お得なクーポン情報の掲載をはじめました

子ども遊べる体験型「なりきり美術館」開催 招待券プレゼント

東京都の東京国立博物館では、夏休みを含む2018年7月24日(火)〜9月9日(日)の期間に、親子向けの参加・体験型展示「トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館」が開催されます。自由な想像力で子どもが美術作品に親しめる夏休みにぴったりのイベントです。

記事の末尾には、無料招待券が当たる応募フォームもあります。応募は7月12日(木)AM9:00まで。ぜひ応募してくださいね。

「なりきり」をテーマに美術作品を楽しむ!

同展はアーティストの井上涼さんが作詞・作曲・歌・アニメーションを手掛けるNHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる参加体験型展示となります。会場には、同館所蔵品から番組で取り上げられた5点を選び、高精細画像を用いた精巧な複製や映像を使い、多彩なアプローチで「なりきり体験」がデザインされます。

作品に登場する人物や描いた人になりきって、作品の背後にある物語や風景、そこに描かれた人々の暮らしを体感することができるという内容です

北斎の浮世絵を特大スクリーンで再現!

葛飾北斎の「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」をテーマにした「体感!ザパーン ドプーン 北斎」では、高さ約7m以上の特大スクリーンに、リアルサイズの波を映像を使って再現。絵の中の人物になりきって波の大きさを体感するなど、作品世界の中で遊ぶことができます。

声の大きさによって波がどんどん大きくなる変わった仕掛けも楽しむことができますよ

子どもが夢中になって遊べる展示内容!

ほかにも、歌川広重の「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」をテーマとして雨のスタンプを押して好きな雨を降らせる「雨は愛すがどう描く?」や、菱川師宣の「見返り美人図」になりきって自分だけのポーズを決める「見返らなくてもほぼ美人」で遊べます。絵に描かれた瞬間の前後のストーリーを想像すると、登場人物がぐっと身近に感じられるはず!

さらに、岩佐又兵衛の「洛中洛外図屏風 舟木本」の中に描かれた京のグルメを探し出したり、岸田劉生の「麗子微笑」でデジタル顔はめを楽しんだり、子どもが夢中になれるコンテンツが盛りだくさんです


親子で楽しめるイベントも!

また、同館の本館展示室、平成館特別展会場では、「びじゅチューン!」で取り上げられた本物の作品の一部を鑑賞することもできます

さらに、関連イベントとして、8月4日(土)に「トーハク×びじゅチューン!」コンサート(事前申込制)、8月5日(日)にワークショップやコンサートなど一日中同館で遊べる「トーハク キッズデー☆」、8月11日(土)にファミリープログラム「なりきり日本美術」(事前申込制)が開催される予定です

観覧チケットを5組10名にプレゼント!

今回「いこーよ」では、「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」のチケットを5組10名にプレゼント! 下記フォームより、7月12日(木)AM9:00まで応募できます。ぜひ親子でおでかけして、日本の美術作品に楽しみながら触れ合う体験をしてみましょう。

チケットプレゼントの応募はこちら

■トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館
開催期間:2018年7月24日(火)〜9月9日(日)
時間:9:30〜17:00(金曜・土曜は〜21:00、日曜は〜18:00)
※入館は閉館の30分前まで
定休日:月曜日(8月13日は開館)
場所:東京国立博物館 本館 特別4室・特別5室
料金:一般620円(520円)、大学生410円(310円)
※()内は20人以上の団体料金
※満18歳未満、満70歳以上は無料
※子ども(満18歳未満)と一緒に来館した方(子ども1人につき2人まで)は団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1人は無料
※平成館で同時期に開催中の特別展「縄文」は別料金
URL:東京国育立博物館公式サイト http://www.tnm.jp/
びじゅチューン!公式サイト  http://www.nhk.or.jp/bijutune/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。