44

偕楽園「水戸の梅まつり」とチームラボがコラボ 光のアート体験

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

茨城県水戸市にある梅の名所「偕楽園」で、2021年3月1日(月)〜3月31日(水)の期間に、デジタルアート集団チームラボによる「チームラボ 偕楽園 光の祭」が開催されます。毎年恒例の「水戸の梅まつり」にあわせて開催され、辺り一面梅が咲き渡る春の偕楽園に幻想的な光のアート空間が登場します!

※2021年2月8日追記
【展覧会会期が変更となりました】
変更前:2021年2月13日(土)〜3月21日(日)
変更後:2021年3月1日(月)〜3月31日(水)

日本の三名園として知られる偕楽園

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」の1つ。東京ドーム約2.7個分の庭園に約100品種、3,000本の梅が植えられた、梅の名所として広く知られています。

「早咲き」「中咲き」「遅咲き」とさまざまな品種があるため、長期間に渡って観梅を楽しめるのが特徴で、2月から3月にかけて毎年恒例の「水戸の梅まつり」が開催され、2021年で125回目を迎えます。

伝統の梅まつりと「チームラボ」がコラボ!

今年の梅まつり開催期間中、偕楽園でチームラボによる展覧会「チームラボ 偕楽園 光の祭」を同時開催! 人の存在によって変化する光のアートが梅園に施され、幻想的な空間を演出します。

「チームラボ 偕楽園 光の祭」の開催時間は、日没後の18:00〜20:30(最終入場20:00)。日中の「梅まつり」から入園している場合は、17:00までに一度退園し、18:00以降に再入園する必要があります。また、イベントチケットとは別に偕楽園の入園料(大人300円、小人150円、満70歳以上150円)が必要です。

「チームラボ 偕楽園 光の祭」のチケット販売開始は、2月15日(月)正午を予定しています。

土曜日には打ち上げ花火も!

梅まつり期間中の毎週土曜には、偕楽園周辺で「偕楽園歓迎花火」が開催されます。開催日は、以下の全6回。19:00から数分間の打ち上げ花火が楽しめます。(※荒天時は翌日に順延)

偕楽園歓迎花火

  • 2021年3月6日(土) 19:00〜
  • 2021年3月13日(土) 19:00〜
  • 2021年3月20日(土) 19:00〜

※荒天時は翌日に順延

人の動きによって変化する不思議な光のアートと梅のコラボレーションは、子供から大人まで驚きの体験ができそうですね。梅まつりとあわせて、ぜひチェックしてみてください。

■「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催概要
会期:2021年3月1日(月)〜3月31日(水)
時間:18:00〜20:30(最終入場20:00)
会場:偕楽園(茨城県水戸市常磐町1丁目)
料金:大人1,500円、中高校生800円、小学生以下無料
※チケット販売開始日は2月15日(月)正午を予定
※偕楽園の入園料(大人300円、小人150円、満70歳以上150円)別途必要
注意事項:
・会場内には階段や段差があり、未舗装の場所もあります。お体の不自由な方や車椅子、ベビーカー等での観覧ができないエリアがありますことをご了承ください。
・悪天候等の場合は開催を中止する場合があります。

「チームラボ 偕楽園 光の祭」公式サイト

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

ご入園の際、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、検温・手指消毒・いばらきアマビエちゃん登録のご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら

■第125回水戸の梅まつり
会期:2021年2月13日(土)〜2021年3月21日(日)
会場:偕楽園・弘道館
時間:6:00〜17:00(第125回梅まつり期間中)
料金:偕楽園:大人300円、小人150円、満70歳以上150円(好文亭観覧料は別途)
弘道館:大人400円、小人200円、満70歳以上200円
※催事により、開館時間・料金は変更となる場合があります。
※今後の新型コロナウイルス感染症の状況等によっては、予定されている行事等が変更、または中止となる場合があります。

「第125回水戸の梅まつり」公式サイト

■偕楽園歓迎花火の打ち上げ
期間:梅まつり期間中の毎週土曜日(計6日間)19:00から数分間 ※荒天時は翌日順延
会場:偕楽園周辺
※ご観覧の際は密を避け、咳エチケット等ご配慮ください。

花火の打上げについて
この記事をクリップする
44
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

気になるキーワードをチェック!