お得なクーポン情報の掲載をはじめました

上野の小学生(6歳以上)におすすめのおでかけスポット14選

もくじ

東京・上野の周辺には、動物園や美術館、博物館をはじめ、上野公園やアメ横など、小学生の子供が楽しめる施設がたくさんあります! そこで今回は、上野周辺で小学生連れの親子が満喫できるスポットを厳選紹介します。

【上野】イチ押し「おでかけスポット」 小学生の知的好奇心を刺激!

上野の美術館や博物館にある体験プログラムは、小学生から参加できるものがたくさんあります。自由研究の題材にもピッタリな、子供の興味を引き出すスポットが豊富です!

東京国立博物館

1872年に開館した日本で最も歴史の長い博物館です。日本を中心にアジアの美術品や資料を収集・展示しており、そのコレクション数はなんと11万点以上。国宝や重要文化財の所蔵数も日本一で、国内外の観光客に人気のスポットです。

展示には、所蔵品を展示する「総合文化展」と、テーマによって企画展示される「特別展」の2つがあります。

広い敷地内には6つの建物があり、それぞれテーマや展示内容が異なります。初めて訪れる親子には、30分で教科書に出てくる名品をたどれる「日本美術入門コース(公式サイト参照)」がおすすめです。

博物館の「ファミリー・子供向けプログラム」では、ワークショップやイベントを開催。展示室を舞台にした演劇形式のツアーや日本古来の楽器による演奏会、勾玉作りのワークショップなどに挑戦できます。博物館を訪れる際は、プログラムも一緒にチェックしてみてください。

春と秋だけ公開される貴重な庭園

本館の北側に広がる庭園は、春と秋の年2回のみ公開されます。桜や紅葉を楽しめるのはもちろん、明治期にあった博物館の研究部門によって植えられた珍しい樹木や野草も見どころです。

親子向け施設情報

  • JR「上野駅」公園口or「鶯谷駅」南口から徒歩約10分、台東区循環バス「東西めぐりん」上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)※展示を鑑賞する場合は、正門から入館してください
  • 駐車場:—(車椅子の場合は博物館まで連絡)
  • 入館料:一般620円、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は総合文化展が無料(入館時に生徒手帳や健康保険証など年齢のわかるものを提示)※特別展は別料金 ※「子どもといっしょ割引」:子供(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した保護者(子供1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で総合文化展を観覧可能

国立科学博物館

1877年年に創立された国立で唯一の総合科学博物館。展示内容は、自然科学や人類の歴史、宇宙など多岐にわたります。動物のはく製や、ダイナミックな恐竜の化石展示は、子供に限らず大人も目を奪われるほどの迫力! 

小学生の子供と一緒なら「THEATER36○(シアター・サン・ロク・マル)」がおすすめです。もともと2005年「愛・地球博」の施設を移設したものですが、2019年3月にリニューアルオープンしました。

360度全方位がスクリーンのなか、独特の浮遊感を感じながら「深海—潜水艇が照らす漆黒のフロンティア—」や「恐竜の世界—化石から読み解く—」「人類の旅—ホモ・サピエンス(新人)の拡散と創造の歩み」など、博物館のオリジナルの映像を楽しめます。※上映スケジュールは、毎月変わります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

科博ならではの楽しいレストランメニュー

博物館の中にあるレストラン「ムーセイオン」では、恐竜の足型ハンバーグや、活火山のチキンカツ、パンダパフェなど、子供が大喜びするメニューが目白押し。席によっては、展示室を見ながら食事ができます。

親子向け施設情報

  • JR「上野駅」公園口から徒歩5分
  • 駐車場:−
  • 入館料(常設展):一般・大学生620円、高校生(高等専門学校生含む)以下無料 ※特別展は展示により料金が異なります。

恩賜上野動物園

1882年に開園した日本で最初の動物園です。野生に近い姿で動物を見ることができる展示の方法で、500種類以上の動物が飼育されています。子供に人気のゾウやライオン、ゴリラ、キリンをはじめ、マダガスカル島出身の「アイアイ」など希少動物もたくさんいます。

なかでも、三大珍獣といわれる「オカピ」「ジャイアントパンダ」「コビトカバ」をそろって見ることができるのは、日本では上野動物園だけ。せっかく上野動物園に行くなら、これらの動物たちを中心に回ってみるのもおすすめです。 

普通のカバに比べると大きさは3分の1で、体重は10分の1というコビトカバ。カバは昼型ですが、コビトカバは夜行性で、生態もまったく違います。なぜ、世界三大珍獣の一つと呼ばれるのかを親子で調べてみるのもおもしろいですよ。

アプリを活用して効率よく回ろう!

東園と西園に分かれた園内はかなり広く、時間が短いと回りきれません。そんなときに便利なのが「東京パークスナビ(Tokyo Parks Navi)」というアプリ。園内マップや休憩所、おすすめの周遊コースがあるので効率よく回れます。また、動物の解説、スタンプラリーなど、子供が飽きずに過ごせる工夫も盛りだくさんです。

親子向け施設情報

  • 表門(東園)から入園する場合:JR「上野駅」公園口から徒歩5分
  • 弁天門(西園)から入園する場合:場合JR「上野駅」不忍口から徒歩5分、京成電鉄上野駅「池の端口」から徒歩4分
  • 駐車場:—
  • 入園料:一般600円、中学生200円(都内在住・在学生は無料)、小学校6年生まで無料

田畑硝子工房

JR秋葉原駅と御徒町駅の間の高架下にある商業施設「2k540(ニーケーゴーヨンマル)」に店舗と工房を構えているスポット。小さな子供から大人まで硝子工芸を体験できます。

子供たちに人気の体験メニューは、お皿や箸置き、アクセサリー、時計などで、いずれも作業時間は30分から1時間程度で終わる手軽さも魅力です。

体験内容は、それぞれのモチーフの形にカットされた透明なガラスの上に、自分の好きな硝子片やパーツを乗せていくというもの。熱い硝子を扱うことがないので、小学生低学年でも安心して作業できます。最後は、キルンワーク(電気炉でガラスを熱し、溶かし固める)という技法を使ってお店の人が仕上げてくれます。

短時間でオリジナルの工芸品が作れるとあって、親子連れはもちろん、観光客や修学旅行生なども体験しにくるそう。おでかけの思い出に、おすすめの体験です。

口コミPick UP!
子供の宿題の「課題」とかでも使えそうな「ガラスの箸置き作り体験」は、使うガラスは見ているだけでもカラフルでキレイなので、小さい女の子にはピッタリだと思います♪glass-tailorさんの口コミ

予約すれば体験がスムーズに!

公式サイトで、日時はもちろん体験内容や「子供のみの体験で親は付き添い」など、体験スタイルまで指定できるので、予約をした方が確実かつスムーズです。また、最後に電気炉で作品を焼き上げるのに15〜35時間かかるため、作品の受け渡しは店舗への再訪か、郵送となります。受け渡しの場合は、店舗の公式サイトから作品番号をチェックしましょう。

親子向け施設情報

  • JR「御徒町駅」南口から約8分
  • 駐車場:—
  • 料金:体験メニューによって変わります。詳しくは、公式サイトで確認してください。

【上野】おすすめ「屋内スポット」 雨の日でも小学生満喫の駅近スポット

JR上野駅を降りてすぐ目の前にある上野公園内には、美術館や博物館が立ち並んでいます。雨の日でもさまざまなジャンルの名画や彫刻、建物に触れられて、子供の感性を伸ばせるスポットです。

国立西洋美術館

国立西洋美術館は、フランスから寄贈返還された松方コレクション(故松方幸次郎が集めた美術品)を展示するため、1959(昭和34)年に作られました。国立で唯一、西洋美術全般の収集・研究・展示を行っている美術館です。

建物は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエが設計し、2016年には世界文化遺産に登録されました。柱が建物を支える「ピロティ」や、美術品が増えるに従って建物の中心から外へらせん状に展示室を増築する「無限成長美術館」などの考えを取り入れて建てられています。

小学生の子供と行くなら、春と秋に開催される「どようびじゅつ」がおすすめ。子供の発見や気づきを促すような絵画鑑賞や創作活動が行われており、さまざまなアプローチでアートに触れることができます。

美術館の前庭も要チェック!

国立西洋美術館の前庭では、彫刻家ロダンの傑作として知られる「考える人(拡大作)」や「カレーの市民」「地獄の門」を間近で見ることができます。無料で見学できるので、美術館を訪れた際には、展覧会だけではなく前庭にも足を運んでみてください。

親子向け施設情報

  • JR「上野駅」公園口出口から徒歩1分、京成電鉄「京成上野駅」から歩7分
  • 駐車場:—
  • 入館料:常設展一般500円、大学生250円、高校生以下及び18歳未満、65歳以上は無料 ※企画展は別料金

上野の森美術館

上野の森美術館は、1972年に開館した上野公園内で唯一の民間の美術館です。現代美術から浮世絵まで幅広いジャンルの展覧会を開催。毎年開催される公募展「現代美術(VOCA)展」は、若いアーティストの登竜門にもなっています。

企画展では、イラストレーターや絵本作家、メカニックデザイナーといった個人の足跡に焦点を当てた展示や「進撃の巨人」「怖い絵」などの人気コミックや書籍をフューチャーした展示など、ユニークな展示が多いことから若い人に人気の美術館です。

ミュージアムグッズには、西郷隆盛像をイラスト化した美術館オリジナルのポストカードや一筆箋、ノートなどもあり、上野のちょっとしたお土産に喜ばれそうですね。

カフェには展覧会コラボメニューも

上野の森美術館館内にある「café MORI」では、展覧会とコラボしたメニューがよく登場します。チケットがないと入れないので、鑑賞の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

親子向け施設情報

  • JR「上野駅」公園口から徒歩3分、東京メトロ「上野駅」から徒歩5分
  • 駐車場:—
  • 入館料:展示により異なります

【上野】おすすめ「公園」 小学生でも思いっきり体を動かせる

複合遊具や石山、木々に囲まれた広場など、小学生が思う存分遊べる公園を紹介します。トイレなどの設備も整い、ひと休みするにも最適なスポットです。

入谷南公園

緑の小山と一体になった複合型遊具がシンボルの公園です。こちらの遊具は、滑り台が左右に2台付き、ネット状のトンネルをくぐりながら移動できたり、手足を使って上り下りできる壁がついていたりと、子供がワクワクする仕掛けになっています。

そのほか、ケヤキの木を囲むように立っている円周状のジャングルジムやブランコ、クライミングウォール、石山、砂場など、遊具がかなり充実しています。

公園の敷地は、およそ3,900平方メートルの広さがあり、広場では元気に走り回る子供たちがたくさんいます。プラタナスの木を囲むようにベンチが置いてあるエリアは、地域の人々の休憩場所にもなっています。

リニューアルでより便利に!

入谷南公園は2013年にリニューアルが行われ、トイレの設備や砂場のバリアフリー化など、子供連れにとってより便利で遊びやすい公園になっています。

親子向け施設情報

  • 東京メトロ日比谷線「入谷駅」から徒歩7分
  • 駐車場:—

竹町公園

1928年開園の歴史ある公園です。園内には自然が多く、桜や季節の花を楽しむ地域住民なども多く訪れます。

竹町公園では、乳幼児向けと小学生向けの遊具が広場を挟むように置かれています。そのため、年齢の異なる子供同士がぶつかる心配が少なく、のびのびと遊べます。小学生向けには、滑り台が複数付いたタコ型の複合遊具や、飛び石のような踏み台、鉄棒、ブランコがあります

見晴らしのいい広場には、緩やかな傾斜や段差がついた場所があり、子供が楽しく走り回れるようになっています。

口コミPick UP!
近所にはマイバスケット(スーパー)などがあり、幼児スペースと広場が少し分かれているので安心して遊べます。最近は遊具が新しくなってより楽しくなりました。はっさく、さんの口コミ

歴史の名残も感じられる!

竹町公園の地には、江戸時代に秋田藩主の佐竹邸がありました。竹町の由来は、その佐竹邸の門前に生えていた竹からきているそう。公園のすぐそばには、日本で2番目に古い「佐竹商店街」があり、こちらも歴史の名残を感じます。商店街には、無料のお休み処もあり。

親子向け施設情報

  • 東京メトロ大江戸線、つくばエクスプレス「新御徒町駅」から徒歩2分
  • 駐車場:—

【上野】おすすめ「ランチスポット」 小学生も大満足!

上野には、親子で楽しめる食事処がたくさんあります! 食欲旺盛な子供と一緒に楽しめるお店や、上野ならではの特別感が味わえるお店を紹介します。

スイーツパラダイス 上野ABAB店

店舗は、上野駅から5分ほどにあるファッションビル「上野ABAB」の7階にあります。カラフルでかわいい店内は、子供にも人気です。

食事メニューは、30種以上のスイーツに加え、野菜ソムリエが選んだサラダバー、カレーやパスタ、スープなどがバイキング形式で食べ放題。オプションを付ければ、ドリンクバーやアイスの食べ放題、旬の果物を使ったスイーツ、人気アニメとのコラボメニューなどがさまざま楽しめます。

リーズナブルな価格も子供連れにはうれしいところ。スイーツとフードメニュー食べ放題&ドリンクバー付きの「スタンダードバイキング」は、制限時間70分で1300円(税込)。それが、小学6年生以下の子供なら860円(税込)で、3歳以下は無料です。食べ盛りの子供がいるご家庭の強い味方ですね。

アプリで予約や特典も

アプリ会員になると、会員限定のお得なクーポンや、スタンプを集めると食事が無料になるお得な特典もあります。アプリから予約もできるので、混み合う休日などに有効活用しましょう。

親子向け施設情報

  • 京成電鉄「京成上野駅」から徒歩4分
  • 駐車場:—

上野精養軒3153店

1872年創業の伝統ある上野精養軒をもっとカジュアルに楽しんでもらおうと作られた「上野精養軒3153店」。JR上野駅から徒歩1分の好立地で、バリアフリーの明るい店内には、子連れのファミリーが食事を楽しむ様子がよく見られます。

料理は、上野精養軒ならではのこだわりの食材を使った本格派の洋食が味わえます。なかでも、牛すじや香味野菜を1週間ほど煮込んで作るドミグラスソースを使った「ビーフシチュー」(2,580円・税込)や「ハヤシライス」(1,580円・税込)は年齢問わず人気のメニュー。

子供が大好物のハンバーグやミニオムレツ、チキンライスがかわいく盛り付けられたお子さまプレートもあるので、親子や三世代交えてのランチにおすすめのスポットです。

上野公園内からもアクセス可

上野精養軒3153店が入る建物「UENO3153」は、上野駅と上野公園に挟まれるように建っているため、駅側からも公園側からもアクセスできます。公園側から行く場合は、西郷隆盛像近くの屋上テラスから入れます。

親子向け施設情報

  • JR・東京メトロ「上野駅」不忍口から徒歩1分
  • 駐車場:—

【上野】おすすめ「無料&格安スポット」 小学生も親もお得に楽しめる!

無料や格安でも、子供の知的好奇心を満たすスポットが上野にはあります。遊びながら学べて、設備も充実しているので気軽に楽しめますよ。

国立国会図書館 国際子ども図書館

約60万点もの国内外の子供の本や資料を集めた国立初の児童書専門図書館です。明治時代に帝国図書館だった建物をリニューアルしたレンガ棟は、東京都の「歴史的建造物」にも選定されていて、見どころの一つ。

入場無料で、軽食が楽しめるカフェテリアや休憩室、お弁当の持ち込み可能なテラスなど、設備が充実しているのもうれしいところ。

館内には、靴を脱いで絵本が楽しめるスペースがある「子どものへや」をはじめ、日本の絵本の外国語への翻訳に文化が表れていることを楽しめる「世界を知るへや」、企画展が開催される「本のミュージアム」などがあります。

夏休み期間を除く毎週土曜日(1日2回30分程度)に、子供を対象にしたストーリーテリング(本を読まずにストーリーを語る)と本の読み聞かせをする会が行われます。※時間によって対象年齢が異なります。午後2時からは、4歳から小学1年生まで。午後3時からは小学2年生以上が対象

児童書ギャラリーにも注目!

館内の「児童書ギャラリー」では、明治から現代までの、各時代の代表的な児童文学や絵本を読めます。小学校の国語教科書に掲載された作品を教科書とあわせて紹介するコーナーも。教科書で見つけた作品を実際に手に取って、子供の興味をさらに広げられます。

親子向け施設情報

  • JR「上野駅」公園口から徒歩10分、東京メトロ日比谷線・銀座線「上野駅」から徒歩15分
  • 駐車場:—(障害者用のみ有)
  • 入館料:—

台東区立下町風俗資料館

台東区立下町風俗資料館は、1980年に不忍池のほとりに開館。館内の1階は、江戸の面影が残る大正時代の下町の家屋を再現しています。

家屋には、靴を脱いで上がることができ、実際に使われていた調度品や生活用品に触れることができます。けん玉やすごろく、お手玉など、昔ながらの玩具で遊べるコーナーなどもあり、当時の暮らしを体感できます。

小学生におすすめなのは、月1回開かれる「こども土曜塾」。昔のおもちゃを実際に作って遊ぶ催しです。これまで作られたおもちゃは、輪ゴム銃や壁のぼり人形、からくり屏風、風車などなど。みんなで作ってワイワイ遊んでいるうちに、夢中になって時間を忘れてしまいそうです。

混み合わない時間は午前中!

資料館の学芸員さんによると、混雑しない時間帯は「開館直後の9時半〜午前中にかけては、あまり混み合いません。平日は、時期によって校外学習の学生が入館することがあるので混み合う場合もあります」とのことです。

親子向け施設情報

  • 京成電鉄「京成上野駅」から徒歩3分、JR、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」不忍口から徒歩5分
  • 駐車場:—
  • 入館料:一般300円、小・中・高校生100円

【上野】おすすめ「穴場スポット」 小学生とディープなスポットを堪能

上野には、下町情緒あふれるお店や個性的なスポットもたくさんあります。子供と一緒にディープな上野を味わいたいなら、ぜひ一度訪れてみてはいかが? 

アメ横商店街

年末には、200万人が訪れるという「アメ横商店街」。JR上野駅と御徒町駅の高架下一帯を中心に、何百件ものお店が軒を連ねる活気ある商店街です。鮮魚や乾物、衣料品、スポーツ用品、お菓子、雑貨などを扱う店舗が多く、いずれもおトクに購入できるとあって、国内外から多くの観光客が詰めかけます。

小学生と一緒に行くなら、1951年創業の「二木の菓子」がおすすめ。常に5千種類以上のお菓子を揃える店内の様子は圧巻です。最新の食玩から、ほかの店舗では入手できない地方メーカーのお菓子、昔ながらの駄菓子、お土産用の東京限定品などが取り揃えてあり、ちょっとした旅行気分も味わえます。

上野エリアの店舗は、第一営業所とビック館、アメ横特選の3店。年末は、CMにも登場する落語家の林家三平さんが一日店長をつとめます。

月1回の仕入れ検討会議

「二木の菓子」では、毎月各店舗の店長やバイヤーが集まり、全国の知る人ぞ知るメーカーのお菓子を試食して、店頭に並べる商品を選んでいます。二木のお菓子を訪れた際には、そんなレアなお菓子を見つけるのも楽しいですよ♪

親子向け施設情報

  • JR「御徒町駅」から徒歩5分、「上野駅」から徒歩10分
  • 駐車場:—

元祖食品サンプル屋 合羽橋店

東京メトロ銀座線「上野駅」の2駅先「田原町駅」が最寄りの「元祖食品サンプル屋 合羽橋店」。日本のレストランに欠かせない食品サンプルのパイオニア、株式会社岩崎が運営するお店です。本館の店頭では、本物と見間違えるほど精巧に作られた食品サンプルや職人が一つひとつ手作りしたオリジナル商品の購入もできるので、友だちへのお土産にしてビックリさせてみては。

合羽橋店には、自宅でスパゲティやラーメンなどのサンプルづくりが体験できるキット「さんぷるん」(各1,905円〜2,667円・税別)など、ユニークで楽しい商品が並ぶほか、実際に小学生が食品サンプルを作る体験もできます。

小学校低学年が体験できるメニューは、何ともおいしそうな天ぷらとレタス。上野を訪れた記念に、少し足を伸ばして親子で体験してみてはいかがでしょう?

体験は事前申し込みが必要!

体験には事前予約が必要です。希望メニューや時間を公式サイトでチェックして、店舗に電話予約を。サンプルづくりは小学生以上が参加できますが、小学3年生以下は大人の保護者の参加(有料)が必要です。※大人1名につき子供2名まで。

親子向け施設情報

  • 東京メトロ銀座線「田原町駅」から徒歩12分
  • 駐車場:—
  • 料金:常時実施メニュー「天ぷら&レタス」2,300円(税込) ※2019年9月1日以降の実施分より2,500円に改定

上野は、歴史や文化の香りが高く、緑も豊かなエリア。国内外のアートや歴史と触れ合いながら、自然や下町情緒も味わえる贅沢なスポットです。小学生なら体力もついてくるので、親子で思う存分、上野を堪能しましょう!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!