87

関東近郊の夏でも涼しい高原キャンプ場おすすめ5選 絶景&星空

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

「キャンプに行きたいけれど、暑いのが苦手…」という人は多いのではないでしょうか? そこでおすすめなのが標高の高い「高原キャンプ場」。

標高が100m上がるごとに、気温は0.6度下がると言われています。標高0mの場所で25度なら、標高1,000mで19度、1,500mで16度となり、夏の暑い時期でも快適にキャンプを楽しめますよ。

高原という立地を生かしたアウトドア体験が用意されていたり、絶景が望めたりと楽しみ方はさまざま!

キャンプ場の環境や気候、時間帯によっては肌寒く感じることもあるので、羽織れる長袖を1枚準備しておでかけしてくださいね。

もくじ

関東のおすすめ無料キャンプ場7選2022年OPENの最新グランピングおすすめ 関東・関西・東海も【2022】関東のおすすめ川遊びスポット15選

丸沼高原CAMPING VALLEY(キャンピングバレイ)【群馬県利根郡片品村】

広々としたスキーゲレンデを利用したキャンプ場。車を横付けできるオートキャンプサイトながら、区画のないフリーサイトなので開放感は抜群です。200張分のスペースがあり、そのうち15サイトはAC電源を利用することができます。お湯の出る炊事場や温水洗浄便座付きトイレ、洗濯機を完備するなど、設備も充実していますよ。

標高1,500mでの星空キャンプを堪能!

標高約1,500mのスキー場だけに、夏でも涼しく過ごせ、夜は満天の星を望めます。隣接する「日光白根山ロープウェイ」で一気に標高2,000mの山頂駅へ向かえば、絶景を望みながら足湯に浸かれたり、季節の高山植物が咲く「ロックガーデン」で散策を楽しめます。また、樹上に作られたアスレチック「ツリーアドベンチャー」を体験することもできますよ!

■丸沼高原CAMPING VALLEY(キャンピングバレイ)
所在地:
群馬県利根郡片品村東小川4658-58
営業日:2022年5月28日(土)〜11月12日(土)
定休日:なし
時間:【チェックイン】13:00〜、【チェックアウト】〜12:00
サイト数:200張
料金:【入場料】大人1,100円、小学生600円、未就学児無料、【サイト利用料】電源付きサイト5,000円〜、フリーサイト3,000円〜
ペット同伴:可能
アクセス:関越自動車道「沼田IC」から車で約50分

公式サイト

北軽井沢スウィートグラス【群馬県吾妻郡長野原町】

浅間山を一望できる約3万坪の広大な敷地に広がるキャンプ場。木々に囲まれた「林間エリア」、カツラ・カエデなどの中高木で仕切られた「木立エリア」、広々とした草地にある開放的な「大空エリア」など、さまざまなロケーションのテントサイトがあります。また個性的なツリーハウスやキャビン、コテージなどの宿泊施設も人気です。

イベントやツアーも盛りだくさん!

標高約1,150mの林間や草原に広がるキャンプ場では、クラフト教室や季節のイベント、トランポリンなど、子供が楽しめる遊びがたくさんあります。また、さまざまな予約食材やレンタル品も充実しており、気軽に手ぶらでキャンプができるので、事前にチェックして興味があれば予約をしておきましょう。

■北軽井沢スウィートグラス
所在地:
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
営業日:通年営業
定休日:なし(時季によりメンテナンス休業あり)
時間:テント泊【チェックイン】13:00〜18:00、【チェックアウト】8:00〜11:30
サイト数:100区画、キャビン/ツリーハウス26棟、コテージ24棟
料金:オートサイト3,900円〜、キャビン/ツリーハウス7,700円〜、コテージ16,000円〜
ペット同伴:可能
アクセス:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から車で約50分

公式サイト

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場【群馬県吾妻郡嬬恋村】

自然の起伏はできるだけ活かして、環境破壊に結びつくような設備は作らないことをモットーに「無印良品」が運営するキャンプ場。高原の高台に位置する見晴らしのいいサイトはどこも広々としていて、サイトレイアウトに苦労する心配はありません。

さまざまなアウトドア教室やイベントが大人気

標高約1,300mのキャンプ場からは、浅間山、四阿山、草津白根山が望め、眼下には「バラギ湖」が広がります。湖では釣りやカヌーが体験でき、周辺ではサイクリングやトレッキングを楽しめます。場内で開催されるピザ作りやケーキ作り、クッキングや自然観察など、さまざまなアウトドア教室も大人気です。

※「アウトドア教室」は、事前予約制。各施設の利用には、「無印良品キャンプ場」へのユーザー登録が必要です

■無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
所在地:
群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
営業日:4月下旬〜11月上旬
定休日:なし
時間:【チェックイン】13:00〜18:00、【チェックアウト】〜12:00
サイト数:200区画
料金:大人2,750円、小学生1,375円、未就学児無料
ペット同伴:可能(エリア限定)
アクセス:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から車で約60分

公式サイト

みずがき山森の農園キャンプ場【山梨県北杜市】

小川が流れシラカバの原生林に囲まれた、夏でも涼しいキャンプ場には、A〜G、Sの8エリアに分かれたテントサイトがあり、全部で75区画が作られています。宿泊はテントのほかバンガローが8棟あり、屋根付きのデッキや水場が備えられている施設もあるので、雨の日でも安心して楽しめます。

無農薬野菜の収穫体験もできる!

キャンプ場の標高は約1,470m。トランポリンやターザンロープ、ブランコなどの遊具があるほか、季節の完全無農薬野菜の収穫体験が楽しめます。一番人気は、生でも食べることができるとっても甘い「トウモロコシ」。収穫時期は8〜9月なので、公式サイトをチェックしておきましょう。

■みずがき山森の農園キャンプ場
所在地:
山梨県北杜市須玉町小尾8862-1
営業日:3月中旬〜11月30日
定休日:なし
時間:テント泊【チェックイン】13:00〜、【チェックアウト】〜11:00
サイト数:75区画、バンガロー8棟
料金:【テントサイト利用料】大人880円〜、3歳〜小学生550円〜、【環境保全料(1区画)】550円、【オートサイト】2,750円〜、【バンガロー】11,000円〜
ペット同伴:可能
アクセス: 中央自動車道「須玉IC」から車で約40分

公式サイト

PICA富士吉田【山梨県富士吉田市】

テントサイト、コテージ、トレーラーなど、さまざまなタイプの宿泊施設が並ぶ、欧米型の本格キャンプ場。テントサイトはアカマツ林に囲まれ、木陰が多く涼しく過ごせます。場内の施設はドライヤー付きのお風呂をはじめ、お湯の出る炊事棟、温水洗浄便座付きトイレなどが備えられているので、初心者でも安心して過ごせますよ。

本格的なアウトドア料理も手軽に

キャンプ場があるのは、標高約1,000mの高原。多くの木々に囲まれた場内では、子供向けイベントを開催。またダッチオーブンやスキレットなどの調理器具と一緒に、こだわりの食材を予約することができます。普段作らない料理を親子で作ってみるのも楽しい体験です。

■PICA富士吉田
所在地:
山梨県富士吉田市上吉田4959-4
営業日:通年営業
定休日:水木曜
時間:テント泊【チェックイン】13:00〜19:00、【チェックアウト】7:00〜12:00
サイト数:33区画、FamilyCAMPコテージ35棟、コテージ・トレーラー15棟、テントヴィラ5棟
料金:【テントサイト電源付き】2,200円〜、【テントサイト電源なし】1,800円〜、【FamilyCAMPコテージ】中学生以上1人3,000円〜、【コテージ・トレーラー】15,000円〜、【テントヴィラ】1人8,000円〜
ペット同伴:可能
アクセス:中央自動車道「河口湖IC」から車で約5分

公式サイトへ

暑い夏におすすめの標高の高い「高原キャンプ場」を紹介しました。暑さ対策はもちろん、施設・設備も整っているスポットばかり! 夏でも快適に過ごせて、家族で楽しめる「高原キャンプ場」におでかけしてみてはいかがでしょうか。

関東のおすすめ無料キャンプ場7選2022年OPENの最新グランピングおすすめ 関東・関西・東海も【2022】関東のおすすめ川遊びスポット15選
自然を満喫!キャンプ特集
この記事をクリップする
87
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!