37

【2022】関東の「駅近動物園」6選 都内多数&アクセス抜群&魅力も紹介

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

子どもが大好きな動物園は、定番おでかけ先ですよね? 関東エリアには大小さまざまな動物園がありますが、駅から近くてアクセスしやすいスポットは意外と数が限られます。

そこで今回は、駅から徒歩5分ほどで行ける関東の「駅近動物園」をまとめて紹介します。

※2022年の最新情報に更新しています

もくじ

東京都内のおすすめ動物園14選!【特集】親子におすすめの動物園!

恩賜上野動物園【東京都台東区】

約350種2,500頭の動物が飼育されている日本最古の動物園で、台東区の「上野恩賜公園」敷地内にあります。

東園と西園に分かれていて、入場口は全部で3つ。東園の表門はJR「上野駅」公園口から徒歩5分ほどです。アクセスがよく人気のパンダにも近いので土日祝日は混雑することがあります。

西園の弁天門から入る場合は、京成電鉄「上野駅」池の端口から徒歩約4分。JR「上野駅」不忍口からも徒歩5分ほどです。もう1つの池之端門は、東京メトロ千代田線「根津駅」の2番出口から徒歩約5分。

東園はパンダのほか、ゾウ、クマ、ライオン、ゴリラなど人気の大型動物が、西園はペリカンやペンギン、サイ、キリン、カバなどが展示されています。また、小さな子ども向けの「子ども動物園すてっぷ」(体験プログラムへの参加には当日配布される参加券が必要)もあるので、目的にあわせて入場口を選ぶのがおすすめです。

※2022年6月現在、動物のふれあいプログラムは休止中

■恩賜上野動物園
営業時間:9:30〜17:00
定休日:月曜(月曜が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料:大人(高校生以上)600円、中学生200円(都内在住・在学の中学生無料。要生徒手帳)、小学生以下無料、65歳以上300円
動物とのふれあい:なし
えさやり体験:なし
併設公園:あり
アクセス:【表門】 JR「上野駅」公園口から徒歩約5分
【弁天門】京成電鉄「上野駅」池の端口から徒歩約4分、JR「上野駅」の不忍口から徒歩約5分
【池之端門】東京メトロ千代田線「根津駅」2番出口から徒歩約5分

東京都多摩動物公園【東京都日野市】

東京都日野市にある「東京都多摩動物公園」は世界屈指の広さを誇る動物園で、なるべくオリで囲わず動物を本来の生態に近い状態で展示しています。

京王線および多摩モノレールの「多摩動物公園駅」から徒歩約1分と、駅からのアクセスは抜群です。

園内では、300種以上の動物を飼育。トラ、ユキヒョウ、アジアゾウ、ツキノワグマやニホンザルなど、多数の動物がそろった「アジア園」、コアラやカンガルーなどがいる「オーストラリア園」、ライオン、キリン、シマウマなどの大型動物が見られる「アフリカ園」、国内外の昆虫を展示する「昆虫園」があります。

オランウータンが高いロープを渡る様子が見られる「スカイウォーク」(毎日11:30〜)など、イベントや解説ツアーも充実しています。

■東京都多摩動物公園
営業時間:9:30〜17:00
定休日:水曜(水曜が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)、年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料:大人(高校生以上)600円、中学生200円(都内在住・在学の中学生無料。要生徒手帳)、小学生以下無料、65歳以上300円
動物とのふれあい:あり
えさやり体験:なし
併設公園:あり
アクセス:京王線および多摩モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩約1分

千葉市動物公園【千葉県千葉市】

千葉県千葉市にある「千葉市動物公園」は、2本足で立つレッサーパンダの風太が話題になった動物園。JR「千葉駅」から千葉都市モノレールで12分の「動物公園駅」を下車してすぐにあります。

園内では、120種類以上の動物を飼育。ニホンザルやチンパンジー、ゴリラなど国内指折りのサル類がそろう「モンキーゾーン」、ワシやハシビロコウなどの鳥類や、ペンギン、アシカが泳ぐ様子を観察できる「鳥類・水系ゾーン」、キリン、ゾウ、ライオンが暮らす「平原ゾーン」、レッサーパンダやコツメカワウソなどが見られる「小動物ゾーン」と、見どころいっぱいです。

■千葉市動物公園
営業時間:9:30〜16:30(最終入場16:00まで)
定休日:毎週水曜(水曜が休日にあたるときは翌日)、年末年始(12月29日から1月1日)
入園料:大人(高校生以上)700円、中学生以下無料、65歳以上無料
動物とのふれあい:あり
えさやり体験:なし
併設公園:あり
アクセス:千葉都市モノレール「動物公園駅」から徒歩約1分


こどもの国【神奈川県横浜市】

横浜市にある「こどもの国」は、東京ドーム21個分の広さを誇る総合公園です。最寄りの東急こどもの国線「こどもの国駅」から徒歩約3分。「こどもの国駅」はJR横浜線および東急電鉄の「長津田駅」から2駅(終点)です。

動物がいるのは敷地内にある「雪印こどもの国牧場」。ウサギやモルモットに触れ合える「こどもどうぶつえん」(大人250円、3歳〜中学生200円)、ウシやヒツジが放牧されている「牧場」、2歳から乗馬が楽しめる「ポニー牧場」(大人550円、2歳〜小学生400円)があります。

各コーナーでえさやり(100円)が楽しめるほか、土日祝日には無料で「乳搾り体験」(4歳から。当日整理券を配布)も!

■こどもの国
営業時間:9:30〜16:30(最終入園時間 15:30)※7月〜8月は17:00まで開園(最終入園時間 16:00)
定休日:毎週水曜(水曜が祝日の場合開園)、12/31および1/1
入園料:高校生以上600円、小中学生200円、幼児100円、2歳以下無料
動物とのふれあい:あり
えさやり体験:あり
併設公園:なし
アクセス:東急こどもの国線「こどもの国駅」から徒歩約3分

板橋区立こども動物園 高島平分園【東京都板橋区】

都営三田線「高島平駅」から徒歩5分ほどの「徳丸ケ原公園」(板橋区)にある入園無料の動物園です。園内にはヒツジ、ヤギ、シカ、ウサギ、モルモット、ポニーなどが飼育されています。

とくに人気なのがヒツジやヤギとふれあえる「はなしがい広場」。ヒツジやヤギへのえさやり体験やモルモットを抱っこできる無料イベントも1日2回開催されています。また、ポニーの特別乗馬体験(無料。3歳〜小学生)が年に5回行われているので、公式サイトで開催日をチェック!

■板橋区立こども動物園 高島平分園
営業時間:10:00〜16:30(12月〜2月は16:00まで)
定休日:月曜(月曜が祝日の場合は、祝日明けの日)、12月29日から1月3日まで、2月の第3火曜
入園料:無料
動物とのふれあい:あり
えさやり体験:あり
併設公園:あり
アクセス:都営三田線「高島平駅」から徒歩約5分

あらかわ遊園【東京都荒川区】

2022年4月21日(木)にリニューアルオープンした、荒川区にある遊園地で、都電荒川線「荒川遊園地前」から徒歩3分ほど。園内に動物とふれあえるエリアがあります。

ふれあいやエサやりができるミニ動物園「どうぶつ広場」は、園内のつくりが一新され、猛禽類やアルパカなど新たな動物が仲間入り。

ワラビー、カピバラ、ヤギ、ヒツジなどかわいい動物がいっぱい! ポニーの乗馬体験も(100円。4〜10歳まで)もありますよ。

■あらかわ遊園
営業時間:9:00〜17:00
定休日:毎週火曜(火曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月1日) ※学校の春・夏・冬休み期間は無休
入園料:大人(高校生以上)800円、中学生400円、小学生200円、未就学児(3歳以上)、2歳以下無料、65歳以上400円
動物とのふれあい:あり
えさやり体験:あり
併設公園:なし
アクセス:都電荒川線「荒川遊園地前」から徒歩3分

普段のおでかけは歩きか電車という親子も多いのでは? 今回紹介した駅近の動物園なら小さな子供連れでも気軽に遊びに行けますね。ぜひおでかけしてみてください。

【特集】親子におすすめの動物園!
その他関東で楽しめる動物園はこちら
この記事をあとで読む
37
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!