お得なクーポン情報の掲載をはじめました

【関西】雨の日に年齢問わず遊べる屋内スポット5選 無料施設も

もくじ

子どもは常に元気いっぱい! できれば雨や天気の悪い日も思い切り遊ばせてあげたいですよね。

そこで今回は、関西エリアでおすすめの全天候型スポットを5カ所紹介します。年齢問わず遊べる施設を厳選したので、ぜひチェックしてください。

大阪府立大型児童館 ビッグバン(大阪府)

「子どもの豊かな遊びと文化創造の中核拠点」としてオープンした児童館。「銀河鉄道999」などで有名な漫画家の松本零士氏が名誉館長を務めていて、「宇宙」がテーマのストーリー性のある空間になっています。

おすすめは、53mの高さを誇る巨大ジャングルジム「遊具の塔」。4〜8階分の空間を8層に区分し、17の垂直遊具で存分に体を動かせます。もちろん屋内なので、雨の日でも安心!

ほかにも、ワニがモチーフの大型遊具で遊べる「マチカネワニの冒険」や、木登り遊具などがある「ジャングルの冒険」、ミニすべり台付きの「幼児コーナー」、赤ちゃん向けの「あかちゃん広場」など、遊び場がたくさん。イベントも豊富で飽きずに過ごせます。

授乳室はもちろん、子どもの急な体調不良時にも対応できるよう、開館中は看護師が常駐する保健室があるのもうれしいポイントです。

■大阪府立大型児童館 ビッグバン
場所:大阪府堺市南区茶山台1-9-1
料金(個人):大人1,000円、小・中学生800円、3歳以上600円、3歳未満無料

キッズプラザ大阪(大阪府)

遊びながら学べる子どものための博物館。館内はたくさんのコーナーに分けられていて、実際にふれたり、親子でコミュニケーションをとりながら楽しめる展示物が数多くあります。

なかでもおすすめは、すべて曲線で作られた「こどもの街」。迷路のような回廊や、色も形も異なる窓など、子どもの好奇心を刺激する仕掛けが満載! 壁を登ったり、吊り橋を渡ったり、チューブスライダー(身長100cm以上)をすべったりと、思い切り体を動かして遊べます。

0〜6歳までの未就学児とその保護者が対象のプレイルーム「ピーカブー」もあります。各年齢にあわせた玩具がそろうほか、手すりの角を丸くするなどケガをしないよう配慮されていて、授乳室も完備されているので、安心して遊べます。

ものづくりなどのプログラムも多く、いつ訪れても新しい発見ができるスポットです。

■キッズプラザ大阪
場所:大阪府大阪市北区扇町2-1-7
料金(一般):高校生以上1,400円、小・中学生800円、3歳以上500円、2歳以下無料

加古川海洋文化センター(兵庫県)

海に関するさまざまな展示のほか、海洋関係や児童図書など6万冊以上がそろう図書室もある公共施設。商船学校の練習船として生まれた「海王丸」をモデルにした「帆船アスレチック」があり、子どもに大人気です。

そのほか、目的地を目指してボートを漕ぐゲーム「ボートチャレンジ」や、自分が描いた絵が泳ぎだす「電子水族館」などもおすすめです。

館内には、タコに乗ったりのぞいたりできる「海中散策」コーナーもあるほか、各種教室や図書館でのイベントも多数。屋外には、海水を循環させた水深30cmのじゃぶじゃぶ池もあり、夏の天気のいい日は子どもたちでにぎわいます。遊びや学習を通し、海洋文化に関する知識が得られるスポットです。

■加古川海洋文化センター
場所:兵庫県加古川市別府町港町16
料金:無料


白浜エネルギーランド(和歌山県)

「体感迷宮エリア」「不思議な森エリア」「驚き映像エリア」の3エリア内に、さまざまなアトラクションがある体験型テーマパーク。「体感迷宮エリア」には、屋根付きの巨大迷路「Da迷路〜エネルギー博士からのSOS〜」があり、仕掛けいっぱいで子ども大満足! 保護者の付き添いがあれば幼児もチャレンジできます。

「不思議な森エリア」では、作品にふれたり自由に動いて写真を撮ったりできる「トリックアートハウス」があり、家族みんなで楽しめます。

「驚き映像エリア」では、少女とロボットの友情を描く3D CGアニメーションが見られるほか、ウォークスルー&体感シアター型の「ジュラシックツアー〜絶滅の日に還れ〜」などのアトラクションが楽しめます。「不思議な森エリア」の屋外には、木製遊具がそろう「エネルギッシュ(健康)の森」などもありますよ。

■白浜エネルギーランド
場所:和歌山県西牟婁郡白浜町3083
料金(パスポート):高校生以上1,800円、小・中学生1,200円、3歳以上500円、2歳以下無料 ※「Da迷路〜エネルギー博士からのSOS〜」など一部別料金

橿原市立こども科学館(奈良県)

子どもも大人も楽しめる参加型の科学施設。体を使い、遊びながら科学について学ぶことができます。ペットボトルロケットの打ち上げを体験することで原理が学べる「空気ロケット」や、遊びを通して電気と磁石の原理について学べる「電気と磁石のはたらきゾーン」などがあり、不思議でおもしろい科学の世界が体験できます。

宇宙飛行船を操縦して、ミッションをクリアしながら地球を目指す「スペースシップシミュレーター」などもおすすめです。

そのほか、科学に関する学習教材から小さな子どもが楽しめるアニメも上映する「シアタールーム」も完備。2019年2月は「くるくるふうせん」、同3月は「フラワーかざぐるま」などを作る無料のミニ工作教室も毎日開催しています(テーマ・内容は変更になる場合があります)。

■橿原市立こども科学館
場所:奈良県橿原市八木町1-1-18
料金(個人):大人410円、高校生〜大学生およびこれらに準ずるものの生徒や学生は300円、4歳〜中学生100円、3歳以下無料 ※毎週土曜は橿原市内在住または同市内の学校に通学などしている中学生までは無料(生徒手帳などの提示が必要)

雨や雪が降っても子どもを存分に遊ばせられる屋内スポットは、ママパパの強い味方。親子でたっぷり遊んで、楽しい1日を過ごしてくださいね。

雨の日のおでかけスポット特集
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!