の生き物も生息しています。

4つのエリアに分けられた魅力的な展示

園内は、トラ、オランウータン、オオカミなどがいる「アジア園」、コアラやカンガルーなどがいる「オーストラリア園」、ライオン、キリン、シマウマ、チーター、サーバルなどがいる「アフリカ園」に分かれていて、多彩なチョウや海外の珍しい昆虫が見られる「昆虫園」も設置。約300種の生き物を飼育しています。

東京都多摩動物公園で出会える動物たち

ライオン、チーター、アフリカゾウ、キリン、チンパンジー、ニホンザル、マレーバク、カンガルー、コアラ、イヌワシ、インドサイ、オランウータン、ユキヒョウ、レッサーパンダなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし
その他の東京都多摩動物公園の口コミはこちら

東京都多摩動物公園の料金・営業時間

所在地:東京都日野市程久保7-1-1
営業時間:9:30〜17:00
休園日:水曜、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
※水曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:大人(高校生以上)600円、中学生200円(都内在住・在学の中学生無料。要生徒手帳)、小学生以下無料、65歳以上300円

公式サイト

井の頭自然文化園【武蔵野市】

「井の頭自然文化園」は「井の頭恩賜公園」の敷地内にある動物園です。資料館、彫刻館も備えた「動物園(本園)」と、水生動物や水鳥を展示する「水生物園(分園)」に分かれていて、170種以上の生き物を飼育しています。

珍しい動物が勢ぞろい

動物園には、鹿児島県の屋久島と口永良部島にのみ生息するヤクシカやツシマヤマネコなど日本に生息する動物のほかに、フェネック、カピバラ、ミーアキャットなど外国の生き物にも出会えます。

自然に暮らすリスが間近で見られる

放し飼いのリスを間近で見られるケージ通過型の「リスの小径」は、子供だけでなく大人も楽しめます。

水辺で暮らす生き物にも会える!

動物園から約300m離れた水生物園には、オシドリなどの鳥類と、魚類や両生類など淡水に住む生物、植物を展示しています。

アクセスはJR「吉祥寺駅」南口(公園口)から徒歩10分ほど。動物園内にはミニ遊園地もあります。

井の頭自然文化園で出会える動物たち

アカゲザル、カピバラ、ヤギ、ペンギン、ミーアキャット、ハクビシン、ヤマネコ、ヤマアラシ、リス、フクロウなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし
その他の井の頭自然文化園の口コミはこちら

井の頭自然文化園の料金・営業時間

所在地:武蔵野市御殿山-17
営業時間:9:30〜17:00
休園日:月曜、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:一般400円、中学生150円(都内在住・在学の中学生無料。要生徒手帳)、小学生以下無料、65歳以上200円

公式サイト

ヒノトントンZOO(羽村市動物公園)【羽村市】

「ヒノトントンZOO(羽村市動物公園)」は、1978年に日本初の町営(当時)動物園として開園しました。

レッサーパンダやペンギンなど人気の動物に会える!

園内には、アミメキリン、シマウマ、サーバル、レッサーパンダなどの哺乳類、ペンギン、インドクジャク、エミュー、フラミンゴ、ハリスホーク(写真)などの鳥類、ビルマニシキヘビなどの爬虫類と、50種類以上の動物が飼育されています。

特に鳥類の種類が豊富で、ホオジロカンムリヅルやジュズカケバトなどは、東京では羽村市動物公園でのみ見ることができます。

エサやり体験やふれあい体験も充実

時間限定のエサやりイベントも豊富。ペンギン、ニホンザル、カメなどへのエサやり体験や、モルモットとのふれあい体験ができます。

アクセスはJR「羽村駅」から立川バス「長岡循環行」で約7分。「羽村団地」バス停を下車してすぐのところにあります。駅から徒歩だと20分ほどです。

ヒノトントンZOO(羽村市動物公園)で出会える動物たち

キリン、マントヒヒ、シマウマ、サーバル、ミーアキャット、ワオキツネザル、シマハイエナ、リスザル、カピバラなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり
その他のヒノトントンZOO(羽村市動物公園)の口コミはこちら

ヒノトントンZOO(羽村市動物公園)の料金・営業時間

所在地:東京都羽村市羽 4122番地
営業時間:3月〜10月9:00〜16:30、11月〜2月9:00〜16:00
休園日:月曜、1月1日
※月曜が祝祭日の場合、開園
入園料:一般(15歳以上)400円、小中学生100円、4歳以上の未就学児50円、4歳未満無料、65〜75歳150円、75歳以上無料

公式サイト

足立区生物園【足立区】

「足立区生物園」は、リス、ウサギ、ヒツジ、カンガルーなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類など、約500種の生き物を飼育。昆虫類も豊富で、ヘラクレスオオカブトや色とりどりのチョウなどが展示されています。

体験プログラムで動物をより身近に楽しもう!

体験プログラムが充実しているのも特徴。その日に羽化したチョウを大温室に放す「チョウを放そう!」や、スタッフの解説を聞きながらさまざまな生き物の食事風景が見られる「ごはんの時間」が毎日開催されています。

動物について詳しくなれる!豊富なガイドツアー

毎日開催のプログラムのほかに、日ごとに変わる当日受付のイベントも多数用意。当日受付のイベントは、「生きものガイド」(毎月第1・3日曜日開催)や「まーしー園長のガイドツアー」 (毎月第1土曜日開催)など飼育員さんによる見どころ紹介が聞けるガイドツアーが充実しています。

動物園についたら、まずはその日のプログラムを確認してみてくださいね。

アクセスは東武伊勢崎線「竹の塚駅」東口から徒歩で約20分。または東武バス「花畑団地行」で「保木間仲通り」バス停より徒歩約5分です。

足立区生物園で出会える動物たち

オオカンガルー、ワラビー、モルモット、チンチラ、リスザル、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、アイガモ、アヒル、フクロウなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし
その他の足立区生物園の口コミはこちら

足立区生物園の料金・営業時間

所在地:東京都足立区保木間2丁目17−1
営業時間:2月〜10月9:30〜17:00、11月〜1月9:30〜16:30
休園日:月曜、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:高校生以上300円、小・中学生150円、未就学児無料、70歳以上無料

公式サイト

江戸川区自然動物園【江戸川区】

「江戸川区自然動物園」は「行船公園」の敷地内にある入園無料の動物園です。日本に10頭ほどしかいないオオアリクイをはじめ、レッサーパンダ、プレーリードック、ワラビー、コモンリスザル、ペンギン、オタリアなど、約60種類の動物を飼育しています。

ふれあいコーナーで動物と仲良くなろう!

ふれあいコーナーは、2023年10月現在、平日のみ実施されています。モルモットからウサギ、アヒル、ピグミーゴートまで、いろいろな動物とふれあえます。

アクセスは東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分ほど。バスの場合は西葛西駅、JR「新小岩駅」、都営新宿線「船堀駅」から都営バスで「北葛西2丁目」バス停を下車すぐです。

江戸川区自然動物園で出会える動物たち

プレーリードッグ、レッサーパンダ、リスザル、ワラビー、オオアリクイ、フクロウ、オタリア、ニホンコウノトリ、ケナガクモザルなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし
その他の江戸川区自然動物園の口コミはこちら

江戸川区自然動物園の料金・営業時間

所在地:東京都江戸川区北葛西3丁目2番1号
営業時間:3月〜10月10:00〜16:30、11月〜2月10:00〜16:00
休園日:月曜、年末年始(12月30日〜翌年1月1日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:無料

公式サイト

なぎさポニーランド【江戸川区】

江戸川区の「総合レクリエーション公園」にある「なぎさポニーランド」は、小学6年生まで無料でポニーに乗れる入園無料のスポットです。

ポニーやヤギとのふれあい体験!

ポニーやヤギとふれあえるイベントや、ポニーにニンジンをあげられる土日祝日限定のイベント(100円。先着20カップ)も開催されています。

※2023年10月現在、改修工事のため利用内容等が変更になる場合があります。詳しくは公式サイトをご覧ください

アクセスは東京メトロ東西線「葛西駅」「西葛西駅」、都営新宿線「船堀駅」、JR「亀戸駅」より都営バスに乗り「なぎさニュータウン」で下車。バス停より徒歩5分ほどです。

なぎさポニーランドで出会える動物たち

ポニー、ヤギ

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり(土日祝日・先着20カップ)
その他のなぎさポニーランドの口コミはこちら

なぎさポニーランドの料金・営業時間

所在地:東京都江戸川区南葛西7-3 (なぎさ公園内)
営業時間:10:00〜16:00
休園日:月曜日、年末年始(12月30日〜1月1日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:無料

公式サイト

町田リス園【町田市】

「町田リス園」は「薬師池公園」に隣接したリス専門の動物園です。約200匹のタイワンリスが放し飼いになっています。

リスがすぐ近くに!エサやり&ふれあいを楽しもう

放し飼い広場では、貸出無料の手袋から直接エサをあげることができます(1袋 100円)。エサをあげながらふれあえるのも楽しいポイント。開園直後などリスが空腹の午前中に行くのがおすすめです。

リス以外の動物ともふれあえる!

町田リス園では、リスのほかにウサギやモルモットにもエサをあげることができます。また、水金の平日限定で、3歳以上を対象に抱っこできるイベントも開催されます。

町田リス園で出会える動物たち

シマリス、ウサギ、モルモット、プレーリードッグ、オウム、カメ、ヘビなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり
その他の町田リス園の口コミはこちら

町田リス園の料金・営業時間

所在地:東京都町田市金井町733-1
営業時間:10:00〜16:00
※4月〜9月の土日祝日は10:00〜17:00
休園日:火曜、年末年始(12月27日〜翌年1月2日)、6月・9月・12月の第1火曜〜金曜(園内整備)
※火曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:大人(中学生以上)500円、3歳〜小学生300円、3歳未満無料

公式サイト

板橋区立こども動物園【板橋区】

「東板橋公園」にある入園無料の動物園です。動物はウサギやヤギ、ヤクシカなど10種類ほどを飼育しています。

ポニーの引馬体験が無料

なかでも人気なのがモルモット抱っこコーナーとポニーの乗馬体験。どちらも無料で体験できるので、ぜひ参加してみてください。そのほか、放し飼いされたヤギやヒツジとのふれあいも楽しめます。

アクセスは都営地下鉄「板橋区役所前駅」から徒歩10分ほどです。

板橋区立こども動物園で出会える動物たち

ミニチュアホース、ポニー、ヒツジ、ヤギ、リス、ウサギ、モルモット、カメなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり
その他の板橋区立こども動物園の口コミはこちら

板橋区立こども動物園の料金・営業時間

所在地:東京都板橋区板橋3-50-1 東板橋公園内
営業時間:10:00〜16:30
休園日:月曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)、2月の第3火曜日
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:無料

公式サイト

板橋区立子ども動物園 高島平分園【板橋区】

「徳丸ケ原公園」の敷地内にある入園無料の動物園です。ヒツジ、ヤギ、シカ、ポニー、ウサギ、モルモットなどが飼育されています。

「はなしがい広場」で動物とふれあおう

園内には、ヒツジやヤギが放し飼いされた「はなしがい広場」があります。放し飼いされたヒツジやヤギとふれあえるほか、エサやりも楽しめますよ。また、モルモットを抱っこできるコーナーもあります。

ポニーの特別体験乗馬や季節限定イベントも楽しめる!

年に5回のみ開催の特別イベントでは、ポニーの乗馬体験が楽しめます。また、夏には「ひつじの毛刈りショー」、冬には動物をモチーフにしたゲーム・工作のイベントなど、季節限定のイベントも開催しています。アクセスは都営三田線「高島平駅」から徒歩5分ほどです。

板橋区立こども動物園 高島平分園で出会える動物たち

シカ、ポニー、ヤギ、ヒツジ、ウサギ、モルモット、リス、カメなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり
その他の板橋区立子ども動物園 高島平分園の口コミはこちら

板橋区立こども動物園 高島平分園の料金・営業時間

所在地:東京都板橋区高島平8-24-1 徳丸ヶ原公園内
営業時間:3月〜11月10:00〜16:30、12月〜2月10:00〜16:00
休園日:月曜、年末年始(12月29日〜1月3日)、2月の第3火曜日
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:無料

公式サイト

高尾山さる園・野草園【八王子市】

高尾山への登山路の途中にあり、飼育された約70頭ものサルを見学できるスポット。

多種多様なサルは見どころ満載

飼育員の呼びかけに返事したり、飼育員に向かってジャンプしたり、かわいいだけでなく芸達者なサルたち。なかには生まれて間もない赤ちゃんザルもいます。常に説明してくれるスタッフがいて、おサルさんの習性や、勉強になる話を面白おかしく解説してくれます。サルにはエサやりもできますよ。

約300種類もの山野草が楽しめる

併設されている野草園では、約300種類もの山野草が1年を通して楽しめます。なかには絶滅の危機にある希少種も植えられています。

高尾山さる園・野草園で出会える動物たち

ニホンザル

  • 動物とのふれあい:なし
  • エサやり体験:あり
その他の高尾山さる園・野草園の口コミはこちら

高尾山さる園・野草園の料金・営業時間

所在地:東京都八王子市高尾町2179
営業時間:3月〜4月10:00〜16:30、5月〜11月9:30〜16:30、12月〜2月9:30〜16:00
休園日:年中無休
入園料:中学生以上500円、3歳以上250円、2歳以下無料

公式サイト
もっと詳しい情報を見る
高尾山の親子向けおすすめルート&スポット徹底ガイド

碑文谷公園【目黒区】

目黒区の「碑文谷公園」には動物とふれあえる入園無料の「こども動物広場」があります。

小動物とのふれあい体験が無料!

こども動物広場では、ウサギ・モルモット・犬などとのふれあい体験が無料でできるほか、1回200円でポニーに乗馬することも可能です。

ボートに乗って水生生物を間近に見よう

公園にある池ではボート遊びができます。ボートからは亀や鴨の姿を間近で見ることができますよ。

アクセスは東急東横線「学芸大学駅」から徒歩6分ほどです。

碑文谷公園で出会える動物たち

ポニー、ウサギ、モルモット、犬

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし
その他の碑文谷公園の口コミはこちら

碑文谷公園の料金・営業時間

所在地:東京都目黒区碑文谷6-9-11
営業時間:6:00〜21:00(ふれあいコーナーは10:00〜11:30、13:30〜15:00)
休園日:月曜、祝日の翌日、年末年始(12月28日〜1月4日)
※月曜が祝祭日の場合、翌日休業
入園料:無料

公式サイト

あらかわ遊園【荒川区】

「あらかわ遊園」は、荒川区にある東京23区で唯一の公営遊園地。2022年4月にリニューアルオープンしました。

園内にある「どうぶつ広場」もリニューアルで一新され、ウサギやモルモット、ヒツジ、ヤギ、ミーアキャットなどのほか、猛禽類やアルパカも加わり、約20種の動物たちに出会えます。

「あらかわ遊園」リニューアルの詳細はこちら!

エサやりやポニー乗馬体験も!

ヤギ・ヒツジ・カピバラ・ワラビーがいる「ふれあい広場」と、ヒヨコ・ウサギ・モルモットがいる「ふれあいコーナー」で、ふれあいを満喫♪ カピバラにもエサやり(エサ代:100円orのりもの券1枚)ができるようになりました。

新しくなった馬場では、ポニー乗馬(対象:4歳〜10歳。100円orのりもの券1枚)も1日3回開催されています。

あらかわ遊園で出会える動物たち

ポニー、ヤギ、ヒツジ、ウサギ、モルモット、フクロウ、ミーアキャット、アルパカ、カピバラ、フクロウなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:あり
その他のあらかわ遊園の口コミはこちら

あらかわ遊園の料金・営業時間

所在地:東京都荒川区西尾久6-35-11
営業時間:9:00〜17:00 どうぶつ広場は10:00〜15:30
休園日:火曜、年末年始(12月29日〜1月1日)
※火曜が祝祭日の場合、翌日休業
※学校の春・夏・冬休み期間は無休
入園料:大人(高校生以上)800円、中学生400円、小学生200円、未就学児以下無料、65歳以上400円

公式サイト

大島公園動物園【大島町】

「大島公園動物園」は伊豆大島にある入園無料の動物園です。火山島ならではの溶岩地形を生かした独特な園内で暮らす動物たちの様子が楽しめます。

広々とした敷地に見どころ満載

ここではレッサーパンダやラクダ、リクガメなど、約60種400点の動物が飼育されていて、一番の目玉はワオキツネザルやバーバリーシープの群れが暮らす国内最大級のサル山(写真)です。園内で販売されているエサをあげることができます。

ロバやブタへのエサやりも楽しめる!

「フライングゲージ」も国内最大級で、フラミンゴやクジャク、カラスバトなど、約15種類の鳥類を展示。土日には「なかよし広場」でモルモットなどの小動物とふれあえるほか、ロバやブタにもエサやり体験ができます。

大島へは「竹芝客船ターミナル」から高速ジェット船で最短1時間45分。港からは「大島公園行」バスで、終点の「大島公園」バス停より徒歩2分ほどです。

大島公園動物園で出会える動物たち

ラマ、ラクダ、エミュー、ワオキツネザル、レッサーパンダ、カピバラ、ヤギ、ロバ、ナマケモノ、フクロウ、フラミンゴなど

  • 動物とのふれあい:あり
  • エサやり体験:なし

大島公園動物園の料金・営業時間

所在地:東京都大島町泉津字福重2
営業時間:9:00〜17:00
休園日:年中無休
入園料:無料

公式サイト

今回紹介した動物園には規模の小さいものもありますが、公園併設で小さな子供が1日楽しめるスポットも! ぜひ親子でおでかけしてみてくださいね。

この記事をあとで読む
286
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!