シーパラが初の大規模リニューアル! 新エリア&魅力を一挙紹介

神奈川県横浜市の人気水族館「横浜・八景島シーパラダイス」が、2018年7月12日(木)から、開業以来初となる大規模リニューアルをしてオープンします。新エリア増設をはじめ、映像館の新プログラム上映や新アトラクション登場など、リニューアルの内容を紹介します。

開業以来初の大規模リニューアル!

1993年に開業した横浜・八景島シーパラダイスは、4つの水族館と遊園地、ショッピングモールがそろう複合型海洋レジャー施設。開業以来初となる大規模リニューアルでは、日本最大級の水族館「アクアミュージアム」が、“五感体感”をテーマに「アクアミュージアム〜五感体感LABO〜」として生まれ変わります。新エリアが増設されるほか、常設展示も大幅刷新が予定されています。

11カ所のLABOは見どころ満載!

「アクアミュージアム〜五感体感LABO〜」には、11カ所のLABOが新たに誕生! 彩り豊かなサンゴ礁を再現した「はじまりの海」をはじめ、飼育展示種数日本一を誇るウミウシを鑑賞できる「海の宝石 シェルリウム」、シロワニやエイ、7万尾ものイワシの群泳を楽しめる「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」など、見どころが盛りだくさんです。

ホッキョクグマやペンギン、アザラシといった海の人気者たちを展示する「氷の海にくらす動物たち」では、飼育員によるフィーディングや生きものの解説も行われます

水辺と森の環境を凝縮した新エリア!

今回のリニューアルの目玉となるのは、4階に広がる新エリア「フォレストリウム」

陸上生物や水辺の生物、水鳥、淡水魚など、水辺と森に生息する生きものたちを展示する水族館初のエリアで、コツメカワウソやカピパラ、チリーフラミンゴなど23種類の生きものたちが展示されます。

同エリアでは、それぞれの生態系に合わせた草木や滝などが設置され、生きものたちが生き生きと動き回っている様子を鑑賞することができます。さらに、柵やアクリル板など隔てるものがない「森のこみち」では、生きものたちを至近距離でじっくりと観察することができますよ

また、同エリアでは五感体感イベントを毎日開催! カワウソのにおいを感じる体験イベントや、100尾以上泳ぐピラニアの水槽に目隠しをして手を入れ、エサを食べるピラニアたちの振動を感じるフィーディングイベントなど、子どもが大興奮しそうなイベントが満載です。


ナショジオとのコラボ映像は大迫力!

同館5階にある海の映像館「アクアシアター」では、新プログラム「ONE NATURE〜つながるひとつの大自然〜」の上映が7月12日(木)からスタートします。世界最高峰のドキュメンタリーチャンネル「ナショナルジオグラフィック」とコラボレーションした、ダイナミックなオリジナル映像は必見です!

カラダを動かす新アトラクション誕生!

また、さまざまなアトラクションで遊べる「プレジャーランド」にも、身体を動かして遊べる新アトラクションが登場! 約6m、約8m、約10mのウォール&タワーが設置され、クライミングに挑戦できます。

保護者の付き添いがあれば4歳から挑戦可能。小学生からは1人でも体験できるので、ぜひチャレンジしてみましょう

体感型の新コンテンツを楽しめる水族館と遊園地で1日中楽しめる同施設。夏休みに家族でおでかけしてみてはいかがですか?

■横浜・八景島シーパラダイス
リニューアルオープン:
2018年7月12日(木) 10:00〜
営業時間:各施設、日によって異なります
場所:神奈川県横浜市金沢区八景島
料金:【ワンデーパス(4つの水族館とアトラクション)】大人5,050円、小中学生3,600円、幼児(4歳以上)2,050円、シニア3,600円
※そのほか各種料金プランあり

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!