お得なクーポン情報の掲載をはじめました

【日光】SL大樹・水陸両用バス・トロッコも! 子どもが喜ぶ個性派「乗り物」7選

もくじ

日光連山や中禅寺湖、鬼怒川渓谷など豊かな自然に恵まれている栃木県の日光。歴史的な社寺や温泉などが観光客にも人気ですが、親子でアクティブに過ごせる楽しい乗り物もたくさんあります。

そこで今回は、日光ならではの「SL大樹」「水陸両用バス」「トロッコ列車」「カート」など、子どもが目を輝かせる乗り物がある施設を厳選して紹介します。普段はできない体験を通して家族の絆も深まるはず。大人も一緒に楽しんで、素敵な思い出をたくさん作りましょう!

鬼怒川温泉ロープウェイ/鬼怒川温泉エリア

鬼怒川の自然に包まれて、空中散歩しながら丸山の山頂まで登れる「鬼怒川温泉ロープウェイ」。乗り物好きの子どもと一緒のおでかけならぜひ訪れたいスポットです。

鬼怒川温泉山麓駅から4分で丸山山頂駅に到着です。山頂には、視界を遮るものがない総ヒノキ造り2階建ての丸山山頂展望台があり、鬼怒川渓谷の絶景やミニチュアのように小さくなった鬼怒川温泉の街並みが満喫できます。

山頂にある数十匹のサルが暮らす「おさるの山」では、長い棒の先についたスプーンでエサをあげられます(1袋100円)。器用にエサをつかむ姿はかわいらしく、思わず笑みがこぼれますよ。

口コミPickUP!
大人1100円子供550円でロープウェイが往復できます。山頂には、お猿さんがいてエサが100円であげられます。anmiさんの口コミ

ハイキング気分で展望台から温泉神社へ

展望台の裏手にある赤い鳥居の小道を進むと温泉神社があります。四季を感じながら遊歩道を散策してちょっとしたハイキング気分を楽しめますよ。

親子向け施設情報

  • 乗車料(片道):大人650円、4歳〜小学生350円、3歳以下無料
  • 乗車料(往復):大人1,100円、4歳〜小学生550円、3歳以下無料

東武鉄道SL大樹/鬼怒川温泉エリア

2017年8月10日に運行が開始された東武鉄道「SL大樹」。北海道で運行されていたC11形207号機を復活させたSLが、東武鬼怒川線の下今市駅と鬼怒川温泉駅の間を走ります。力強く立ち上る蒸気や体に響く汽笛の音など、SLならではの魅力に子どもも大喜び! 全席座席指定で、大人750円、小児380円です。

下今市駅構内と鬼怒川温泉駅前広場には、SLの向きを変えるための転車台があります。次の運行に向けてSLが向きを変える全国でも珍しい光景は、記念写真を撮るフォトスポットにもってこいです。

JR四国から譲渡された旧国鉄時代の客車が使われています。座席シートやカーテンなどは新製当時に近づけたリニューアルが行われており、昭和の雰囲気がたっぷりで、動く鉄道博物館のようです!

SL大樹だけの特製駅弁を味わおう!

せっかくSL大樹に乗るなら駅弁も楽しみたいですよね。「懐かしの下今市立ち売り弁当」や「日光埋蔵金弁当」など、SL大樹の運行にちなんだお弁当が販売されています。車窓からの景色を眺めながら食べる駅弁は格別です。SL大樹の車内では販売されていないので、下今市駅・鬼怒川温泉駅の売店で購入してくださいね。

親子向け施設情報

  • SL座席指定券(片道):大人750円、小児380円 ※乗車区間の運賃が別途必要

グランデ・イソーラ/鬼怒川温泉エリア

鬼怒川温泉エリアにある、自然に囲まれたカート専用のサーキットです。ライセンスなどは不要で、4歳以上で身長が110cm以上なら誰でも気軽にサーキットランが楽しめます。ヘルメットやグローブを無料レンタルできるので、手ぶらで遊びに行けるのも魅力です。

F1のエンジンを作っている「無限」が開発した、本格的な一人乗り用のカートに乗れます。操作は簡単なので初めてでも大丈夫。自分で運転するマシンで、思いきりサーキットを駆け抜けましょう!

全長365mのコースでタイムを競う、タイムトライアル方式で遊べます。1000分の1秒までタイム計測できるので、親子で本格的なレース気分が味わえますよ!

2人乗りカートで親子一緒に楽しもう!

2人乗りカートなら隣に乗るのに制限がないので、まだ自分で運転できない子どもでもサーキットランを体験することができます。運転は自動車免許を持っている人に限られます。スピードもコントロールできるので、小さな子どものカート初体験にぴったりですね。

親子向け施設情報

  • 乗車料:5周2,000円(会員は1,000円)、8周3,000円(会員は1,500円)

鬼怒川ライン下り/鬼怒川温泉エリア

たくさんの奇岩が織り成す美しい鬼怒川渓谷を船頭の操る船で下る「鬼怒川ライン下り」。時に緩やかで時に激しい川の流れに身を任せれば、ここでしか体験できない船旅が楽しめます。例年、4月中旬から11月下旬まで運行されています。

25〜30人が乗船できる木造の和船に乗り込んで、冒険が始まります! 1歳から乗船できますが、大きく揺れることもあるので、天候や子どもの体調をチェックしてから乗るのがおすすめです。

川幅が狭い場所は流れも速くてスリル満点。飛んでくる水しぶきや水の流れる音、鳥のさえずり、木々の美しさなど、鬼怒川の自然に丸ごと包み込まれるようなダイナミックな体験に大人も子どもも大はしゃぎ!

割引料金でお得に楽しもう!

鬼怒川温泉ロープウェイセット券を使えばお得です。ロープウェイとライン下りの両方でドキドキな体験を楽しみましょう。

親子向け施設情報

  • 乗船料:大人2,800円、4歳〜小学生1,800円、1〜3歳600円

湯西川ダックツアー/湯西川温泉エリア

全国でも珍しい水陸両用バスに乗れる人気のスポットです。ツアーでは湯西川ダム湖をクルージングして、通常は立入禁止の湯西川ダムの見学もできます。例年、4月中旬から12月初旬の間に、「湯西川 水の郷」と「道の駅 湯西川」から出発しています。

水陸両用バスの車高は3.7mと高く、陸上を走るときも一般的なバスとはひと味違う景色が楽しめます。窓がないのでダイナミックな自然を感じられるのも、子連れに人気の秘密です。

水上を遊覧する船へと変わる、スプラッシュインの瞬間は大迫力! 大きな水しぶきを上げながら水面に進んでいきますが、ほとんど濡れることはありません。小学生以下は救命ジャケットを着用するので安心です。

バスガイドさんの絶妙な語りが面白い! 

バスガイドさんによる軽快なトークも人気があります。現地を知り尽くしたガイドさんならではの豆知識やおもしろいお話が、ツアーを一層盛り上げますよ。

親子向け施設情報

  • 乗車料:大人3,000円、12歳以下2,000円、未就学児500円

足尾銅山観光/足尾エリア

400年の歴史を誇り、かつて「日本一の鉱都」とも呼ばれて栄えた足尾銅山の坑内観光施設です。専用のトロッコ電車に乗って坑道に入るので、珍しい体験に親子でわくわくドキドキ! リアルに再現された鉱山での作業風景や雰囲気にも心を奪われるはずですよ

全長700mの坑道を3両の客車を引っ張るトロッコ電車で出発! 15分おきに運行されていて待ち時間が少ないのも、小さな子ども連れにはうれしいポイントですね。

実際の坑道を通るので当時の様子が肌で感じられます。「江戸時代」「明治・大正時代」「昭和時代」と時代ごとに鉱石採掘の様子が再現されていて雰囲気満点! 

銅についてもっと学ぼう!

銅資料館など3つの資料館も併設されていて、足尾銅山の歴史や役割や鉱石から銅になるまでの過程などが学べます。坑道のしくみを解説するミニシアターも必見!

親子向け施設情報

  • 入坑料:大人820円、小〜中学生410円、未就学児無料

明智平ロープウェイ/中禅寺湖エリア

日光駅から中禅寺湖や華厳ノ滝へ車で向かう途中の第二いろは坂終点近くに乗り場があるロープウェイです。ロープウェイの窓からは、第一いろは坂や般若の滝など雄大な自然を眺められます。

頂上までは約3分の空の旅。揺れもほとんどなく快適なので、子どもも怖がらずに楽しめるはず。新緑の清々しい緑や、雪に覆われた幻想的な風景も人気ですが、特におすすめなのは10月中旬ころからの紅葉シーズンです。

頂上からは、中禅寺湖やそこから流れ落ちる華厳ノ滝、男体山などを雄大なスケールで見渡せます。山麓から見るのとは少し違う展望を体感してみてください。

口コミPickUP!
生まれて初めてのロープウェイ。終わりがけで誰もいなかったので、係員さんが記念写真をしてくれたり小さい息子にシールをくれたりととても親切にしてくれました。頂上の展望台からは華厳の滝が遠くに見えます。koaさんの口コミ

JAF会員ならお得に乗れます!

JAF会員証を提示すれば乗車料が10%割引になります。また、日光・鬼怒川エリアの東武グループ交通機関すべてに乗れる「プレミアム日光・鬼怒川東武フリーパス」も利用できるので、事前にゲットしておくといいですよ!

親子向け施設情報

  • 乗車料(往復):大人730円、小学生以下370円


子どもの五感が刺激されて目を輝かせるような、日光にある楽しい乗り物を紹介しました。特別な体験を通して、子どもが成長する姿も見られるはずですよ。ぜひ、おでかけプランに組み込んでみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!