【大阪】おすすめ遊園地・テーマパーク7選 入園無料&駅近も!

さまざまなアトラクションや体験が楽しめる遊園地やテーマパークは、親子連れに人気のおでかけ先。そこで今回は、大阪府にあるおすすめの遊園地やテーマパークを一挙に紹介します。

【関西】家族で1日遊べる格安遊園地・テーマパークまとめ【関西】入場無料の年齢別おすすめ遊園地&テーマパークまとめ

みさき公園【岬町】

「みさき公園」は、遊園地や動物園、イルカショーのスタジアム、電車の展示や運転体験が楽しめる「わくわく電車らんど」を併設する総合レジャーランドです。遊園地エリアでは20種類以上のアトラクションが楽しめます。

0歳から乗れる年齢制限のないアトラクションも多く、急カーブが連続する「ワイルドマウス」(写真)やボートに乗って高さ15mから急降下する「タイダルウェーブ」といったスリリングな乗り物も3歳からOK。小さな子供連れでもしっかり楽しめます。

仕掛けがいっぱいの「わくわく迷路」や立体迷路の「みさき要塞 大脱出」(写真)など、親子で楽しめるアトラクションもおすすめです。

■施設情報
入園料/中学生以上1,350円、2歳〜小学生700円
休園日/水曜を中心に不定休
最寄り駅/南海電鉄「みさき公園駅」から徒歩すぐ

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪【大阪市】

大阪市の天保山マーケットプレース内にある「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」は、レゴ(R)ブロックをテーマにした屋内型体験施設です。

VRゴーグルによる360度の映像で迫力あるレース体験ができる「グレート レゴ レース」や、3D映像と体感演出による抜群の臨場感が人気の「レゴスタジオ4Dシネマ」、レゴブロックの工場見学ができる「レゴファクトリーツアー」など、多彩なアトラクションが楽しめます。

レゴの作り方が学べる「マスター・ビルダー・アカデミー」など、レゴブロックで遊べるコーナーも充実。レゴをモチーフにした屋内アスレチックや女の子に人気のレゴフレンズの世界を再現した「レゴフレンズ オリビアハウス」もあります。

■施設情報
入園料/3歳以上2,300円、2歳以下無料
休園日/不定休(天保山マーケットプレースの休館日に準ずる)
最寄り駅/地下鉄「大阪港駅」から徒歩約6分

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)【大阪市】

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)は、人気映画やおなじみのキャラクター作品の世界を再現したアトラクションが楽しめる、日本屈指のテーマパークです。

ハリー・ポッターやジュラシック・パークなど、人気作品を題材にした9つのエリアには、最新技術を駆使したアトラクションがいっぱい。家族連れにはハローキティやスヌーピーといったキャラクターに出会える「ユニバーサル・ワンダーランド」がおすすめです。

■施設情報
入園料/1デイ・スタジオ・パス(1日券):12歳以上7,400円〜、4〜11歳5,100円〜、3歳以下無料※価格は入場日によって異なる
休園日/無休
最寄り駅/JR「ユニバーサルシティ駅」からら徒歩約5分


関西サイクルスポーツセンター【河内長野市】

「関西サイクルスポーツセンター」は、風変わりな自転車のアトラクションが楽しめる自転車のテーマパークです。

ペダルを漕いで加速する自転車版ジェットコースター「モッズ」や、足漕ぎで高さ30mまで上昇する「サイクルパラシュート」など、自転車テーマパークならではのアトラクションが楽しめます。

また、さまざまな形や漕ぎ方の変わり種自転車が800台あるほか、全長約3kmのサイクリングコースや自転車練習広場もあります。

■施設情報
入園料/中学生以上800円、3歳〜小学生500円、2歳以下無料
休園日/火曜(GW期間・夏休み期間は営業、12・1月に臨時休業あり)
最寄り駅/南海電鉄「河内長野駅」から南海バスで約20分、「サイクルセンター」から徒歩すぐ

ひらかたパーク【枚方市】

「ひらパー」の愛称で親しまれる枚方市の「ひらかたパーク」は、100年以上の歴史を持つ老舗の遊園地です。園内には40種類のアトラクションがあるほか、動物とふれあえる「どうぶつハグハグたうん」や、5〜6月と11月に見頃を迎える「ローズガーデン」などもあります。

「木製コースター エルフ」(写真)などのスリルあふれる乗り物をはじめ、ライドに乗ってモンスターをやっつける「アドベンチャーサファリ」や歩いて迷宮を探索する「いたずら魔女のラビリンス」、四季の花が咲く庭園を眺めながらボートでクルージングする「ファンタジークルーズ」など、多彩なアトラクションがそろい、大人から子供まで楽しめます。

体と頭を使って攻略する「あたま系アスレチック ヤッテミ〜ナ」も人気です。

■施設情報
入園料/中学生以上1,400円、2歳〜小学生800円
休園日/不定休
最寄り駅/京阪本線「枚方公園駅」から徒歩約3分

ANIPO(アニポ)(EXPOシティ(エキスポシティ))【吹田市】

「ANIPO」は、吹田市のららぽーとEXPOシティにある入園無料のミニ遊園地。動物のキャラクターをメインにした小さな子供向けのアトラクションが特徴です。

特大サイズのブランコ「ブランブラン」やペダルで素早く漕ぐほど空高く飛べる「空飛ぶ自転車スイスイ」、ライド型の水鉄砲シューティング「まほうの水てっぽうパシャプシュ」、煙の出る機関車型ライド「ミニ汽車ポッポ」の4つが楽しめます。

■施設情報
入園料/無料
休園日/不定休
最寄り駅/大阪モノレール「万博公園駅」から徒歩約2分

ハーベストの丘【堺市】

堺市にある「ハーベストの丘」は、動物とのふれあいや農業体験が楽しめる体験型農業公園です。園内にはアトラクションもあり、観覧車やゴーカートのほか、悪路を4輪バギーで走り抜ける「ゴリラバギー」(写真)などの乗り物が楽しめます。

また、4歳以上から楽しめる空中アスレチック「オラ!ウー!タン!」や全長40mの芝すべり、トランポリンもあり、親子で思いっきり体を動かして遊べます。

■施設情報
入園料/中学生以上900円(学生割引あり)、4歳〜小学生500円、3歳以下無料、冬期間(12月〜2月)中学生以上500円(学生割引あり)、4歳〜小学生300円、3歳以下無料※2019年10月1日より料金改定予定
休園日/冬期間(12月〜2月)の水曜、元日
最寄り駅/泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から南海バス・ハーベストの丘行きで約20分、「ハーベストの丘」から徒歩約1分

今回紹介したスポットはそれぞれ施設ごとに特色があり、違った楽しみ方ができます。ぜひ気になるスポットにおでかけしてみてください。

【特集】行きたい遊園地&テーマパークが見つかる!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!