「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」向けのスキル、いこレポ 〜おでかけニュース〜 の配信をはじめました。

親子向け&変わり種多数! 関西の「節分・豆まきイベント」2018

2月3日の節分の日は、各地の寺社で豆まきなどのイベントが開催されます。歴史ある関西地方の寺社では、豆まきはもちろん、ほかの地域ではなかなか体験できないような個性的なイベントが数多くあります。

そこで今回は、子どもと一緒に日本の伝統的雰囲気を味わえる「関西の節分イベント」を7つ紹介します。節分前の2月1日(木)、2日(金)に開催されるイベントも多いので、お見逃しなく!

関東の「節分・豆まきイベント」はこちら!

舞妓さんが「鬼は外!」/八坂神社(京都府京都市)

京都・祇園の「八坂神社」で、「節分祭」が2018年2月2日(金)と3日(土)の2日間に渡って開催されます。祇園を彩る舞妓さんや芸妓さんによる舞踊奉納のほか、優雅な豆まきも行われます。

ほかにも、空くじなしの抽選券付き「福豆」(授与料300円)があったり、1年の災難を祓う「串札」(初穂料1,000円)の授与も2日間限定で行われます。

■八坂神社「節分祭」
開催日時:2018年2月2日(金)、3日(土)
※2日の豆まきは13:00/14:00/15:00/16:00 に実施
※3日の豆まきは上記時間帯に加え11:00にも実施
※両日とも舞妓さん、芸妓さんによる舞踊奉納と豆まきは13:00/15:00に実施
開催スポット:八坂神社
公式サイト:http://www.yasaka-jinja.or.jp

憧れの宝塚スターによる豆まき!/中山寺(兵庫県宝塚市)

毎年、節分の日に兵庫県宝塚市の中山寺で「星祭節分会」が行われます。「星祭」とは、星に除災招福を祈る法会で、年の変わり目の節分に当たり星を祀って、悪い年は悪事災難を免れるように、善い年は一層よくなるように祈祷を行います。

境内では1年の厄を払い、その年の幸せを願う古くから伝わる儀式「追儺式(ついなしき)」も執り行われます。宝塚歌劇団生が観音様に扮し、「貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」の3匹の鬼が諭されて、「福・禄・寿」の善神に変わる様子を現代風にアレンジした音楽法要です。子どもも大人も楽しめそうですね。

さらに当日は「除災招福豆まき式」も開催され、宝塚歌劇団生も福娘として参加します。

■中山寺「星祭節分会」
開催日時:2018年2月3日(土)
※除災招福豆まき式は13:00、15:00に実施
開催スポット:中山寺
公式サイト:http://www.nakayamadera.or.jp


伝統ある「ナニワ名物」豆まき!/通天閣(大阪府大阪市)

今回で62回目になる「ナニワ名物」の通天閣の節分福豆まきが、今年は2月1日(木)に開催されます。通天閣1階正面玄関前で、福豆袋に入ったおよそ5000袋、重さ100kgの福豆が豪快にまかれます!

毎年テーマに沿ったゲストが登場することで有名ですが、今年は大阪松竹座公演『泣いたらアカンで通天閣』の出演キャストの赤井英和さん、三倉茉奈さん、桜花昇ぼるさん、戸田ルナさん、星加莉佐さんが参加。毎回大盛り上がりの楽しい福豆まき、笑って厄を追い払いましょう!

■通天閣「節分福豆まき」
開催日時:2018年2月1日(木)10:00〜
※参加受付は8:30〜9:00(通天閣地下わくわくランド チケットカウンター前)
開催スポット:通天閣 1階正面玄関前
公式サイト:https://www.tsutenkaku.co.jp

火渡り修行で厄除け・心願成就/元興寺(奈良県奈良市)

奈良県奈良市の「元興寺」では、2018年2月3日(土)に、炎の中に不動明王を勧進し、その炎に願いを書いた護摩木を投入して焼き尽くすことで願いごとをお不動様に聞いてもらう「節分柴燈護摩会(さいとうおおごまく)」と、導師と行者衆、一般参加者による火渡り修行が行われます。

その後、15時からは「福豆まき」も開催。「元興神(がごぜ)」という鬼がいたと伝えられる寺だけに、「福はうち〜鬼もうち〜」という独特の掛け声にも注目です!

■元興寺「節分柴燈護摩会」
開催日時:2018年2月3日(土)
※12:00〜本堂にて特別祈願法要
※13:00〜本堂前にて柴灯大護摩供・火渡り秘供
※15:00〜福豆まき
開催スポット:元興寺
関連サイト:https://narashikanko.or.jp/event/setsubunsaitogomae_2018/

灯篭の灯りが幻想の世界に誘う/春日大社(奈良県奈良市)

奈良県奈良市の「春日大社」には、800年前より貴族や武士、そして一般市民によって境内に奉納された2000基の石燈籠、1000基の釣燈籠があります。毎年節分の日には、境内の灯篭に灯りを灯して浄火を献じ、神様にさまざまな祈願をする「節分万灯篭」が行われ、毎年多くの参拝者で賑わっています。親子で境内に広がる幻想的な風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■春日大社「節分万灯篭」
開催日時:2018年2月3日(土)17:30〜20:30
開催スポット:春日大社
料金:回廊内特別参拝500円(3000円以上の初穂料で献燈可)
公式サイト:http://www.kasugataisha.or.jp


豆まき発祥の地!/貴船神社(京都府京都市)

京都市左京区にある「貴船神社」は「豆まき発祥の地」として知られていて、毎年2月3日に行われる「節分祭」では、貴船の荘厳な自然の中で、「鳴弦神事」「豆撒きの儀」など、古式ゆかしい神事を見学することができます。また、当日には、厄除守入り福豆(初穂料500円)などの限定授与品の配布もあります。

ちなみに、室町時代の御伽草子『貴船の物語』の一節に「鞍馬の山奥に住む鬼の大王の娘と都の中将が恋に落ち、最後は鬼の娘が人間に生まれ変わって結ばれるものの、それを憎んで節分の夜に攻め寄せる鬼をあざむくために鰯を焼いて家の門口に刺し、鬼の目つぶしとして豆をまいた」という興味深い話があり、貴船神社が節分行事の発祥に縁が深いといわれているのだそう。

『貴船の物語』の現代語訳全文は貴船神社の公式サイト内の文学ページに掲載されています。豆まきの由来に興味がある人は、節分の前に親子で読んでみてはいかがでしょうか。

■貴船神社「節分祭」
開催日時:2018年2月3日(土)11:00〜
開催スポット:貴船神社
公式サイト:http://kifunejinja.jp

「身振り狂言」が見られる!/大覚寺(兵庫県尼崎市)

兵庫県尼崎市の「大覚寺」では、2018年2月3日(土)に「大覚寺節分祭」を開催。1日4回(12:00/14:00/17:00/19:00)行われる豆まき以外にも、節分の日だけに奉納される、せりふがなく身ぶりだけで演じる「身振り狂言」が演目を変えながら終日行われます。難しい言葉もないので子連れ向きですね。

ほかにも、豆まき前には「芦刈からくり人形」の上演、開運厄除けの「昆布だるま」や「芦刈の破魔矢」の授与なども行われます。

■大覚寺「大覚寺節分祭」
開催日時:2018年2月3日(土)
※豆まきは12:00/14:00/17:00/19:00
※「身振り狂言」の奉納、「昆布だるま」「芦刈の破魔矢」の授与は10:00〜19:00
開催スポット:大覚寺
公式サイト:http://amagasaki-daikakuji.com

寺社や施設ごとに趣が異なる個性的な節分イベントが開催されています。節分当日なら、朝早くから夜遅くまで各地で行われているので、いろいろ出かけてみるのもいいですね。伝統文化に触れながら、この1年の家内安全などを祈願しましょう!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!