101

【千葉・埼玉】黒いちごや白いちごが採れるいちご狩り施設4選

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

数種類のいちごの食べ比べも楽しむポイントのひとつ。加えて希少な「黒いちご」や「白いちご」が食べ比べができる農園なら、一度で二度おいしい!! そんな希少な品種をいちご狩りできるスポットをご紹介します!

※2021年の最新情報に更新しています

「黒いちご」と「白いちご」を一度に食べられる!「近藤いちご園」【千葉県】

千葉県長生郡一宮町にある「近藤いちご園」は、黒いちごと白いちごの2種を含め、多品種の食べ比べができるいちご農園です。ここでは、26種ものいちごを栽培しているというから驚きです。

同園では、黒いちごや白いちごに加えて、「あまか」「きよか」「さつまおとめ」など、めずらしい品種も栽培。いろいろな「初めての味」が堪能できるかもしれませんね♪

また、オリジナルジャムや自家製のもち米で作ったいちご大福も好評です。自宅用やお土産用にいかがでしょう?

いちご狩りで食べるいちごがこんなにおいしいなんて!」と感動する人やリピーターが多いという事実は、いちご狩りならではの「おいしさ」や「楽しみ」がある証拠ですね!

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月10日〜2021年5月上旬頃
営業時間:9:30〜(いちごがなくなり次第終了)

週末限定「白いちご」のいちご狩り!「大竹いちご園」【千葉県】

次にご紹介するのは、館山道の君津インターから車で約5分、好アクセスの「大竹いちご園」。高設栽培なので、汚れをきにせず楽な姿勢でいちご狩りが楽しめます。

次にご紹介するのは、館山道の君津インターから車で約5分、好アクセスの「大竹いちご園」。高設栽培なので、汚れを気にせず楽な姿勢でいちご狩りが楽しめます。

甘味が強くて濃厚な甘酸っぱさの「よつぼし」のほか、「かおり野」「紅ほっぺ」、そして白いちごの「淡雪」など、数種を栽培。なお、食べ比べは週末限定先着順となり、予約は3日前から可能です。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月5日〜5月上旬
営業時間:10:00〜15:30(赤い実がなくなり次第終了)
※3月1日からは9:30〜


アクセス抜群!「駅チカ イチゴ園 GREENPEACE(グリーンピース)」【埼玉県】

2017年12月にオープンしたさいたま市にある「駅チカ イチゴ園 GREENPEACE(グリーンピース)」。最寄り駅の東川口駅からは徒歩6分の好アクセス、電車で行きやすいのが◎。紅ほっぺや章姫と高い糖度を誇る黒いちご(真紅の美鈴)を栽培、30分の食べ放題です。

楽な姿勢で楽しめる高設栽培や、ベビーカーでも楽に移動ができるバリアフリー設備、広々とした待合休憩エリアなど、子連れに優しいいちご農園です。

2021年は新型コロナウイルス感染症対策として、1月13日からいちご狩りではなくいちご摘み(採ったいちごを食べずにお持ち帰り)を実施しています。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月初旬から2021年5月下旬まで予定
営業時間:10:00〜15:00

人気のストベリーロードにも黒いちごのいちご狩り「相葉苺園」【千葉県】

また、千葉県山武市成東地域のストロベリーロードと呼ばれる国道126号線沿いには、イチゴ狩り農園がたくさんあります。「相葉苺園」もそのひとつ。

ここでは、「ふさのか」「章姫」「とちおとめ」「紅ほっぺ」「やよい姫」「かおりの」「桜香(おうか)」、黒いちごなどを含む13種を栽培しています。この中から6〜8品種ほどの食べ比べが可能です。いちご狩りは40分の食べ放題。

黒いちごのほか、酸味が強くさくらんぼのような食味が特長の「千鶴(ちずる)」や「いざよい」などのめずらしい品種も栽培されています。それぞれの特長も楽しみつつ食べ比べができてお得感満載♪

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月5日〜2021年5月中旬(生育状況により変動します)
営業時間:9:30〜

近年増えてきたとはいえ、黒いちごや白いちごが食べられるいちご農園は限られています。甘くておいしいいちごだからこそ、その場で食べられるいちご狩りで存分に味わってくださいね。

※生育状態や混雑具合などで、必ずしも黒いちごや白いちごが食べられるとは限りません。事前にいちごの生育状況を問い合わせてみるのがおすすめです。

最新のいちご狩り情報はコチラ!
この記事をクリップする
101
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!