お得なクーポン情報の掲載をはじめました
(C)Moomin Characters TM

ムーミンのテーマパーク来年3月OPEN 施設&アスレチックも紹介

埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに、複合施設「メッツァ」が2018年11月にオープン。その中に誕生する新テーマパーク「ムーミンバレーパーク」のオープン日が、2019年3月16日(土)に決定しました。今回は、ムーミンの物語をテーマにしたパーク内の最新情報を詳しく紹介します。

「メッツァビレッジ」 2018年11月オープン!

自然豊かな宮沢湖でムーミンの世界を展開!

「ムーミンバレーパーク」は、豊かな自然と清流に恵まれた飯能市の宮沢湖エリアにオープンするテーマパーク。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や物語に登場する水浴び小屋・灯台などが再現されるほか、ムーミンの物語にちなんだアトラクションも楽しめます

さらに、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティングなど、思う存分ムーミンの魅力に触れることができるテーマパークです

さまざまな展示でムーミンの物語を体感しよう!

地上3階建ての「KOKEMUS」は、作者のトーベ・ヤンソンの人生とムーミン作品を織り交ぜた展示施設。

8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドの「ヘルシンキ・アート・ミュージアム」からのアート作品などが展示される予定です

インタラクティブな体感展示スペースをはじめ、夏の家を模した「トーベの記憶シアター」や、物語にちなんだものづくり体験ができるワークショップルーム「Paja(パヤ)」など、体感型コンテンツも充実!

また、世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップ「Muumilaakso Kauppa(ムーミラークソ カウッパ)」には、ここでしか買えない多数のオリジナルグッズが並びます

そのほか、ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたレストラン「Muumilaakso Ruokala(ムーミラークソ ルオカラ)」では、北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを味わうことができますよ


アスレチックやスリリングなジップラインも!

冒険と思索の山「おさびし山」には、小説「ムーミン谷の仲間たち」より「しずかなのが好きなヘムレンさん」のストーリーをモチーフにしたアスレチックが誕生! 

遊園地が閉園したことをきっかけにヘムレンさんが遊園地を作ってしまった、というエピソードに登場するツリーハウスやつり橋、メリーゴーランドなど、子どもたちが思いっ切り遊べる遊具が盛りだくさんです

「おさびし山」の頂上からは、ジップラインのアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」がスタート。森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降り、往復約400mの宮沢湖面を滑空します。小説「たのしいムーミン一家」に登場する「飛行おに」という黒ヒョウに乗って空を飛ぶように、森の中と湖の上の絶景を楽しめるスリリングなアクティビティです。

キャラクターと一緒に記念撮影できる!

「ムーミン谷」には、写真スタジオ「ムイック フォト」が登場。プロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターたちとの記念写真を思い出に残すことができますよ。

展示施設やアスレチックなど、最新情報が公開された「ムーミンバレーパーク」。ムーミン好きの親子にとっては、たまらないコンテンツが満載です。2019年3月16日(土)のオープンが今から待ち遠しいですね! ぜひ親子でおでかけしてみましょう。

■ムーミンバレーパーク
オープン日:
2019年3月16日(土)
場所:埼玉県飯能市宮沢
※営業時間、料金などは未定

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!