お得なクーポン情報の掲載をはじめました
調布市提供

都内に「ゲゲゲの鬼太郎」の公園誕生 人気妖怪の遊具を遊び放題

東京都調布市の京王線「調布駅」近くに、漫画家の水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をテーマにした公園「鬼太郎ひろば」が2019年5月にオープン! すべり台で鬼太郎の家から滑り降りたり、ぬりかべでボルダリングしたり、楽しいコンテンツが満載の新スポットです。

「鬼太郎ひろば」とは?

調布市に50年以上住んでいた水木さんは、同市の名誉市民として、亡くなった今も市民に親しまれています。「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ「河童の三平」や「悪魔くん」など、数々の名作が調布市で生まれました。

調布市初のクラウドファンディングを活用して今回オープンした「鬼太郎ひろば」は、同市に水木プロダクションが協力する形で実現。水木作品のファンはもちろん、市内外の人々に親しまれる公園を目指して誕生しました

妖怪の世界で思いっきり遊べる!

京王線「調布駅」から「西調布駅」間の鉄道敷地の一部である約1,800平方メートルの敷地を使った公園内には、水木作品に登場する妖怪やキャラクターの遊具やオブジェがズラリ! 

すべり台を楽しめる「鬼太郎の家」や、手軽にボルダリングができる「ぬりかべクライミング」など、子供が夢中になるオリジナル遊具が満載です

また、鬼太郎と一緒に写真が撮れる「鬼太郎像」や、さまざまな遊び方ができる一反木綿のベンチ、やまびこと座れるベンチ、ぬらりひょんと座れる縁台など、フォトスポットも盛りだくさん! もちろん、妖怪たちの世界を楽しみながら、ベンチや縁台でゆっくりと過ごすこともできますよ。


小さな子供にうれしいポイントが満載!

公園内には人工芝が敷かれているので、小さな子供も安心して遊べます。また、トンネルを出入りする電車を見ることもでき、電車好きの子供にもオススメです。

ぜひ親子でおでかけして、妖怪たちの世界で遊んでみましょう。

■鬼太郎ひろば
オープン:
2019年5月18日(土)
時間:常時開園
場所:東京都調布市下石原1-58-5
料金:入場無料

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!