149

【2022】関東のチューリップ畑おすすめ20選 名所・穴場厳選&見頃も紹介

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

サクラとともに春の訪れを告げる花、チューリップ。赤やピンク、黄色など、鮮やかな色やかわいらしい形が子供たちにも人気です。

そこで今回は、「関東のおすすめチューリップ畑」をまとめて紹介! 東京都内はもちろん、神奈川・千葉・埼玉などの近郊エリア、群馬・栃木・茨城の北関東エリアまで、10,000株以上の大規模スポットを厳選してお届けします。

花の名所だけでなく、農業公園や都市公園など、隠れた穴場もいっぱい! 各スポットの見どころに加え、アクセス情報や駐車場の有無についても紹介します。ぜひご家族でのおでかけ時の参考にしてみてくださいね。

もくじ

【記事】GW&5月のおすすめおでかけ先を厳選紹介!【記事】関東の大規模「芝桜」スポットまとめ!【記事】東京都内・近郊「お花見」スポットまとめ!【記事】関東の絶景フラワーパーク&花畑まとめ!

東京・関東のチューリップは4月が見頃!

関東では、サクラの開花時期から少し遅れて、4月頃がチューリップの見頃となります。咲く時期が重なるため、チューリップとサクラが一緒に楽しめる名所も多くあります。

また、球根を低温で保管し、通常の時期よりも早く咲かせる「早咲き」の仕組みを利用して、1月や3月など通常より早い時期に見頃を迎えるチューリップ(ウインターチューリップ/アイスチューリップ)もあります。「江の島サムエル・コッキング苑」や「国営武蔵丘陵森林公園」などが有名です。

国営昭和記念公園【東京都立川市】

「国営昭和記念公園」は、昭和天皇御在位50年を記念して造られた国営公園です。東京ドーム約39個分の広大な敷地では、1年を通してさまざまな花が観賞できます。

園内の中央にある「みんなの原っぱ」西側の渓流広場で、3月下旬から4月下旬に約23万株のチューリップが開花します。同時期には、サクラやナノハナ、ツツジなども見頃に。

広い園内の移動には、レンタサイクルやパークトレインなどを利用すると便利です(別途料金が必要)。

巨大なトランポリンやハンモックなどで遊べる!

園内を渓流広場から北へ進むと、巨大なトランポリン「雲の海(ふわふわドーム)」(写真)や日本一の大きさのハンモック「虹のハンモック」などで遊べる「こどもの森」があります。

霧が立ち込める「霧の森」や広々とした景色を楽しめる「太陽のピラミッド」など、自然を体験しながら大はしゃぎできる施設もたくさん。渓流広場の東側には、ユニバーサルデザインの遊具で遊べる「わんぱくゆうぐ」もあります。

サイクリングやボート遊びなどのアクティビティも楽しめますよ。

「国営昭和記念公園」の料金・アクセス情報

場所:東京都立川市緑町3173
営業時間:
【3〜10月】9:30〜17:00
【11〜2月】9:30〜16:30
定休日:1月の第4月曜とその翌日、年末年始
料金:大人450円、中学生以下無料、65歳以上210円
アクセス:
【昭島口】JR青梅線「東中神駅」より徒歩約10分
【西立川口】JR青梅線「西立川駅」より徒歩約2分
【あけぼの口】JR中央線「立川駅」より徒歩約10分、多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩約8分
【砂川口】西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩約20分
※チューリップが見られる渓流広場へは、昭島口または西立川口からが近距離です
駐車場:あり(840円)
トイレ:あり

シンボルプロムナード公園【東京都港区・江東区】

臨海副都心の青海・有明・台場各地域を散歩道でつなぐ「シンボルプロムナード公園」。公園内はウエスト・センター・イーストという3つのエリアに分かれており、それぞれにシンボリックなモニュメントやイベント会場が設置されています。

都市にありながら、海と自然に囲まれた景色を満喫できるスポットです。

3月中旬から4月中旬には、「シンボルプロムナード公園」内の各エリアにあるチューリップ畑で、16万球のチューリップが見頃を迎えます。例年、関東では最多となる300品種のチューリップを楽しめる見本園が開催され、それにあわせて「チューリップフェスティバル」が開催されます。

セントラル広場でサクラが開花する時期と重なるため、サクラとチューリップを一緒に楽しめることもあります。

「シンボルプロムナード公園」の料金・アクセス情報

営業時間:常時開園
定休日:なし
場所:東京都港区台場一・二丁目、東京都江東区青海一・二丁目、東京都江東区有明二・三丁目
料金:入場無料
アクセス:
・新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」〜「有明駅」の各駅より下車、徒歩すぐ
・りんかい線「東京テレポート駅」「国際展示場駅」下車、徒歩すぐ
駐車場:あり(2時間600円、以後30分ごとに150円加算)
トイレ:あり

日比谷公園【東京都千代田区】

「日比谷公園」は、明治36年(1903年)に誕生した日本初の近代的な洋風都市公園。四季折々の花の名所としても人気です。

日比谷公園のチューリップは、3月中旬から4月中旬にかけて見頃を迎えます。約15,000株のチューリップとともに、サクラやレンギョウ、フジなどが咲き誇ります。

敷地内には、幾何学文様の洋風花壇や噴水などがあり、公会堂や大小音楽堂、千代田区立日比谷図書文化館などの文化施設もあって、1年を通してさまざまなイベントが開催されます。

「日比谷公園」の料金・アクセス情報

営業時間:常時開園
定休日:なし
場所:東京都千代田区日比谷公園1-6
料金:入場無料(一部有料施設あり)
アクセス:
・東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関駅」下車、B2出口から徒歩すぐ
・東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷駅」下車、A10・A14出口から徒歩すぐ 
・JR「有楽町駅」下車、徒歩約8分
駐車場:あり(地下公共駐車場。8:00〜22:00/25分300円、22:00〜08:00/25分150円)
トイレ:あり

足立区都市農業公園【東京都足立区】

「足立区都市農業公園」は、「自然と遊ぶ、自然に学ぶ、自然と共に生きる」をテーマにした農業公園です。遊具広場にある長い滑り台や遊具アスレチックが子供たちに人気です。

荒川に面した河川敷花壇には、35,000球のチューリップが咲き、約50種290本の五色桜と一緒に色鮮やかな景色を満喫できます。

4月から11月にかけては収穫体験も楽しめる!

園内には田んぼや畑があり、無農薬無化学肥料での栽培が行われているほか、年間を通じて、自然あそびや染め物体験、ミツバチ観察などさまざまな教育プログラムを開催。

4月〜11月の期間は、毎月季節の野菜の収穫体験が実施されます。各施設には自然解説員がいるので、気になったことや疑問に感じたことを気軽に質問できますよ。

「足立区都市農業公園」の料金・アクセス情報

場所:東京都足立区鹿浜2-44-1
営業時間:
【9〜4月】9:00〜17:00
【5〜8月】9:00〜18:00
※施設によって終了時間が異なる場合あり
定休日:第1・3水曜
※施設によって異なる場合あり
料金:入場無料
アクセス:
・東京スカイツリーライン「西新井駅」西口から、東武バス(西07)「鹿浜都市農業公園」行きで「鹿浜都市農業公園」下車、徒歩すぐ
・東京スカイツリーライン「西新井駅」東口から、コミュニティバスはるかぜ(4号)または東武バス(西05、西06)「鹿浜都市農業公園」行きで「鹿浜都市農業公園」下車、徒歩すぐ
・日暮里舎人ライナー「西新井大師西駅」コミュニティバスはるかぜ(4号)または東武バス(西06)「鹿浜都市農業公園」行きで「鹿浜都市農業公園」下車、徒歩すぐ
・JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子駅」北口から都営バス(王49)「足立区役所」行きまたは「千住車庫」行きで「鹿浜橋」下車、徒歩約12分
・JR「赤羽駅」東口から国際興業バス(赤23)「西新井駅西口」行きで「鹿浜5丁目」下車、徒歩約5分
・JR京浜東北線「川口駅」東口から国際興業バス(川21)「鹿浜領家循環」行きで「鹿浜5丁目」下車、徒歩約5分
駐車場:あり(30分100円。最大900円)
トイレ:あり

猿江恩賜公園【東京都江東区】

「猿江恩賜公園」(さるえおんしこうえん)は、スポーツを中心に、気持ちの良い広場でさまざまなアクティビティが楽しめる公園です。チューリップのほかに、毎年春には200本を超えるサクラが咲き誇る名所でもあります。

4月上旬から中旬にかけては約10,000株のチューリップが見頃を迎え、例年その時期になると「猿江恩賜公園チューリップフェスタ」が開催されます。

公園内のチューリップは、前年に球根の植え付けボランティア によって植えられたものです。

遊具がある冒険広場で遊ぼう!

「猿江恩賜公園」は、新大橋通りをはさみ、南北に大きく2つのエリアに分かれます。

北側には、テニスコートやジョギングコース、大人向けの健康遊具が設置された健康広場があるほか、遊具がある冒険広場があるので、子供連れは遊んで帰るのがおすすめ!

南側には、野球場や江東公会堂など特色のある施設に加え、池や滝などがある日本庭園もありますよ。

「猿江恩賜公園」の料金・アクセス情報

場所:東京都江東区毛利2-13-7
営業時間:常時開園
定休日:なし
料金:入場無料
アクセス:
・都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」下車、A3出口より徒歩約2分
・JR総武線「錦糸町」南口下車、徒歩約15分
駐車場:なし
トイレ:あり

根がらみ前水田(チューリップ公園)【東京都羽村市】

東京都羽村市にある唯一の水田「根がらみ前水田」。夏には大賀ハスが開花し、秋には稲の生き生きとした光景を見ることができます。

「根がらみ前水田」の中に、毎年春にチューリップが咲く「チューリップ公園」があります。4月上旬から下旬にかけ、約40万株のチューリップが見頃に。それに合わせて、例年「はむら花と水のまつり(後期チューリップまつり)」が開催されます。

「はむら花と水のまつり」イベント公式サイト

「根がらみ前水田(チューリップ公園)」の料金・アクセス情報

場所:東京都羽村市羽中4丁目809番地1
営業期間:常時開園
定休日:なし
料金:入場無料
アクセス:
・JR青梅線「羽村駅」より徒歩約19分
・JR青梅線「羽村駅」西口より、コミュニティバス「はむらん」の「西コース」に乗車、「一峰院」で下車、徒歩5分
※イベント時は臨時バス停あり(土日のみ)
駐車場:なし(イベント時は有料の臨時駐車場あり)
トイレ:あり(隣接する踊子草公園にあり)

横浜公園【神奈川県横浜市】

横浜市中心部にあり、長い歴史を持つ「横浜公園」は、園内に「横浜スタジアム」があり、日本野球発祥の地として有名です。

横浜スタジアムの外周(バックスクリーン側)に、4月上旬から下旬にかけて、約70品種14万株のチューリップが色とりどりの美しい花を咲かせます。

例年4月上旬には、横浜公園を含む元町・山手・中華街・山下公園エリアで「よこはま花と緑のスプリングフェア」が開催されています。

大型遊具で遊べる広場も!

「横浜公園」には、大型複合遊具などで遊べる広場があるので、子供の遊び場としても魅力的。日本庭園風の池や噴水、水の広場、珍しい「水琴窟(すいきんくつ)」もあり、のんびり過ごせますよ。

「横浜公園」の料金・アクセス情報

営業時間:常時開園
定休日:なし
場所:神奈川県横浜市中区横浜公園
料金:無料
アクセス:JR・横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」から徒歩約5分
駐車場:なし(公園地下に日本大通り地下駐車場あり。平日20分200円、土日祝日と特定日30分400円)
トイレ:あり

江川せせらぎ緑道【神奈川県横浜市】

かつて一面の水田が広がっていた都筑区南部。農業用水路であった江川が整備されて、下水処理水を利用した緑道として再生したのが「江川せせらぎ緑道」です。

河川敷に植えられた約200本の桜並木とともに、約13,000株のチューリップを楽しめる「東方地区」は、江川せせらぎ緑道を代表するスポットです。チューリップは3月下旬から4月中旬に見頃を迎えます。

「江川せせらぎ緑道」の料金・アクセス情報

場所:神奈川県横浜市都筑区東方町261番地先ほか
営業時間:常時開園
定休日:なし
料金:入場無料
アクセス:
・横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台駅」から、市営バス300系統「新横浜駅」行きで「新開橋」下車、徒歩約5分
・横浜市営地下鉄ブルーライン「新羽駅」から、市営バス41系統「川向折返所」行きor「中山駅」行きor「ららぽーと横浜」行きで、「折本町」「前耕地」「東方町」のいずれかで下車、徒歩約3分
・JR横浜線「中山駅」から、市営バス41系統「鶴見駅西口」行きまたは「新横浜駅」行きで、「折本町」「前耕地」「東方町」のいずれかで下車、徒歩約3分
駐車場:なし
トイレ:あり(隣接する東方第二公園にあり)

江の島サムエル・コッキング苑【神奈川県藤沢市】※例年12月下旬〜1月下旬が見頃

「江の島サムエル・コッキング苑」は、湘南・江ノ島にある、明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来する和洋折衷の植物園。四季折々の花や植物に加え、海や富士山などを見渡せる広大な景色が人気です。

毎年12月下旬から1月下旬にかけ、珍しいウインターチューリップが見頃を迎えます。これは、夏の間冷蔵保存された球根を秋に外に出すことによって、球根が通常の季節とは別の季節に花を咲かせる性質を生かしたもので、温暖な気候の江ノ島ならではの取り組みです。

2022年は10,000株のチューリップが開花しました。

イルミネーションイベント「湘南の宝石」も楽しめる!

例年、11月下旬から2月末まで、イルミネーションイベント「湘南の宝石」も開催されています。チューリップの見頃にも重なるので、イルミとあわせて、夜のお花見を楽しめますよ!

「江の島サムエル・コッキング苑」の料金・アクセス情報

場所:神奈川県藤沢市江の島2-3
営業時間:9:00〜20:00(最終入場19:30)
定休日:なし
料金:中学生以上200円、小学生100円
アクセス:
・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」より徒歩約20分
・江ノ電「江ノ島駅」より徒歩約25分
・湘南モノレール「湘南江の島駅」より徒歩約26分
・JR「大船駅」または「藤沢駅」よりバスで「江ノ島」下車、徒歩約8分
駐車場:なし(江の島内に有料駐車場あり)
トイレ:あり

あけぼの山農業公園【千葉県柏市】

「遊んで学べる花の里 体感ファーマーズパーク」をコンセプトに、季節折々の花や自然体験が楽しめる「あけぼの山農業公園」。

春は、4月上旬のサクラに続き、4月中旬から下旬にかけて、約16万球のチューリップが咲き誇ります。大きな風車と1.2ヘクタールの広大なチューリップ畑が作り出す風景は、まるでオランダに来たかのよう。

例年、チューリップが咲く時期に合わせ、「チューリップフェスティバル」が(2022年度は中止)。同時期には芝桜も見頃になるほか、5月下旬までツツジも楽しめますよ。

敷地内には遊具で遊べる「ふるさと広場」(写真)があるほか、日本庭園や温室、竹林もあります。

カフェ併設のバーベキュー場も!

「あけぼの山農業公園」には、2021年3月にオープンしたバーベキュー場「あけぼのビーチパーク」があります。

食材&機材がそろった手ぶらプランと場所のみ借りるプランがあり、事前に予約していけば、チューリップを見たあとお昼はバーベキューなんて過ごし方もOK。バーベキュー利用者限定で、お野菜収穫体験(大人1,000円、小学生880円、未就学児550円)も楽しめますよ。

併設のカフェではホットサンドなどを販売。土日祝日にはキッチンカーも登場し、こだわりの「KOBE CHOU CREPE」(コーベシュークレープ。800円)が人気です。

■あけぼのビーチパーク
営業時間:
【3〜11月】10:00〜16:30(LO16:00)
【12〜2月】10:00〜15:30(LO15:00)
※バーベキュー予約は11:00〜14:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日。3月23日〜5月5日は無休)
料金:
・場所貸しプラン1,980円〜
・国産肉プラン4,740円〜等
※プランやサイトの種類で料金は異なる
※オープン割引あり
・お野菜収穫体験:大人1,000円、小学生880円、未就学児550円
※収穫体験は11:15開始

「あけぼのビーチパーク」公式サイト

「あけぼの山農業公園」の料金・アクセス情報

場所:千葉県柏市布施2005-2
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月曜、年末年始
料金:入場無料
アクセス:
・JR常磐線「我孫子駅」より「あけぼの山公園入口」行きバスで約18分、終点下車、徒歩約7分
・常磐自動車道「柏IC」より約8km
駐車場:あり(30分100円。当日最大900円)
トイレ:あり

佐倉ふるさと広場【千葉県佐倉市】

本格的なオランダ風車「リーフデ」の足元にオランダ庭園が広がる「佐倉ふるさと広場」。

4月上旬から下旬にかけて、約40種類30万株のチューリップが見頃を迎え、風車とともにオランダを思わせるような美しい景色が楽しめます。

見頃の時期に「佐倉チューリップフェスタ」を開催!

「佐倉ふるさと広場」では、日蘭修好380周年を記念し、平成元年から毎年「佐倉チューリップフェスタ」が開催されています。2022年は3月26日(土)〜4月24日(日)に開催!

入場は無料で、チューリップの掘り取り販売のほか、地元の飲食店やキッチンカーの出店、エアー遊具やオランダストリートオルガンの演奏など、さまざまな催し物が行われます。

また、イベント開催中は「印旛沼観光船」での印旛沼遊覧も実施。普段から実施しているレンタサイクルも、イベント中限定でオランダ自転車が借りられますよ。

■第34回 佐倉チューリップフェスタ
開催期間:2022年3月26日(土)〜4月24日(日)
入場料:無料
駐車場:あり(1,000円)

・印旛沼観光船
運行期間:2022年3月26日、27日、4月2日、3日、9日、10日、16日、17日運航予定
出航予定時間:出航予定時間:9:30、10:00、10:50、11:20、12:40、13:10、14:00、14:30
料金:高校生以上1,000円、小中学生500円

・レンタサイクル
貸出時間:9:00〜16:00
料金:普通自転車・オランダ自転車1台500円、電動自転車1,000円
※利用は「佐倉ふるさと広場」周辺のみ

「佐倉チューリップフェスタ」イベント公式サイト

「佐倉ふるさと広場」の料金・アクセス情報

場所:千葉県佐倉市臼井田2714
営業時間:常時開園
定休日:年末年始
料金:入場無料
アクセス:京成線「佐倉駅」北口から、佐倉市コミュニティバス「内郷ルート(飯野往復)」で約10分、「ふるさと広場」で下車、徒歩すぐ
駐車場:あり(無料。イベント時は有料)
トイレ:あり

国営武蔵丘陵森林公園【埼玉県比企郡滑川町】

「国営武蔵丘陵森林公園」は、東京ドーム65個分の広さを誇る大型公園。園内にある「都市緑化植物園」の「公園・庭園樹園」では、3月から4月にかけて、9品種約18,000株のチューリップが開花します。

温度処理した球根を植えているため、通常より早く花を咲かせるのが特徴です。そのため、3月には約1,000株のクリスマスローズ、3月下旬から4月上旬にかけてはクロッカスやカタクリと一緒に楽しめます。

広大な園内には子供が喜ぶ遊具も充実!

日本一大きなエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」(写真)やアスレチックコース「冒険コース」、チューブスライダーなどで遊べる「むさしキッズドーム」など、自然とふれあいながら体を動かして遊べるスポットがたくさんあります。

「国営武蔵丘陵森林公園」の料金・アクセス情報

場所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
料金:大人450円、中学生以下無料
アクセス:
・東武東上線「森林公園駅」北口より、川越観光自動車バス「森林公園南口」行きバスで約7分、終点下車、徒歩すぐ(公園南口着。土日祝日のみ運行)
・東武東上線「森林公園駅」北口より、国際十王交通バス「熊谷駅南口」行きor「立正大学」行きで、「滑川中学校」下車、徒歩約5分(公園南口着)or「森林公園西口」下車、徒歩すぐ(公園西口着)
・JR高崎線・秩父鉄道「熊谷駅」南口より、「森林公園駅行き」バスで約30分、「森林公園西口」で下車、徒歩すぐ(公園西口着)or「森林公園南口入口」下車、徒歩すぐ(公園南口着)
・関越自動車道「東松山IC」から熊谷方面へ約10分
駐車場:あり(650円)
トイレ:あり


花のオアシス【埼玉県鴻巣市】

埼玉県鴻巣市の花生産の発祥地である寺谷地区には、チューリップやひまわりを楽しめる花の公園「花のオアシス」があります。

市民ボランティアによって約40,000株のチューリップの球根が植えられ、4月上旬に見頃を迎えます。

チューリップの開花時期には、「チューリップまつり」 が開催。「花の寄せ植え体験」や「多肉植物の寄せ植え体験」、「チューリップ摘み取り・球根掘り出し」などの参加型イベント(有料)も実施されます。

「チューリップまつり」 公式サイト

「花のオアシス」の料金・アクセス情報

場所:埼玉県鴻巣市寺谷736(鴻巣市 市民農園)隣
営業時間:常時開園
定休日:なし
料金:入場無料
アクセス:JR高崎線「北鴻巣駅」東口よりコミュニティバス「フラワー号」広田コースで「寺谷東団地」下車、徒歩約10分
駐車場:あり(無料。イベント時には鴻巣フラワーセンターに無料臨時駐車場あり)
トイレ:なし(隣接の「鴻巣市役所 鴻巣市市民農園こうのとり四季彩ファーム」にあり)

大宮花の丘農林公苑【埼玉県さいたま市】

10.9ヘクタールの広大な「大宮花の丘農林公苑」には、3.3ヘクタールの花畑があり、4月上旬から5月上旬にかけ、20,000株以上のチューリップが咲き誇ります。

同じ時期には、サクラ(3月下旬〜4月中旬)、シバザクラ(4月中旬〜5月下旬)、ボタン(4月下旬〜5月中旬)、ムルチコーレ(3月下旬〜6月上旬)、ジャーマンアイリス(4月中旬〜5月中旬)なども楽しめますよ。

敷地内にある「花の食品館」には、農産物等直売所や休憩所、地産地消のレストランなどがあり、冬には味噌作り講習会も開催されます。小さな子供が楽しめる複合遊具や砂場もありますよ。

「大宮花の丘農林公苑」の料金・アクセス情報

場所:埼玉県さいたま市西区西新井124
営業時間:
【4〜9月】7:30〜19:00
【10〜3月】8:00〜18:00
※施設によって異なる
定休日:なし
【農産物直売所】月火木金曜が定休日(祝日は営業)
【レストラン】月火曜(祝日は営業)
料金:無料
アクセス:
・JR「大宮駅」西口から「平方」行きバスで「清河寺」下車、徒歩約20分
・JR高崎線「上尾駅」西口から上尾市内循環バスぐるっとくん「大谷循環(戸崎先回りor日産先回り)」で約25分、「花の丘公園」下車、徒歩すぐ
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

ぐんまフラワーパーク【群馬県前橋市】

東京ドーム4個分の敷地内に季節折々の花が咲き乱れる「ぐんまフラワーパーク」。日本庭園やイングリッシュガーデンなど、和洋折衷の景色を楽しめます。

例年、4月上旬から下旬には、約70,000株のチューリップが見頃に。とくに大花壇は4月中旬が見頃になりそう(2022年)。同時期には、サクラソウやパンジービオラなど多くの草花が開花します。

4月上旬〜下旬に「チューリップフェスタ」開催!

チューリップの見頃にあわせて、例年「チューリップフェスタ」が開催されています。2022年は4月上旬から下旬にかけて開催を予定。チューリップのほかにもたくさんの花々が咲き乱れる園内は大変色鮮やかで、とくに園内中央の「パークタワー」からの絶景は必見です!

イベント中のみの期間限定で、チューリップソフトクリームなどの特別メニューも販売されます。

■チューリップフェスタ
開催期間:
2022年4月上旬〜下旬
入場料:大人720円、中学生以下無料
駐車場:あり(無料)

「チューリップフェスタ」イベント公式サイト
2022年チューリップフェスタの詳しい記事はこちら

アスレチックやロードトレインに子供も大喜び!

全8種のアスレチックで遊べる「わんぱく広場」や「緑の迷路」、5棟ある温室など、ファミリーが楽しめるスポットも充実しています。広い園内をゆったりと走行する「チュウチュウトレイン(フラワー号)」(写真)も、小さな子供に人気です。

「ぐんまフラワーパーク」の料金・アクセス情報

場所:群馬県前橋市柏倉町2471-7
営業時間:
【3月1日〜10月31日】9:00〜17:00
【11月1日〜2月】9:00〜16:00(11月6日〜1月10日は11:00開園)
定休日:なし
料金:大人720円(4月1日〜6月30日)、610円(それ以外の期間)、中学生以下無料
アクセス:
・上毛電気鉄道「大胡駅」より「ふるさとバス」(要事前予約)で約15分、「フラワーパーク」下車、徒歩すぐ
・北関東自動車道「伊勢崎IC」より約15km
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

吾妻公園【群馬県桐生市】

「吾妻公園」は、地元の造園業者が運営する、花と緑にあふれた公園です。屋外の花畑に加え、温室もあり、ハナショウブや洋ランなど、四季折々の花が見られます。

4月上旬から下旬にかけて、15カ所の花壇に約10,000株のチューリップが咲きます。

例年「吾妻公園チューリップまつり」を開催!

チューリップの見頃の時期にあわせて、例年「チューリップまつり」が開催されています。2022年の「第58回吾妻公園チューリップまつり」は、4月2日(土)〜4月17日(日)に開催。イベント期間中は写生大会が実施されます。予定されていた花苗無料配布と茶会は中止となっています。

■第58回吾妻公園チューリップまつり
開催期間:
2022年4月2日(土)〜17日(日)
入場料:無料
駐車場:あり(無料)

「第58回吾妻公園チューリップまつり」公式サイト

近くの動物園&遊園地で思いっきり遊ぼう!

「吾妻公園」から徒歩15分ほどの「桐生が岡公園」は、敷地内に「桐生が岡動物園」「桐生が岡遊園地」があり、どちらも入園無料で楽しめます。

「桐生が岡動物園」では、ライオンやレッサーパンダなど、約100種・480点の動物を飼育。「桐生が岡遊園地」には、観覧車やメリーゴーランドといったレトロで小さな子供が楽しめるアトラクションが7種類。いずれも1回大人200円、子供100円と、リーズナブルなのがうれしいポイントです。

■桐生が岡動物園
営業時間:
9:00〜16:30
定休日:不定休
料金:入場無料
駐車場:あり(無料)
※2022年1月21日(金)〜3月22日(火)まで臨時休園

■桐生が岡遊園地
営業時間:

【3〜10月】9:30〜17:00
【11〜2月】9:30〜16:00
定休日:不定休
料金:入場無料
駐車場:あり(無料)
※2022年1月21日(金)〜3月22日(火)まで臨時休園

「吾妻公園」の料金・アクセス情報

場所:群馬県桐生市宮本町3丁目地内
営業時間:常時開園
定休日:なし
料金:入場無料
アクセス:
・東武桐生線「新桐生駅」より車で約15分
・JR両毛線・わたらせ渓谷鉄道「桐生駅」より徒歩約20分
・上毛電鉄「西桐生駅」より徒歩約15分
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

あしかがフラワーパーク【栃木県足利市】

94,000平方メートルの広々とした「あしかがフラワーパーク」では、シンボルである大藤をはじめとする、季節折々のさまざまな花が楽しめます。

パーク内は季節によって8つのテーマがあり、30,000球のチューリップが見られるのは「第二章 春の花祭り」の時期(3月上旬〜4月中旬)。この期間は、チューリップだけでなく、雪柳やサクラも開花し、春のにぎやかな景色を演出します。

「あしかがフラワーパーク」の料金・アクセス情報

場所:栃木県足利市迫間町607
営業時間:通常期10:00〜17:00(4月9日より9:00〜18:00)
※季節により変動
定休日:なし
料金:大人400〜2,000円、4歳〜小学生200〜1,000円
※入場料は開花状況によって変動
アクセス:
・JR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」より徒歩約3分
・東北道「佐野藤岡IC」から国道50号経由で約18分
・北関東道「佐野田沼IC」から県道16号経由で約12分
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

那須フラワーワールド【栃木県那須郡】

人気の観光エリア・那須高原にある「那須フラワーワールド」は、雄大な那須連峰を望む、観光農園型のフラワーパークです。

2022年は4月29日(金)開園予定で、チューリップは例年4月下旬〜5月下旬が見頃。約22万株のチューリップが5月上旬に一番の見頃を迎えます。同じ時期には、スイセンやアネモネなども楽しめますよ。

「那須どうぶつ王国」でかわいい動物に会おう!

「那須フラワーパーク」から車で10分ほどの場所にある「那須どうぶつ王国」は、快適な屋内エリアと広大な屋外エリアで、ジャガーやレッサーパンダ、マヌルネコなど、多彩な生き物に出会えるスポット。

2022年2月にはSNSを中心に人気を集めるスナネコに赤ちゃんが誕生。3月下旬頃に一般公開を予定しています。アザラシやペンギンへのエサやり体験やバードパフォーマンスなど、生き物が身近に感じられるイベントも開催されています。

■那須どうぶつ王国
営業時間:

【平日】10:00〜16:30
【土日祝日】9:00〜17:00
※時期・日にちによって変動あり
※2021年12月3日〜2022年3月18日は冬季休業期間
定休日:水木曜(営業している場合あり)
料金:大人(中学生以上)2,400円、子供(3歳〜小学生)1,000円
※冬季営業期間(12月〜3月中旬)は大人1,200円、子供500円
駐車場:あり(無料)

「那須フラワーワールド」の料金・アクセス情報

営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
※2022年は4月28日(土)〜10月下旬(降霜まで)に開園
場所:栃木県那須郡那須町大字豊原丙字那須道下5341-1
料金:大人500〜1,000円、中高校生300円、小学生200円
※2022年4月下旬〜5月下旬(チューリップ開花時期)の料金。時期によって変動あり
アクセス:
・東北自動車道「那須高原スマートIC」から車で約15分
・東北自動車道「那須IC」より車で約25分
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

茨城県ひたちなか市の太平洋岸に位置する「国営ひたち海浜公園」は、潮風を感じながら季節折々の花を堪能できる国営公園です。海の青色とマッチする淡い青色のネモフィラの花畑で有名ですが、ほかにもさまざまな花の名所となっています。

約215ヘクタールの広大な園内では、4月中旬から下旬にかけて、約280品種・25万本のチューリップが見頃を迎えます。チューリップの開花と前後し、人気の高いネモフィラも開花し、春をたっぷり満喫できますよ。

アトラクションやアスレチック遊具など、遊びも満載!

広大な園内には、林間アスレチックやエアートランポリンなどの遊べる場所もいっぱい!

なかでも、「プレジャーガーデン」エリアは、「大観覧車ブルーアイズ」「林間ジェットコースター」「カード迷路『ぐるり森大冒険』」など、20種類以上のアトラクションがそろった大人から子供まで楽しめる遊園地。

ネットアスレチックやドームスライダーで遊べる「月と地球の広場」や「BMX(バイシクルモトクロス)コース」(2022年3月末まで利用中止)もありますよ。

「国営ひたち海浜公園」の料金・アクセス情報

場所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
料金:大人450円、中学生以下無料、65歳以上210円
※春のネモフィラ(4月中旬〜5月上旬)・秋のコキア(10月中旬)の見頃時期は、参加料250円加算(中学生以下無料)
※のりもの券などは有料
アクセス:
【電車・バス】
・JR常磐線「勝田駅」東口のバスロータリー2番乗り場より茨城交通バス「海浜公園行き」で約15分、「海浜公園西口」または「海浜公園南口」で下車、徒歩すぐ
・ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦駅」から徒歩約20分(海浜公園南口)
【車】
・東京方面/常磐自動車道(友部JCT)から北関東自動車道経由、常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」よりすぐ
・いわき方面/常磐自動車道「日立南太田IC」から車で約30分
駐車場:あり(520円)
トイレ:あり

和田公園(水郷筑波国定公園 浮島園地)【茨城県稲敷市】

別名「水郷筑波国定公園 浮島園地」とも呼ばれる「和田公園」は、霞ケ浦湖畔の和田半島全域に位置する広大な公園です。

毎年4月上旬〜中旬には約12万株のチューリップが咲き、それにあわせて「稲敷チューリップまつり 」が開催されます(2022年は中止。チューリップの観覧はOK)。

野鳥を観察したり、デイキャンプしたりできる自然豊かな園内には、季節ごとに色とりどりの花が咲き乱れます。和田岬からは霞ケ浦や筑波山を見渡すことができ、その絶景も見どころです。

「稲敷市チューリップまつり」公式サイト

「和田公園(水郷筑波国定公園 浮島園地)」の料金・アクセス情報

営業時間:常時開園
定休日:なし
場所:茨城県稲敷市浮島5020-1
料金:無料
アクセス:
・JR成田線「佐原駅」から車で約20分
・首都圏中央連絡自動車道「稲敷IC」より車で約30分
・東関東自動車道「大栄IC」より車で約30分
駐車場:あり(無料)
トイレ:あり

並んで咲くチューリップは、子供の目線と同じくらいの高さです。じっくり眺めたり、花の香りを感じてみたりと、五感を使って春を満喫できるので、親子のお出かけにぴったりですよ!

「春のおでかけ先特集」で季節を満喫♪
【記事】関東の絶景フラワーパーク&花畑23選
この記事をクリップする
149
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!