34

【2022】話題の新品種「とちあいか」食べ放題のいちご狩りスポット6選!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

いちご王国・栃木県生まれの「とちあいか」は、2020年に名前が決まった注目の新品種。大粒でまろやかな甘みを持ち、小さな子供も喜ぶ味わいが特徴です。そこで今回は、とちあいかが食べ放題で楽しめるおすすめいちご狩りスポットを紹介。家族みんなでおなかいっぱい味わってみてくださいね!

※2022年最新情報に更新しています
※いちごの生育状況により、プラン内容や定休日、終了時期などが変更になることがあります
※とちあいかの生育状況により、必ずしも食べられるとは限りません。また、開催期間などが変更される場合があります。事前にいちご農園にお問い合わせください

全国のいちご狩りスポットをチェック!春のおでかけ特集はこちら!スカイベリー狩りができるスポットをチェック!

「とちあいか」とは?

2020年に命名! 栃木生まれの新品種

とちあいかは、いちごの生産量日本一を誇る栃木県で10番目に生まれたオリジナル品種。2019年の秋に初めて出荷され、2020年7月に一般投票でとちあいかと命名されました。「(とち)木の愛(あい)される果(か)実」が名前の由来です。

栃木産で最も有名な品種といえば「とちおとめ」ですが、いちごの天敵といわれる「萎黄病」(いおうびょう)という病気にかかりやすいのが農家の悩みの種でした。そこで栃木県農業試験場いちご研究所にて研究を重ね、ついに病気に強い待望の品種が誕生。それがとちあいかです。

切り口はハート型♪ 大粒で甘みたっぷり!

とちあいかは粒が大きく、中に果肉がギュッと詰まっています。ヘタの部分がくぼんでいるため、縦にカットすると断面がハートのような形に見えるのも特徴。ケーキやパフェに飾れば、写真映えしそうですね♪

香りが強く、酸味よりも甘さが際立っていることもポイントです。糖度はとちおとめと同程度ですが、酸味が少ないため甘さを感じやすく、小さな子供でも食べやすいはず。みずみずしさとともに口いっぱいに広がるまろやかな甘さを、ぜひいちご狩りで体感してみてくださいね。

「とちあいか」のいちご狩り料金は?

とちあいかのいちご狩りは、2021年2月現在、栃木県内にある複数のいちご農家で楽しめます。料金は時期や施設によって異なりますが、だいたい2,000円前後。30分食べ放題や時間無制限で楽しめる施設もあります。新種のため、ほかの品種よりも若干高めに設定されていることが多いようです。

方パック販売は、1パック700〜52,000円ほど。贈答用だと、量にもよりますが1箱4,000〜6,000円以上する場合もあります。


いちごの里【小山市】

「いちごの里」は、年間30万人以上が来場する日本最大規模のいちご狩り体験農園。新品種の「とちあいか」をはじめ、「スカイベリー」や「とちおとめ」、「ミルキーベリー」の4種類を栽培しています。

2022年は、1月1日から4月3日まで毎日とちあいか狩りを実施。30分食べ放題で楽しめます。また完全予約制なので、でかける前に必ず予約を。公式サイトでのネット予約は料金が割安になるのでおすすめです。空きがあれば当日朝8時30分まで予約できますよ。

施設内のカフェやショップで提供するいちご料理とスイーツも評判。とちあいかをたっぷり使った新商品「とちあいか里タルト」もぜひお試しを。

いちごの里 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県小山市大川島408
開催期間:2022年1月1日〜 4月3日まで
営業時間:とちあいか【平日 】10:30〜/11:30〜/13:30〜/14:30〜 【土日】9:30〜16:00
※品種によってことなります
定休日:無休
制限時間:30分
栽培品種:とちあいか、スカイベリー、とちおとめ、ミルキーベリー
料金:
【1月〜4月第1週末】7歳以上2,090円(休日2,200円)、3歳〜6歳1,320円
【4月第2週以降】7歳以上1,540円(休日1,650円)、3歳〜6歳990円
※2歳以下無料
※電話予約とネット予約で料金が異なります(上記は電話予約時の料金)

日光ストロベリーパーク【日光市】

日光でいちご狩りが楽しめる貴重なスポットとして人気の「日光ストロベリーパーク」。日光や鬼怒川温泉から車で約15分と、観光途中に立ち寄れるのも魅力です。

有機肥料での栽培にこだわるいちごは甘くて濃厚と評判。2021年12月から2022年5月までとちあいか、スカイベリー、とちおとめ、紅ほっぺの4種のいちご狩りができます。

土壌栽培のほかに高設栽培のハウスもあるので、ベビーカーでの入場も可能。予約優先のため早めの予約がおすすめです。公式サイトの「練乳無料クーポン」の提示もお忘れなく!

日光ストロベリーパーク 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県日光市芹沼3581
開催期間:2021年12月11日(土)〜2022年5月下旬まで
営業時間:10:00〜16:00(最終受付15:30)
定休日:火曜日(祝祭日の場合には営業)
制限時間:30分
栽培品種:とちあいか、とちおとめ、スカイベリー、紅ほっぺ
料金:
【12月11日〜3月31日】小学生以上2,000円、子供(3歳以上)1,500円
【4月1日〜5月6日】小学生以上1,900円、子供(3歳以上)1,400円
【5月7日〜5月下旬】小学生以上1,800円、子供(3歳以上)1,300円
※3歳未満無料

那須高原農園いちごの森【那須郡那須町】

「那須高原農園いちごの森」は、「お菓子の城 那須ハートランド」に併設されているいちご園。東北自動車道・那須ICから車で約3分と、アクセスの良さも魅力です。

いちご狩りの品種は、とちあいか、スカイベリー、とちおとめの3種類。那須岳の清らかな水で育てたいちごが30分食べ放題です。予約優先ですが、いちごの生産量によっては当日先着順で受け付けてくれることもあります。その際も、事前に電話やメールで問い合わせておきましょう。

「お菓子の城 那須ハートランド」は、お菓子を中心に人気の那須土産を販売するお店で、いちご好きはいちご大福やジャムを要チェック。また、敷地内にある「花と体験の森」のカフェでは、いちごを使ったパンケーキやクレープが食べられるほか、リトルパティシエ教室などの親子で楽しめる体験も豊富。日帰り温泉施設「源泉 那須山」もあり、楽しみが満載です。

那須高原農園いちごの森 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県那須郡那須町高久甲4588-10
開催期間:2021年12月11日(土)〜5月下旬予定
営業時間:9:00〜16:00
定休日:期間中無休
制限時間:30分
栽培品種:とちあいか、とちおとめ、スカイベリー
料金:とちあいか
【12月上旬〜1月31日】小学生以上2,500円、未就学児(3歳〜)1,900円
【2月1日〜3月31日】小学生以上2,400円、未就学児(3歳〜)1,700円
【4月1日〜5月8日】小学生以上2,200円、未就学児(3歳〜)1,400円
【5月9日〜シーズン終了】小学生以上1,700円、未就学児(3歳〜)1,200円
※品種によって価格が変わります。詳しくは公式サイトをご確認ください


福田いちご園【宇都宮市】

東北自動車道・宇都宮ICから車で約10分の場所にある「福田いちご園」では、例年1月〜5月下旬までとちあいか狩りが楽しめます。30分食べ放題で練乳が無料で付いてきます。

ハウス内は高設栽培になっていて、ベビーカーの入場もOK。立ったままいちごが摘み取れるので、小さな子供連れにもおすすめです。

事前予約制なので、でかける前に電話で予約を。とちあいかのほか、とちおとめのいちご狩りも実施しています。

福田いちご園 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県宇都宮市石那田町876-8
開催期間:2022年1月1日(土)〜5月下旬
営業時間:10:00〜16:00(最終受付15:00)
定休日:不定休
制限時間:30分
栽培品種:とちあいか、とちおとめ
料金:とちあいか
【1月】中学生以上2,000円、小学生1,800円、幼児(3歳以上)1,600円
【2月〜3月】中学生以上1,800円、小学生1,600円、幼児(3歳以上)1,400円
【4月〜5月下旬】中学生以上1,600円、小学生1,400円、幼児(3歳以上)1,200円
※品種によって価格が変わります。詳しくは公式サイトをご確認ください

BERRYZ FUN(ベリーズファン)【鹿沼市】

鹿沼市にある「BERRYZ FUN(ベリーズファン)」は、多品種の食べ比べが毎年人気のいちご狩りスポット。都内から車で約1時間半の立地にあります。

2020年〜2021年シーズンは、とちあいか、スカイベリー、とちおとめ、とちひめなど、栃木生まれのいちごを含む9品種が30分食べ放題で食べ比べできます(その日の生育状態によって食べられない品種もあり)。清らかな地下水を使い、減農薬で丁寧に育てたいちごは絶品と評判。広いハウス内はすべて最新機器を導入した高設栽培です。

また今シーズンは、摘み取ったいちごで大福が作れる「スカイベリーのいちご狩り&自分で作るいちご大福プラン」を用意(リピーター限定)。電話予約を受け付けていないので、公式サイトから予約をしましょう。

BERRYZ FUN 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県鹿沼市亀和田町67-1
開催期間:2021年12月下旬〜2022年5月上旬
営業時間:【午前の部】10:00〜12:00(最終受付11:30)
【午後の部】13:00〜15:00(最終受付14:30)
定休日:不定休
制限時間:30分
栽培品種:とちあいか、スカイベリー、とちひめ、とちおとめ、女峰など計11種類
料金:中学生以上2,300円、小学生1,200円、未就学児(3歳以上)1,200円
※2歳以下無料

吉村農園【芳賀郡益子町】

真岡鐵道真岡線「北山駅」から徒歩約7分の「吉村農園」では、30棟のハウスで個性豊かな10種のいちごを栽培。いちご狩りではとちあいかやスカイベリーのほか、長崎の「恋みのり」や九州の「おいCベリー」、三重の「かおりの」などを食べ比べできます。

土づくりにこだわって育てたいちごは格別の味わいと評判。土壌栽培ですがハウス内にはビニールシートが敷かれ、ベビーカーも通れるバリアフリーの通路が設けられているので、快適に楽しむことができます。少人数なら事前予約が必要ないので、思い立った時にふらりと立ち寄ることも可能。練乳の持ち込みもOKです。

吉村農園 2022年いちご狩り情報

住所:栃木県芳賀郡益子町塙520
開催期間:2021年12月1日(水)〜5月中旬頃
営業時間:9:00〜16:00(15:30最終受付)※無くなり次第終了
栽培品種:とちあいか、とちおとめ、スカイベリー、女峰、かおりの、章姫、紅ほっぺ、恋みのり、ミルキーベリー、とちひめ、おいCベリー
料金:
【12月】小学生以上1,800円、3歳〜小学生1,200円
【1月〜3月】小学生以上1,700円、3歳〜小学生1,200円
【4月〜5月】小学生以上1,600円、3歳〜小学生1,200円
※3歳未満無料

公式サイトはこちら

注目の「とちあいか」が食べ放題のいちご狩りスポットを紹介しました。都内から日帰りできる施設やGWまで開催予定の施設も多いので、ぜひおでかけしてみてくださいね!

※とちあいかの生育状況により、必ずしも食べられるとは限りません。また、開催期間などが変更される場合があります。事前にいちご農園にお問い合わせください

全国のいちご狩り特集はこちら!
この記事をクリップする
34
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!