0

津山市の「衆楽園」で光のアートイベント キッチンカー&夜桜も

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

岡山県津山市にある回遊式の日本庭園「衆楽園」(旧津山藩別邸庭園)で、2022年2月25日(金)〜4月10日(日)の期間、光のアートイベント「つやま夢灯り庭園」が開催されます。

江戸時代に作られ国の名勝にも指定される庭園の各所に、ミラーボールやデジタルアート、竹、鉄を使って「夢」を表現した現代アート作品を展示し、幻想的なライトアップを施す「衆楽園」初の夜間演出イベントです。

会期は、2月25日(金)〜3月21日(月・祝)の金・土・日・祝日と、3月25日(金)〜4月10日(日)の毎日。桜が満開を迎える時期にはライトアップされた夜桜も楽しめます。

中国地方の遊園地・テーマパーク14選 恐竜&絵本&地底探検も!

「光のアート作品」で池の水面を幻想的に演出

「衆楽園」は、庭園の大半を占める池の周囲に園路を巡らせた池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)です。本イベントでは、自然由来の素材を用いた作品を得意とする4組の現代アーティストたちによる「光のアート作品」7作品を園路に点在させ、池の水面を幻想的に演出します。

空間プロデュースは、多種多様なアーティストとコラボレーションし、見たことのない空間や体験を創造する「ELEMENTS」(エレメンツ)が担当。日中では体験できない光に包まれた夜の「衆楽園」が楽しめます。

光のアート

数百個のミラーボールを使って、光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER」(ミラーボーラー)からは、光のアート作品「夢の花」を展示。夜になるとひかり輝き始める花々をテーマに、まるで夢をみているかのような情景を表現します。

デジタルアート

夜の闇に「光」、「音」、「映像」で幻想的な世界を創り出すアーティストチーム「ATWAS」(アトワズ)からは、デジタルアート2作品が登場。

津山の地を収めてきた者たちの紋が生み出す幻想的な世界「津山カレイドスコープ」と、津山の季節を彩る情景を浮かんでは消える幻のように表現する「四季の幻」が楽しめます。

竹アート

竹を使った和のアート作品では、優雅な曲線で造園から364年のときを経て樹木にやどる「樹の精」を表現。アーティストは、世界各地の放浪の旅を経て、人間と自然の関わり方をテーマに竹を使った巨大造形の制作を手掛ける三橋玄氏。

鋼アート

飴細工のように鋼をあやつる鋼アートは、アーティスト「sakishiraz」(サキシラズ)によるもの。展示作品「LIGHT OF LIFE」は、植物の年輪や人間の指紋など命の象徴でもある曲線を持つ球体から、無限の広がりや拡大するエネルギーを表現しています。

動きやすい靴での来場がおすすめ

観覧時間の目安は、30〜40分程度。砂利道や坂道などを徒歩移動するので動きやすい靴での来場がおすすめです。ベビーカーを押して観覧はできませんので、入口入ってすぐのベビーカー置き場をご利用ください。

休憩所の衆楽茶屋エリアには、キッチンカーが登場し飲食も楽しめます。
※コロナ感染拡大防止のため、飲食を禁止にする場合があります

日中の景観も美しい「衆楽園」。日中の入園は無料ですが、「つやま夢灯り庭園」を観覧する場合は、一度17:00で退園し、18:00以降の観覧券を購入の上再入場してください。また、園内は自由に撮影が可能ですが、三脚と自撮り棒を利用しての撮影はできないのでご注意ください。

今しか見られない夜の「衆楽園」。ぜひ、親子で楽しんでくださいね。

※画像は過去の作品です

■「つやま夢灯り庭園」概要
実施期間:
・2022年2月25日(金)〜3月21日(月・祝)(金・土・日・祝日 限定開催)
・2022年3月25日(金)〜4月10日(日)(毎日開催)
時間:18:00〜21:30
※日中の入園は無料ですが、「つやま夢灯り庭園」を観覧する際は、一度17:00で退園し、18:00以降の観覧券を購入の上再入場してください
実施場所:衆楽園(旧津山藩別邸庭園)
住所:岡山県津山市山北628
観覧料:大人(高校生以上)1,000円、小中学生500円、未就学児無料
駐車場:衆楽公園駐車場(150台無料)

イルミネーション特集2022
冬のお出かけ特集2022
楽しみ方いっぱい!公園特集
この記事をクリップする
0
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!