いわしパフェも誕生!水族館の春を楽しむ「桜といわし」開催

2016年4月1日(金)〜2016年6月3 日(木)の期間、京都の春を表現した「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」が京都水族館にて開催されます!このイベントは京都の四季といきものがコラボレーションする「季節を楽しむインタラクティブアート」の第2弾となります。

京都の自然美といきものが融合!四季の風景を感じるプログラム

「季節を楽しむインタラクティブアート」は、全国でも有数の美しさを誇る京都の四季の魅力を実際のいきものとのコラボレーションによって表現。京都ならではの文化も織り交ぜながら、京都の自然美といきものが融合した四季の風景を感じることができるプログラムです。

「大水槽」の大空間が鮮やかなピンク色に変身

「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」では、映像の桜と実際のイワシが調和した情感あふれる水族館ならではの京都の春の風景を楽しむことが可能。

本プログラムのテーマは、和の情緒溢れる古都京都に相応しい春の風物詩「桜」。「大水槽」内を泳ぐ約1万匹のイワシの群泳が桜吹雪を思わせることや、京都府が面する日本海沿岸のイワシ類の漁期が春で「春鰯(はるいわし)」と呼ばれることなどから、京都の春景色として桜とイワシを重ね合わせて表現されています。

水族館でお花見気分!

「大水槽」の大空間では、水槽のまわりの壁や床、天井からディスプレイした桜の花びらを思わせる柔らかな透過スクリーンに鮮やかなピンク色の桜の映像やイワシのシルエットを投影。水槽内を舞い泳ぐ桜吹雪のような実際のイワシの群れと調和した空間と水槽の一体感を感じることができます。桜とイワシで彩られた、水族館ならではの春らしい情景をお花見の気分で楽しめます!

視覚だけでなく香りや音など五感を使って楽しめる!

また会場の出入口には、映像が人の動きに合わせて変化するインタラクティブ要素として、イワシの群れに海の中へと誘われて入り込んだり、余韻を感じられる新感覚の映像演出も設置。

ほかに、桜を中心とした春のそよ風や穏やかな陽気を表現したオリジナルのアロマ「cherry blossom(チェリーブロッサム)」を導入し、爽やかな春の訪れをイメージさせる香りが広がります。明るい音楽も柔らかく大空間を包み込み、視覚だけでなく香りや音でもより一層春らしい雰囲気を楽しむことができます!

気になるそのお味は!?「桜といわしのパフェ」

「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」をイメージした期間限定パフェも登場! その名も「桜といわしのパフェ」。イワシの生姜煮をトッピングした奇想天外な見た目とは裏腹に、生姜の風味とバニラソフトの甘さのハーモニーが絶妙な一品! プログラムと合わせて「桜といわし」のコラボレーションぜひにもぜひ挑戦してみてくださいね。

■販売期間:2016年 4月1日(金)〜2016年 6 月3日(木)
■販売場所:ハーベストカフェ
■価 格:550円(税込み)

「京都水族館」のスポット詳細を見る