27

【2022】全国のおすすめ格安スケート場11選 子供500円前後で遊べる!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

冬ならではの遊びとして人気のアイススケート。スケート靴のレンタル料なども含めて格安のところも多く、親子で楽しめる手軽なウインタースポーツです。

今回は、全国のスケート場の中から、子供500円前後で楽しめるお得なスポットを11カ所ピックアップ! それぞれの特徴もあわせて紹介します。

※2021年の最新情報に更新しています

全国のスキー場を紹介!スキー場特集はこちら

道北アークス大雪アリーナ(北海道旭川市)

夏期にはスポーツや音楽、展示会などの各種イベントに使用される多目的アリーナが、冬期になるとスケートリンクとして一般開放される「道北アークス大雪アリーナ」。アイスホッケーやフィギュアスケート滑走時にも使用される本格的なリンクでスケートが楽しめます。

利用料金は、中学生以下無料、高校生450円、大人750円。貸スケート靴は1足320円で、中学生以下であれば靴代のみで体験できます。

多目的アリーナの冬期営業期間は、12月1日から3月31日までですが、一般開放日はイベントや団体利用の予約がないときのみなので、おでかけ前に公式サイトの行事予定表をチェックしてください。

■道北アークス大雪アリーナ
住所:北海道旭川市神楽4条7-1-52
営業期間(冬期):112月1日(水)〜3月31日(木)
営業時間(冬期):9:00〜18:00
定休日:毎月第1水曜、12月31日、1月1日

新ときわスケートセンター(北海道苫小牧市)

「新ときわスケートセンター」は、2014年に整備された屋内型スケートリンク。1年を通して滑走できる数少ない本格リンクです。

利用料金は、市外の小学生以下150円、中学生200円、高校生250円、大学生以上400円。スケート靴のレンタル料は300円なので、小学生以下は合計450円、中学生は500円、高校生でも550円で楽しめるお財布に優しいスポットです。苫小牧市内在住の小・中学生の利用料は、証明があれば無料になります!

子供向けのスケート教室も実施しているので、申し込むのもおすすめです。安全のため、帽子と手袋を着用する規定があるので、利用の際は忘れずに持参してください。また、大会や貸し切りの日もあるので、公式サイトの滑走予定表を確認してから足を運んでくださいね。

■新ときわスケートセンター
住所:北海道苫小牧市ときわ町3-8-1
営業期間:通年
営業時間(一般滑走):10:00〜16:15
定休日:毎月第2木曜、12月31日〜1月2日、4月1日〜5月31日(メンテナンス期間)

MGC三菱ガス化学アイスアリーナ(新潟県新潟市)

「MGC三菱ガス化学アイスアリーナ」は、スケートをはじめとする各種氷上スポーツが1年中楽しめる施設。一般利用できるメインリンクとサブリンクがあるほか、土・日曜、祝日には未就学児と保護者専用のキッズパークもリンク上に登場し、専用の遊具で遊べます。

1回の利用料金は、未就学児500円、小・中・高校生1,000円、一般1,500円(すべて靴代込み)。マイシューズがある場合は割引されます。ヘルメット&プロテクターの無料貸し出しや、30分300円で氷上ソリのレンタルもあるので、小さな子供連れでも安心して楽しめます。滑走の際は指先まで隠れる手袋が必要です。

一般利用は、大会やイベントの開催により休止することも。イベントは、冬休みの短期スケート教室やクリスマス限定のイルミネーションリンクなど充実しているので、事前にチェックして参加するのもおすすめです!

■MGC三菱ガス化学アイスアリーナ
住所:新潟県新潟市中央区鐘木257-17
営業期間:通年
営業時間:平日13:00〜18:00、土日祝日10:00〜15:00
※サブリンクのみ金曜は 16:00まで
※大会やイベントの開催により一般利用を休止する場合あり
定休日:無休


新潟県立柏崎アクアパーク(新潟県柏崎市)

「新潟県立柏崎アクアパーク」は、アイススケートリンクや50m公認プール&レジャープール、浴室などを備えていて、1年を通してさまざま楽しめる施設です。

アイスリンクの利用料金は、小・中学生460円、一般920円。スケート靴は1足330円で借りることができ、15cmから用意があります。幼児は大人1人につき2人まで無料なので、靴代のみで楽しめますよ。手袋の着用が必須です。

日時限定で、県内初となる光るアイスリンク「光音異空間 EXCITE TIME」イベントも開催。イルミネーションとノリノリの音楽で非日常的な空間が誕生します。一味違うスケートが楽しめるのでおすすめです。

■新潟県立柏崎アクアパーク
住所:新潟県柏崎市学校町6-73
営業期間(アイスリンク):11月上旬〜2月下旬 ※組み立て・解体の作業により変更する場合があります
営業時間(同上):14:00〜18:30(平日)、10:00〜18:00(土・日曜、祝日) ※12月25日〜30日は10:00〜18:00
定休日:毎週火曜(祝日・休日の場合は直後の平日)、12月31日、1月1日 ※そのほか臨時休館する場合があります

すまいるスケートハピリンク(福井県福井市)

JR福井駅西口にある「福井市にぎわい交流施設」内の屋根付き広場「ハピテラス」にも、シーズンになるとスケート場がオープン。駅前にあるのでアクセスしやすく、毎年たくさんの親子が楽しんでいます。

料金は、小学生以下600円、中学生・高校生800円、大学生以上1,100円(靴代込み)。靴持参の場合は300円割引されるほか、小学生以下と大学生以上の親子ペアによる300円割引(平日16:00〜18:00)など、サービスも充実しています。12月24日(金)のオープン日は無料開放されますよ!

手袋のほか、ヘルメットとプロテクターの着用も義務付けられていて、手袋以外は無料でレンタルできます。3歳以下はリンクの利用はできないので注意してくださいね。

■すまいるスケートハピリンク
住所:福井県福井市中央1-2-1 福井市にぎわい交流施設 1階 屋根付き広場 ハピテラス
営業期間:2021年12月24日(金)〜 2022年2月6日(日) ※天候やリンクコンディションにより利用できない場合もあります
営業時間:16:00〜19:00(平日)、10:00〜19:00(土日祝日) ※冬休みや元旦、スケート教室開催日などは変更になります。
定休日:期間中無休

川口市立グリーンセンター(埼玉県川口市) ※2021-2022シーズンはアイススケート場開催中止

四季折々の自然が楽しめる「川口市立グリーンセンター」では、夏に楽しめるプールが冬はアイススケート場としてオープンします。入場料は、3歳以下無料、4歳以上220円、高校生330円、一般550円。貸し靴代は400円で、15cmから用意があります。指先まで隠れる手袋の着用が必須です。

※2021-2022シーズンはアイススケート場中止

貸し靴の中には、幼児や初心者向けの「ちびスケ」も。一般的なスケート靴は刃が一枚ですが、「ちびスケ」は内側と外側に2枚の刃があるため、バランスがとりやすく転倒しにくいのが特徴です。サイズは15〜20cmまであるので、小さな子供のスケートデビューにピッタリですね!

■川口市立グリーンセンター アイススケート場
住所:埼玉県川口市新井宿700
営業期間:※2021-2022シーズンはアイススケート場中止
営業時間:9:00〜16:00 ※入場は15:00まで
定休日:毎週火曜(2月11日を除く)、12月30日〜1月1日、2月12日
※荒天およびリンクコンディション不良により利用できない場合があります

江戸川区スポーツランド(東京都江戸川区)

東京23区で唯一の区営のスケート場がある「江戸川区スポーツランド」。リンクは60m×30mの国際規格で、のびのびとスケートが楽しめるスポットです。

入場料は、幼児無料、小・中学生210円、大人520円。スケート靴は、幼児と小・中学生が210円、大人320円で借りられます。

リンク上では、年中以上の子供と親向けの「親子スケート教室」などを開催しています。一般公開日および営業時間は月ごとに公式サイトで公開されているので、チェックしてからおでかけしてくださいね。

■江戸川区スポーツランド スケートリンク
住所:東京都江戸川区東篠崎1-8-1
営業期間(スケートリンク/2019年度):2021年10月1日(金)〜2022年5月31日(火)
営業時間(同上):月水金曜9:00〜18:00、火木曜9:00〜20:00、土日祝日10:00〜18:00(利用は2時間まで) ※イベントなどで変更あり
定休日:不定休


TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK(東京都)

東京都墨田区にある「東京スカイツリータウン」の「スカイアリーナ」には、2021年12月1日(水)〜2022年3月6日(日)の期間限定で、「TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK」がオープンします。

利用料金は、中学生以下900円、大人1,600円(すべて靴代込み)。手袋が必須なのでお忘れなく! 割引サービスも豊富なので、公式サイトをチェックしてみてください。

■TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナ
営業期間:2021年12月1日(水)〜2022年3月6日(日)
営業時間:11:00〜20:00(月〜木曜)、11:00〜21:00(金・土・日曜、祝日) ※受付は営業終了の30分前まで。1月4日は15:00オープン
定休日:期間中無休

氷じゃないスケートリンク 豊田合成リンク(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市にある「オアシス21」の多目的空間「銀河の広場」には、冬の風物詩として「氷じゃないスケートリンク」が登場。靴代込みで小学生以下500円、中学生以上1,000円(土・日曜、祝日は1,300円)と格安で楽しめます。「学生割引」「夜間割引」などサービスも豊富です。

氷を使用する一般的なスケートリンクと違い、転んでも冷たくなく、濡れることもないのが特徴。着替えを用意する必要がないので、子供とのおでかけついでに気軽に立ち寄れます。年齢制限はなく、16cmから用意されているスケート靴が履ければ入場可能。手袋の着用が必須です。

期間中の毎週土・日曜と一部冬休み期間には、初心者向けのスケート教室を実施する時間帯もあるので、要チェックです!

■氷じゃないスケートリンク 豊田合成リンク
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-11-1 オアシス21 銀河の広場
営業期間:2021年12月4日(土)〜2022年3月13日(日)
営業時間:13:00〜20:00(平日)、10:00〜20:00(土・日曜、祝日、12月24日〜1月3日) ※入場は終了時刻の30分前まで
定休日:期間中無休

氷じゃないスケートリンク くるくるリンクin中京競馬場(愛知県豊明市) ※2021-2022シーズンはアイススケート場中止

「中京競馬場」内の「氷じゃないスケートリンク くるくるリンク」は、小学生以下専用でリンク利用無料。靴や、ヘルメット&プロテクター、手袋も無料で借りられます。転んでも濡れたり冷えたりしないので、スケートが初めての子供でも何度もチャレンジできます。

会場には、記念撮影ができる楽しいフォトスポットも。未就学児は保護者の同伴がマストで、中京競馬開催日は15歳以上200円の入場料が必要です。

■氷じゃないスケートリンク くるくるリンクin中京競馬場
住所:愛知県豊明市間米町敷田1225 中京競馬場内遊園地
営業期間:2021-2022シーズンは馬場内遊園地閉鎖中のため中止
営業時間:開門〜16:00(受付は15:30まで)

京都アクアリーナ(京都府京都市)

「京都アクアリーナ」は、世界基準のプールやアイススケートリンク、トレーニング施設、アーチェリー場などを備えた総合運動施設。スケートリンクは、京都府内唯一の屋内リンクで、アイスホッケーやフィギュアスケート、ショートトラックといった競技も行えます。

料金は、幼児無料、小・中学生830円、一般1,670円。スケート靴代は450円です。未就学児は靴代のみで本格リンクでのスケーティングが楽しめます。滑走には手袋の着用が必要です。

■京都アクアリーナ スケートリンク
住所:京都府京都市右京区西京極徳大寺団子田町64
営業期間(:11月〜3月
営業時間:【メインリンク】平日9:00〜17:15、土日祝9:00〜18:30
【サブリンク】平日9:00〜18:30 土日祝 9:00〜19:00
定休日:毎週火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日 ※7・8月は無休

全国には、お手頃な料金で楽しめるスケート場がいっぱい! 親子で一緒におでかけしてみてはいかがですか?

訪れる際は、手袋はもちろん、帽子も忘れずに。貸靴のサイズも確認してください。暖かく動きやすい服装ででかけて、思い出に残る時間を過ごしてくださいね。

幼児から楽しめる!雪遊び特集
この記事をクリップする
27
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!