【札幌】キッズメニューあり! 親子で行きたい地元で人気のスープカレー店<8選>

もくじ

全国的にも人気が高い札幌のご当地グルメ「スープカレー」。大きくカットされた野菜や骨付きチキンなど、北海道の大地の恵みが詰まっていて、札幌に訪れたらぜひとも味わいたい一品です。

そこで今回は、札幌の人気店のなかから、キッズメニューや子どもでも食べられる辛さが用意されている親子におすすめのお店を厳選して紹介します。パパママとシェアできるお店や、子連れにうれしいサービスが充実しているお店も紹介しますよ!

札幌の無料&お得スポットや親子にお薦め観光地も掲載!

マジックスパイス 札幌本店

スープカレーの元祖の一つといわれている店。インドネシアで定番のカレーからヒントを得ており、鶏ガラと野菜のだしに数十種類のスパイスをブレンド。サラサラとした口当たりが特徴です。

おすすめは、北海道産の豆や野菜をふんだんに使った札幌店限定の「北恵道(ほっけいどう)」(1140円)。野菜が苦手な子どもでもカレーの風味が付いていると食べやすいですね。

しかも、マジックスパイスでは全国4カ所あるすべての店舗で、小学生以下のちびっ子が来店でおもちゃをプレゼント。遊びながら料理を待てますよ。

小学生以下が対象の「お子ちゃまカレーセット」(610円)は、スープカレーのほかにオムレツやタコさんウインナーもプレートに乗っていてボリューム満点です。

店内はアミューズメントパークのようにカラフルで、ちょっぴり不思議な空間。靴を脱いで過ごせ、子ども連れでも安心してくつろげるので、地元のママ友会でも利用されているんですよ。

スイーツ系ドリンクとデザートが充実

ラッシーやアイスのバリエーションがある店は多いですが、マジックスパイスはココナッツミルクやトロピカルジュースなどの甘いドリンクも用意。

スイーツも充実していて、フルーツやアイスをトッピングしたカキ氷のハロハロやココナッツケーキ、マンゴープリンなどの食後のデザートも楽しめます。

親子向け施設情報

  • 定休日:水・木曜日
  • ランチタイム:11:00〜15:00
  • ディナータイム:17:30〜22:00
  • ベビー用イス:有
  • ベビーカーで入店:不可
  • タバコ:全席禁煙

lavi de Cafe イーアス札幌店

「子どもからお年寄りまでおいしく食べられるカレー」をモットーにした人気店lavi。札幌市内近郊に数店舗を構えています。トマトの酸味と炒め玉ネギの甘み、シナモンの風味がマッチしたスープは、スパイスの風味も癖がなく、子どもでも食べやすいのが特徴です。

キッズパークを備えたショッピングセンター内にあり、スープカレーだけでなくドリンクやデザート、カフェとしての利用もOK。南国リゾートをイメージした店内は通路が広く、ベビーカーでもラクラク。子ども用のイスはベルト付きなので安心して食事ができます。

お子様カレー(630円・小学生以下)は、甘口の食べやすいルータイプ。コクがしっかりあり、手作りのハンバーグも付いていて満足感があります。野菜もしっかり火が通されていて、柔らかく食べやすいです。

キッズスペース完備でのんびり食事ができる

店内の奥には、絵本やぬいぐるみ、おもちゃ、DVDなどが用意されたキッズスペースも完備。近くの席を用意してもらえば、ゆっくり食事をしながら子どもが遊んでいる様子を見守れます。

親子向け施設情報

  • 定休日:無休 ※イーアス札幌の休業日に準じる
  • 営業時間:11:00〜21:00 (L.O20:30)
  • ベビー用イス:有
  • ベビーカーで入店:可
  • タバコ:全席禁煙

スープカリー 奥芝商店 実家

エビの風味豊かなスープカレーを提供する行列店が、札幌駅直結のショッピング施設パセオにあります。

住宅地にある古民家を再利用した本店も大人気ですが、 この店舗も行列必至。14〜17時は比較的スムーズに入店しやすいので、パセオに隣接するエスタのアミューズメントパークで遊んで、食事の時間をずらすのがおすすめです。

「おばあちゃん家に遊びに来たようにくつろいでほしい」と店舗自体が古民家風の内装に仕上げられています。小上がり席が約20席用意され、子ども用のイスもあります。

自慢のエビスープには、新鮮なエビを大量に使用。ていねいに下処理しているので、えぐみがありません。

トッピングの定番はチキンですが、「ボトムからあげカリーの巻き」(1480円) も人気。 店主のおばあちゃんの味を再現したから揚げは、ボリュームがあってジューシー。ちょっぴり味付けが濃く、スープとの相性が抜群なんです。サイドメニューとしても評判なので一度試してみてください。

小学校低学年まで対象の「おこさまはんばーぐかりーのまき」(700円)は、エビスープではなく、道産牛のミニハンバーグ付きのルーカレー。ニンジンやジャガイモが食べやすいサイズにカットされ、柔らかく火が通されています。ラッシー付きです。

きんぎょ鉢 に入ったラッシーで子どもも大喜び

子どもが大好きなラッシーが、きんぎょ 鉢に入った「大家族ラッシー」はぜひ注文を! 5杯分の量が948円 (数量限定)とリーズナブルに味わえます。家族みんなできんぎょ鉢のグラスにストローを差して飲めば、思わず笑顔になっちゃいますね。

親子向け施設情報

  • 定休日:無休 ※パセオの休館日に準じる
  • 営業時間:11:00〜22:00(LO21:00)
  • ベビー用イス:有
  • ベビーカーで入店:可
  • タバコ:全席禁煙

路地裏カリィ侍.平岸総本店

北海道産を中心とした多種類の野菜をスープカレー1杯で味わえるのがこの店。トッピングの野菜は蒸す、揚げるなど、食材それぞれのうま味を引き出すように調理されています。

一般的なスープカレーでは野菜が大きめにカットされていることが多いですが、「侍」では食べやすい大きさにカットされているので、子ども連れの家族に大好評です。

どのメニューも8品目以上の野菜が入っていますが、ぜひ味わってほしいのが1杯で約350gの野菜を摂取できる「一日分の野菜20品目」のスープカレー。大豆やジャガイモ、カボチャ、ヤングコーンなど、子どもが好きな甘みのある食材が入っています。具材が野菜だけのメニュー(1280円)と、チキン付き(1480円)から好きな方を選んでくださいね。

小学生までが注文できるお子様カレーは、ルーカレーやエビフライ、ハンバーグのほか、ドリンクが付いて580円。カレーの野菜は、子どもが食べやすいようさらに小さくカットされています。ルーにたっぷりの野菜が溶け込んでいるのもうれしいですよね。

小さな子ども連れの家族にうれしい小上がり席には、バンボなどの子ども用イスも用意されています。

絵本を読んだりお絵かきしながら料理を待てる

人気店なので料理が来るまで時間はかかりますが、大人用の雑誌はもちろん、子どもの絵本やお絵かきセット、ぬいぐるみ、おもちゃなども用意されているので、子どもが飽きずに待てます。

親子向け施設情報

  • 定休日:12月31日・1月1日
  • ランチタイム:11:00〜15:30
  • ディナータイム:17:30〜22:00(LO各30分前)
  • ベビー用イス:有
  • ベビーカーで入店:テーブル席は移動可
  • タバコ:全席禁煙

CHUTTA! 手稲店

札幌市内近郊 の住宅地が多い地域に、数店舗ある地域密着型のスープカレー店です。スープの隠し味にかつお節などの和だしをきかせ、幅広い世代が楽しめる味わいに仕上げられています。

苦手な野菜があればトッピングの変更ができ、背油なしのカロリーオフスープも用意。小さな子どもとシェアするなら、辛さは0番か1番を選びましょう。0番は香辛料不使用で、1番はスパイスに黒コショウだけが使用されているので、辛みはなく小さな子どもでもおいしく食べることができます。

小樽や銭函へのドライブで立ち寄りやすい立地の手稲店では、チキンとポーク、鶏つくねの豪華トッピングが付く「テイネデラックスカレー」(1450円) などの限定メニューが用意されています。小学生以下ならソフトドリンクがサービスに! 小上がりは隣の席との間に幅があるので、赤ちゃんを寝かせておくことも可能です。

たくさん食べられる未就学児向けのお子様ランチは、ふわふわのチーズハンバーグにポテト、カボチャもち、デザートなど子どもが好きなものを詰め込んだ豪華版です。

プレートだけの580円 と、スープカレー付き780円 があり、スープの辛さは1番ですが変更もOKです。

トッピングは別皿でおかずとしてオーダー可能

スープカレーはトッピングも充実。チーズオムレツ(260円) や角煮(350円) などの追加トッピングを別皿にしておかず感覚で楽しむのもOKです。とくに手作りのカボチャもち(130円) は、子どもたちに大人気。ほんのり甘くて、デザート感覚で食べられるそうですよ。

親子向け施設情報

  • 定休日:12月31日・1月1日
  • ランチタイム:11:30〜15:30
  • ディナータイム:17:00〜22:00
  • 土日祝の営業時間:11:30〜22:00(LO各30分前)
  • ベビー用イス:有
  • ベビーカーで入店:不可
  • タバコ:全席禁煙

温故知新ブルックスカレー食堂 総本店

栽培数が少なく幻の玉ネギといわれる品種「札幌黄」をたっぷり使ったルーカレーとスープカレーの両方が楽しめる店。

札幌黄を収穫後1〜2カ月間寝かせることで甘みがアップ。その玉ネギを贅沢にも1皿につき1玉使ってトロトロに煮込んでいます。玉ネギ特有の辛みを感じにくいので、野菜嫌いの子どもでもOKです。

スープカレーにももちろん札幌黄がたっぷり。豚骨と鶏肉からだしを取り、大量の札幌黄をこして作るスープは、玉ネギのうま味がありながらスパイスの風味が豊か。

甘口の0番なら小さな子どもも味わえます。また、十勝産とろける「どろぶた」の焼チーズスープカレー(1447円) は、スプーンで食べられるほど柔らかく煮込んだ軟骨ソーキとチーズが入っていて、子どもも食べやすいですよ。

小学生までが注文できるおもちゃ付きお子様ランチ(518円 )のルーカレーは、乳製品アレルギー対応のルーも選べます。安心しておいしいカレーを楽しんでくださいね。

ミニカレーやおもちゃは単品での注文もOK

分量的にお子様ランチはまだちょっと早いという子どもには、単品のミニカレー(302円) もおすすめです。おもちゃも108円で買えるので、サイドメニューのサラダやフライドポテトを取り分けて、オリジナルのお子様ランチを作るのもいいですね。

親子向け施設情報

  • ・定休日:不定休
  • ・営業時間:11:00〜21:00(LO20:30)
  • ・ベビー用イス:有
  • ・ベビーカーで入店:可
  • ・タバコ:全席禁煙

札幌らっきょ

幅広い世代がおいしく食べられるスタンダードな1杯を提供し、札幌のご当地グルメとしてスープカレーを牽引した店の一つがここ。

北海道産食材を使い、コク深く仕上げられた自慢のスープは、自宅でも楽しめるようスープカレーの素として、スーパーや土産店などで販売されています。

JR琴似駅から徒歩2分の場所にある本店は、木のぬくもりあふれる洋食店のような雰囲気。テーブル付きのイスや、子ども用食器も用意されています。

小学生までが対象のお子様カレーは、野菜スープカレー(写真)、ソーセージスープカレー、ドライキーマカレーの3種類(各750円 )から選べます。全部食べて「ごちそうさま」を言えたちびっ子にはアイスのサービスがあるので、おなかを空かせて訪れましょう。

子どもとシェアした後に辛みの追加ができる!

子どもも大人もそれぞれスープカレーを満喫してほしいと、子どもとシェアする場合はカレーを取り分けた後に辛みをプラスすることも可能です。 注文時に相談してみてくださいね。

親子向け施設情報

  • ・定休日:第3水曜日
  • ・営業時間: 11:30〜22:00
  • ・ベビー用イス:有
  • ・ベビーカーで入店:可
  • ・タバコ:全席禁煙

らっきょ大サーカス

札幌スープカレーのスタンダードといわれる札幌らっきょの姉妹店は、「サーカスのように子連れでも気軽に楽しめる場所」がコンセプト。

家族みんなが満足できるよう多彩なメニューをそろえ、定番のスープカレーはもちろん、カリカリのおこげに合わせた1杯や、パイ包み仕立てのもの、タンドリーチキンのプレートなど、自慢のカレーを使ったアイデアメニューが満載です。

お子様メニューも全7種とバリエーションが豊富! 納豆ひき肉やミートボールをそれぞれトッピングしたスープカレーのほか、一口スープカレーが付くランチ(写真)も用意。本店と同様に、完食した子どもにはアイスのプレゼントがありますよ。

子どもが快適に過ごせる設備が充実

ベビーカーがラクラク通れる広い通路や小上がり席があるほか、絵本やぬいぐるみも用意。赤ちゃんを寝かせておけるバウンサーや、トイレにオムツ替えのベッドもあり、赤ちゃん連れも安心して利用できます。

親子向け施設情報

  • ・定休日:第3水曜日
  • ・営業時間: 11:30〜22:00
  • ・ベビー用イス:有
  • ・ベビーカーで入店:可
  • ・タバコ:全席禁煙

キッズメニューが用意されていたり、スープの辛みなしやおかずとしてトッピングをオーダーできたりと、札幌のスープカレー店は子連れにうれしい工夫がたくさんです。地元で人気の味を家族みんなで楽しんでくださいね!

札幌観光のモデルコースもチェック!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!