2

2021【中央区】じゃぶじゃぶ池&水遊び場があるおすすめ公園5選

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

暑い季節でも、屋外で楽しく過ごせるのが水遊び! 公園内にあるじゃぶじゃぶ池であれば、無料で利用できるので人気です。

今回は、中央区にある5カ所のじゃぶじゃぶ池&水遊び場を紹介します。例年7月上旬から9月上旬まで利用できますが、詳細は区の公式サイトをチェックしてくださいね。

※2021年の最新情報に更新しています

【東京都】水遊びおでかけ記事まとめはこちら都内の水上アスレチックまとめはこちら!

鉄砲洲児童公園【湊】

「中央区立中央小学校」の隣にある「鉄砲洲児童公園」。一角に半円形のプール型じゃぶじゃぶ池があり、夏になると子供に大人気の水遊びスポットに! 地面は平らで水深も浅いので、小さな子供も安心して遊べますよ。横にはシャワーも付いています。

2021年は7月9日(月)から9月5日(日)まで利用できます。そのほか、園内にはクライミングウォールやすべり台の付いたカラフルな複合遊具、ブランコなど遊具も充実しています。

■鉄砲洲児童公園
住所:東京都中央区湊1-5-1
料金:無料

越前堀児童公園【新川】

「中央区立明正小学校」の隣にある「越前堀児童公園」にも、プール型のじゃぶじゃぶ池があります。中央にあるアーチからはミストが、プールサイドのゾウの鼻からは噴水が噴き出し、子供は大喜び。水深は浅く、地面も平らで歩きやすいので、幅広い年齢層の子供が一緒に楽しめますよ。

2021年は7月9日(月)から9月5日(日)まで利用できます。園内には、ほかにもクライミングウォールの付いたユニークな形のすべり台やブランコなどがあります。広いスペースでは走り回って遊ぶことも可能です。

■越前堀児童公園
住所:東京都中央区新川1-12-1
料金:無料

久松児童公園【日本橋】

「中央区立久松小学校」に隣接する「久松児童公園」には、半円形の広々としたプール型じゃぶじゃぶ池があります。夏にはたっぷり水が張られ、水遊びを満喫できますよ。水深は浅く、見通しがよく歩きやすいので、きょうだい一緒に楽しむのもおすすめ。周囲には休憩できるベンチがあるほか、シャワーも付いています。

2021年は7月9日(月)から9月5日(日)まで利用できます。園内には、じゃぶじゃぶ池以外にも幼児から遊べる複合遊具やブランコがあり、のんびり遊べます。

■久松児童公園
住所:東京都中央区日本橋富沢町16-6
料金:無料


月島第二児童公園【勝どき】

都営大江戸線・勝どき駅からすぐのところにある「月島第二児童公園」には、円形の大きなじゃぶじゃぶ池があります。中央に丸く並ぶ柱から水が噴き出し、子供に大人気! 水量たっぷりなので、思い切り遊べますよ。広々としたスペースがあり、地面も歩きやすいので安心です。

2021年は7月9日(月)から9月5日(日)まで利用できます。園内には遊具も充実。小さな子供向けの動物型の遊具から、大型のアスレチック遊具まで、きょうだい一緒に楽しめます。

■月島第二児童公園
住所:東京都中央区勝どき1-9-8
料金:無料

あかつき公園【築地】

東京メトロ日比谷線・築地駅から歩いて約7分のところにある「あかつき公園」。円形の広場の中央では、地面から勢いよく水が噴き上がり、暑い季節には水遊びが楽しめます。水はほとんど溜まらず、水深もないので、小さな子供にもおすすめです。

広場以外にも、長いローラーすべり台やうんてい、ターザンロープ、タイヤ、土管など遊べるエリアがたくさん。体を思い切り動かせます。

■あかつき公園
住所:東京都中央区築地7-19-1
料金:無料


さまざまな年齢の子供が楽しめる中央区の水遊びスポットを紹介しました。利用する際は、各施設のルールをよく守って、虫よけや日焼け対策もお忘れなく!

水遊びなら!じゃぶじゃぶ池・プール特集
この記事をクリップする
2
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

気になるキーワードをチェック!