【日光・鬼怒川・中禅寺湖】子連れにおすすめ日帰り温泉16選! 未就学児無料の施設も

もくじ

世界遺産をはじめ観光スポットが多い栃木県の日光は、鬼怒川温泉や湯西川温泉など全国的に有名な温泉地もたくさんあります。とはいっても、「ホテルや温泉宿に泊まる時間はない」という子連れも多いですよね。

そこで今回は、観光やおでかけのついでに立ち寄れる、親子におすすめの日帰り温泉をピックアップしています。利用できる時間帯や入浴料なども紹介します。

中禅寺金谷ホテル/中禅寺湖エリア

日光の老舗ホテルとしても有名な「中禅寺金谷ホテル」。同館は、奥日光の湯元から湧き出る源泉をかけ流しで満喫できることでも人気です。宿泊していなくても13時〜15時の間は日帰りで温泉に入れます。

2011年に建て替えられた露天風呂「空ぶろ」では、紅葉、新緑、雪など年間を通して美しい情緒が楽しめます。日帰りの利用でもバスタオルとフェイスタオルが借りられるので、手ぶらで立ち寄れるのがうれしいポイント。

館内にあるダイニングルーム「みずなら」では、日光虹鱒(ニジマス)のソテー金谷風百年ライスカレー(3,240円 税・サ込)など、金谷ホテル伝統のちょっと贅沢なランチも味わえます。大きな窓からはすぐ目の前の中禅寺湖の景色も楽しめますよ。

シャトルバスで楽々!

電車で日光にお出かけするなら、東武日光駅から出発するシャトルバスを利用するのがおすすめ。無料で中禅寺金谷ホテルまで送迎がありますよ。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,300円、小学生600円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:13:00〜15:00
  • 貸し切り風呂:— 
  • 食事処:有

奥日光ホテル四季彩/中禅寺湖エリア

奥日光の大自然に囲まれながら中禅寺湖も望められる「奥日光ホテル四季彩」。四季折々の自然の美しさを満喫しながら、奥日光の湯元から引いた硫黄泉に浸かれば、心も身体もぽかぽか。

日帰り入浴では、大浴場と露天風呂の2つの湯船でかけ流しの硫黄泉を満喫できます。大浴場は大きな窓が設けられているので、内風呂ながらも大自然を近くに感じられますよ。

開放的な露天風呂は子どもも大喜び。発汗作用に優れていて美肌になれるといわれているのでママもごきげんに♪ 硫黄泉の特徴でもある湯の花は洗い流さずに上がりましょう。

充実設備で日帰りでものんびり♪

湯上り処には、冷水やマッサージチェアがあり、ひと休みできるようになっています。洗面所にはアメニティが充実。荷物が多くなりがちなママに嬉しい設備ですね。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,080円、小学生540円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:15:00〜16:00(金、日曜日)、15:00〜18:00(金曜日以外の平日、(1月〜2月末までは平日休)
  • 貸し切り風呂:−
  • 食事処:有(宿泊時のみ利用可)

奥日光森のホテル/奥日光エリア

「日本の名湯100選」にも選ばれた乳白色のにごり湯を100%源泉かけ流しで楽しめるホテルです。15時〜20時と遅い時間まで日帰り入浴できるので、日光観光の最後に立ち寄るプランも立てやすいですよね。

日帰り入浴では奥日光随一の広さを誇る大露天風呂を満喫できます。シャンプー、ボディソープ、フェイスタオル、バスタオルなどが備えられているので、手ぶらで訪れてもOKです。

館内は自然の温もりを感じられる造りでリラックスできる空間。また、ホテルが貸し切りなどの場合は日帰り入浴ができないこともあるので、事前に確認するのがおすすめです。

貸し切りの家族風呂もおすすめ

小さな子どもと一緒なら、家族でプライベートな時間が過ごせる貸し切り風呂(有料)もおすすめです。浴槽は小さめですが、源泉かけ流しの良質な温泉が満喫できますよ。赤ちゃんと一緒の場合は、ベビーバスの貸し出しがあります。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,100円、3歳〜小学生600円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:15:00〜20:00
  • 貸し切り風呂:有(45分間2,160円) 
  • 食事処:有(宿泊時のみ利用可)

湯元板屋/奥日光エリア

奥日光の温泉神社のすぐ隣にある「湯元 板屋」。天台宗の門跡寺院である輪王寺が定めた「湯守」を代々受け継いだ250年もの歴史ある老舗旅館です。同館所有の源泉から湧き出ている効能の高い天然温泉でくつろぎの時間を過ごせます。

12時30分〜15時の間利用できる日帰り入浴では、シャワーなども備えられた内湯と東屋のような屋根がある露天風呂の2種類が楽しめます。無料でフェイスタオルや鍵付きロッカーなども使えるので、荷物が多くなりがちな子連れでも気軽に利用できますね。

日本で4番目に濃いといわれている硫黄泉は濃い乳白色で湯あたりがやわらかく、ママにうれしい美肌効果もあります。温泉ならではの湯の花も多いので、いつもとは違うお湯に子どもも喜ぶはず!

お風呂上がりもゆっくり過ごせる!

温泉を楽しんだ後は畳敷きの休憩スペースでひと休み。無料でお茶や冷水が飲めるので、パパやママがお風呂から出てくるのをゆっくり待てますよ。また、日光名物ゆばなどの土産がそろう売店も必見です。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,000円、小学生700円、未就学児500円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:12:30〜15:00
  • 貸し切り風呂:−
  • 食事処:有(宿泊時のみ利用可)

奥日光小西ホテル/奥日光エリア

乳白色の源泉掛け流しの温泉が楽しめる宿です。日帰りでも貸し切り風呂が利用できるので子ども連れの家族におすすめ。毎週土曜日には日本の伝統ゲーム「投扇興(とうせんきょう)大会」や「ジャズライブ」など、さまざまなイベントも開催されています。

露天風呂や大浴場の湯船は男体山の岩石で作られた珍しいもの。源泉かけ流しながらも湯温がしっかり管理されているので、快適なお風呂タイムが楽しめます。また、入浴料に300円追加するとフェイスタオルとバスタオルも借りられます。

7人までゆったり入れる貸し切りの露天風呂は4人まで4,200円、5人目からは1人1,000円プラスで利用可能。湯船には手すりも備わっていて、小さな子どもでもお風呂に出入りしやすいですよ。

名物ガイドと自然が楽しめる!

奥日光の大自然を満喫できるトレッキングツアーやスノーシューツアーも開催されています。専属ガイドが案内してくれるので子どもも楽しめますよ。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,000円、子ども800円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:7:00〜10:00(受付9:00まで)、13:00〜21:00(受付20:00まで)
  • ※満室時の16:00〜18:00は入浴できない場合あり
  • 貸し切り風呂:有(45分間4人まで4,200円、5〜7人は1人あたり1,000円)
  • 食事処:有(宿泊時のみ利用可)

湯元・温泉寺/奥日光エリア

世界遺産「日光山輪王寺」の別院として知られる奥日光湯元温泉にある「日光山温泉寺」。庫裏(くり)には温泉が注がれた湯船があり、誰でも参篭(さんろう)して入浴できる全国でも珍しいお寺です。例年、5月初旬ころから11月下旬ころまで日帰り入浴が楽しめます。

日光を開山した勝道上人(しょうどうしょうにん)が延暦7年に温泉を発見して、薬師瑠璃光如来様をお祀りしたのが始まりだといわれています。施設内のほかに少し離れた温泉街にも無料駐車場があるので、親子で散策を楽しみながら向かうのもおすすめです。

奥日光湯元温泉の源泉から引かれたお湯は強い硫黄臭が特徴です。お寺ならではの清々しい空気の中、お湯に浸かりながら薬師様の「健康増進・延命長寿」のご利益を頂きましょう。8時〜17時頃まで入浴が可能です。

湯上がり後もお寺でゆったり一休み

畳み敷きの休憩室で休むことができます。お茶とおせんべい付きです。1時間まで利用できますが、気候条件などによって時間に変動があるので事前に確認しましょう。また、写経体験もできます(体験料1,000円)。心静かな時を過ごすのもいいですね。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人500円、4歳〜小学生300円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:8:00〜17:00頃
  • 貸し切り風呂:—  
  • 食事処:—

日光アストリアホテル/奥日光エリア

戦場ヶ原の近くの森の中にあるリゾートホテルです。標高1,400mの高地なので真夏でも最高気温が30度に達することは稀なため快適に過ごせ、冬は周辺がクロスカントリースキーコースになるほどの自然が満喫できます。濃度が高い硫黄泉のにごり湯は疲れた体を癒やしてくれると評判です。

露天風呂の「森之精」と室内大浴場の「竜頭之湯」「龍之湯」が12時30分〜16時00分の間に日帰り入浴で楽しめます。いずれも日光湯元温泉から引いた源泉かけ流し。中学生以上1,000円、6歳以上500円でホテル名入りタオルも付いてきますよ。

自然を満喫できる露天風呂「森之精」は子連れにおすすめです。岩風呂に注がれた源泉は空気に触れるとエメラルドグリーンやアクアブルーに色が変わるので、行くたびに違う表情が楽しめますよ。

ランチをすれば温泉がお得に!

ビーフステーキセットや和食御膳(各2,000円)が楽しめるランチもおすすめです。また、お得に温泉に入れる「温泉&ランチ」(2,500円)も魅力です。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,000円、6歳〜小学生500円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:12:30〜16:00
  • 貸し切り風呂:−
  • 食事処:有

日光小倉山温泉 春曉庭ゆりん/日光駅エリア

源泉かけ流しのお風呂が人気の日帰り入浴専用の施設です。日光駅から車で5分のアクセスの良さも子ども連れにおすすめのポイント。アルカリ性単純温泉で、神経痛や筋肉痛、疲労回復に効くといわれています。

ナラの原生林に囲まれた露天風呂は、夜になると美しくライトアップされます。内風呂もあるので寒い時期に子どもと訪れても大丈夫。また、タオル、歯ブラシ、カミソリも販売されているので手ぶらでも立ち寄れますよ。

赤と黒のモダンな外観が目印です。14時から深夜2時までと営業時間も長いので、日光観光をたっぷり楽しんだ後でもゆっくり温泉タイムが過ごせます。

入浴後に人気メニューを楽しもう!

食事処「Cafe Dining Bar おぐら庵」も併設されているので、お風呂上がりにビールや牛乳を味わえます。また「温泉たまごのカルボナーラ」など子どもに人気のメニューも豊富です。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:800円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:14:00〜翌2:00(最終受付時間は〜翌1:00)
  • 貸し切り風呂:— 
  • 食事処:有

日光・まなかの森/日光駅エリア

地下1,500mから汲み上げられた神山温泉はまなかの森の自慢の温泉です。キャンプ場を利用していなくても13時〜17時の間は源泉かけ流しのお風呂が利用できるので、日光観光がてら立ち寄れるのがうれしいところ。

日光駅から車で約15分と便利な場所ながらも、大自然に囲まれて新鮮な温泉を楽しめます。日帰りで入浴できる露天風呂にはシャワーも付いているので、子どもでも体を洗いやすいですよ。

浴槽にヒノキが使われた内風呂も日帰りで利用できます。心地よい香りも癒しのポイント。お肌がツルツルになるので、ぜひ一度入ってみてください。露天風呂・内風呂ともにお得な回数券もあるので、日光に訪れることが多い親子は活用しましょう。

宿泊して外遊びを満喫!

つり堀、鍋&バーベキュー場、食事処、ロープの長さが14.5mもあるハイジブランコなどで遊べます。キャンプ場で宿泊してたっぷり遊ぶのもいいですね。ベビーカーの貸し出しもありますよ。夏は、場内にある一枚岩で川遊びも楽しめます。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:露天風呂 大人300円、3歳〜小学生200円・内風呂 大人500円、3歳〜小学生300円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:13:00〜17:00
  • 貸し切り風呂:準備中
  • 食事処:有

ホテルカジュアルユーロ(日帰り温泉 ほの香)/日光駅エリア

自家源泉かけ流しの温泉を日帰りで楽しめるホテルカジュアルユーロの「日帰り温泉 ほの香」。予約すれば貸し切り露天風呂も利用できるので、家族でゆったりと過ごすにはおすすめです。日光駅周辺から車で約5分とアクセスが良いのも魅力です。

施設内の温泉にはすべて100%自家源泉の単純アルカリ泉が使われています。日帰りでは10時〜22時の間利用できるかけ流しの男女別の内風呂と露天風呂、13時〜22時の間利用できるテラス・シャワー室・脱衣所が付いた貸し切り露天風呂が用意されています。

施設内には直営農園もあり、「とちおとめ」「紅ほっぺ」「やよい姫」などのいちごや、有機栽培された約10種類のトマトなどの味覚狩りも楽しめます。一般的なお店にはなかなか出回らない高級品もあるので、この機会にぜひ。どんな味覚狩りが楽しめるかは、事前に問合せをしましょう。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:500円(貸し切り風呂は2人利用で50分 3,000円)
  • 日帰り入浴可能な時間帯:10:00〜22:00(貸し切り風呂は13:00〜22:00)
  • 貸し切り風呂:有
  • 食事処:−

鬼怒川公園岩風呂/鬼怒川温泉エリア

鬼怒川公園にある日帰り入浴専用の温泉施設「鬼怒川公園岩風呂」。自然豊かな公園の散歩がてら源泉100%のお風呂が楽しめ、鬼怒川温泉駅が目の前で移動が楽なのも子連れにはうれしいポイントです。

同施設のメインともいえるのが露天の岩風呂です。開放的な気分で子どももご機嫌に♪ アルカリ性単純泉のお湯に浸かりながら、四季折々の草木や星空を眺められますよ。美しい紅葉が広がる秋のシーズンが特におすすめです。

露天風呂のほかに、檜風呂と岩風呂の2種類の内風呂も楽しめます。また、25畳の畳敷きの休憩室や、「そば」「うどん」「カレーライス」など子どもが大好きな料理も充実した食事処も併設されています。

鬼怒川公園も楽しもう!

鬼怒川公園では、アヤメ、カタクリ、フジなど季節の草木が楽しめます。秋には「月あかり花回廊」などのイベントも開催されるので、温泉と一緒に満喫しましょう。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:510円(日光市民は300円)、65歳以上340円(日光市民は200円)、小学生250円(日光市民は150円)
  • 日帰り入浴可能な時間帯:10:00〜21:00(受付は20:30まで)
  • 貸し切り風呂:—
  • 食事処:有

鬼怒川温泉オートキャンプ場/鬼怒川温泉エリア

鬼怒川温泉街から少し離れた鬼怒川渓流沿いにあるオートキャンプ場です。場内には日帰りで入浴できる天然温泉「上滝乃湯」があり、キャンプと源泉の温泉が同時に楽しめると大人気。場内にはつり堀やバーベキューなど、子どもが夢中になれるアクティビティも満載です。

キャンプ場で宿泊をしなくても、10時〜20時30分の間に温泉が利用できます。露天風呂からは鬼怒川が眺められて気分爽快に! シャワー完備の内風呂もありますよ。

子どもでも簡単に釣れるファミリー向けのつり堀もあります。釣り竿のレンタルもできるので手ぶらで訪れても大丈夫。釣った魚は1匹100円で炭火の塩焼きにして食べられますよ。

バンガローでキャンプデビュー

せっかくならホテルや宿の代わりにキャンプ場で1泊するのもおすすめです。場内にあるトイレや炊事場が付いたバンガローを利用すれば、初めてのキャンプでも楽しく過ごせます。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人500円、4歳〜小学生300円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:10:00〜20:00
  • 貸し切り風呂:—
  • 食事処:—

鬼怒川温泉 自然浴 離れの湯 あけび/鬼怒川温泉エリア

温泉付き個室が貸し切りで使える日帰り入浴専用の施設。大自然の中に1棟ずつ独立した個室が並び、離れにいるような感覚で利用できるのが特徴です。ログハウスのような個室には畳が敷かれていて、入浴の後もリラックスして過ごせますよ。

10棟ある個室にはそれぞれに木造りと石造りの2つの露天風呂が用意されています。お湯は温めなので、熱いのが苦手な子どもと一緒でも安心。1時間あたり3,800円〜とリーズナブルに利用できるのもうれしいですね。

施設内には、自然を感じながら楽しめる足湯や高温と低温にわかれた岩盤浴も併設されています。岩盤浴は女性専用なので日頃の疲れを癒したいママにおすすめです。

古民家風ラウンジ「風待ち亭」

木と和のぬくもりあふれるお休み処では、湯上りに冷たい飲み物などで喉を潤すこともできます。居心地のいい空間なので待ち合わせにもぴったりです。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:1室あたり1時間3,800円〜
  • 日帰り入浴可能な時間帯:10:00〜24:00
  • 貸し切り風呂:有
  • 食事処:−

湯けむりの里柏屋/川治温泉エリア

日光川治温泉エリアにしっとりと佇む「湯けむりの里柏屋」は、大自然を感じながら親子でゆったりとした時間を過ごせる温泉宿。日帰り入浴は平日の14時〜16時に利用できます。

鬼怒川の渓谷に沿って作られた露天風呂からは静かで雄大な大自然を眺められます。無色透明のかけ流し単純泉は熱すぎず、子どもの肌にも優しいのも特徴のひとつ。筋肉痛や疲労回復に効果があるといわれています。

露天風呂には屋根があるので雨が降っても大丈夫。ほかにも大きな窓のある大浴場など、趣が異なるお風呂が数種類あります。時間に余裕があればいろいろ楽しむのもいいですね。

外には展望台や広場も

建物の外には展望台や足湯、日光の四季を感じられる広い庭などがあります。日光の閑静な自然に身をおけば心身ともにリラックスできますよ!

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人1,500円、4歳〜中学生1,000円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:平日14:00〜16:00(受付は15:00まで)
  • 貸し切り風呂:有
  • 食事処:−

黒部温泉 元湯 四季の湯/霧降高原エリア

霧降高原にある「四季の湯」は日帰り専用の温泉施設8時〜21時と営業時間が長いのも特徴です。眺望がいい大きな野天風呂では里山の穏やかな風景が楽しめ、紅葉の時期や雪が舞う時期には幻想的な風景に癒されます。

少し硫黄の匂いがする単純温泉を源泉掛け流しで楽しめます。湯量が多く無色透明でサラサラとした泉質は美肌に効果抜群。大人500円、小学生以下300円とリーズナブルな入浴料なのも利用しやすいポイントです。

大小二つの浴槽はそれぞれが違う温度に調整されているので、小さな子どもも無理なく入れます。施設のご主人も親切で優しいので温泉デビューに最適ですよ。

温泉の後はドライブインでゆっくり!

併設の栗山観光ドライブインには畳敷きの広い休憩所も設置されています。湯上がりにくつろげばお出かけの疲れも癒やされますよ。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人500円、未就学児300円
  • 日帰り入浴可能な時間帯:8:00〜21:00(最終受付は20:00)
  • 貸し切り風呂:—
  • 食事処:有(隣接の栗山観光ドライブインにて)
  • 冬季休業期間:毎年1月15日〜3月15日まで

湯西川水の郷/湯西川温泉エリア

平家の落人伝説が残る湯西川温泉にある観光センター「湯西川水の郷」。同施設には源泉かけ流しの日帰り専用の浴場も併設されていて、9時〜19時(5〜11月)または10時〜18時(12〜4月)に入浴することができます。

露天風呂、陶器風呂、内風呂の3種類の浴場があり、どれも肌にスベスベ感が残る良質な美人の湯が楽しめます。無色透明、無味無臭、刺激も弱いので、温泉に慣れていない小さな子どもでも安心です。

施設内には畳敷きの休憩室やマッサージチェアなど、入浴後にゆっくり過ごせる設備もそろっています。また、無料で利用できる足湯も景観抜群と好評です。

幻想的な湯西川かまくら祭りもぜひ!

敷地内では、例年1月下旬頃から湯西川温泉かまくら祭りが開催されます。イベント期間中は、かまくらの中でバーベキューが楽しめたり、スノーパークですべり台やソリ滑りができたりと、大人も子どもも大はしゃぎできる催しがたくさんです。

親子向け施設情報

  • 日帰り入浴料:大人510円(日光市民は300円)、小学生250円(日光市民は150円)
  • 日帰り入浴可能な時間帯:9:00〜19:00(5〜11月)、10:00〜18:00(12〜4月)
  • 貸し切り風呂:−
  • 食事処:有



豊かな自然を望む開放的な露天風呂や風情を楽しめる岩風呂など、いつもとは違う雰囲気でのんびりお湯に浸かれば、普段よりも親子の会話も増えるはず。日光ならではの天然温泉でちょっとした贅沢を味わってみてはいかがでしょうか。

硫黄泉などは湯あたりすることもあるので、小さな子どもと一緒なら様子を見ながら楽しみましょうね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!