夏休みの注目スポット!親子イベント満載の東京ミッドタウン

2016年7月15日(金)から8月28日(日)までの期間、今年で10年目となる夏のイベント『MIDTOWN LOVES SUMMER 2016』(以下ミッドタウン・ラブズ・サマー)が開催されます!

10年目のテーマは「日本の夏の涼を五感で愉しむ」

「日本の夏の涼を五感で愉しむ」をテーマに、花火、足水、風鈴といった日本の夏の風物詩を都心ならではのスタイルで体感できるイベントが多数。特に注目なのは、2015年初開催で好評を博した「SUMMER LIGHT GARDEN」(サマーライトガーデン)。

2016年は「日本三大花火大会」とコラボレーションし、広大な芝生広場をステージに、ここでしか見ることのできない壮大な花火が表現されています。それでは「ミッドタウン・ラブズ・サマー」の見どころを紹介します!

メインイベント:サマーライトガーデン

芝生広場を舞台に、夏の夜を彩るイルミネーション「サマーライトガーデン」が2016年も登場。天候に関係なく、 雨天でも毎晩花火の演出を楽しむことができるのが魅力の本イベント。第2回目を迎える今年は「日本三大花火大会」といわれる「長岡まつり大花火大会」、「全国花火競技大会(大曲の花火)」、「土浦全国花火競技大会」とコラボレーションし、新感覚の花火大会が繰り広げられます。

コラボレーション開催期間と演出内容

【1】新潟県長岡市「長岡まつり大花火大会」プログラム

■期間:7月15日(金)〜7月31日(日)
2日間で合計104万人が来場し、計2万発の花火が打ち上がる「長岡まつり大花火大会」。平原綾香さんの「Jupiter」にのせて、復興の祈りと平和への願いを花火に込めた2005年から開催され続けている人気プログラム『復興祈願花火フェニックス』が上映されます。

【2】秋田県大仙市「全国花火競技大会(大曲の花火)」プログラム

■期間:8月1日(月)〜 8月14日(日)
日本最高峰の花火競技大会と称され71万人が来場した「全国花火競技大会(大曲の花火)」。その中でも、大会スタッフが1年間練り上げて企画した華々しい演出と迫力満点の音の演出で毎年好評を博しているプログラム「大会提供花火」。

花火で織りなす「もののあはれ」をお楽しみいただける、2015年度の大会提供花火『あさきゆめみし』が上映されます。

【3】茨城県土浦市「土浦全国花火競技大会(土浦の花火)」プログラム

■期間:8月15日(月)〜8月28日(日)
全国から集まる花火師たちが内閣総理大臣賞を目指し競い合う花火競技大会で、75万人が来場した「土浦全国花火競 技大会(土浦の花火)」。ミッドタウンのイルミネーションでは、秋の夜空を鮮やかに彩る大会提供花火『ワイドスターマイン 土浦花火づくし』を鑑賞することができます。


東京ミッドタウン夏の風物詩「日本の夏の涼」を奏でる風鈴展示

北海道から沖縄まで日本各地の伝統的な素材や技術で作られた15種類の風鈴が館内に展示されます。2016年で400周年を迎える有田焼や南部鉄器など、伝統的工芸で作られた風鈴に加え、小樽ガラスや富山真鍮でできた風鈴も並びます。

同じ素材でも、異なる顔や音色を持つ風鈴。それぞれの特徴に合わせた展示によって様々な楽しみ方を体験することができるイベントです。

「風鈴彩祭」開催概要

【期間】7月15日(金)〜8月28日(日)
【時間】11:00〜21:00
【場所】ガレリア館内

都心にいながら「夕涼み」 を堪能できる「ASHIMIZU」

ミッドタウン・ガーデンを流れる小川に足を浸し、都心にいながら「夕涼み」 を堪能できる「ASHIMIZU」。2016年は「日本の夏の涼」をより一層感じることができるように、日本古来の “丸窓”をイメージした造作が登場します。造作には、ところどころに障子に見立てた和紙が貼られ、水面に涼やかな影を落とします。

「ASHIMIZU」開催概要

【期間】7月15日(金)〜8月28日(日)
※雨天中止、月曜定休 
※7/18(月・祝)は実施、この週のみ 7/19(火)定休
【時間】14:00〜20:00
【場所】ミッドタウン・ガーデン
【料金】無料(タオルの販売あり / 100 円)
【席数】60 席

親子で楽しめる様々なキッズプログラムも開催!

夏休み真っ盛りのこの期間は、東京ミッドタウン各所で親子で楽しめる様々なキッズプログラムも開催されます。毎年大人気のスタンプラリーや「アート、デザイン」を切り口にした体験型ワークショップに加え、今年は都会のアサガオを題材にしたスケッチ教室が初開催。夏休みの思い出に、自由研究に、気軽に参加することができるイベントが揃います。

※各ワークショップによって、開催期間や開催時間が異なります。詳細はミッドタウンHPにて。

緑に囲まれた空間で都会的な時間を過ごす「バカルディ ミッドパーク カフェ」

緑に囲まれた気持ちのよい空間で都会的な時間を過ごせる「BACARDI MIDPARK CAFE(バカルディ ミッドパーク カフェ)」。歩き回って疲れたら、ここでひと息付くのもおすすめです。

「日本三大花火」とコラボレーションしたモヒートも登場

カフェ内では「世界NO.1※のプレミアムラム」バカルディの全面協力による、フレッシュミントをたっぷり使用したバカルディモヒートのほか、モヒートを愛した文豪ヘミングウェイをモチーフにしたビターモヒート、日本三大花火の土地にちなんだベジタブルモヒートやフルーツモヒート(期間限定)など、様々なモヒートを楽しむことができます。

※2014年IWSR社調べ

フードメニューは食べごたえ満点のラインナップ

フードメニューは「バカルディ8」に浸けこんだスペアリブやロティサリーフリフリチキン、タコライスなど、食べごたえ満点のラインナップとなっています。夏でも気持ち良く過ごせる屋外での食事を楽しんでください。

「バカルディ ミッドパーク カフェ」開催概要

【期間】7月15日(金)〜8月28 日(日) ※荒天中止
【時間】(平日)17:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)、(土日祝)12:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)
※8月8日(月)〜8月12日(金)は12:00オープン
【場所】ミッドタウン・ガーデン
【席数】100席程度

夏休みの東京ミッドタウンは家族のお楽しみが満載!

イルミネーション花火に体験ワークショップ、緑あふれる都会的なカフェなど、夏休みの東京ミッドタウンは家族が楽しめるコンテンツが満載! 日によって開催されるイベントも異なるので、何度も足を運んで親子の夏休みを満喫してください。

関連キーワード