お得なクーポン情報の掲載をはじめました

日本にいるパンダ全10頭を全網羅! 写真&性格&動物園も紹介

動物園のアイドルといえば、なんといっても「パンダ」! 世界三大珍獣の一つとされるジャイアントパンダは、見ているだけでも癒される動物ですよね。そこで今回は、日本国内でパンダに会える動物園と、そこで暮らす全10頭のパンダをまとめて紹介します! それぞれの性格や特徴についてもわかるので、ぜひ見てください。

※動物園や頭数の情報は2018年11月13日現在のものです

パンダとは?

「パンダ」と聞くと、体毛が白と黒にはっきり分かれたクマ科の「ジャイアントパンダ」を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は「ジャイアントパンダ」とイタチ科の「レッサーパンダ」の総称です。今回紹介するのは「ジャイアントパンダ」です。

■生息域はどこ?
野生のパンダは中国南西部の標高1,300m〜3,500mにもなる山岳地帯の森林に生息していると言われています。

■大きさはどれくらい?
体長は120〜150cm程度で、体重は150kgほどになる個体もいるそうです。

■何を食べているの?
主食は竹ですが、動物園で飼育されている場合は野菜や果物、野生の場合は昆虫やネズミなどの小動物を食べることも。

■冬眠はするの?
クマ科の動物ですが、冬眠はしないそうです。主食の竹やササが1年を通して安定して食べられるので、冬眠の必要がないからだそう。

■群れで暮らすの?
発情期を除いて、オスもメスも単独で生活する動物です。子育て中は例外で、母親と子どもは一緒にいます。野生の場合、1歳半ごろに母親のもとから離れ、2歳半ごろから自分の縄張りを持つそうです。同様に、動物園で飼育している場合も、子どもは成長すると自然と母親から離れます。

■寿命はどれくらい?
動物園で飼育されているジャイアントパンダは30歳を超えることもあるそうです。野生の場合は詳しくわかっていませんが、15年程度と言われています。

※上記はすべて「上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト」を参照

そんなパンダですが、日本では3つの動物園で全10頭が飼育されています。早速、各動物園とジャイアントパンダの特徴などを紹介していきます。

恩賜上野動物園(東京都)

赤ちゃんパンダ「香香(シャンシャン)」の誕生で話題の上野動物園。東京の都心部にありながら自然の景観を維持しており、ファミリーのおでかけスポットとしても人気の高い動物園です。人気のジャイアントパンダのほかに、子どもに人気のゾウやトラ、ゴリラなど約350種2,500点の動物を見ることができます。

パンダは全部で3頭おり、「シャンシャン」はオスの「力力(リーリー)」とメスの「真真(シンシン)」の間に生まれました。

力力(リーリー)

性別:オス
誕生日:2005年8月16日
年齢:12歳
優しくおっとりとしたマイペースな性格ですが、足をすべらせて転ぶなど、少しおっちょこちょいな面も持っているリーリー。また、急に興奮して走り出したり、木に登ったり、地面を転げまわったりするなど、アクティブな一面もあります。上野動物園には屋外・室内2つのエリアがあるので、いろんなリーリーの姿を見ることができますよ。

真真(シンシン)

性別:メス
誕生日:2005年7月3日
年齢:12歳
好きな食べ物のためなら、トレーニングにも積極的に付き合うほどの食いしん坊。係員の動きや指示のパターンを覚えると、先読みして行動をする賢さも持っています。音には敏感で、聞きなれない物音がするとソワソワと落ち着かなくなってしまう、繊細な一面もあるようです。

香香(シャンシャン)

性別:メス
誕生日:2017年6月12日
年齢:生後8カ月
シャンシャンは、1972年から上野動物園で飼育してきたジャイアントパンダの歴史の中で、自然交配で、かつ順調に成長している初めてのパンダ。室内の木に登ったり、母親シンシンの後を小走りで追いかけたり、食べているタケに興味を持って遊んでみたり、できることが日々増えています。2017年12月19日から公開が開始されています。

<シャンシャン誕生からお披露目までの歩み>

上野動物園で赤ちゃんパンダが5年ぶりに誕生 お披露目はいつ?上野動物園、赤ちゃんパンダ・シャンシャンお披露目は12月予定上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」12月19日公開!

■恩賜上野動物園
開園時間:9:30〜17:00(入園は16:00まで)
※シンシンとシャンシャンの観覧は9:45から16:45まで(整理券制による先着順)
休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
※月曜に開園することもあります、公式サイトで確認ください。
入場料:大人600円(高校生以上)、65歳以上300円、中学生200円、小学生まで無料
※都内在住または在学中の中学生は無料
※こどもの日(5月5日)はすべての中学生が無料
※開園記念日(3月20日)、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)は無料開園


アドベンチャーワールド(和歌山県)

日本で一番多くのジャイアントパンダを飼育しているのがアドベンチャーワールド。和歌山県にある約80万平方メートルもの広大な敷地を持つテーマパークです。園内はサファリワールドやマリンワールドなどのエリアに分かれていて、さまざまな動物とのふれあいが楽しめます。

2018年9月には赤ちゃんパンダが誕生し、現在は6頭のジャイアントパンダを見ることができます。パンダマニア御用達のスポットです。

永明(えいめい)

性別:オス
誕生日:1992年9月14日
年齢:26歳
パンダファンの中でも「イケメンパンダ」として呼び声が高い、優しくておっとりしたパパ。人間の年に換算すると70代後半のおじいちゃんですが、鼻筋の通ったイケメンフェイスは健在です。鼻が長くて、耳が横についているのが特徴で、おっとりした仕草はとてもキュートで思わずシャッターを切りたくなるほど! 中国より来園してから、計15頭もの子宝に恵まれました。

良浜(らうひん)

性別:メス
誕生日:2000年9月6日
年齢:18歳
2000年9月6日に、日本国内では12年ぶりとなる「赤ちゃんパンダ」として誕生。その後、立派なメスのパンダに成長し、2008年〜2018年までに9頭を出産しています。

  • 2008年9月に双子の赤ちゃん「梅浜(めいひん)」「永浜(えいひん)」(2013年2月に中国へ)
  • 2010年8月に双子の「海浜(かいひん)」「陽浜(ようひん)」(2017年6月に中国へ)
  • 2012年8月に「優浜(ゆうひん)」(2017年6月に中国へ)
  • 2014年12月に双子の「桜浜(おうひん)」「桃浜(とうひん)」
  • 2016年9月には「結浜(ゆいひん)」
  • 2018年8月には赤ちゃんパンダが誕生(2018年内に名前が決定予定)

丸顔でぷっくりした耳がポイントの優しいママパンダです。

桜浜(おうひん)

性別:メス
誕生日:2014年12月2日
年齢:3歳
永明・良浜から産まれた双子パンダの姉 。大きな耳が立った丸顔で、耳の毛が長く、目の模様の目じりが少し吊り上っているのが特徴です。好奇心旺盛な桃浜と違って桜浜はマイペース。3歳の誕生日イベントのときも、プレゼントされた氷のケーキに桃浜は興味を示しましたが、桜浜はオヤツの竹に夢中! のんびり屋のパンダです。

桃浜(とうひん)

性別:メス
誕生日:2014年12月2日
年齢:3歳
桜浜と一緒に誕生した双子パンダの妹 。面長で耳の毛が短く、顔を横から見た時に鼻が長いのが特徴です。何にでも興味を持ち、「パンダラブ」の敷地を元気よく走り回っています。日本ではこれまでも双子パンダは誕生していますが、メスとメスの「姉妹パンダ」は桜浜と桃浜が初めて! 桜浜と桃浜の成長が楽しみです。

結浜(ゆいひん)

性別:メス
誕生日:2016年9月18日
年齢:2歳
アドベンチャーワールドで一番大きな赤ちゃんパンダとして誕生(出生時197グラム)した結浜。性格は好奇心旺盛で、頭の上のとんがりがチャームポイントです。2016年10月までママパンダの良浜と一緒に「ブリーディングセンター」で暮らしていましたが、1歳の誕生日を迎えひとりだち。現在は「パンダラブ」で暮らしています。

ジャイアントパンダの赤ちゃん(2018年内に名前が決定予定)

性別:メス
誕生日:2018年8月14日
年齢:2018年11月14日で3カ月

2018年8月14日に生まれたばかりの赤ちゃんパンダ。出生体重が通常100〜200gのところ、75gとアドベンチャーワールドで生まれた赤ちゃんパンダの中でも最も小さく、当初は自力で母乳を飲むことができませんでした。生後2日目でお母さんパンダの良浜(らうひん)から自力で母乳を飲むことができ、すくすくと育っています。

2018年9月13日から一般公開が始まりました。また、11月16日まで名前を公募していて、2018年内に発表される予定です。

■アドベンチャーワールド
開園時間:10:00〜17:00(変動あり)
休園日:不定休
※詳細は公式サイトでご確認ください
入場料:18歳以上4,500円、12歳〜17歳3,500円、4歳〜11歳2,500円、65歳以上4,000円


神戸市立王子動物園(兵庫県)

「神戸市立王子動物園」にパンダがいるとことを知らない人も多いのではないでしょうか? 中国からやってきたパンダの「旦旦(タンタン)」を見ることができる、知る人ぞ知る穴場スポットです。

敷地内には、パンダに会える「動物エリア」のほかに、動物たちの不思議が勉強できる科学館「動物科学資料館」、楽しい乗り物がたくさんある「遊園地」、重要文化財にもなっている異人館「旧ハンター住宅」など、たくさんの見どころがあります。

旦旦(タンタン)

性別:メス
誕生日:1995年9月16日
年齢:22歳
日中共同飼育繁殖研究のため、2000年に中国からやってきました。2010年にペア相手の興興(コウコウ)が残念ながら亡くなってしまいましたが、タンタンは今も元気に暮らしています。大人しく、恥ずかしがり屋のタンタンですが、1日4回の「食事タイム」では、豪快に竹を食べる姿を見ることができますよ。

■神戸市立王子動物園
開園時間:3月〜10月は9:00〜 17:00、11〜2月は9:00〜16:30
※入場はそれぞれ閉園30分前まで
休園日:水曜(祝日の場合は開園)、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入場料:大人(高校生以上)600円、子ども(中学生以下)無料、兵庫県在住の65歳以上無料

いかがでしたでしょうか? どのパンダも性格や特徴が違って、個性豊かなのがわかりますよね。それぞれのパンダの性格を予習してから動物園にいくと、また違う発見ができて面白いですよ。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!