5

渋谷区で入場無料の「防災フェス」 体力チャレンジ&炊き出しも

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京都渋谷区の「代々木公園」で、2022年9月3日(土)、4日(日)の2日間、防災や減災について考える入場無料のイベント「もしもフェス渋谷2022」が開催されます。体力チャレンジや地震体験、自衛隊の炊き出し、人気キャラクターが出演するステージイベントなど、楽しく学べるコンテンツが満載です!

【東京近郊】絶対おすすめ♪ 2022年9月の親子向けおでかけ先まとめ!

「防災・減災」を普及啓発する参加型イベント

9月の「防災月間」に合わせて開催される「もしもフェス渋谷2022」は、「防災・減災」を普及啓発する参加型イベントです。2019年まで開催されていた「渋谷区総合防災訓練(SHIBUYA BOSAI FES)」の流れをくんで、2022年から新たにスタート。一般財団法人渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷未来デザイン、こくみん共済coopの3団体と、渋谷区の共催のもと初開催されます。

「消防・自衛隊」の車両展示&地震体験、カレーの炊き出しも!

会場には、東京消防庁のポンプ車や街角救助車、起震車、自衛隊の軽装備車や炊事車が展示されます。起震車での地震体験や、炊事車を使った自衛隊による炊き出しが行われ、1日約400食のカレーが提供されます。

「もしも」を駆け抜ける体力チャレンジも!

一番の注目は、もしものための体力チャレンジ「SPARTAN RACE」! 自分自身の体だけを頼りに、災害が起きた状況を切り抜けるアトラクションです。子供はもちろん、大人も楽しみながら、災害から身を守るための体の動かし方を体験できますよ。

「防災×キャンプ」で「もしも」を体験!

このほか、キャンプグッズで災害に備える方法を紹介する防災キャンプ「ハピキャン!」、災害のときに慌てないための「もしものときのリーダー診断」、東急ハンズ渋谷店とコラボした「もしもストア」など、内容盛りだくさんです!

ステージには各局アナウンサーや人気キャラクターが出演!

同イベントでは、ステージコンテンツも充実。日本テレビの気象予報士で防災士でもある木原実さんと天気予報のマスコットキャラクター「そらジロー」をはじめ、フジテレビからは「ガチャピン」と「ムック」、TBSからはマスコットキャラクターの「ブーナ」、そして各局のアナウンサーが登場し、防災を学べるトークショーを行います。

こくみん共済 coop が贈るトークイベントでは、ゲストを迎え、熊本地震や西日本豪雨といった災害から学ぶをテーマに、「もしもの前の備え」と「もしもの後の対応」を考えるトークショーを実施します。

さまざまな体験を通して、「もしも」のときの備えになる「もしもフェス渋谷2022」。入場無料で楽しめるので、ぜひこの機会に、家族で防災や減災について学んでみましょう。

■「もしもフェス渋谷2022」概要
開催日:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:10:00〜18:00
場所:代々木公園
料金:入場無料
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、開催内容が変更になる場合があります

公式サイト新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
この記事をあとで読む
5
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!