109

2024【札幌】キッズパークがあるおすすめスキー場7選 近い&手ぶらOK

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

札幌は都会ながらも周囲に自然が多く、市街地からアクセスの良いスキー場がたくさんあるのが特徴です。さらに、そり滑りや雪だるま作りなどができるキッズパークが完備されたスキー場も増えてきて、雪遊びが初めてのちびっ子でも大はしゃぎです。

そこで今回は、札幌近郊のキッズパークがあるおすすめのスキー場を7カ所紹介します。子供用の道具やウェアのレンタルもできるので、観光のついでに手ぶらで遊びに行けるのもポイントですよ。

もくじ

※2023-2024年シーズンの最新情報に更新しています

【特集】家族で楽しめるスキー場を探すならこちら!
無料スポット&赤ちゃん連れにお薦め施設も紹介!

札幌藻岩山スキー場【南区】

札幌市の中心部から車で約20分の好アクセスで、日本新三大夜景のビュースポットとして有名な藻岩山にあるスキー場。市街地に位置しながら全10コースもあり、そのうち4コースが初心者用。また、すべてのコースがスキーヤー専用でスノーボ−ドが禁止になっているのも、小さな子供連れには安心です。

スキーが初めての子供は、雪遊びができる北斜面の「なかよし広場」で練習を! 緩やかな傾斜になっていてそり滑りも楽しめます。レンタル無料のスコップやバケツなどで遊んで雪に親しむのもいいですね。レストランやトイレがすぐそばなのもうれしいポイントです。

スキーに慣れてきたら、リフトに乗ってコースデビュー。全長300mのフレンドリーコースなどで腕試しをして、全長2620mの「観光道路コース」へ。平均斜度は5度で、ほかのコースよりも緩やかです。札幌市街の景色が素敵なので、休みながらゆっくり下りましょう。

上達アイテムが無料で借りられます!

大人が子供を支えながら滑走できるコーチベルトや、スキー板をハの字に固定できる器具がレンタル無料。スキー上達の近道への近道になるかも!?

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長100cm〜/シューズ 16cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/そり)
  • キッズ用休憩室:有

■札幌藻岩山スキー場
所在地:北海道札幌市南区藻岩下1991
営業期間:2023年12月16日(土)〜2024年3月24日(日)予定
営業時間:2023年12月OPEN〜2024年3月20日(水・祝)/9:00〜21:00、2024年3月21日(木)〜3月24日(日)/9:00〜16:00
※12/31と1/1はナイター営業なし(9:00〜16:00)
定休日:
料金:
【1回券】大人400円、子供300円
【回数券/12回】大人4,000円、子供3,000円
【7時間券】大人4,100円、子供2,900円
【5時間券】大人3,500円、子供2,900円
【3時間券】大人2,900円、子供2,900円
【ゴーゴーパック1+1】大人5時間1+子供5時間1 5,600円
【ゴーゴーパック2+1】大人5時間2+子供5時間1 8,400円
※大人:中学生以上、子供:小学生以下
アクセス:
【車】国道230号→南36条交差点→北斜面駐車場 (第1リフト下ヘ)/国道230号→藻岩山観光道路へ→南斜面駐車場 (第4リフト下へ)
【電車】地下鉄「真駒内駅」「澄川駅」から5km、約10分

国営滝野すずらん丘陵公園「滝野スノーワールド」【南区】

北海道の冬を満喫するなら、約400ヘクタールの広大な敷地に滝や森がある「国営滝野すずらん丘陵公園」がおすすめ! なだらかなゲレンデでそりやチューブ、スキーはもちろん、スノーシューを履いてフカフカの深雪にダイブしたり、リスやウサギの足跡を探しながら凍った滝を見に出かけたりと、充実した1日が過ごせます。

無料で遊べるチューブそりコースは国内最大級! 長さ200mのロングコースを一気に滑り降りるスピード感と迫力は、子供はもちろん大人も大満足! 親子2人で乗ることもでき、スタート地点へはチューブに乗ったままロープトウで移動できるのでラクチンです。

全長250mのゲレンデは平均傾斜7度の緩やかなコースで、スキー・スノーボードの初心者や子供にぴったり。ビギナーのためのスキースクールを開催し、参加費はなんと200円! 満4歳以上の初心者と初級者(大人可)が対象で、当日の申し込みで参加可能。人数が多い場合は抽選になります。

園内のいたるところにベビールームがあります

広い敷地内にあるトイレは、ベビーキープやベビーベッドを備えているところがほとんど。しかも、ベビーシートを備えた授乳室も完備した施設もありますよ。

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり、スノーチュービングなど
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長90cm〜160cm/スキーシューズ16.5cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/そり/スノーシュー)
  • キッズ用休憩室:—

■国営滝野すずらん丘陵公園「滝野スノーワールド」
所在地:北海道札幌市南区滝野247
営業期間:2023年12月16日(土)〜2024年4月7日(日)
営業時間:12月23日〜3月31日/9:00〜16:00
定休日:
料金例:レンタルスキー1日料金/大人3,200円、中学生以下2,200円
アクセス:
【公共交通機関】地下鉄南北線「真駒内駅」から北海道中央バス「すずらん公園東口」と「すずらん公園中央口」下車

さっぽろばんけいスキー場【中央区】

札幌市中心部から車で最短20分。雪遊びしたい子供から、ハーフパイプ、モーグルに挑戦する上級者まで、誰もが楽しめる都市型スキー場です。

「スキーもチュービングも滑り台もいろいろ遊びたい!」という親子には、「わくわくスノーランド」(2024年1月上旬〜予定)がおすすめ。1日利用券(3歳以上900円、リフト券購入者有700円)や親子ペア券(大人1人+子供1人1,400円)の購入で利用でき、入場するとソリ・チューブ・スノーストライダーなど雪遊びアイテムが使い放題!

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり、スノーチュービング、スノーストライダーなど
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長90cm〜/シューズ17.0cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/スノーボード/そり/スノーストライダー)
  • キッズ用休憩室:—

■さっぽろばんけいスキー場
所在地:北海道札幌市中央区盤渓410
営業期間:2023年12月17日(日)〜2024年3月下旬 予定
営業時間:9:00〜16:00
定休日:
料金:
【1回券】大人350円、中学生以下300円
【12回券】大人4,000円、中学生以下3,400円
【2時間券】大人3,500円、中学生以下なし
【4時間券】大人3,900円、中学生以下2,700円
【6時間券】大人4,300円、中学生以下なし
【1日券】大人4,700円、中学生以下,3200円
【ナイター件16:00〜】大人2,000円、中学生以下2,000円
【親子券A】大人・中学生以下4時間券各1枚5,800円
【親子券B】大人・中学生以下1日券各1枚6,700円
【放課後スキー】幼稚園児〜中学生1,000円※2024/1/19〜2/29 平日13〜18時のリフト券
【わくわくスノーランド】
・1日利用料:大人・子供(3歳以上)通常900円、リフト券購入の方700円
・親子ペア料金:大人1人+中学生以下1人1,400円
アクセス:円山公園、円山動物園より約4km

サッポロテイネ【手稲区】

1972年の札幌オリンピックの競技会場になり、当時使われた聖火台が今も残っているスキー場です。標高1,000m以上の手稲山にあり、2つのゲレンデが楽しめます。山頂から中腹までのハイライトゾーンは上級者コースが充実。中腹から麓までのオリンピアゾーンは初・中級コースが中心で、キッズパークもそこにあります。

チュービングやそり、スキーなど雪遊びができる「恐竜キッズパーク」には、ティラノサウルスなどの恐竜の像がいっぱい! パークに恐竜が何体あるのか探すのも楽しいです。

人気はちょっぴりスリリングなチューブ滑り。スノーエスカレーターが設置されているので、坂の上まで楽に移動できます。大きなトリケラトプスの滑り台もちびっ子に大好評。また、軽食が楽しめるレストハウスや駐車場もすぐそばにあり、子連れに安心の環境が整っています。

スイスイ滑れる子供にうれしいクロスコースも!

スキーやスノーボードが上手な子は、ウェーブやバンクが連なるビギナー用のクロスコースへ。競技用よりもコブの間隔が広くて簡単なので、初めてのチャレンジにぴったりです。

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり、スノーチュービングの2種類
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長約80cm〜/シューズ15.5cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/スノーボード/そり)
  • キッズ用休憩室:—

■サッポロテイネ
所在地:北海道札幌市手稲区手稲本町593
営業期間:
【ハイランドゾーン】通常営業/2023年11月18日(土)〜2024年4月7日(日)予定、特別春スキー/2024年4月8日(月)〜5月6日(月・祝)の土日祝日のみを予定
【オリンピアゾーン】2023年12月2日(土)〜2024年3月31日(日)予定
営業時間:【リフトの運行】9:00〜最長20:45
※リフト・ゴンドラは種類により運行時間が異なる場合があります
定休日:
料金:
【1日券】※年齢4歳以上の方は、リフト券が必要です。
・12月2日〜22日、2月5日〜3月3日:大人6,600円、シニア5,400円、中高生5,400円、小学生以下3,600円
・12月23日〜2月4日:大人6,900円、シニア5,700円、中高生5,700円、小学生以下3,900円
・3月4日〜3月31日:大人4,500円、シニア4,500円、中高生3,600円、小学生以下2,700円
・4月1日〜5月6日:大人3,700円、シニア3,700円、中高生3,000円、小学生以下2,200円
アクセス:
【車】札樽自動車道「手稲IC」より約7分
【電車】JR函館本線「手稲駅」からバスを利用して「オリンピア」下車(約16分)→乗り継いで「ハイランド」下車(約12分)
【シャトルバス】リフトとのセットパックあり(有料)札幌駅前及び市内中心部の主要ホテルとゲレンデ直結(要予約)

Fu's snow area(フッズスノーエリア)【南区】

年間を通してさまざまなスポーツを体験できる「藤野野外スポーツ交流施設 フッズ」は、冬はスキー場として営業しています。日本に2カ所しかないリュージュの練習場があり、道民にとっても珍しいこのスポーツの体験教室に参加することも可能です。

リュージュは冬季オリンピックの正式種目で、専用そりの上に仰向けになって、氷上を滑走するスポーツ。時速は25〜30kmですが、体感速度はかなりスピーディー! 例年1〜2月に体験会を実施しています。貴重な機会を逃さないよう事前予約を。

それ以外にもキッズランドを備え、緩やかな傾斜でスキーやスノーバイク、そり滑りができます。また、例年3月には、Fu'sウィンターフェスティバルを開催。宝探しやチューブ滑り、スノーフラッグ、スタンプラリーが楽しめるので、ぜひ訪れてみてください。

※2023-2024年シーズンのの情報です。最新情報は施設の公式サイトにてご確認ください

地下鉄真駒内駅から無料送迎バス運行

フッズスノーエリアは自然豊かな南区にあります。地下鉄南北線の終点・真駒内駅付近から無料送迎バスが運行しています。

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり1種類 ※Fu'sウィンターフェスティバル時はスノーチュービング有
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長100cm〜/シューズ15cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/スノーボード/そり)
  • キッズ用休憩室:—

■Fu's snow area(フッズスノーエリア)
所在地:北海道札幌市南区藤野473-1
営業期間:公式サイトにて確認
営業時間:公式サイトにて確認
定休日:期間中無休
料金:
【1日券】大人3,000円、シニア2,700円、小中学生2,400円
【1回券】大人250円、シニア250円、小中学生200円
※大人(高校生以上)、シニア(60歳以上)、未就学児無料
アクセス:
【車】札幌市内中心部から定山渓に向かって約30分
【電車】JR「札幌駅」・地下鉄「真駒内駅」前より「じょうてつバス」定山渓行き乗車「藤野3条11丁目」下車。徒歩15分。または「藤野4条11丁目」下車徒歩3分【Fu'sバス(無料)】地下鉄「真駒内駅」付近より無料送迎バスあり

札幌国際スキー場【南区】

北海道屈指のパウダースノーを札幌で楽しめると評判のスキー場。例年11月中旬〜5月上旬と長い期間、スキーやスノーボードが楽しめます。ゲレンデデビューのちびっ子は、駐車場すぐのスキーセンター前にある雪遊び広場と初心者用のスキーエリアがおすすめです。

12月下旬〜4月1日オープンの「ユッキの雪あそび広場」では、フカフカの雪でかまくらや雪だるまなどを作れます。広場の近くにあるスノーパークでは、チュービングやそり滑りを楽しみましょう。スキーの練習にも使われている坂ですが、傾斜が緩やかなので小さな子供でも恐がらずに遊べますよ。

子連れなら空いている無料キッズルームがおすすめ!

スキーセンターにはおもちゃで遊べるキッズルームがあり、未就学児と保護者が無料で利用することができます。おむつ交換と授乳スペースも完備。館内には休憩所もありますが混雑するので、子連れならこちらで一休みするのがおすすめです。

例年1月14日に行われる周年祭では、親子で楽しめるイベントがたくさん企画されていますよ!

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:そり、スノーチュービングなど2種類
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長90cm〜/シューズ16.0cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/スノーボード/そり)
  • キッズ用休憩室:有

■札幌国際スキー場
所在地:北海道札幌市南区定山渓937先
営業期間:2023年11月17日(金)〜2024年5月上旬予定
営業時間:10:00〜最長16:30 ※コースによって異なる
定休日:
料金:
【1日券】
11月17日〜11月30日/一般4,500円、中高生3,000円、小学生1,800円、未就学児無料
12月1〜3月31日/一般5,000円、中高生3,000円、小学生1,800円、未就学児無料
4月1日〜終了/一般4,500円、中高生3,000円、小学生1,800円、未就学児無料
【雪遊び広場】1日遊び放題券5,000円
アクセス:
【車】札幌中心部から国道230号線、定山渓ルートで約60分
【バス】JR「札幌駅」からバスで約90分
【電車】JR「札幌駅」からバスで約90分/JR「小樽築港駅」からタクシーで約30分

クラッセスノーパーク【北広島市】 ※2023-2024年シーズン休業

新札幌や千歳などに宿泊しているなら、札幌の隣町・北広島にあるクラッセスノーパークがおすすめです。JR北広島駅から無料送迎バスで約15分。初心者向けのゲレンデやキッズパークがあるほか、四輪バギー、チュービングといった子供も楽しめるスノーアクティビティが充実しています!

とくに人気なのがは「キッズポニーそり」。かわいいポニーが引くそりに乗って、自然いっぱいの敷地内を散策できます。ゆっくり歩いてくれるので、0歳の赤ちゃんでもパパママと一緒に乗ることができます。

アクティブな子にはスノーラフティングも人気。ゆっくり走るスノーモービルに引かれてボートが右に左に動いたり、時には跳ねたり。ちょっぴりスリリングで「もう1回乗りたい!」とハマる子も!

たくさん遊んだ後は温泉でさっぱり

雪遊びは思いのほかたくさん汗をかきます。遊んだ後は汗が冷える前に、敷地内にある「天然温泉 楓楓」で体を温めるのがおすすめ。入浴料は小学生300円、未就学児は無料。金曜日なら小学生は150円になりお得です。

親子向け施設情報

  • 子供向けアクティビティ:スノーチュービング、スノーラフティングなど7種類
  • キッズ用ウェアレンタル:有(身長100cm〜/シューズ16cm〜)
  • キッズ用ギアレンタル:有(スキー/そり)
  • キッズ用休憩室:—

札幌市内近郊には、スキーデビューはもちろん、思い切り雪遊びが楽しめるスポットが充実しています。冬に旅行するなら、フワフワな雪と戯れて北海道を満喫してくださいね。

札幌の親子向け観光&お出かけスポットもチェック!

「スキー場」や「雪遊び」をより詳しく!

親子向けのスキー場や雪遊びスポットはまだまだたくさんあります! 
特集からお気に入りの施設をぜひ見つけてください。

親子向けスキー場特集
親子向け雪遊び特集
この記事をあとで読む
109
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!