お得なクーポン情報の掲載をはじめました

子供500円以下で1日遊べる! 東京都内のおすすめ格安プール10選

暑い夏に欠かせないレジャーといえばプール。親子で涼しく遊べるので、頻繁におでかけするファミリーも多いはず! そこで今回は、子供500円以下で、1日楽しめる東京都内の格安プールを紹介。お財布にやさしいだけでなく、スライダーや遊び要素が盛りだくさんの施設を厳選しています!

■都内の水遊び用オムツで入れるプールはこちら

■都内の幼児プールがあるおすすめスポットはこちら

すみだスポーツ健康センター 全天候型温水プール(墨田区)

墨田区にある屋内プール。水深30cmの「幼児プール」、同60cmの「子どもプール」、1周約90mの「流水プール」など遊べるエリアがたくさん! なかでも、全長50mの回転型ウォータースライダーは、スリル満点で子供たちに大人気です

土曜・日曜・祝日の場合、小・中学生は1日550円、一般は同1,100円。2時間だと小・中学生280円、一般550円です。平日であれば、小・中学生1日380円、2時間220円。一般は1日770円、2時間440円で利用できます。満3歳以上〜小学生未満の子供は無料、さらに毎月指定の1日は無料開放されるのでお得です。3歳未満およびオムツのとれていない子供は利用できません。

有明スポーツセンター 屋内プール(江東区)

江東区にある屋内プール。25mプールが6コースあるほか、水深が30cm、90cm、1mに分かれた「こどもプール」もあり、年齢にあわせて遊べます。ループスライダーやジャグジーなどもあるので、大はしゃぎしたり、リラックスしたりと、さまざまな過ごし方ができます。オムツのとれているおおむね3歳以上が利用可能です。

利用料は、中学生以下が2時間150円、一般が同400円。1時間ごとの超過料金も中学生以下75円、一般200円と安いので、2時間以上遊んでもお財布にやさしいです。また、毎月第2・第4土曜の午前中は「こどもスポーツデー」として区内在住の小・中学生に限り無料利用が可能です

東京スポーツ文化館 屋内温水プール (江東区)

江東区にある屋内プール。開放感がある明るいエリア内には、水深40cm〜50cmの「幼児用プール」に加え、同80cm〜1mの「初心者用プール」などもあるので、泳ぎが苦手でも安心です。夏季限定でウォータースライダーも楽しめます!

利用料は、学齢1年前の子供から中学生までが1回210円、大人は同310円です。ドーナツ型の浮き輪の利用がOKなので、小さな子供もたっぷり遊べますが、オムツが完全にとれていない場合は利用できません。

※2019年7月3日〜21日、2020年2月1日〜10月31日は「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」関連で利用できません


東調布公園プール(大田区)

大田区にあるプール。屋内には、25mプールと水深60cm〜70cmの「子供用プール」があります。夏季には屋外のプールもオープンし、青空の下で水深40cmの「幼児用プール」やウォータースライダーなどが満喫できます

夏季プールのフリータイム利用料は、0歳が無料、1歳〜中学生以下100円、高校生以上360円。オムツがとれていない場合も、水着のみでビニールプールに入れるので、親子で楽しく水遊びができます。夏季以外はオムツのとれている3歳以上が対象です。

萩中公園プール(大田区)

大田区にあるプール。9月10日〜6月30日は「幼児用プール」や「流れるプール」、ウォータースライダーなどがある屋内プールで遊べます(2019年は6月1日〜7月9日休場)。7月10日〜9月1日の夏季は、すべり台付きの「幼児用プール」や「渚プール」、ウォータースライダーなどがある屋外プールもオープンし、ダブルで楽しめます(7月10日〜12日、16日〜19日は屋内プールのみ公開)。

利用料は、通常期は3歳〜中学生2時間200円、高校生以上同480円(着替えの時間を含む)。夏季は時間制限なしで0歳無料、1歳〜中学生100円、高校生以上360円とお得になります(プール用オムツは利用不可)。通常期の屋内プールは3歳未満の入場不可です。

大蔵第二運動場 屋外プール(世田谷区)

世田谷区にある夏季オープンの屋外プール。水深40cm〜60cmの「幼児用プール」や「流水プール」のほか、迫力のウォータースライダーが2基も! 子供たちに大人気で、毎年にぎわうスポットです。

利用時に1日券または13:00から入場できる午後券のいずれかを選べるのもポイント。1日券は小・中学生450円、大人1,180円。午後券は小・中学生250円、大人660円となります。どちらの場合でも幼児は無料で、オムツがとれていない場合も水遊び用オムツの上に密着型の水着を着用すれば幼児用プールのみ遊べます。

千歳温水プール(世田谷区)

世田谷区にある屋内プール。25mプールが6コースと、水深60cmの「幼児用プール」や「流水プール」、ウォータースライダーにジャグジーもある広々としたスポットです。打たせ湯のほか、冷えた体を温められる採暖室(さいだんしつ)などユニークなエリアもあります。

利用料は、6月〜9月は小・中学生2時間150円、大人同520円。10月〜5月は時間制限なしで同料金です。1時間だと小・中学生80円、大人260円で通年遊べます。格安なので、夏季以外も訪れたいですね。幼児は無料ですが、完全にオムツがとれていない場合は入場できないので注意してください。


元気ぷらざ 温水プール(北区)

北区にある屋内プール。1周90mの「流水プール」や水深30cmと50cmに分かれたすべり台付きの「子供用プール」などで思いっきり遊べます。特に、長さ72mで高さ7.9mのウォータースライダーは子供大興奮! 遊び疲れたらジャグジーに入ることもできます。

利用料は、3歳〜中学生までは2時間100円、高校生以上は同500円。30分ごとの超過料金は3歳〜中学生が20円、高校生以上120円です。3歳未満の幼児や、オムツを使用している場合は入場できません。

東原公園水泳場(青梅市)

青梅市にある屋外プール。「流水プール」や水深10cm〜50cmの「幼児用プール」などがあるほか、長さ20mで高さ6mの直線スライダー3レーンと、長さ約64mで高さ約7mの曲線スライダーもあり充実しています。混雑時は使用を制限されますが、エアーマットなどの浮き具も持ち込みOKです。

利用料は、中学生以下2時間50円、大人同200円。延長料金は中学生以下1時間30円、大人同100円です。リーズナブルな上、オムツのとれていない子供もプール用オムツや水着を着用すれば幼児用プールで遊べるのがうれしいポイント!

多摩市立温水プール アクアブルー多摩(多摩市)

多摩市にある屋内プール。本格的に泳げる深さ1.2mの50mプールがあるほか、水の流れや波にのって遊べる「流波プール」、未就学児対象の「キッズプール」、激しいカーブが楽しい「ボディスライダー」、ボートに乗ってすべり降りる「アイランドスライダー」などがあり、遊び要素たっぷり!

6月の日曜、7月の日曜と祝日、海の日〜8月31日の利用料は、小・中学生2時間300円、大人同610円。そのほか時間制限はなく、同料金で1回分となります

小学生未満は無料ですが、オムツのとれていない子供は入場不可。プールが見学できるキッズルームではおもちゃで遊べます。

東京都内には、子供が飽きずに楽しめる格安プールがたくさん! 入場やスライダー利用などに関しては、条件があるスポットもあるので、訪れる前に確認して充実の1日を過ごしてくださいね。

幼児用プールやオムツOKの施設もわかる! 2019プール特集
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。