61

2021【関東】9月も遊べる「人気プール」5選 都内近郊も多数!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

まだまだ暑い日が続く9月、夏休みが終わってもプールで水遊びをしたいという家族も多いのでは? 今回は、そんな親子にオススメの「9月でも入れる関東のプール」を6つ紹介します。

※2021年の最新情報に更新しています

【最新情報】9月に入れる全国の「プール」をチェック!

【東京都あきる野市】東京サマーランド

東京都あきる野市の「東京サマーランド」には、一年中入れる屋内プールがあるほか、夏季限定の屋外プール「アドベンチャーラグーン」も9月末まで楽しめます。日本最長級の流れるプールやウォータースライダーが人気です。

■東京サマーランド
屋外プール営業期間:2021年7月1日(木)〜9月30日(木)
料金:幼児(2歳〜)2,000円〜、小学生2,700円〜、中学生3,300円〜、高校生以上3,900円〜、シニア(61歳以上)2,000円〜
※詳しい料金は公式ホームページをご確認ください。
※日にちによって料金が変わります。

【千葉県山武市】蓮沼ウォーターガーデン

九十九里海岸に繋がる立地で海へも自由に出入りできる千葉県最大級のプール「蓮沼ウォーターガーデン」は、9月20日(月・祝)まで営業中! 今夏オープンした乳幼児(2歳以上、身長120cm未満)対象の水遊びエリア「トドラーキッズスペース」をはじめ、全18種類のプールがあります。

詳しい記事はこちら

■蓮沼ウォーターガーデン
営業期間:2021年7月10日(土)〜 9月20日(月・祝)
料金:<入園料>幼児(4歳以上)200円、小中学生400円、高校生1,010円、大人1,730円


【千葉県白井市】白井市民プール

千葉県白井市にある屋外プール「白井市民プール」は、例年9月の第二日曜日までの営業です。リーズナブルに楽しめる市民プールながら、1周150mの「流れるプール」をはじめ、小さな子どもでも安心の「幼児プール」や全長91m、62mのスライダーなどがあり、親子で1日楽しめます。

※2021年は新型コロナウイルス感染症対策のため開催中止

■白井市民プール
営業期間:2021年は新型コロナウイルス感染症対策のため開催中止
料金:<市内在住>幼児(4歳〜)100円/小中学生150円/大人(高校生以上〜)450円
<市外在住>幼児(4歳〜)150円/小中学生300円/大人(高校生以上〜)750円

【神奈川県中郡大磯町】大磯ロングビーチ

神奈川県中郡大磯町で相模湾を眺める絶好のロケーションが自慢の「大磯ロングビーチ」は、9月12日(日)まで! スリル満点のウォータースライダーや流れるプールのほか、水深の浅い子ども専用プールや「ウォーターシューター」を盛り込んだ子ども向けスライダーなど、バラエティに富んだプールで子どもから大人まで楽しめます。

■大磯ロングビーチ
営業期間:2021年7月16日(金)〜9月12日(日)
料金:<1日入場券>大人4200円、中高生2800円、小学生・シニア2200円、幼児(3歳〜)1000円

【神奈川県藤沢市】辻堂海浜公園(辻堂ジャンボプール)

神奈川県藤沢市にある「辻堂海浜公園」で1番人気の「辻堂ジャンボプール」は、例年9月の第二日曜日まで営業されます。大小6つのプールがあり、波の出るプールやウォータースライダーなどを楽しめます。

※2021年は新型コロナウイルス感染症対策のため開催中止

■辻堂海浜公園(辻堂ジャンボプール)
営業期間:2021年は新型コロナウイルス感染症対策のため開催中止
料金:子ども(小学生以下)210円/中学生520円/大人(高校生以上)830円 

流れるプールやスライダーなど、充実した設備のプールばかり! この夏最後の思い出づくりに、ぜひ親子でおでかけしてみてはいかがですか?

その他関東で楽しめるプールはこちら
親子で水遊び!プール・じゃぶじゃぶ池特集
この記事をクリップする
61
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!