お得なクーポン情報の掲載をはじめました

「鉄道博物館」に新館オープン! 最新体験&遊具付き屋外広場も

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館に、2018年7月5日(木)から新館がオープンします。鉄道の「仕事」「歴史」「未来」をテーマにした展示が新設されるほか、屋外エリアには子ども向けの遊具を設置した屋外広場「てっぱくひろば」がリニューアルオープンします。

大人気の鉄道博物館に新館がオープン!

2007年にオープンした鉄道博物館は、JR東日本が運営する鉄道をテーマにした博物館。車両の実物展示をはじめ、国内最大級のジオラマやシミュレータなどがある人気スポットです。2017年4月から順次全館のリニューアルが進められてきた同館では、その集大成として新館がオープン。

「仕事ステーション」「歴史ステーション」「未来ステーション」の3つの展示室が新設され、さまざまな体験ができます

新幹線の運転シミュレータを新設!

新館1階と2階にある「仕事ステーション」は、鉄道に携わるさまざまな仕事について学べる体験型ステーション。鉄道の運行を支える駅や乗務員、設備メンテナンスなどの仕事について、映像や模型、シミュレータ、グラフィックなど、さまざまな手法で模擬体験することができます

一番の目玉は、運転士・車掌のお仕事体験です。新幹線の運転体験ができる「E5シミュレータ」や、車掌の仕事が体験できる「車掌シミュレータ」が新設されるほか、在来線運転シミュレータには「E233シミュレータ」が追加されます

本館のシミュレータホールとあわせて、充実した内容を楽しめそうですね。


鉄道の未来&歴史を疑似体験!

また、新館2階の「未来ステーション」は、未来の鉄道をテーマにしたエリア。自分の分身となるアバターがアニメーションの中に入り込み、未来の鉄道の姿を疑似体験できます

さらに、新館3階の「歴史ステーション」では、140年以上にわたる日本の鉄道の歴史を学ぶことができます。大正時代の東京駅を再現した展示などもあり、当時の社会や生活の様子を感じられるほか、6つに区分された時代ごとに鉄道技術の進化が紹介されています

屋上&屋外エリアも充実!

そのほか1階には、日本初の営業最高速度・時速320kmを実現した「E5系新幹線電車」のモックアップ(グランクラス車両)と、日本初の新在直通運転を可能にした山形新幹線「400系新幹線電車」の実物が展示されます

4階の屋上エリアには、線路を走り抜ける新幹線を大きな窓から眺めながら食事ができる「ビューレストラン」と、見晴らしの良い展望スペース「トレインテラス」も新設されます

さらに、新館南側には「E7系スライダー」などの遊具を新設した「てっぱくひろば」がリニューアルオープンするほか、本館でも3Dメガネを装着して臨場感のある映像を体感できる「てっぱくシアター」が新設されます

多彩な新コンテンツが登場する同施設におでかけして、親子で鉄道の世界を堪能しましょう。

■鉄道博物館
営業時間:
10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)
※2018年7月5日(木)10:00〜新館オープン
休館日:火曜日、年末年始
※7月4日は臨時休館
※2018年5月1日、7月24日・31日、8月すべての火曜日、12月25日、2019年3月19日・26日は開館予定です
場所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
料金:一般1,300円、小中高生600円、幼児(3歳以上)300円
※新館オープン日から適用される新料金です
※コンテンツにより、別途有料の場合があります

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。