332

【2022】関東のネモフィラが人気の絶景公園7選 無料&東京から日帰りOK

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

薄いブルーの花が特徴的な「ネモフィラ」。和名は「瑠璃唐草(るりからくさ)」といい、4〜5月にシーズンを迎えます。関東ではGWに見頃を迎えるとあって、連休に合わせてネモフィラの花畑を見に行くファミリーも多いです。

今回は、関東エリアでおすすめのネモフィラが美しい公園を6つ紹介します。東京都内からも日帰りで行ける場所が多いので便利です。

※2022年の最新情報に更新しています

GWイベント&注目スポットをチェック!
「関東の絶景フラワーパーク&花畑」はこちら!

国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

ネモフィラといえば「国営ひたち海浜公園」といわれるほど、全国から人々が訪れる名所。ネモフィラの見頃は4月中旬〜5月上旬。広大な敷地一面にネモフィラの花畑が広がる風景は圧巻です。

200ヘクタールもの広々とした園内は、7つのエリアに分かれており、周遊バス「シーサイドトレイン」で園内を巡ることができます。5月29日(日)までは「フラワリング2021」が開催中で、各種イベントや限定グルメも楽しめます。車で行く場合は混雑が予想されるので、公式サイトにある迂回ルートを参考にしてください。

【フラワリング2022】
開催期間:2022年4月1日(金)〜5月29日(日)
時間:9:30〜17:00
場所:国営ひたち海浜公園
料金:無料 ※別途入園料が必要です

■国営ひたち海浜公園
開園時間:9:30〜17:00(夏期、冬期は閉園時間が異なる)
休園日:3月26日〜5月31日は無休
料金:大人450円、65歳以上210円
※中学生以下無料
ネモフィラの見頃:4月中旬〜5月上旬

国営昭和記念公園【東京都立川市】

180ヘクタールもある広々とした園内で、ふわふわドームや複合遊具で遊べる「わんぱくゆうぐ」のほか、サイクリングやフットサルなどのスポーツやBBQが楽しめます。都心にありながら自然の中で1日遊べる公園として親子に人気です。

チューリップ、菜の花に続き、もみじ橋近くの「ハーブの丘」で、4月中旬〜5月中旬にネモフィラの花畑が見頃を迎えます

■国営昭和記念公園
開園時間:9:30〜17:00(土日祝日は9:30〜18:00)
※みどりの文化ゾーンは8:30から開園
※3月27日(日)〜5月22日(日)の日曜・祝日は西立川口のみ7:30から開園
休園日:年末年始、2月の第4月曜日とその翌日
料金:大人450円、65歳以上210円
※中学生以下無料
ネモフィラの見頃:4月中旬〜5月中旬

くりはま花の国【神奈川県横須賀市】

神奈川県・横須賀にある「くりはま花の国」では、春はポピー、秋はコスモスと季節ごとに美しい花畑を楽しめます。4月上旬〜5月中旬はネモフィラが見頃を迎え、横須賀の街が見渡せる丘の上が青一色に染まります

園内には子供に大人気のアスレチック広場もあり、全長38mのローラーすべり台や大型遊具で遊べます。巨大なゴジラのすべり台は必見!

4月9日(土)〜5月29日(日)には、「ポピー・ネモフィラまつり」を開催。約100万本のポピー園でアイスランドポピーやシャーレ—ポピーなどが続々と開花リレーするほか、山頂にも近い天空の花畑ではネモフィラが見頃を迎えます。
また、5月28日(土)・29日(日)の2日間は、ポピー園で無料の花摘み大会を開催予定です。

■くりはま花の国
開園時間:常時
休園日:無休
料金:無料
ネモフィラの見頃:4月上旬〜5月中旬


国営武蔵丘陵森林公園【埼玉県比企郡滑川町】

東京ドームの約65個分という広大な面積を誇る自然豊かな公園。「西口ひろば」近くにネモフィラの花畑があり、4月上旬〜下旬の見頃には一面に広がる10万株の青い花のじゅうたんが楽しめます。園内には全長17kmものサイクリングコースがあり、緑に囲まれた林間コースで爽快なサイクリングも楽しめますよ。

花畑を満喫したあとは、展望レストランやBBQエリアで食事を楽しんだり(事前予約制)、日本一大きなエアートランポリンやアスレチックで体を動かしたりと、親子で1日中遊べます

※2022年は冬の寒さと乾燥の影響で生育が例年より遅めです

■国営武蔵丘陵森林公園
開園時間:9:30〜17:00
休園日:ネモフィラ期間中無休
料金:大人450円、65歳以上210円
※中学生以下無料
ネモフィラの見頃:4月上旬〜下旬

マザー牧場【千葉県富津市】

約250ヘクタールの広々とした敷地内で、動物とのふれあいやウシの乳しぼり体験、季節の味覚狩り、手作り体験など、多彩な楽しみ方ができる「マザー牧場」。まきばエリア「花の谷」を中心に、「まきばの広場」など園内各所に約100万本のネモフィラが咲き誇ります。

2022年シーズンの見頃は4月中旬〜5月上旬。「花の谷」の斜面一面を爽やかに青色に染める景色は圧巻です!

園内には、観覧車などの大型遊具がそろった遊園地、乗馬体験などのアクティビティも充実。ペットも同伴可能なので(犬のみ/1頭700円)、家族やペットと美しい景色を楽しみながら1日中のんびり過ごせますよ。

■マザー牧場
開園時間:【2月〜11月】平日9:30〜16:30、土日祝日9:00〜17:00
休園日:不定休(12月と1月に休園あり)
料金:
【入場料】大人(中学生以上)1,500円、子供(4歳〜小学6年生)800円
【同伴犬】1頭700円 ※犬のみ。巻き取り式リードは事故防止のため使用できません

もっと詳しい情報を見る
マザー牧場の人気体験&イベント&グルメを網羅 お得チケットも

富田さとにわ耕園【千葉県千葉市】

農業体験農園のほか、地元でとれた野菜や魚の直売所がある「富田さとにわ耕園」。芝桜の名所としても知られ、GW期間中は12万株の芝桜とあわせて、ネモフィラやポピーが見頃を迎えます。黄色いポピーとブルーのネモフィラの花が織りなす田園風景は一見の価値あり!

■富田さとにわ耕園
開園時間:9:00〜17:00
休園日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)
料金:無料
ネモフィラの見頃:4月上旬〜5月上旬

日比谷公園【東京都千代田区】

霞が関と有楽町の間に位置する「日比谷公園」は、東京を代表する公園のひとつ。日比谷門近くにある「第二花壇」と「大噴水」の北側にネモフィラが植えられていて、春の風物詩となっています。規模は小さめですが、都会のビルの谷間にネモフィラブルーが広がる光景はここでしか見られません。

見頃は例年4月中旬から5月上旬頃。ネモフィラの隣には色とりどりに咲くチューリップの花壇があり、同時期に楽しむことができます。開花状況は公式Twitterで確認しましょう。

約16.2ヘクタールの広大な園内には、ターザンロープなどの遊具で遊べる「草地広場」や、緑を見ながら食事が楽しめるレストランなどもあり、親子で1日のんびり過ごせます。

■日比谷公園
開園時間:常時
休園日:なし
料金:無料
ネモフィラの見頃:4月中旬〜5月上旬

GWの心地よい気候のなか、美しいネモフィラ畑を見れば、家族のよい思い出になるはず! アスレチックやBBQなどの施設が併設されている公園も多いので、花畑とあわせて楽しむのもオススメです。カメラを持参して、ネモフィラ畑の絶景を写真に収めましょう。

GW&5月の必見おでかけ情報はこちら!

GWにおすすめのスポットをチェック!

「いこーよ」GW特集では、関東・関西・東海など全国の人気イベントを紹介! キャラクターイベントや「こどもの日」イベント、無料で楽しめるアスレチックなど親子におすすめのスポット情報も!

GW(ゴールデンウィーク)特集2021
この記事をクリップする
332
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!