お江戸の夏は金魚で決まり!すみだ水族館で夏のイベント開催

「すみだ水族館」は、2016年夏にリニューアルされ日本最大級の金魚展示ゾーンが登場します。そのお披露目を含めた夏のイベント「お江戸の金魚ワンダーランド」が、2016年7月1日(金)〜2016年9月30日(金)に開催。下町の夏にピッタリな色鮮やかな金魚たち。ゆらゆらと漂う姿を眺めれば蒸し暑い夏を忘れられるかも。

日本最大の金魚展示ゾーン「江戸リウム」

新しくリニューアルされる「江戸リウム」ゾーンでは、色も形も違う23品種の金魚たち約1,000匹が優雅に漂います。約100メートルに並べられた31個の金魚水槽と、ファンタジックな金魚ちょうちんが、幻想的な世界を作り出します。江戸時代に流通した金魚をはじめ、比較的新しい時代に登場した金魚など見どころもたくさん。江戸の金魚文化や歴史なども学びながら楽しめる、日本最大の金魚展示ゾーンへと生まれ変わりました。

伝統工芸のちょうちんがお江戸の夏を盛り上げる

展示されるちょうちんは、目黒雅叙園が開催する「和のあかり×百段階段展」とコラボレーション。金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した150 個の金魚ちょうちんと、150個の千鳥ちょうちん、温もりのある明かりが会場を包み込みます。この夏限定の演出なので見逃さないで。

また、金魚の水槽群を一望できるテラススペース「江戸風鈴テラス」には、500個の江戸風鈴がつるされ、風鈴の涼やかな音色に耳を傾けながら金魚たちをゆったりと眺めることができます。使用されている江戸風鈴は江戸時代から代々伝わる製法で東京の職人の手によって作られた涼しげなガラスの風鈴だとか。お江戸の夏祭りのような幻想的なゾーンになっています。


夏の自由研究にもピッタリな展示や体験プログラムも

金魚のルーツをたどる「金魚のヒミツ」

フナから始まり金魚へ至るまでの長い歴史を、水槽展示をたどりながら楽しく学ぶことができます。夏の自由研究にもぴったり。

めざせ、金魚名人!「夏休み・わくわくきんぎょ検定」

金魚の水槽やパネルを見て、金魚に関するクイズ5問に答えます。全問正解できたら検定用紙に合格スタンプと特別金魚スタンプをゲットして。

真っ白なT シャツに金魚が泳ぐ「北斎金魚T シャツ」

葛飾北斎が描いた金魚の絵柄を用いたスタンプをT シャツの好きな場所に押して、世界で1枚だけのオリジナルT シャツを作ろう。参加料金:500円(税込)

紙風船で金魚を作ろう!「ぼんぼん金魚」

赤い柄の紙風船を使って金魚を作るワークショップです。完成した「ぼんぼん金魚」を手に館内を散策して、お江戸の夏祭り気分を味わいましょう。※「ぼんぼん金魚」は光りません。

子どもにうれしい体験プログラム。江戸の金魚文化や歴史を学びながら、日本人の多くが好む金魚を奥深く鑑賞することができます。親子で楽しめるワークショップになっているので、一緒に夏の思い出を作れるといいですね。

期間限定の金魚メニューで夏満喫

「金魚ソーダ〜金魚鉢付き〜」

金魚をイメージしたあんずやベリーを入れた、爽やかな甘さのゼリー入りドリンク。金魚鉢からすくって食べる楽しさを味わえる、可愛くて楽しいドリンクです。金魚鉢型の容器はお土産に持って帰れますよ。750円(税込)※金魚鉢がなくなり次第終了

「金魚カクテル」(アルコール/ノンアルコール)

金魚の赤をイメージした、鮮やかな朱色のカクテル。人気の日本酒スパークリングにブラッドオレンジフレーバーを合わせた、甘すぎない大人の味わいです。アルコール:550円(税込)ノンアルコール:500円(税込)

「金魚ソフトクリーム」

金魚の赤をイメージした赤ぶどう味のソフトクリームです。360円(税込)

館内のペンギンカフェも夏のイベント中は、金魚に染まります。涼しげなカクテルや、金魚鉢に入ったスイーツなど見た目も楽しい一品が。お祭りムードたっぷりの楽しいメニューがそろっています。

ノスタルジックな日本文化をのんびり楽しんで

金魚と江戸の文化が融合されて、すみだ水族館は夏祭りの楽しさと、ゆらゆらと水槽を
泳ぐ金魚や魚たちでノスタルジックなムードが漂います。しみじみと日本文化の良さを堪能したり、子どもとワークショップではしゃいでみたり、ゆっくりと時間を過ごす夏休みのお出かけもいいかもしれませんね。