【お得】多品種を食べ比べできる!関東のおすすめいちご狩りスポット

さまざまな種類のいちごを食べ比べできるのは、いちご狩りの醍醐味! いちごの品種は多く、とちおとめ・紅ほっぺ・章姫・女峰・あまおう・白いちご・黒いちごなど、品種によって色・味・食感・大きさはさまざまです。今回は関東で「5種類以上の多品種を食べ比べできるイチゴ農園」を紹介します!

食べ比べおすすめイチゴ農園1:相葉苺園(千葉県)

関東最大級のいちご狩りエリア、千葉県成東にある「相葉苺園」。同園では、16種類のいちごが栽培されており、さまざまな品種の食べ比べができるのも大きな魅力です。千葉県の新品種チーバベリーや黒いちごなど珍しい品種もいちご狩りで食べることができます。

食べ比べおすすめイチゴ農園2:近藤いちご園(千葉県)

千葉県の「近藤いちご園」では驚きの22種類という多品種のいちごを栽培しています。黒いちごや白いちごなど、まだまだ希少な品種も食べ比べできる数少ないイチゴ農園です。春にはハウス前に菜の花畑が広がり、いちご狩りとはまた違った楽しみ方も。30分の食べ放題制です。

食べ比べおすすめイチゴ農園3:田村農園(千葉県)

千葉県鴨川市にある「田村農園」もまた多品種を栽培しています。アイベリー・さがほのか・さちのか・章姫・アスカルビー・女峰・紅ほっぺ・ふさのか・とちおとめ、など全15種!! こちらでは、千葉県産の甘みが強くて大粒の「ふさのか」が人気だそうです。桜色の花が咲くことから名づけられた「桜香」もおすすめ品種のひとつ。いちご狩りは30分の食べ放題制で、ハウスはバリアフリーで快適!

食べ比べおすすめイチゴ農園4:和苺苑(千葉県)

「和苺苑」は2015年12月に千葉県にオープンした比較的新しいイチゴ農園。千葉生まれの新品種「チーバベリー」や希少な「黒イチゴ」、ふさのか・章姫・紅ほっぺ・かおり野・おいCベリー、の全7種を食べ比べしながら親子でいちご狩りを楽しめます。小さな子どもでもイチゴが取りやすい上下二段の高設栽培で、車椅子やベビーカーでもいちご狩りが楽しめるバリアフリー設計が魅力です。


食べ比べおすすめイチゴ農園5:中蒔田・富田農園(埼玉県)

埼玉県秩父市にある「中蒔田・富田農園」では、章姫・紅ほっぺ・とちおとめ・女峰・かおりの・やよいひめ・もういっこ、の全7種類の品種を食べ比べできます。午前中になくなってしまうこともあるという大好評の濃厚いちごクリーム(200円)も一緒にどうぞ。もぎたてのイチゴにつけて食べると絶品だそうです。ハウス内はバリアフリー仕様でベビーカーOK! いちご狩りは30分の食べ放題制です。

食べ比べおすすめイチゴ農園6:苺畑農場(山梨県)

山梨県甲州市にある「苺畑農場」では、ハウス内で章姫・紅ほっぺ・アイベリー・レッドパール・やよいひめ・おいCベリー、などを栽培しており、さまざまな品種を食べ比べしながらいちご狩りが楽しめます。園内はバリアフリーでベビーカー持参も可能、また減農薬栽培で子どもにもやさしいファミリーにオススメのイチゴ農園です。

食べ比べおすすめイチゴ農園7:須田いちご園(群馬県)

群馬県渋川市にある「須田いちご園」も多品種のイチゴが食べ比べできるバリアフリー農園です。こちらでは、章姫・とちおとめ・やよいひめ・紅ほっぺ・あかねっ娘、の5品種を栽培しています。また、併設されたジェラート工房では、手作りのジェラートや限定イチゴワインを販売しています。

探してみると、5種類以上の多品種を食べ比べできるイチゴ農園は比較的多い印象。好みの味や品種による違いを親子で探ってみるのも、いちご狩りの楽しみ方のひとつです。生育状態や混雑具合でその日に食べられない品種もあるので注意しましょう。

最新のいちご狩り情報はここでチェック!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。