(c)Disney/Pixar

人気キャラクター&体験型も! 春におすすめ親子向け展覧会14選

人気キャラクターや体験型の展覧会は、親子に人気のイベント。春休みには、子どもから大人まで楽しめる展覧会が都内各所で開催されます。そこで今回は、2018年の春に都内で開催される親子向けの展覧会を紹介します。春休みやゴールデンウィークのお出かけの参考にしてくださいね。

MOVE 生きものになれる展-動く図鑑の世界にとびこもう!-

講談社から発売されている「動く図鑑MOVE」は、迫力のある写真やイラスト、DVDなどの動画を組み合わせた人気図鑑シリーズ。そんな「動く図鑑MOVE」の世界を体験できるイベントが、日本科学未来館で4月8日(日)まで開催されています

ライオンになってサバンナを駆け回る「ミラクルサバンナ」や、ペンギンになって流氷の滑り台を滑走する「サバイバルオーシャン」など、生きものになりきる体験ができます。展示されているものをただ見るだけではなく、自ら生きものになりきって動物について学ぶことができますよ。

詳しい紹介記事はこちら

■MOVE 生きものになれる展-動く図鑑の世界にとびこもう!-
開催期間:2017年11月29日(水)〜2018年4月8日(日)
開館時間:10:00〜17:00(入場は16:30まで)
※火曜(2017年12月26日、2018年1月2日、3月20日、27日、4月3日)と年末年始(12月28日〜1月1日)は休館
場所:日本科学未来館
料金:大人(19歳以上)1,900円、中人(小学生〜18歳)1,300円、小人(4歳〜小学生未満)1,000円、シニア(65歳以上)1,700円
※3歳以下無料
※ドームシアターは別料金

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

視覚的な錯覚や音の効果を用いた作品で知られるアルゼンチン出身の現代アーティスト「レアンドロ・エルリッヒ」の作品が一堂に会した過去最大規模の個展が、六本木の森美術館で4月1日(日)まで開催されています。

「一見、どこにでもある風景の中に驚きが隠されている」というのが、エルリッヒアートの特徴。水の中に入っているように錯覚する「スイミング・プール」や、重力に逆らって壁につかまっているような写真が撮れる「建物」など、まるでトリックアートのような作品はどれもインパクト抜群。館内は撮影OKなので、アートを背景に写真を撮って楽しめますよ。

詳しい紹介記事はこちら

レアンドロ・エルリッヒ
《建物》
2004年
展示風景:104-パリ、2011年
※参考図版

■レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
開催期間:2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日)
時間:10:00〜22:00(最終入館は21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館16:30)
場所:森美術館
料金:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4歳〜中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円

にじいろのさかな展〜読む水槽〜

品川アクアパークでは、人気絵本「にじいろのさかな」の世界観を楽しめるイベントを4月15日(日)まで開催中。水槽内には作中に登場する魚たちや、絵本の名シーンを再現した展示が施されています。

魚名板には「にじいろのさかな」の各ストーリーや魚の解説が展示されているので、イベントを楽しみながら魚についても詳しくなれます。ぬいぐるみやマグカップなど限定グッズの販売もあるので、ぜひチェックしてみましょう。

詳しい紹介記事はこちら

■にじいろのさかな展〜読む水槽〜
開催日時:2017年10月7日(土)〜2018年4月15日(日) 10:00〜22:00
※最終入場は21:00
場所:アクアパーク品川 2F リトルパラダイス
料金:大人(高校生以上)2,200円、小・中学生1,200円、幼児(4歳以上)700円
※3歳以下は無料


サンシャイン水族館×高橋書店「ざんねんないきもの事典」シリーズ ざんねんないきもの展

池袋にあるサンシャイン水族館では、シリーズ累計145万部を突破した人気書籍「ざんねんないきもの事典」とコラボしたイベントを4月8日(日)まで開催中。展示されるのは、どこか残念ないきものたち。

簡単に切れるが再生はしない「ざんねんなしっぽ」をもつシマリスや、メスでも赤ちゃんでもオジサンという「ざんねんな名前」の魚など、生きもののちょっと残念な一面を知ることができます

■サンシャイン水族館×高橋書店「ざんねんないきもの事典」シリーズ ざんねんないきもの展
開催期間:2017年11月10日(金)〜 2018年4月8日(日) 
時間:10:00〜18:00
※最終入場は終了30分前まで
場所:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 特別展会場
料金:600円
※水族館他対象施設・イベントの利用者、年間パスポート所持の場合は400円

美少女戦士セーラームーン×TeNQ企画展「Over the Sailor Moon〜宇宙への招待〜」

ママたちの間でも人気の「美少女戦士セーラームーン」が、宇宙ミュージアムと夢のコラボレーションを実現! 文京区の東京ドームシティ 黄色いビル6階にある宇宙ミュージアム「TeNQ」で4月15日(日)まで楽しめます。

太陽系の惑星をモチーフにした各キャラクターにあわせて天文学を学べるコーナーや、劇中に登場する月の王国「シルバー・ミレニアム」を再現した撮影スポットのほか、家族で楽しめるぬりえミュージアムも用意されています

■美少女戦士セーラームーン×TeNQ企画展「Over the Sailor Moon〜宇宙への招待〜」
開催期間:2017年12月15日(金)〜2018年4月15日(日) 
時間:11:00〜21:00
※土日祝、特定日は10:00〜21:00
※最終入館20:00
場所:東京ドームシティ 宇宙ミュージアムTeNQ 企画展示室
料金:一般1,800円、学生(高/大/専門)1,500円、4歳〜中学生1,200円、シニア(65歳以上)1,200円(4歳未満は入場不可※ファミリーデーを除く)
※各種前売り券あり

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」東京展

愛くるしい姿で子どもだけでなく、大人にも人気のキャラクター「スヌーピー」。そんなスヌーピーをサイエンスアートで楽しめるイベントが、銀座にある「松屋銀座」で3月19日(月)まで開催されています

同展のために約4半世紀ぶりに特別展示される「からくりオブジェ」は必見! そのほかにも、スヌーピー型のロボットがダンスを踊る「スヌーピーダンスロボ」や、スヌーピーが登場する「ピーナッツ」の4コママンガを約5,000枚使った4Dモザイクアートなど、見どころ満載です。

詳しい紹介記事はこちら

■スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
開催日時:2018年3月1日(木)〜19日(月) 
時間:10:00〜20:00
※入場は閉場30分前まで、最終日は17:00閉場
場所:松屋銀座8階イベントスクエア
料金:当日/一般1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
前売り/一般700円、高校生500円、中学生400円、小学生300円
※ヤフーパスマーケット、ローソンチケット、セブンイレブン、ファミリーマートにて2月28日(水)まで販売


特別展「人体 −神秘への挑戦−」

上野にある「国立科学博物館」では、3月13日(火)〜6月17日(日)の期間に、人体研究の今と昔を紹介する特別展「人体−神秘への挑戦−」が開催されます

「どうしてお腹は減るの?」「血が出ると痛いのはなんで?」など、子どもたちにとっても身近な人体の不思議を探ることができるイベントです

館内には名画「モナ・リザ」の作者として知られるレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた人体解剖図や、リアルな人体模型などが多数展示されます。そのほかにも、最新の顕微鏡を使って見られる人体部位の画像など、子どもたちの好奇心をくすぐる展示が盛りだくさんです。

■特別展「人体 −神秘への挑戦−」
開催期間:2018年3月13日(火)〜6月17日(日)
※毎週月曜日休館。3月26日、4月2日、4月30日、6月11日は開館
時間:9:00〜17:00
※金曜、土曜は9:00〜20:00
※4月29日〜4月30日、5月3日は9:00〜20:00
※5月1日〜5月2日、5月6日は9:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで
場所:国立科学博物館
料金:一般1,600円、小中高生600円
※前売り一般1,400円、小中高生500円

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 −1990年代、発行部数653万部の衝撃−

今年で創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」の人気キャラクターたちを集めた企画展「週刊少年ジャンプ展VOL.2 −1990年代、発行部数653万部の衝撃−」が、3月19日(月)〜6月17日(日)の期間に六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催されます。

『DRAGON BALL』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』など、人気マンガの貴重な原画が多数展示されるほか、各マンガの名シーンを再現したエリアも登場します

さらに、六本木ヒルズ ヒルサイド2階 のカフェスペースには、期間限定で「ジャンプ図書館」がオープン! テーブルやイス、店内の全てが「週刊少年ジャンプ」で作られた店内では、創刊号から最新号までのジャンプを無料で楽しむことができます。

■創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 −1990年代、発行部数653万部の衝撃−
開催期間:2018年3月19日(月)〜6月17日(日)
時間:10:00〜20:00
※2018年4月28日(土)〜2018年5月6日(日)のみ9:00〜21:00
※最終入館は閉館の30分前まで
場所:森アーツセンターギャラリー
料金:一般2,000円、中高校生1,500円、4歳〜小学生800円
※各種前売り券あり

ピクサー・ザ・フレンドシップ

渋谷区の「ラフォーレミュージアム原宿」では、4月14日(土)〜5月13日(日)の期間、ディズニー/ピクサーの映画の世界観を楽しめる体験型企画展「ピクサー・ザ・フレンドシップ〜仲間といっしょに冒険の世界へ〜」が開催されます

「トイ・ストーリー」や「インサイド・ヘッド」などの人気作品をはじめ、3月16日(金)公開のディズニー/ピクサー映画最新作「リメンバー・ミー」まで、ピクサーの長編アニメーション全映画作品の世界に入り込んだような写真が撮影できるフォトブースが登場します

さらに、会場内では同展だけの限定グッズが多数販売されます。ここでしか手に入らない貴重なグッズはぜひ手に入れたいですね。

■ピクサー・ザ・フレンドシップ
開催期間:2018年4月14日(土)〜2018年5月13日(日) 
※会期中無休
時間:11:00〜21:00
場所:ラフォーレミュージアム原宿
料金:一般(中学生以上)1,200円(前売り1,000円)、子ども(小学生以下〜4歳まで)600円(前売り500円)
※3歳以下無料


誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展

今年で出版30周年を迎える人気絵本「ウォーリーをさがせ!」の原画展が、4月18日(水)〜5月7日(月)に松屋銀座で開催されます。日本初の原画展となる同展では、作者マーティン・ハンドフォードが描いたウォーリーの絵本の原画や、ウォーリーが誕生する前に描かれたイラスト作品・映像展示など約150点が展示・紹介されます

絵本の中で探していたウォーリーが会場内のあちこちに登場する同イベントは、親子で楽しめること間違いなし!

■誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展
開催期間:2018年4月18日(水)〜5月7日(月)※予定
時間:10:00〜20:00
※入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場
場所:松屋銀座 8階イベントスクエア
料金:一般1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
※前売り一般700円、高校生500円、中学生400円、小学生300円

名探偵コナン科学捜査展 真実への推理(アブダクション)

大人気アニメ「名探偵コナン」の世界観を体験できるイベントが、4月18日(水)〜7月8日(日)に日本科学未来館で開催されます。同イベントでは、主人公江戸川コナンになりきって、探検手帳を片手に事件現場から証拠を探り、科学捜査で真相を解明する体験ができます

同展だけのオリジナルストーリーに子どもはもちろん、大人も満足すること間違いなし! コナンに登場するキャラクターたちからヒントをもらって、親子で一緒に真犯人を突きとめましょう!

■名探偵コナン科学捜査展 真実への推理(アブダクション)
開催期間:2018年4月18日(水)〜7月8日(日)
※2018年5月1日を除き、毎週火曜日休館
時間:10:00〜17:00
※最終入館は閉館30分前まで
場所:日本科学未来館
料金:大人1,800円、中人(小学生〜18歳)1,200円、小人(3歳〜小学生未満)500円
※各種前売り券あり
※2歳以下無料

生誕60周年記念 くまのパディントンTM展

今年生誕60周年を迎えるイギリス発の児童文学作品「くまのパディントン」の魅力に迫る「くまのパディントンTM展」が、4月28日(土)〜6月25日(月)に渋谷区の「Bunkamura ザ・ミュージアム」で開催されます。

会場には、絵本やマンガの原画をはじめ、世界中で出版された書籍が展示されます。また、「仮面ライダー・キバ」で主人公を演じた俳優の瀬戸康史さんが、会場内で貸し出される音声ガイドのナレーションを担当。憧れのヒーローの音声は、子どもたちにとってうれしいポイントかもしれませんね。

■生誕60周年記念 くまのパディントンTM展
開催期間:2018年4月28日(土)〜6月25日(月)
※5月8日(火)・6月5日(火)は休館
時間:10:00〜18:00
※毎週金・土曜日は10:00〜21:00
※最終入館は閉館の30分前まで
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
料金:一般1,400円、大学・高校生900円、小中学生600円、親子券1,500円
※各種前売り券あり

連載開始50周年記念 あしたのジョー展

ボクシングマンガの不朽の名作「あしたのジョー」の世界観を楽しめる「連載開始50周年記念 あしたのジョー展」が、4月28日(土)〜5月6日(日)の期間に、墨田区の東京スカイツリータウン内にある東京ソラマチで開催されます。会場には、著者が選ぶ名シーンの原画など、貴重な展示が所狭しと並べられます。

さらに、4月から放送される新作アニメ「メガロボクス」の資料も公開されるので、「あしたのジョー」を知らない子どもも楽しめますよ

■連載開始50周年記念 あしたのジョー展
開催期間:2018年4月28日(土)〜5月6日(日)
時間:10:00〜18:00
※最終入場は閉場の30分前まで
場所:東京ソラマチ(R)5F スペース634
料金:一般・大学生1,200円、高校・中学生800円、小学生以下無料
※前売り一般・大学生1,000円、高校・中学生600円

JR発足30周年記念展「進化・深感・新幹線」

最後に都内のイベントではないですが、親子に人気のある施設で開催中のイベントを紹介します。埼玉県さいたま市にある「鉄道博物館」では、歴代の車両から新幹線の歴史を学べる「JR発足30周年記念展『進化・深感・新幹線』」が4月8日(日)まで開催されています

初代新幹線の0系新幹線電車から時速320kmの運転が可能な最新車両まで、この30年間に登場した新幹線車両を家系図にした「新幹線ファミリーツリー」など、おもしろい展示が満載! 展示室ガイドツアーなども用意されているので、ぜひチェックしてみましょう。

■JR発足30周年記念展「進化・深感・新幹線」
開催期間:2017年10月14日(土)〜2018年4月8日(日)
時間:10:00〜18:00
場所:鉄道博物館2F スペシャルギャラリー1
料金:無料
※別途入館料が必要(一般1,000円、小中高生500円、幼児(3歳以上〜小学生未満)200円)

人気キャラクターや作品の世界観が楽しめる展示会や、いきものについて学べる企画展など、ぜひ行ってみたいイベントが満載ですね。ぜひ、春休みやゴールデンウィークのお出かけ先の参考にしてください。

春休みのおでかけ・イベントをチェック!

過ごしやすい春だからこそ親子で思い切りおでかけを楽しもう! 親子で春のイベントを楽しんだり、工場見学や遊園地などの定番人気スポットへ行ったり♪ 人気の観光スポットへ日帰りツアーに行くもよし、宿泊できるリゾート地へ行くのもおすすめ!

家族で遊ぼう!春休み特集
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。