52

江東区の1日遊べるおすすめ公園6選 すべて駅近&遊具が充実!

子供の定番おでかけスポットといえば「公園」! 無料で遊べるので、たくさん知っておきたいですよね。

そこで今回は、江東区にある1日たっぷり遊べるおすすめ公園を紹介します。遊具やじゃぶじゃぶ池、スポーツ施設、水上アスレチックなど、遊び場が充実していて、思い切り楽しめるスポットばかりですよ。すべて最寄り駅から徒歩10分以内で、行きやすいのもポイントです。

【江東区】じゃぶじゃぶ池&水遊び場があるおすすめ公園

猿江恩賜公園【住吉〜毛利】

都営新宿線および東京メトロ半蔵門線・住吉駅から徒歩約2分の場所にある「猿江恩賜公園」。桜の名所として知られ、半円形の「芝生広場」は、春になるとお花見を楽しむ家族でにぎわいます。

ほかにも各所に広場があり、ピクニックやレクリエーションが楽しめます。「冒険広場」には、大型の複合遊具やユニークな形をした遊具が豊富で、体をめいっぱい動かして遊べますよ

全長約300mのせせらぎがあり、夏季には上流で水遊びが楽しめます。水深は浅く、木陰が多いので、小さな子供でも安心。自然の小川で遊ぶような感覚が満喫できます。

そのほかスポーツ施設も充実していて、テニスコートや野球場を借りて家族で楽しむのもおすすめです。

■猿江恩賜公園
住所:東京都江東区住吉2、毛利2
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、サービスセンターは8:30〜17:30、その他異なる施設あり
休園日:公園部は無休、サービスセンターは年末年始(12月29日〜1月3日)

辰巳の森海浜公園【辰巳】

スポーツ好きのファミリーにおすすめなのが、東京メトロ有楽町線・辰巳駅から徒歩約7分のところにある「辰巳の森海浜公園」。レクリエーション性を重視した8つのニュースポーツが楽しめます

通常の10分の1のコートで行う卓球に似た「フリーテニス」や、棒で円盤をシュートして得点を競う「シャフルボード」、フライングディスクを使う「ディスクゴルフ」などがそろい、体を動かして遊べますよ。初心者向けの講習会や、用具の貸出しもあります。

すべり台がついた複合遊具やブランコ、カラフルなシーソーなど、子供に人気の遊具がそろう「遊具広場」には、健康遊具もあるので、家族みんなで楽しめます

「少年広場」では、予約をすれば無料でサッカーなどができるので、大勢でワイワイ盛り上がるのにぴったりです。

※工事により利用できないエリアがあります

■辰巳の森海浜公園
住所:東京都江東区辰巳2-1-35
料金:無料(用具の貸出しは有料、その他一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、ニュースポーツは2〜10月9:00〜17:00・11〜1月9:00〜16:00(最終受付は各30分前まで)、その他異なる施設あり
休園日:公園部は無休、ニュースポーツなど一部施設は年末年始(12月29日〜1月3日)

木場公園【木場〜平野】

東京メトロ東西線・木場駅から徒歩約5分と好アクセスの「木場公園」。総面積24.2ヘクタールにおよぶ広い園内は、南地区・中地区・北地区に分かれていて、遊び場が充実しています。

子供に人気の「冒険広場」は、南と北に1カ所ずつあります。南には木製遊具、北にはプラスチック製の複合遊具や広々としたじゃぶじゃぶ池があり、夏には水遊びが楽しめます

冒険広場では、毎月第2土曜に「プレーパーク・冒険遊び場」も開催。プレーリーダーのサポートのもと、自然の中で工作や遊びが思い切り楽しめます。

さらに「バーベキュー広場」では、予約をすれば手ぶらバーベキューも可能。気軽にアウトドアが満喫できます。

南にある「木場ミドリアム」では、のんびり休憩できるほか、未就学児対象の室内スペース「木場キッズリアム」や授乳室も完備。小さな子供連れでも1日たっぷり遊べますよ。

※実際の開園・実施状況は公式サイト(公園へ行こう!)で確認ください

■木場公園
住所:東京都江東区木場4・5、平野4
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、木場ミドリアムは9:00〜16:30、木場キッズリアムは10:00〜16:00、その他異なる施設あり
休園日:公園部は無休、サービスセンターおよび各施設は年末年始、木場ミドリアムとキッズリアムは月曜も休館(祝日の場合は翌日)


横十間川親水公園【扇橋〜東陽】

東京メトロ東西線・東陽町駅から徒歩約10分のところにある「横十間川親水公園」は、横十間川を埋め立てて造られた全長1,970mにおよぶ公園です。水辺でのレジャーがたっぷり楽しめます。

子供に人気なのは、水上に浮かぶ「水上アスレチック」(6〜12歳対象)。ロープをたぐって進む「GOGOロープ」や、バランスをとりながら橋を渡る「ぐらぐら橋」などで、フィールドアスレチックとは違うスリルが味わえます。

園内2カ所のボート乗り場では、ボートを借りることもできます(1艇30分100円)。手漕ぎボートと足漕ぎボートがあるので、子供の年齢に合わせて選べますよ。週に1度は、ボランティアによる和船の運行や櫓(ろ)漕ぎ体験も行われているので要チェックです(2020年5月12日までは中止)。

さらに、「生物の楽園」と呼ばれるエリアもあり、花菖蒲園や田んぼがあり、水辺の生き物の観察もできます。

■横十間川親水公園
住所:東京都江東区扇橋3-22先〜東陽6-1先
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、水上アスレチックは9:00〜16:30、ボートは平日12:00〜17:00・土日祝9:00〜17:00(最終受付はいずれも16:30まで)
休園日:公園部は無休、水上アスレチックは毎月1・15日(土日祝の場合は翌日)・年末年始(12月29日〜1月3日)、ボートは3〜11月の第2日曜および平日・春休みと夏休み期間の日曜

亀戸中央公園【亀戸】

東武亀戸線・亀戸水神駅から徒歩約2分とアクセスのいい「亀戸中央公園」。広い園内はA〜Cの3地区に分かれていて、A地区の「遊具広場」とC地区の「児童コーナー」には、シーソーやすべり台、ブランコ、砂場、スプリング遊具、ターザンロープなど、小さな子供から小学生まで楽しめる遊具がいっぱいです

児童コーナーの前にはサトザクラが植えられていて、春には鮮やかなピンク色に。その横の「多目的広場」ではボールが使えるので、家族でスポーツが楽しめます。

B地区には、広々とした「芝生広場」や「中央休憩広場」があり、ピクニックなど思い思いに過ごせます。また、夏には人工の池が水遊びスポットになり、大人気! 

全長約200mのせせらぎは幅があり、水深は浅く歩きやすいので、小さな子供の水遊びデビューにもおすすめです。

■亀戸中央公園
住所:東京都江東区亀戸9-37-28
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、サービスセンターは8:30〜17:30、その他異なる施設あり
休園日:公園部は無休、サービスセンターは年末年始(12月29日〜1月3日)

大島小松川公園【大島】

都営新宿線・東大島駅から徒歩約3分の場所にある「大島小松川公園」は、江東区から江戸川区にまたがる広大な公園です。

一番人気は「アスレチック広場」。船や波などをイメージしたユニークな形状の巨大アスレチック遊具があり、思い切り体を動かせる仕掛けがいっぱいです

小さな子供向けの遊具が充実しているのは「季節の広場」。ブランコやスプリング遊具、複合遊具など、カラフルな小型遊具がそろっています

「スポーツ広場」には野球やサッカーのできる設備が整っているほか、「わんさか広場」にはバスケットゴールが設置されていて、ボール遊びにももってこい。最も広い「自由の広場」では、開けたスペースでピクニックなどが楽しめます。

予約すれば「バーベキュー広場」も利用できるので、1日たっぷり外遊びが満喫できますよ(2020年5月31日まで利用中止。6月以降も予約は当面の間見合わせ)。

■大島小松川公園
住所:東京都江東区大島9、東京都江戸川区小松川1
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:公園部は終日、サービスセンターは8:30〜17:30、その他異なる施設あり
休園日:公園部は無休、サービスセンターは年末年始(12月29日〜1月3日)

遊び場がたくさん詰まった江東区のおすすめ公園を紹介しました。ぜひ家族みんなで足を伸ばしてみてくださいね。

子供が喜ぶ! 公園特集
この記事をクリップする
52
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。