5

立川の屋内施設に新しい大型遊具が登場 割れない風船が8000個!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京・立川にある屋内施設「PLAY! PARK」に、2021年9月10日(土)〜2023年3月末(予定)までの期間限定で、約8,000個の割れない風船からなる大型遊具「バルーン・モンスター」が登場します。2020年に期間限定で登場し大人気だった遊具が、子供たちの声に応えて再登場! 風船によじ登ったり、寝転がってみたり、下をくぐったりしながら、体を使ったダイナミックな遊びが楽しめます。

【東京近郊】絶対おすすめ♪ 2022年9月の親子向けおでかけ先まとめ!

子供たちが自由な発想で遊べる屋内広場

「PLAY! PARK」は、子供たちが自由な発想で遊べる、新しい屋内広場です。約1,000平方メートルの空間には、巨大な楕円型フィールドで遊べるメインエリア「大きなお皿」をはじめ、3歳未満の子供が安全に遊べる「小さなお皿」、創造的なワークショップが毎日開催される「ファクトリー」、日本や海外の絵本が700冊以上そろった「ライブラリー」など、7つのエリアがあります。

常設の遊具を設置していない「PLAY! PARK」では、約半年周期で建築家やクリエイターと共に共同制作するユニークな遊具が登場します。今回は、「PLAY! PARK」の館長を務める建築家の手塚貴晴さん(手塚建築研究所)監修のもと、「大きなお皿」などを舞台に、約2週間かけて巨大な風船の遊具「バルーン・モンスター」が制作されました。

約8,000個の風船からなる、不思議な割れないモンスター

2020年に登場し大人気だった「バルーン・モンスター」は、約8000個の割れない風船からなる大型遊具です。ぐにゃぐにゃと縦横無尽に動き回る不思議な風船は、まるでモンスターのよう。風船によじ登ってみたり、上に寝転がってみたり、はたまた巨大なモンスターの下をくぐってみたり。未だかつてない「風船遊び」を全身で楽しめます。

期間中は、「PLAY! PARK」のスタッフが定期的に遊具を制作。不思議なモンスターは、日々もくもくと増え続けていきます!

「空気」がテーマの遊具が他にも登場!

息を吹き込む鍵盤ハーモニカとは一味違う不思議な楽器「タコ足鍵盤ハーモニカ」も登場します。空気入れで空気を送ると、タコ足状に繋がれた鍵盤ハーモニカから音が鳴り、空気を送る人と鍵盤を押す人の息を合わせた、素敵なメロディを奏でます。開館時間内はいつでも参加可能なので、親子やきょうだい、お友達と遊んでみてくださいね。

小さなバルーン・モンスターを作るワークショップも

日替わりで開催されるワークショップには、「ちいさいバルーン・モンスターをつくろう」が登場。風船を膨らませて、ラップでぎゅっと包み、小さなバルーン・モンスターを作ります。

定期的に開催される「ちいさな日替わりのワークショップ」では、「ふうせん宝探し」を開催。PARK内に隠された特別な風船を探し出すワークショップで、見つけた風船は持ち帰れます。

「PLAY! MUSEUM」で開催中の「クマのプーさん」展開催記念企画も!

併設の「PLAY! MUSEUM」では、10月2日(日)まで、企画展示「クマのプーさん」展を開催中。期間中「PLAY! PARK」では、プーさんたちの暮らしを感じられるあそびが楽しめます。

ハチミツがいっぱい

プーさんはハチミツが大好き! PLAY! PARKの「大きなお皿」には、たらりと垂れたハチミツが登場。ハチミツにくるまったり、ぶら下がってみたりしながら、自由自在に遊べます。

※こちらの遊具のみ現在終了しています

風船をはこぼう

風船はとても楽しいものですが、クマのプーさんに登場する風船たちはなかなか思い通りには動いてくれません。不規則な風船に上に乗ったり、ひっぱったり、転がしたりして不思議な動きを楽しんで♪

楽しい雨の日

プーさんの舞台、イギリス南部は小雨や霧が一年中多いエリア。人々は雨ガッパを羽織り、長靴をはいて、ぬかるんだ森の小道を日々歩くそう。長靴はいてとびはねて、水たまりで思い切り遊んで、楽しい雨の日を想像してみてくださいね。

ワークショップ「おともだちをつくろう」

プーさんシリーズに登場する心やさしい少年「クリストファーロビン」。期間中に開催されるワークショップ「おともだちをつくろう」では、クリストファーロビンのおもちゃたちのように、自分だけのマスコットをつくって名前をつけます。

ワークショップでは、用意された綿に色をつけた指人形をベースに、草木で飾ってマスコット作りに挑戦。作りながらお話を考えてみたり、できたぬいぐるみを見せあいながらお話を広げてみたりと、子供たちの想像力を育みます。

子供も大人も楽しめる「風船」がテーマの特別イベント!

「PLAY! PARK」では、月に一度のペースで特別イベント「PLAY! 会議」を実施しています。「大きなお皿」を舞台に、「遊ぶための、遊ぶ会議」というコンセプトのもと、トイレットペーパーや発泡スチロールなど、身近な素材を使って「お家ではできない」大胆な遊びを展開。子供も大人も一緒になって楽しめます。

次回は、9月25日(日)に、「風船」をテーマにした会議を開催予定! どんな内容になるのか楽しみですね。

このほか、期間中は「空気」をテーマにした楽しいワークショップやイベントが多数開催されます。おでかけの際は、公式サイトでイベント・ワークショップの情報をチェックして、「PLAY! PARK」でしかできない遊びを思う存分楽しんでくださいね。

■「PLAY! PARK」施設概要
住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3棟 3F
開館時間:平日10:00〜17:00、休日10:00〜18:00
※大型連休や長期休み期間などは平日も18:00まで、入場は閉館の各1時間前まで
休館日:原則無休(団体貸切や年末年始を除く)
入場料:
【平日】
・1日券(立川割) 大人900円、子供1,700円、2歳以下1,200円
・1日券 大人1,100円、子供2,200円、2歳以下1,700円
・夕方券(15:30〜) 大人900円、子供2,000円、2歳以下1,500円
【休日】
・1日券(立川割) 大人900円、子供2,000円、2歳以下1,500円
・1日券 大人1,100円、子供2,500円、2歳以下2,000円
・3時間券 大人900円、子供2,300円、2歳以下1,800円
※6カ月未満無料
※当日に限り入退場自由(休日3時間券を除く)
※当日に限り併設PLAY! MUSEUMの当日券を200円引きで購入できます
※割引制度(併用不可)
[立川割]立川市在住・在学を確認できるものをご提示ください
「バルーン・モンスター」設置期間:2022年9月10日(土)〜2023年3月末(予定)まで

■「PLAY! MUSEUM」展示情報
場所:同施設2階(別料金)
・2022年7月16日(土)〜2022年10月2日(日)
「クマのプーさん」展
・2022年10月8日(土)〜2023年1月15日(日)
junaida展「IMAGINARIUM」

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

「安心・ゆったり」の取り組みを行っています。来場前には公式サイトの「PLAY! PARKの過ごし方」をご確認ください

PLAY! PARKの過ごし方− 来て・楽しんで・帰るまで −
秋のイベント・お出かけ特集2022
果物狩り・味覚狩り特集2022
この記事をあとで読む
5
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!